カテゴリー「ソラの子の成長」の記事

えーん→えーん、ぎゃはは→ぎゃはは

えーん→えーん、ぎゃはは→ぎゃはは
昨日のU-6クラスは・・・かわいかったですねー。もう、笑っちゃいますね。
練習スタート時に、「えーん」となっている子。そして、そのそばにいた子が少しした後に「えーん」。
「えーん」となるきっかけはもちろんあるのですが、そのきっかけは別々。でも、そういうのって何となくお互いに影響するじゃないですか。悲しい気持ちになっちゃうみたいな。あ、これはその子たちを責めてるんじゃないですからね。逆ですよ、逆。
自分はもともとは悲しくはないのに、泣いてる子がそばにいて、少しずつ悲しい気持ちになってくる。そして、関係ないことで、その後、自分も泣いちゃう。
・・・一歩離れてみると、かわいくないですか? かわいいですよねー。
それに、その感情も自然だと思いますし。
結局、練習が始まってから15分くらいは、「えーん」がどこかにある状態でした~。まあこれは、私のコーチングスキルが足りなかったからでもあるんですけどね、私のスキルが足りなかったことは認めますが、それとはまったくべつに・・・かわいいねー、なんて思っていました~。
もちろん、その後、ギャハハ状態になっていますよ。さらに、「やーい、やーい」( `ー´)ノと私にみんなが言うほどになっています。こういうのも、影響しあうんですよねー。楽しい気持ちでいる子がそばにいて、それを見ながら自分も楽しくなっちゃう。笑っている子を見て、自分も笑っちゃう。ね、だから、最初に言ったように、悲しい気持ちになっちゃうのも悪くないし、それに影響を受けるのも悪くないんです。そういう子たちだから、こうしてみんなで楽しい気持ちにもなっていける。だから、ちょっとずつ変えていこうってこちらは思えるし、ちょっと変わればぜーんぶ変えることができる可能性もあるのだということもわかるし。
それにしても、昨日は「えーん」からの「やーい、やーい」で、あまりに面白く、「お前ら、さっき泣いてたろー」・・・なーんて本当に言っちゃったりして。でも、いいんです。みんな、笑って走って元気にボールを追っていたので、全ての言葉がアリなのです。
「さようなら」もとても元気に言って、ワヒャヒャヒャヒャーとコートから出ていきました。
あ~、本当に面白い子たちです。
にしても、てごわーい年中さーん。でもでも、だから、楽しみ~。実際、楽しいし~。
こうじゃないとねー!

=サッカースクール・ソラ= TEL 042-534-3766

Adre_2
※メールをお送り頂いてから2日しても返信がない場合はお電話にてご連絡下さい。
ソラ・ホームページ http://www.sonoyosade.com
サッカースクール【ソラ(sola)】千葉で開催中~(担当 山口武史)
練習会場:千葉北スカイランド(稲毛区長沼原町261)
千葉市だけでなく、四街道市、佐倉市、八千代市、船橋市、鎌ヶ谷市など、色々な地域から子供たちが集まっています。
サッカー経験の長い子からサッカーを初めてする子まで、今、スクールの無料体験に来る子が増えていま~す♪

個人レッスン・プライベートレッスンについてはこちら
サッカープライベートレッスン・個人レッスンは、東京(23区、多摩、武蔵野等)、千葉(千葉市、船橋市等)、埼玉、神奈川等で行っています。好評なので、エリア拡大中です。
  個人レッスン・プライベートレッスン報告こちら
=スクール責任者指導歴=
◆プロコーチ歴20年。
1997年  クーバー・コーチングサッカースクール浦和校 サブマスター
1998年  クーバー・コーチングサッカースクールあざみ野校スクールマスター
1999年  クーバー・コーチングサッカースクール相模原校スクールマスター
2000年  クーバー・コーチングサッカースクール世田谷校スクールマスター
1997〜2002年 クーバー・コーチングジャパン 指導者講習会担当スタッフ
2002年  高木琢也主宰サッカースクール責任者
2003年  サッカースクールa 千葉北スカイランド校スクール責任者
2005年  サッカースクール「ソラ」を立ち上げ(現在に至る)


書籍「サッカー、上達の素」使えないワザには気をつけろ!
 詳細こちら (ブログのもの)
   ※PDF版の紹介はこちら→「soccerbook.pdf」をダウンロード

◆求人 
サッカーコーチ(アルバイトスタッフ)募集中
千葉市で開催中のサッカースクール・ソラでは、一緒に現場を支えてくれるサッカーコーチ、アルバイトスタッフを募集しています。
経験は問いません。アシスタントコーチとしてがんばってくれる人を募集中です。今、スクールでがんばってくれているコーチングスタッフもコーチ経験のない段階からスタートしましたが、スクールをとてもよく支えてくれています。
子供が好きな方、元気な方、大歓迎~。未経験の方もどうぞ!
・勤務地 千葉北スカイランド(千葉市稲毛区長沼原町261)
・週1~3日の勤務となります。
詳細はお問い合わせ下さい。

|

最後の空間での子供たちのやりとりから・・・

というタイトルほど大きく、重たいものではないのですが、私にはとても嬉しいことなので、ささい~なことですが、書きますね。

今年度最後の練習の日、ゲームの順番待ちをしている子たちの一コマ。
6年生が足を伸ばした状態で座っていたので(ここではケガを防ぐために色々と気をつけさせていますので)、私が、そのそばにいた4年生の子に、「あいつ(=6年生の子)に、足伸ばしてんじゃねーよーって言ってみ、言ってみ! 膝を曲げろよと言ってみ、言ってみ」と。(もちろん、6年生の子にも聞こえています。)
すると、その(足を伸ばして座っている)6年生の子が、そばで立っている5年生に「膝、曲げろよ」と。そして、その5年生の子が膝を曲げて、「おい!」と文句を言う・・・そして、みんなでケラケラ。
すごいでしょう? 字だとうまく伝わらないですけどね、間の良さ、テンポの良さ、動き、もう完璧。即興ですよ、即興。
しかも、4年生、5年生、6年生・・・学年バラバラ。学校も違う。所属チームも違うし、チームに入っていない子もいます。そういう子たちが、これだけ自然にくっついていて。
一連の流れのあまりの仕上がりの良さに、「うわー、ビデオ撮っておけばよかった~」と後悔するほど。
こういうことを最後にもポーンとできるくらいに、ここの子たちは、色んなものをお互いに出して、受け入れて、認めて、直して・・・色々とやってきたんです。
もちろん、さっき書いた流れも、この子たちにとっては当たり前のことなので、ケラケラで終了ですけどね。
私はつくづく、ここの子たち、すごいなって思いました。
ここにある楽しさの幅はとても広く、とても大きく、とても深く・・・どれもおそらく本当。
だから、すごいんです。
来週からはまた新しい空間になります。
こうした空間を、またみんなで作れるといいですね。
・・・作ること、確実なんですけどね、あの子たち。
楽しみです。
=サッカースクール・ソラ= TEL 042-534-3766
Adre_2
※メールをお送り頂いてから2日しても返信がない場合はお電話にてご連絡下さい。
ソラ・ホームページ http://www.sonoyosade.com

サッカースクール【ソラ(sola)】千葉で開催中~(担当 山口武史)
練習会場:千葉北スカイランド(稲毛区長沼原町261)
千葉市だけでなく、四街道市、佐倉市、八千代市、船橋市、鎌ヶ谷市など、色々な地域から子供たちが集まっています。
サッカー経験の長い子からサッカーを初めてする子まで、今、スクールの無料体験に来る子が増えていま~す♪
空きの少ない曜日が増えています。
 
個人レッスン・プライベートレッスンについてはこちら
サッカープライベートレッスン・個人レッスンは、東京(23区、多摩、武蔵野等)、千葉(千葉市、船橋市等)、埼玉、神奈川等で行っています。好評なので、エリア拡大中です。
  個人レッスン・プライベートレッスン報告こちら
=スクール責任者指導歴=
◆プロコーチ歴20年。
1997年  クーバー・コーチングサッカースクール浦和校 サブマスター
1998年  クーバー・コーチングサッカースクールあざみ野校スクールマスター
1999年  クーバー・コーチングサッカースクール相模原校スクールマスター
2000年  クーバー・コーチングサッカースクール世田谷校スクールマスター
1997〜2002年 クーバー・コーチングジャパン 指導者講習会担当スタッフ
2002年  高木琢也主宰サッカースクール責任者
2003年  サッカースクールa 千葉北スカイランド校スクール責任者
2005年  サッカースクール「ソラ」を立ち上げ(現在に至る)


書籍「サッカー、上達の素」使えないワザには気をつけろ!
 詳細こちら (ブログのもの)
   ※PDF版の紹介はこちら→「soccerbook.pdf」をダウンロード

|

卒業生の話しで・・・

昨日は、火曜日コースを卒業する6年生の子に、4・5年生向けに最後に少しずつ話をしてもらいました。

それぞれの子がそれぞれの子らしく、話していましたね。
最初に指名した子は、すぐには話が出てこないようなので、「パス」と。色んな場面、色んな状況で話せた方がいいことは確かですが、でも、すぐに振られて話せないことは、悪いことでもなんでもありません。前に出てきて、話そうとしても思い浮かばなかったのは、ちゃんと話そうとしたからです。そういうことの表れ方が、すぐにすんなり話せるように出ることもあれば、なかなか話せないように出ることもあります。気持ちは同じなので、いいのです。なので、その子には後で話をしてもらうことにしました。できるだけ、自然に話してほしいので。
それぞれの子が話をしましたが、どの子も本当に、良かったです、らしくて。
その中で、一人、昨年、ソラをやめようか悩んだ子がいました。やめると聞いてから、私は、「やめない方がいい」とはまず言いません。本当は辞めない方がいいとは思っています。それは、ここの空間は、子供たちが本当に色んなものを作っているから。全ての場で、途中でやめることを良くないとは捉えません。離れた方がいい場所もあると思うので。でも、ここは、ここの子供たちを見ていて、いた方がいい場だなといつも思っています。それを子供がわかる場合もあれば、わからない場合もあります。ただ、本当に色々なものがつまっているので、滅多に子供が「やめたい」と思うことはありません。
それでも、この子は悩んだんですよね。
こうして私のところに言いに来た場合、すでにお家の方とも話しているはずです。辞める理由、辞めなくてはならない理由は、どうしても送迎ができないなど、色々だと思います。そうして出した結論を、こちらの感情で「続けた方がいい」と子供に訴えたら、子供は「やりたい」と言うかもしれません。でも、子供から「やりたい」と言われても、どうにもならないスケジュールの場合、言われた親御さんが辛くなると思いますし、無理に通って子供や家族に大きな無理が出てもいけないと思いますし・・・なので、自分の感情はおき、そのまま話を受け入れるようにしています。
そして、この子の場合なのですが・・・友達が「やめないで」と言ったようです。もちろん、私からはそんなこと一言も言っていません。促すようなこともしていません。
でも、友達がそう言ったということを聞き、また、スケジュール的には通え、お家の方も本当は続けさせたいと話していたので、私も少しお家の方にこの子の成長を話すことができました。その子がここでどれだけ成長していたのかを。その子の成長をこのブログで書いたことも数回ありましたし・・・。(それでも、本人には私は話しませんでした。)
さて、そういうことがあった子ですが、友達の声もあり、続けることにして、今、とても楽しそうです。「今」と言うより、ずっと楽しそうで、その大きさをどんどん大きくしているように思います。
そして、昨日、その子が最後に言ったのは、「辞めないで正解だった」でした。また、ここでの友達の存在の大きさも話してくれました。とても嬉しいですよね。
ただ、「辞めないで正解だった」のではなく、「辞めなかったことを正解(の方向)にした」のだと思います。友達の力、存在と、自分の力、存在で、「正解」「良かった」という結果を得たのだと思います。
この子はサッカーを特別に好きと言うわけではなく、チームにも入っていないし、もともと他のスポーツをやっています。
そういう子がここで、色んな経験をして、こんなに成長して、最も楽しい状態で、卒業。
嬉しいですよね。
(本当に、全ての場で「辞めない方がよい」とは思いません。離れた方がよい場もあると思うので。誤解しないでくださいね。)
ここで子供たちが作る空間は、そうそう作れない空間です。だから、単純なスキル向上という部分だけでなく、他の理由で来ている子もたくさんいます。そして、自分たちで、勝手に、自然に、すごい空間にしているんです。
すごいですよね。
ちなみに、順番をパスして、後で話した子は、「初めて来た時に、みんなが優しくしてくれて」から始まる話でした。
そう、ここの子はそういう子たち。
絶対に、それぞれの子がいる方がいい空間、いた方がいい空間にするんです。(私がどうこうしているのではないのですが)自慢です、ここの子たち。
困ることがあっても大丈夫。合わないことがあっても大丈夫。回復力、成長力・・・存在する力、存在を支える力・・・ここの子にはありまくりです。
ふふんふふんの空間・・・4月からの火曜日、ちゃんと引き継ぎ、また「らしい」空間を作っていってほしいと思います。
・・・この子は、サッカーではないスポーツをやっていた子ですが、先日、高校になっても通いたいと言っていたのは、サッカー一筋の少年でした。
それほど、ここの子たちが作る空間は、広く、深いんです。

|

ちょ、ちょっちょーさん

昨日のU-12クラス。予想以上の成長を見せた子がいまして。

もう来月で6年生は卒業です。
なので、3月は6年生の様子を見る時間が普段よりも多くなります。卒業した後は様子を見ることができないので・・・。
また、年末とか年始も子供たちの様子には気をつける必要がありまして。卒業までの期間を考えると、やっぱり、ここで6年生が大きく崩れてしまうといけないので、年末年始も6年生を見る時間が多くなります。
ここの6年生は、4年生、5年生の子のために力や心、時間を使ってくれるので、卒業までに必要なことをしてあげたいですよね、やっぱり。なので、上に書いたような年末年始、3月は、6年生の様子を見る割合が普段よりも多いのです。
ということは、それ以外の時期で4年生、5年生を普段よりも多く見る期間があるんです。
例えば今月は、そう、上に書いたように、4年生、5年生を普段よりも多く見る時期なんです、通常は。
なので、昨日のミニゲームは、私は4・5年生グループを担当する予定だったのですが・・・「6年生と一緒にやりたい子、いる?」と聞くと、4年生のある子が「はい」と手を挙げまして。
おおー! これは予想外なのでした。
なぜなら、金曜日コースの子の6年生の写真が少なく・・・あ、これは写真を撮れる機会が少なかったからなのですが・・・写真を撮れる雰囲気かどうか、とても気をつけて判断する必要があるので。安全が最も重要なので。
そう、そのため、6年生の写真が少なく・・・なので、大きめのコートで全員を見つつ、アルバム用の写真を撮る必要もありまして。ただ、6年生とのプレーが多くなると4年生の子には大変なはずで。それが成長に結びつかないと、これはよくないですよね。なので、数週間前、この4年生の子に聞いたんです。「6年生がもうすぐ卒業でしょ。だから、一緒に大きなコートでゲームをやりたいんだけどね、ミニゲームと大きいのとどっちがいい?」と。
状況的に、聞く場合と聞かない場合がありますし、子供の様子によって、どの子に聞く、聞かないもあります。その時はその子に聞いたんですね。
すると、その子は、「今は、まだ、自分はうまくできないから、もう少し、小さいコートで4年生同士でやりたい」と言ったんです。うん、わかるわかる。それが数週間前。
それが・・・昨日、ミニゲームを行う時間に、「6年生と一緒にやりたい子」として手を挙げたんです。うわっ、あれからまだ数週間なのに! でも、タイミング的に、6年生と一緒にやれる時間も減ってくるしね。リミットがあるからね・・・。
それにしても・・・まだ手が上がらないのが自然かなと思っていたので、これは、正直、予想外でした。
・・・ということもあり、この子は6年生グループに混ざりまして。私も、色々な流れから、昨日は6年生グループのゲームを見ることにしました。
4・5年生を見るバランスはちゃんとこの後、調整していきますね。
にしても・・・よく挙がりましたね、手。自分への信頼と、年上の子への信頼と、両方あってのことでしょう。
やりましたね! もう・・・みんな、超~成長しちゃっていますね。


=サッカースクール・ソラ= TEL 042-534-3766
Adre_2
※メールをお送り頂いてから2日しても返信がない場合はお電話にてご連絡下さい。
ソラ・ホームページ http://www.sonoyosade.com

サッカースクール【ソラ(sola)】千葉で開催中~(担当 山口武史)
練習会場:千葉北スカイランド(稲毛区長沼原町261)
千葉市だけでなく、四街道市、佐倉市、八千代市、船橋市、鎌ヶ谷市など、色々な地域から子供たちが集まっています。
サッカー経験の長い子からサッカーを初めてする子まで、今、スクールの無料体験に来る子が増えていま~す♪
空きの少ない曜日が増えています。
 
個人レッスン・プライベートレッスンについてはこちら
サッカープライベートレッスン・個人レッスンは、東京(23区、多摩、武蔵野等)、千葉(千葉市、船橋市等)、埼玉、神奈川等で行っています。好評なので、エリア拡大中です。
  個人レッスン・プライベートレッスン報告こちら
=スクール責任者指導歴=
◆プロコーチ歴20年。
1997年  クーバー・コーチングサッカースクール浦和校 サブマスター
1998年  クーバー・コーチングサッカースクールあざみ野校スクールマスター
1999年  クーバー・コーチングサッカースクール相模原校スクールマスター
2000年  クーバー・コーチングサッカースクール世田谷校スクールマスター
1997〜2002年 クーバー・コーチングジャパン 指導者講習会担当スタッフ
2002年  高木琢也主宰サッカースクール責任者
2003年  サッカースクールa 千葉北スカイランド校スクール責任者
2005年  サッカースクール「ソラ」を立ち上げ(現在に至る)


書籍「サッカー、上達の素」使えないワザには気をつけろ!
 詳細こちら (ブログのもの)
   ※PDF版の紹介はこちら→「soccerbook.pdf」をダウンロード

|

ヤダ―!

昨日のU-9クラス。
普段とは違う曜日に来た子。
なかなかコートに入って来なくて。入らないばかりでなく、コートの方にも来ない。練習が始まっても来ないので、様子を見に行くと、普段とは違う曜日なので、「ヤダ」と泣いている様子。
保護者の方の許可を取りまして・・・無理矢理うりゃー! 「ヤダー!」対「行くぞー!」です。こういう時の子供はめちゃくちゃ頭が働きます。絶対に嫌なので、何とか逃れようとします。これはこれで、状況、雰囲気的に、(この場合は)OKなのです。こうして無理矢理に連れて行かれることが、ここではトラウマになどなりません。ここでは、ですけどね。もちろん、表情の変化を見て行っているので。
そして、「ヤダ―!」を「うりゃー!」で連れて行き、コートの中へ。
あとは、ソラッ子がいるので、もう大丈夫。少しずつ起こる、しぐさの変化、行動、表情の変化を見て、方向を作っていけば大丈夫。
どこまで友達に助けさせるか、どこまで自分で進ませるか、どこまで様子を見るか。ここに気をつければ、大丈夫。
そして、休憩の前に、ノリノリ状態になり、休憩。その後のゲームは、最初の「ヤダー!」はどこへやら。ノリノリでボールを追いかけていました。こうなること、こうなれることを本人が知ることができれば、また、そこまでの過程でどんなことがあったか、その時、どんな気持ちだったかを感じていれば、(ここでは)それがトラウマになることなどはなく、楽しかった思い出、前向きな方向にしか行きません。
おそらく、「ヤダ―」だったところで「じゃあ、また次回、普段の曜日で頑張ろうね」ということを繰り返して、数か月後に同じ状況になった時に、自然に「できた」「やれた」ということもあると思います。
結果的には、今回のように無理矢理「ウリャー」とやらなくても、参加できた、という形になることもあるでしょう。
でも、「無理だと思ったけど、やっぱりやれた」の経験をできたら、その方がいいかなと思いますし、その時に、「助けてくれた友達がいた」「助けてくれる人がいる」ということを知ることができたなら、すごくいいなと思うので。
もちろん、その真逆のことを覚えることも必要だと思います。
「助けてもらうのではなく、自分で頑張るしかない」という状況で、それを経験することも大切だと思いますから。また、「その時は無理でも、自然に力がついていることがある」「自然な努力をしていれば、いずれ、無理だと思っていたところを超えることもある」という経験も大事だと思います。
でも、この時は、自分を助けてくれる人がいる(私ではなく友達が助けてくれます)ことを知ることができる方がいいなと思いまして。それまでのその子の経験とか背景とか、色々と人によって違うので。
なーんていう昨日なのでした。
ここでは、そう、こうして、マイナスに見えることから大き~なプラスがたくさん生まれるんです。
あ・・・「ここでは」と書いていますが、そう、「ここでは」という前提で話しています。「ここ」なので。「ここ」はソラッ子のいるところ、ソラッ子の作る空間なので。
あの子たち、すごいので。
昨日の子たちも、スーパー! でした。あの子たちにとっては、きっと、当たり前の一日でしたけどねー。そのあたり前、すごいのです。

=サッカースクール・ソラ= TEL 042-534-3766
Adre_2
※メールをお送り頂いてから2日しても返信がない場合はお電話にてご連絡下さい。
ソラ・ホームページ http://www.sonoyosade.com

サッカースクール【ソラ(sola)】千葉で開催中~(担当 山口武史)
練習会場:千葉北スカイランド(稲毛区長沼原町261)
千葉市だけでなく、四街道市、佐倉市、八千代市、船橋市、鎌ヶ谷市など、色々な地域から子供たちが集まっています。
サッカー経験の長い子からサッカーを初めてする子まで、今、スクールの無料体験に来る子が増えていま~す♪
空きの少ない曜日が増えています。
 
個人レッスン・プライベートレッスンについてはこちら
サッカープライベートレッスン・個人レッスンは、東京(23区、多摩、武蔵野等)、千葉(千葉市、船橋市等)、埼玉、神奈川等で行っています。好評なので、エリア拡大中です。
  個人レッスン・プライベートレッスン報告こちら
=スクール責任者指導歴=
◆プロコーチ歴20年。
1997年  クーバー・コーチングサッカースクール浦和校 サブマスター
1998年  クーバー・コーチングサッカースクールあざみ野校スクールマスター
1999年  クーバー・コーチングサッカースクール相模原校スクールマスター
2000年  クーバー・コーチングサッカースクール世田谷校スクールマスター
1997〜2002年 クーバー・コーチングジャパン 指導者講習会担当スタッフ
2002年  高木琢也主宰サッカースクール責任者
2003年  サッカースクールa 千葉北スカイランド校スクール責任者
2005年  サッカースクール「ソラ」を立ち上げ(現在に至る)


書籍「サッカー、上達の素」使えないワザには気をつけろ!
 詳細こちら (ブログのもの)
   ※PDF版の紹介はこちら→「soccerbook.pdf」をダウンロード

|

嬉しすぎる成長

「この頃、すごく変わって!」と、保護者の方が驚く成長を見せている4年生のA君。本当に「前向きに」「積極的になって」とのことで。さらに、「しっかり」してきたようで! 昨日、お話を伺ったのですが、その成長を保護者の方が本当に喜んでいました。

おとなしいんですけどね、ちゃんと自分なりにチャレンジをしています。「そのままでいい」部分はもちろん大事にしますが、ちょうどいいチャレンジはした方がいいと思うので、「でも、ここまで頑張ってみろ」は要求します。そこを、高学年では特に、他の人と関わりながら達成させようとしています。その方が成長が強くなると思うので。
そして、この子は、その中で悪戦苦闘中なのですが・・・上に書いたように、すごく成長しているのです。見た目はきつそうに見えても、しっかりと達成感を感じているのでしょう。
極寒+雨の中でも練習に来ています。
以前なら、雨の日は「行きたくない」という子でした。が、今はもう別人。保護者の方がその変化に驚くほど。
昨日なんて、朝、雪が降っているのを見て、「1mくらい積もればいいのに」と言っていたそうですが、「そうしたら、サッカーに行けないよ」と保護者の方が言うと、「じゃあ、スクールの時だけ雪が解けて、またそのあと1m積もればいいじゃん」とわけのわからんことを言っていたそうで。とにかく、「サッカー(ソラ)に行かない」という頭はないようです。
本当に、大きな成長です。
そして、お婆ちゃんや保護者の方が、ソラが楽しいかを聞くと、「楽しいよ。だって、6年生、5年生が、みんな、すごく優しいんだよ」から始まるそうです。この「6年生、5年生が、すごく優しいんだよ」を本当にいつも話しているみたいです。
嬉しいですね。そう、そういう子たちが多いので、私がみんなの前でこの子を注意しても平気なんです。みんな、絶対にこの子の良さをわかってあげるし、この子に限らず、私が誰かを厳しく注意した場合は、私と注意された子のどちら側につくかと言えば、絶対に注意された側の子についてくれるので。注意されたからと言って、その子から離れる子なんていないのです。
しかも、「コーチの言っていることもわかる」でも、「この子がかわいそうだ」とか「この子だって頑張ってるんだ」という気持ちなので、ここがまたすごいのです。だから、実際にその後、注意された子が成長する状況に持って行ってくれるのです。
そして、そうしたことをやりながら、ここでは年上の子たちも自らの力をどんどん上げているのです。そうした様子を、私、たくさん見てきましたので。一つ前のブログに書いた子も、実はそうでした。そうしたことをやりながら、自分の力を上げていきました。
本当にいい空間を子どもたちが作っています。
話を戻して。
そう、「6年生、5年生が優しい」をたくさん言っているこの子も4月からは5年生。なので、保護者の方やお婆ちゃんが、「じゃあ、自分も4月からは年下の子に優しくしなきゃね」というと「俺にはできないよ~」だそうです。
そう、5、6年生が助けてくれているその助け、本人にはすごく大きなものに感じているんですね。だから、「俺にはできない」なのでしょう。
でも・・・大丈夫、この子はできます。
この子らしく、助けられるはずです。
たくさんの子が、嬉しすぎる成長を見せていますね。

☆ソラ・リーグ、参加者募集中で~す!!!

=サッカースクール・ソラ= TEL 042-534-3766
Adre_2
※メールをお送り頂いてから2日しても返信がない場合はお電話にてご連絡下さい。
ソラ・ホームページ http://www.sonoyosade.com

サッカースクール【ソラ(sola)】千葉で開催中~(担当 山口武史)
練習会場:千葉北スカイランド(稲毛区長沼原町261)
千葉市だけでなく、四街道市、佐倉市、八千代市、船橋市、鎌ヶ谷市など、色々な地域から子供たちが集まっています。
サッカー経験の長い子からサッカーを初めてする子まで、今、スクールの無料体験に来る子が増えていま~す♪
空きの少ない曜日が増えています。
 
個人レッスン・プライベートレッスンについてはこちら
サッカープライベートレッスン・個人レッスンは、東京(23区、多摩、武蔵野等)、千葉(千葉市、船橋市等)、埼玉、神奈川等で行っています。好評なので、エリア拡大中です。
  個人レッスン・プライベートレッスン報告こちら
=スクール責任者指導歴=
◆プロコーチ歴20年。
1997年  クーバー・コーチングサッカースクール浦和校 サブマスター
1998年  クーバー・コーチングサッカースクールあざみ野校スクールマスター
1999年  クーバー・コーチングサッカースクール相模原校スクールマスター
2000年  クーバー・コーチングサッカースクール世田谷校スクールマスター
1997〜2002年 クーバー・コーチングジャパン 指導者講習会担当スタッフ
2002年  高木琢也主宰サッカースクール責任者
2003年  サッカースクールa 千葉北スカイランド校スクール責任者
2005年  サッカースクール「ソラ」を立ち上げ(現在に至る)


書籍「サッカー、上達の素」使えないワザには気をつけろ!
 詳細こちら (ブログのもの)
   ※PDF版の紹介はこちら→「soccerbook.pdf」をダウンロード

|

ブーブーからのナイスプレー

今日の寒さは・・・すごかったですね。
そんな中、U-12クラスの子は・・・元気。恐ろしい・・・。「手袋、いる?」と言っても「いらない」と言い放つ子たち。ウソだー、本当はほしいでしょう? でも、「いらない」と言い張る子たち・・・。ふーん・・・。
ま、元気だからいいんですけどね。そんな今日もいつものように、みんなプレーが良かったですよ。
「パスが来ない」とブーブーとなっていた子がいましたが・・・その子にパスをしなかったA君は2週間前、練習が始まる前とか休憩中に、ドリブルで使う(使いたい)ワザをたくさん練習していたんです。でも、その日はそのテクニックをゲーム中に使うと足にボールが当たったりしてうまくいかないことが多くて。それが、今日はやりたいプレーをたくさんできていて。だから、きっと普段よりもドリブルが多くなり、パスが少なくなったのでしょう。「練習したことをゲーム中に試したい」・・・これは自然な気持ちです。
「パスが来ない」と言っていた子にこのような経緯を説明したら、納得してくれました。また、A君にも、「自分と同じように他の子も色々とチャレンジしたいことがあるかもしれないよ」ということを話しました。
こうして、バランスが自然になれば、それはもう・・・すごいゲームになるのです。
みんな、動きが良かったですよ。
しかも、「パスが来ない」と言っていた子が、A君のドリブルがうまくいった時に「ナイスプレー」と声をかけてあげていて。こういうやりとり、こういう成長、いいですね。お互いにもっとつながれば、パスもドリブルもどんどん上手になりますから。
練習の最後には、この子がブーブー状態から(経緯を理解し)「ナイスプレー」と言えたことを褒めてあげました。ですが、その話をその子がポケットに手を入れながら聞いていたので、「・・・という話をポケットに手を突っ込んで聞いてるから、やっぱりこのバカモノが!」と注意。ナイスナイスなプププボーイです。ちなみに、ポケットに手を入れていたのは、単純に寒くて。正座して、ポケットに手を入れるという・・・ワケのわからないポーズをとっていました。
こういうところも、恐るべし・・・。
ところでー、あ、これは別に残念な話じゃないですが、「そのテクニックは不自然に練習しない方がいい」というものを練習していた子が、やっぱりボールを踏みそうになったので(その動きで転倒すると危ない)、そこだけはサラッと注意をしました。
みんなのプラスの気持ちが、プラスの方向に行くように。
ちょびっと気をつけていきまする。
という今日の帰りには、先日個人レッスンを行った子の親御さんからお礼のメールを頂きました。2回目の子なので改めてご感想を伺ったりはしていなかったのですが、子供がレッスンをとても楽しんでいて、お子さんもお父さんもお母さんも、皆さん喜んで下さって、わざわざお礼の連絡を下さいました。「また次回も」とのお言葉も頂きました。
それにしても、個人レッスンを行っていてよく感じるのは、ソラでの練習のように、あたり前のように楽しく練習をすると、驚かれることが多いこと。そして、とても感謝されることが多いこと。
普段、ソラッ子の作っている空間の良さがよくわかりますね。(ソラの空間は、コーチではなく、子供たちが作っています。)
いいねー、ソラッ子。


=サッカースクール・ソラ= TEL 042-534-3766
Adre_2
※メールをお送り頂いてから2日しても返信がない場合はお電話にてご連絡下さい。
ソラ・ホームページ http://www.sonoyosade.com

サッカースクール【ソラ(sola)】千葉で開催中~(担当 山口武史)
練習会場:千葉北スカイランド(稲毛区長沼原町261)
千葉市だけでなく、四街道市、佐倉市、八千代市、船橋市、鎌ヶ谷市など、色々な地域から子供たちが集まっています。
サッカー経験の長い子からサッカーを初めてする子まで、今、スクールの無料体験に来る子が増えていま~す♪
空きの少ない曜日が増えています。
 
個人レッスン・プライベートレッスンについてはこちら
サッカープライベートレッスン・個人レッスンは、東京(23区、多摩、武蔵野等)、千葉(千葉市、船橋市等)、埼玉、神奈川等で行っています。好評なので、エリア拡大中です。
  個人レッスン・プライベートレッスン報告こちら
=スクール責任者指導歴=
◆プロコーチ歴20年。
1997年  クーバー・コーチングサッカースクール浦和校 サブマスター
1998年  クーバー・コーチングサッカースクールあざみ野校スクールマスター
1999年  クーバー・コーチングサッカースクール相模原校スクールマスター
2000年  クーバー・コーチングサッカースクール世田谷校スクールマスター
1997〜2002年 クーバー・コーチングジャパン 指導者講習会担当スタッフ
2002年  高木琢也主宰サッカースクール責任者
2003年  サッカースクールa 千葉北スカイランド校スクール責任者
2005年  サッカースクール「ソラ」を立ち上げ(現在に至る)


書籍「サッカー、上達の素」使えないワザには気をつけろ!
 詳細こちら (ブログのもの)
   ※PDF版の紹介はこちら→「soccerbook.pdf」をダウンロード

|

成長成長~

今週も個人レッスンがギッシリ~。
今日の午前中は継続中の低学年の子。
到着した時にこちらから手を振ると、いつものように、気づいた瞬間にダーッと走りだして。
今日も楽しくレッスンをできました。
練習の準備をする時の口調、お互いにライバル風の関係「役」をする時の口調、素直に思ったことを話す時の口調、挑戦モードの時に自分に言い聞かせる口調・・・話し方、言葉が数秒置きに変わるんですよ。
でも、全部自然で、違和感はないんです。リラックスしつつも超集中状態、という感じなんですよね。いい空間の流れです。
頑張るところ、優しいところ、いっぱいです。
練習後の「バイバイ」はいつもエンドレス。「今のが最後の‟バイバイ”かな?」と思っても、また戻ってきて「バイバイ」。
これからも、楽しみながら、たくさん伸びますように。
さてさて、ところで。
昨日お伺いしたソラッ子のお話の中で・・・。
「行くまでが大変だった時期のことを思うと・・・略・・・前向きな姿勢で参加してくれるようになって、嬉しく思っています!」とのことで。そうそう、この子、来るのを渋る時期もあったんですよねー。来たら楽しいのだけど、来るのが「・・・」というような。友達と遊ぶ約束をしてしまったとか、準備をするのが大変だとか・・・そういうことから、来るまでが大変な時期もあったんですよね。
それが、まあ~、どうでしょう。前回、初参加だったソラ・リーグ。楽しかったから、今回も「自ら行く」との発言だそうで。この言葉に表れているように、「自ら」の行動がとてもスムーズになったそうです。スクールにも積極的~。やるね!
そして、同じく昨日お伺いした、他の子のお話の中で・・・。
「サッカーをはじめてから、色々なことに自信を持てるようになってきました」とのことで。具体的に、色々なこと(成長)で、お友達から驚かれる事もあるようで。ソラに来ることができて「本当に幸せだと思います」とおっしゃって下さり・・・いえいえ、そのように思って頂けて、こちらの方が幸せです。
大成長のソラッ子たちですねー。

|

やっぱりスゴいソラッ子どもども(スライディングやらやら)

昨日のU-6クラスは、ズベー、ズザー、ゴロリン、バタン。
あ、バタンはほとんどないですね。ズベズザゴロリンです。
練習メニュー中に、一人がスライディングをすると、もう一人もする。そして、もう一人も・・・という感じで、楽しそうにスライディング。
あ、スライディングの練習じゃないんですけどね、普通のドリブルの練習なんですけどね、「ボールがラインから出ちゃう~」という時にスライディングで止めるのです。ニコニコしながら。すると、関係のない他の子が、それを見て、マネしてニコニコスライディング、なのです←ボールとは関係ない。そして、それを見てもう一人がズザー。もはやドリブル関係なし・・・。はい、いいんです、こんな調子で。
だって、スライディングの形、すごく自然でいいですから~。
その後のゲームでも、そんな感じで、いい感じでズベ・ズザーです。
しかも、自分で、ボールに足を伸ばす場合とシュートコースに足を出す場合とを使い分けています。使い分けるというか、ちゃんとプレーしようとしているので、自然にそうなるという感じですね。動きだけで見れば、高校サッカーの試合で見たものと同じ質のプレーです、それは。そういうのをニコニコしながらやっています。
あれでいいんですよ~。
U-9クラスも絶好調スタート。
ドリブルのキレがいいじゃないかー!!!
どの子もいいじゃないかー!!! なのでした。
とっさの動きが良すぎます。自分から仕掛けるアクション、相手の反応を見てのリアクション、その時の動きがすごくイイ感じ~。すんばらしい。それぞれの子の動きを見ればわかります、伸びてるの。保護者の方からも、他の場でのプレー時に「この頃、ドリブルがすごく良くて!」と成長を実感してもらっています。他の人が見てもわかる明らかな上達~。そりゃそうですけどねー。ニヒヒヒヒです。
でも、まだまだ行きますからね、お楽しみに。
そして、U-12クラスは、ほほう・・・これまた恐るべし。先週の金曜日同様、いきなり、さらに成長するぞーモード・・・ではなかったのですが、最初の数分でそこを修正できましたね。あとはもう、超成長モード。
そして、6年生は、金曜日の6年生に負けない挑戦モード。ギスギスした挑戦ではなく、頑張ろう+楽しもうの挑戦モード。当然、周囲にいる子も楽しく、前向きになる挑戦モード。そうそうそう、この渦で行け行け。
ここまでくれば、あとは放っておいても行けるかな? それが理想なので。
それから、おっどろきー! 4年生の子で、すごく大きな変化を見せた子が! ボールをもらうための動きがすごく良くなりました。走るタイミング、コース、スピード、声をかけるタイミング、強さ・・・すべてが明らかに良くなりました。ボールをもらうための動きがそのように変化したので、当然、ボールをもった後の動きもいいわけです。この子の場合は、冬空効果。ウィンタースクールでの
超成長モード(頑張れ、お前モード)の成果が出ています。やりましたね、頑張ったじゃーん、なのです。本当に、明らかな変化。
これは、これからが楽しみです。
もちろん、他の4・5年生の子も、いいところいっぱいですよ。
前のブログに書きましたが、どのクラスも、それぞれの子の動き、表情に、数秒置きに「ワオワオワオ」が入っているんですよね。
これだから、もう、ソラッ子は・・・スゴ過ぎる~。

|

いつの間にやら

6年生の子からのメールで・・・
ある子は「ソラに通っていたから学校でも友達がたくさんいます。ソラで知らない子にたくさん声をかけたから学校の発表も自信が持てたと思います。ソラでは楽しかったり悔しかったり嬉しかったりと感情が学校よりも素のまま出せます。」と。嬉しいですね、感情を自然に出してくれること。時には周りの子とのやりとりで、嫌な気持ちになることもあると思いますが・・・ここでは、そういうことを何度も繰り返して、関係を作っていけます。そして、最終的に嬉しくなれたら・・・いいですね。嬉しいですね。
ある子は「僕はソラで悔しかったり楽しかったりたまにボーッとしてしまったりすることがあるけれどソラの皆とサッカーができて楽しいです。」と。そう、この子は、たまにボーッとしちゃうことがあって。でも、今はそういうことがありません。ずっと空間の中にしっかりと存在しています。そして、周りの子とのサッカーを楽しんでいます。もちろん、より成長しながら。
いつの間にやら・・・すごい子たちです。嬉しい子たちです。

=サッカースクール・ソラ= TEL 042-534-3766
Adre_2
※メールをお送り頂いてから2日しても返信がない場合はお電話にてご連絡下さい。
ソラ・ホームページ http://www.sonoyosade.com

サッカースクール【ソラ(sola)】千葉で開催中~(担当 山口武史)
練習会場:千葉北スカイランド(稲毛区長沼原町261)
千葉市だけでなく、四街道市、佐倉市、八千代市、船橋市、鎌ヶ谷市など、色々な地域から子供たちが集まっています。
サッカー経験の長い子からサッカーを初めてする子まで、今、スクールの無料体験に来る子が増えていま~す♪
空きの少ない曜日が増えています。

★冬休みもサッカーを楽しもう♪ ウィンタースクールについてはこちら
 

個人レッスン・プライベートレッスンについてはこちら
サッカープライベートレッスン・個人レッスンは、東京(23区、多摩、武蔵野等)、千葉(千葉市、船橋市等)、埼玉、神奈川等で行っています。好評なので、エリア拡大中です。
  個人レッスン・プライベートレッスン報告こちら
=スクール責任者指導歴=
◆プロコーチ歴20年。
1997年  クーバー・コーチングサッカースクール浦和校 サブマスター
1998年  クーバー・コーチングサッカースクールあざみ野校スクールマスター
1999年  クーバー・コーチングサッカースクール相模原校スクールマスター
2000年  クーバー・コーチングサッカースクール世田谷校スクールマスター
1997〜2002年 クーバー・コーチングジャパン 指導者講習会担当スタッフ
2002年  高木琢也主宰サッカースクール責任者
2003年  サッカースクールa 千葉北スカイランド校スクール責任者
2005年  サッカースクール「ソラ」を立ち上げ(現在に至る)


書籍「サッカー、上達の素」使えないワザには気をつけろ!
 詳細こちら (ブログのもの)
   ※PDF版の紹介はこちら→「soccerbook.pdf」をダウンロード
ブログ・子供のこと・サッカーのことなどはこちら

|

より以前の記事一覧