カテゴリー「ほぼ独り言」の記事

2022年10月 6日 (木)

そもそも会話って

ご自分のお子さんの話し方を気にされる方がいらっしゃいますが、ここでは気にせずに。
主語が抜けてもわかること多いので。
言葉が足りなくてもわかることあるので。
わからない時は、「え? なんのこと?」って聞けば、教えてくれるじゃないですか。
こちらが勘違いしていると、「ちがうよー」って教えてくれるじゃないですか。
「ああ、そうかぁ」で、楽しいじゃないですか。
楽しければ、どんどん話そうとするじゃないですか。
伝えたいと思えば、自然に足りないことは覚えていくじゃないですか。
話すのが楽しいと思えたら、自然に力もついていきますよね。
そもそも、会話って、話したいから話すのでしょうし。「ねー」って伝えようとしてくれる、その気持ちですでに嬉しいですよね。
それに、正しい言い方をするのが会話なのではなくて、会話って、お互いに作っていくものでしょうしね。
主語が抜けても、「へー」で、ちょっとはっきりしなくても「ふーん」で、それでも、嬉しそうに話している様子を見るだけで嬉しいし、楽しそうに話しているのを見るだけで楽しいし。
楽しければ何度も話すし。
そうして話しているだけで、ちゃんと主語を使うようになった子、明瞭に話せるようになった子を知っています。めちゃくちゃ難しいことも話せるくらいに。
サッカーでもそういうことありますけどね。
正しいやり方とかスポーツ種目的な目的なんて抜けていても、楽しいと思ってボールを蹴っているうちに、自然にスキルをつけていくこと。
逆に、正しいやり方とか目的とかを意識させるとつまらなくなることやスキルがつきにくくなることもありますもんね。
スポーツでも他のことでも、その時のその子が楽しいと思うこと、その時のその子の心と体にあったものを繰り返すことだけでいいということも、きっとたくさんあるんでしょうね。

*特に小さな子の場合、主語とか目的語が抜けることも多いですけど、「主語、主語」「何を何を」とかって考えすぎると、その子が伝えたかったことが逆にぼやけちゃうこともあるので。私は子どもの伝えたいことをストレートに感じたい派なので、スクールの時は話し方とか気にしないでOKです。「すごかったんだよ」が第一声なら、それでいいので。その言い方で「すごかった」ってどれぐらい思ったのかとかも伝わってくるじゃないですか。それが、ちゃんと話そうとして、言い方にこだわると、文章としてはわかりやすいけど、どれぐらいかの部分がちょっと減ることもあるし。もちろん、それを言葉で説明できるのもいいことだと思いますけどね。それから、子どもが話そうとして、「えーとね、えーとね、僕がね・・・」って自然になるのは全然いいと思いますけどね。ここでは、必要以上に形にこだわらないでいいよ、ということです。

申し訳ありませんでした

今日は・・・。
できると思って出発。でも、U-6、U-9はさすがに厳しく中止。
U-6、U-9クラス、それぞれの決定時間・・・雨は強く、ピンポイント予報も雨。雨雲レーダーでは、「やむ」となっていた時間でも雨が強く降っていて。そして、雨雲レーダーは、確認するたびに雨の時間が延び、ずれていて。現状からも予報からも中止に。
そして、U-12クラスの決定時間。それまでに、天気が悪いのでお休みするとの連絡もあり・・・。そうだよなぁ、この天気・・・。
現状では雨。また、二つのピンポイント予報でも雨。ただ、雨雲レーダーでは50分後に雨が止むと。
とは言っても、それまでの時点で、雨雲レーダーの「やむ」という予想はずっと外れていて。
現状の雨+予報から、中止の判断を。
ですが、案内を打っている途中で、雨が小雨になりました!
なので、「もしかしたらできる?」と思い、急遽、案内を修正。決定時間を少し遅らせる案内を入れました。(そんな経緯だったので、文章を変える必要があり、最初の案内の投稿時間が少し遅くなってしまいました。)
でも、延ばした後の決定時間の直前にまた雨が強くなり・・・。
雨雲レーダーは40分後に止むとなっていましたが、今日はそれまで外れっぱなし。そして、二つのピンポイント予報では変わらず練習時間帯は雨。現状も、さっき弱まったと思った雨が、また強くなっている・・・。
なので、U-12クラスも中止としました。
そうしたら、17時15分ごろ、会場で雨がやみました・・・。
もう、こういう時は本当に申し訳なくて、心がどよんです。
最後の最後に雨雲レーダーが当たりました。それまで外れてたのに。
当たるんだったら、それまでも当てておいてくれたら、信じて開催できたのに。
もう、本当に申し訳ありませんでした。
「やる」と言って、雨が予報通りやまなかったら、さすがに今日は風邪をひいてしまいそうだし。
現状と予報から判断したのですが、もう、本当にすみません。
申し訳なさで、ずっと、お腹が重く、痛く・・・。
倉庫の整理・・・。
申し訳ないと思いながら、手をつけられなかったところを整理。
こわれた玩具。
会員の子の弟くん、妹さんが遊んだりできるように玩具を用意しているのですが、以前、壊れたものがありまして。
まず、部品が色んなところに行っている。見つからないだろうなぁと思ったら・・・見つかりましたー! 意外にあるものですね。
でも、ここは直らないだろうなと思って、ちょっと外してみたら・・・これ、直るじゃん!
なので、雨がやんだこと(これならできたじゃないか!)の罪滅ぼしのつもりで、直すことに。
釣り竿(おもちゃ)、直しましたよー!
ちょうどいい紐がありまして。
コロナで休校となった後、再開時に糸電話を作ったのですが、その時、試しに買った紐。その紐だと細すぎて、うまく糸電話を作れなくて。おそらく、子どもに渡したら、ちょっと引っぱったら抜けちゃいそうな細さで。で、その紐は使わずにとってあったのですが、数年たっても使い道がなく、処分かなぁ・・・と思ったところで、まさかの使い道。
これで、付き添いの子が「つまんなーい」となった時に、また釣りで数分釣れます♪
ついでに、他の玩具もちょっと直して。
ふむ、サッカーコーチらしい仕事だ。
これで少しは子どもの役にたったかな? と少しだけ、少~しだけ、お腹の痛いのが減りました。
が、やっぱりごめんなさい、の今日でした。
*これの前のブログ、急いで読むと誤解されそうな部分があるので補足しました。それから、「サッカー知ってます」的な人や「コーチやってました」的な人のことについて少し書いていますが、皆さんのことではありませんので。皆さんとはお話ししていても、嬉しいままですし。子どもたちのことを肯定してくれているので。ただ、そうではなく、きちんと見ずに否定する人もいるので。なので、あのような文章になりました。

 

2022年10月 5日 (水)

恐竜とルフィもやってきます

昨日の年中さん、年長さんのサッカースクール。人数は少ないのですが、佐倉市など、市外からも子どもが来てくれています。そして、人数は少ないのですが・・・30人くらい相手にしている感覚です。
エネルギーが・・・すごい( ̄▽ ̄;)
攻撃にやられまくっております。
それにしても、面白い。
年齢的に、「自分のこと」で心もいっぱいになる時。
昨日、離れたところにいた子を見ていたら、首をぐるぐる動かしていて。
「え? 恐竜?」。でも、近くに誰かいるわけじゃないし、「誰も見てないのに、恐竜のマネなんかしないか・・・じゃあ、何してるんだろ?」・・・「あ、やっぱり恐竜の動きだ」。
その後、近寄ってきた時に、「恐竜のマネしてたの?」って聞いたら、「ぜんぶ! いろんな恐竜やった!」って。そして、恐竜の動きで攻撃をしてきました。
他の子は・・・・。
ゴムゴムの実にハマっている子。
「知ってる? ゴムゴムの実ってね、食べると泳げなくなるの」って。
「知ってるよー。他の実もそうだよー」。
「あのね、いつか、ゴムゴムの実、食べるんだっ!」って。
あははははー。
で、その子がふと離れたところに行き、様子を見ていたら、「あ、何か食べた!」。もちろん、本当に食べたのではなく、手で何かを持つしぐさ、そして、カブカブと食べるしぐさ。りんごとかを食べるみたい。あはは、ゴムゴムの実を食べたつもりだ。
これも、誰も見ていないところでやっているんですよー。
その後、こっちに走ってきて、「ゴムゴムのー・・・」と言って攻撃をしてきました。
誰かに見られているとかいないとか、そんなこと関係ない、自分の世界。
「見たよー」って言ったら照れちゃうこともあるくらい、自分の世界。
そんな様子を見せるあの子たちは、もう、面白すぎ面白すぎ。
こんな様子なので、人数は少ないのですが・・・すごくたくさんいるみたい。
その後のU-9クラスも。これがまた個性がありまくりで。
やはり攻撃がすごい。スクール開始前に、やりとりで遊びまくりです。私に至近距離からボールをぶつける子も。「そんなんにやられるかい(o゚∀゚)」。
やられたー! まともに顔に食らってしまった。さすがに近すぎた。
その後も他の子から攻撃は続くのですが、私の様子を見て、「あ、痛そうかな」と思ってくれた子は、投げるボールをゆっくりにしてくれるとか、私が避けられるタイミングにしてくれるとか。強いボール、速いボール、不意打ちのタイミング、わかりやすいタイミング、それがごちゃ混ぜ、相手いっぱい。
で、私、ミスりましたー! 強く来ると思ったボールがすごく弱くて、私がボールをパンチしたのですが、投げた子のおでこにー! 「あー、ごめんごめん、大丈夫?!?!」。「ここ、ぶっていいよ」と言ったのですが、「いい」って。怒ってないけど痛いんだ。ああ、痛そう痛そう。ごめんごめん。涙をこらえてる。こんな時は罪悪感。でも、罪悪感で何もしなくなったら、ダメなのです。こういう時は、辛いんですよね、立場的に。でも、そこは強さも必要で。
その子が復活しますように。その子も、気にされすぎたらきっと困る、そういう様子。声をかけたくてもかけれない時間。ああ、辛い。そして、数分たち、その子もふざける動きをやりながら、元気を出すタイミングを見つけて、はい、完全復活。私の心もようやくそこから解放。もちろん、「ごめんね」はずっとありますが、それはもうそれ以上出せないのです。
こういう、複雑すぎるやりとりがある場です。できれば、友達とこういう時間を過ごしてほしいとも思っています。
お互いに心も疲れますけどね。でも、大切なやりとりです。
単純なようで複雑で、複雑なようで単純で。実に何とも言い難いやりとり空間。
U-12クラスも朝書いたようなことが自然に起こりまくる成長空間。それぞれの子の伸び、半端なし!
ふー、存在、楽しさ、エネルギー、色んなものがありまくり~の空間なのでした。
スクールが終わるといつも、「疲れた~」となる私ですが、前半ですでに恐竜とルフィと戦っているんだから、そりゃ一日終われば疲れるよねー、なのでした。
サッカースクールのソラ千葉で開催中
TEL 042-534-3766
Adre_2
※メールをお送り頂いてから2日しても返信がない場合はお電話にてご連絡下さい。
個人レッスン・プライベートレッスンについてはこちら
個人レッスン・プライベートレッスン報告こちら
※ここ数年、時間的に難しいため、レポートは更新していません。プチレポートのような形でちょっとだけ報告することがありますが、どんなレッスンなのか、ご感想などをよく確認したい場合は、数年前のレポートをご覧頂けるとおわかりになると思います。
=スクール責任者指導歴=
◆プロコーチ歴20年。
1997年  クーバー・コーチングサッカースクール浦和校 サブマスター
1998年  クーバー・コーチングサッカースクールあざみ野校スクールマスター
1999年  クーバー・コーチングサッカースクール相模原校スクールマスター
2000年  クーバー・コーチングサッカースクール世田谷校スクールマスター
1997〜2002年 クーバー・コーチングジャパン 指導者講習会担当スタッフ
2002年  高木琢也主宰サッカースクール責任者
2003年  サッカースクールa 千葉北スカイランド校スクール責任者
2005年  サッカースクール「ソラ」を立ち上げ(現在に至る)
*Jリーグ所属のチームからお話を頂きましたがソラでずっとコーチをしています。

アントニオ猪木

*千葉県のサッカースクール・ソラのブログです♪
ここでは、世間でのニュースなどについて、できる限り(具体的に)触れないようにしていますが、アントニオ猪木さんのことについては、ちょっとだけ・・・。
色んなニュースで、印象とかを色んな人に聞いているので。
人それぞれ、色んな印象があると思います。
私は今、コーチをしていますが、コーチングの素となる考え方は、子どもの頃に見たものなどから、たくさん影響を受けているのではないかと、よく思います。
もちろん、育ててもらったその育て方が大きく影響しているのは間違いありません。また、接してくれた人が大きく影響していることも間違いありません。
ただ、それらとは別に、テレビ、本で見たこと、聞いたことも大きく影響しているのではないかと、よく思います。
アントニオ猪木さん・・・カッコよかったです。
ずっとカッコいいと思っていましたが、きっと、プロレスを見ながら私の心にいつもしまわれていったものは、ずるに負けないとか、そういうこと。相手が反則しても、それに負けない。そういうのがすごくかっこよくて。同じころ、ザ・ファンクスと言う兄弟のレスラーもいましたが、彼らについても、同じ。反則されても、負けない。
こうしたこと、おそらく、とても影響を受けています。
子どもの頃に見るもの、触れるもの、影響って大きいので。(たくさんの子たちを見てきて、そして、たくさんご相談頂いてきて、とてもこのように感じます。)
無意識に、おそらく、そういうものを心に刻ませてもらったと思います。
そうそう、今はもう完全に忘れてできないですけどね、猪木選手の得意だったコブラ・ツイストと卍固め、この二つを、よく友達にかけておりました。(お互いに順番でかけ合うのです。ここが甘いとか、ここが効いてるとか、ここが違うよとか。)友達にやり方を教えてあげたりもしていました。懐かしい。(もう、やり方、完全に忘れていますけどね・・・。)
ふと、何かの機会に、こうして、子どもの頃に触れるものの大事さをよく考えます。
今日、スクールでは、ぎりっぎりのメニューを行いました。
子どもたちには、危なさについて、ちょっと大げさに話しました。
危ないように見えても、風に煽られてフラッと速く動いたとしても、子どもの反射の方が速いでしょう。だから、大丈夫。
あのようなメニューを考える時、色んな要素を考えますが、安全面とはまったく違う視点からいつも意識していることは、子どもの目線だったり、体の大きさだったり。
大人の私から見たら小さく見えるものも、子どもには大きく見える。
こんなに大きなものが自分の方に来たら、よけるの面白いだろうなとか。
自分と同じくらいの大きさ、またはもっと大きく見えるものを避けていく。
マンガと同じ世界になるかも。
子どもたちは、楽しいだろうなぁって。
自分にはもうそういう経験できないし。
それに、これからは、色んな遊び、体感することを、バーチャルで先に覚えていっちゃうことが増えてくるわけでしょう?
その前に、実際に体感させてあげたいじゃないですか。
そんなことも、メニュー作りの時には考えています。
あの子たちにはこれがどんな風に見えるんだろうとか。
もちろん、私が思うほど、子どもが楽しいと思ってくれないこともあると思いますが・・・
でも、体と心がたくさん動く空間に、これからもしていきたいと思います。
それから、心の奥に、無意識に、明確でなくてもいいから、何かプラスになるものがたまるように・・・。
1、2、3、ダー! です。
◆千葉で開催中(四街道・佐倉・八千代・船橋の子も参加中)サッカースクールのソラ
TEL 042-534-3766
Adre_2
※メールをお送り頂いてから2日しても返信がない場合はお電話にてご連絡下さい。
ソラ・ホームページ http://www.sonoyosade.com
サッカースクール【ソラ(sola)】千葉で開催中~(担当 山口武史)
千葉北スカイランド(稲毛区長沼原町261)で開催中。
サッカー経験の長い子からサッカーを初めてする子まで、今、スクールの無料体験に来る子が増えていま~す♪
子どものことの深めの話はブログ「おまけ」にあります。(数年前のものですが今も当てはまります。)
 サッカースクール「ソラ」の「おまけ」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
講演会のご依頼も頂いております♪
個人レッスン・プライベートレッスンについてはこちら
個人レッスン・プライベートレッスン報告こちら
=スクール責任者指導歴=
◆プロコーチ歴20年。
1997年  クーバー・コーチングサッカースクール浦和校 サブマスター
1998年  クーバー・コーチングサッカースクールあざみ野校スクールマスター
1999年  クーバー・コーチングサッカースクール相模原校スクールマスター
2000年  クーバー・コーチングサッカースクール世田谷校スクールマスター
1997〜2002年 クーバー・コーチングジャパン 指導者講習会担当スタッフ
2002年  高木琢也主宰サッカースクール責任者
2003年  サッカースクールa 千葉北スカイランド校スクール責任者
2005年  サッカースクール「ソラ」を立ち上げ(現在に至る)
*Jリーグ所属のチームからお話を頂きましたがソラでずっとコーチをしています。

2022年10月 2日 (日)

悪夢をかき消した夢の中身は

どんな夢か書いておきますね。
最初の悪夢は、なんと内容を忘れてしまいました。
目があいた時には覚えていたのですが、その次の夢でかき消されました。
次に見た夢で、私は何故か学生になっていて。
授業の時間を勘違いして、全然違う部屋に移動しようとしていて、その途中、先生に「もう授業始まるぞ」と言われ、やばっとなって授業の場へ。
授業は、文化祭のように、班ごとに色んな場所で何かをやっていました。
私が自分の班の場所に戻るまでの間(遅れたせいで、何が何だかわからない人になっている私です)、色んな友人が場所を教えてくれて。色んな人に助けられて場所まで。
自分の班に着くと、たいして仲も良くない友人(?)が大人の人ともめていました。「だから、なんで、俺を呼びに来るんだよぉ!」とか言っていて。そして、「お前にはこういう良いところがあるからだよ」と大人の人が言っていまして。それを聞いていて、「なんだよぉ」と言っているヤツの背中を思いきり、バンッ(やったじゃーん、うれしいじゃーん)という夢でした。
自分は支えられていること、誰かも支えられていること、支えることができること、支える必要があること、そういったことを感じた夢でした。
おっと、本当に出発しなきゃ。
これもノーチェックで投稿&GOです!

月には届かなくても

*下の文、「ですます調」は統一されていません。現在形、過去形もごちゃ混ぜです。寝起きのままに打った文なので。ノーチェックで投稿し、一応、その後に読み返して読みにくいところも見つけたのですが、直さず、あえてそのままにします。
今日はサッカーの個人レッスンで早朝から移動。寝坊できない寝坊できない・・・と思っていたら、まったく寝れない・・・と思っていたら1時間くらい寝れて、悪夢を見た。うわぁ、悪夢って・・・と思っていたら、また1時間くらい寝れて、今度はいい夢を見た。
おそらく、昨日、最後に読んだ記事が影響している。
昨日は、「軽く最後に読んで」ではなく、どうしても引っかかって読んでしまった。
残念なニュースを見ることがあります。
そうしたニュースを見るたびに、物理的に届くところにある手で支えることが必要だと強く思います。もちろん、ネットで、全然遠い場所から支えている人も、支えられている人もいると思います。
でも、最後は、実際に手が届くところにいる人の存在が大きいと、やはり思います。
誰かの責任とかいうことではなくて、ただ、そばで、落ちていくことを食い止めることができたら、と思います。
そのために、普段から、どう関わるか、関わらせるか、お互いにどう気づかせるか、気づく気づかないの前に、経験として心の底にためていくことができるか。小さなものでも、数日すれば忘れてしまうようなものでも、いつも温かい小さなものを感じていくことができれば、少しずつたまっていけば、きっと大きな力になると思っています。
先週の話。
ハル〇マコーチが、「やっぱりあの練習いいですね」と言ってきた。
先週、曜日によって行ったメニュー。曜日によって、空間づくりは変わります。だって、そこに来ている子が違うから。また、同じ子が来ていても、その日、その時の意味合いが違うから、日によって変わることもあります。もちろん、土台は変わりませんが。
その、「あの練習いいですね」と言われるメニューは、もう開校時から行っているメニューです。
どんなメニューかと言うと、一緒に練習している相手ととても関わるメニュー。
もともとソラでは、こういうメニューをたくさんやっていました。
でも、コロナが流行ってからは、封印。
関わることを考えつつ、でも、安全を最優先。
でも、もう3年目。
U-12クラスの子たちは、あと半年で卒業する子もいます。
そろそろ、入れていかないと。
なので、9月から、またそうしたメニューを少しずつ増やしています。これは、この頃書いていた「こういうメニューをやる」というのとは全然違う話です。あれは、運動的な要素のことで、これは、運動の要素も踏まえながらも、同時に、違ういくつもの要素を含んでいるもの。
ソラでは、自分の存在、友達の存在の大事さ、それぞれの子が力を持っていること、それぞれの存在が大事であることを知ってほしいということを、すべての土台にしています。
だから、関わるメニューが多かったんです。
もちろん、距離など、気をつけなくてはいけないですが、気をつけつつ、やはりそうしたものをやっていこうと思います。
スクールに来れない人もいると思います。サッカーをしていない人がたまたまこのブログに来ることもあると思います。たまたま今、この文を読んでいる人もいるでしょう。もう二度とこのブログに来ない人もいるでしょう。
なので、そういう方へ。
自分の存在と友達の存在を大事に。
それから、もし教育関連にお勤めの方がいたら・・・
残念なことが起きた時、その年代の子たちは、SNS、それらのツールをちゃんと使いこなしている世代です。ファーストフードで笑いながら、人と話しながら、片手に食べ物を持ちながら、片手で器用に使いこなしています。
それでも、残念なことは置きます。
教育業界でも、タブレットだ、パソコンだと・・・そういう流れがどんどん進んでいます。
そして、残念なことが起きないように、「使い方」とか「これは〇〇にあたります」というルールを教えたりしています。
でも、それよりもっと奥、土台の部分が大事だということだと思います。
最も先に覚えてもらうことは、
それを使えるか、でも、それの使い方、でもなく、そのルールでもなく、その前に、それぞれの存在を大事に思うことだと思います。
それを、年齢に合った形で、その年代、または、その個人に合った形で教えることが大事だと思います。
と書くと、とても小さなうちから、協調性をやたらと教育されそうですが、そうではなく、本当に、成長に合ったもので。
・・・と言っても、教育観は人それぞれ違うから、そこが難しいところだとも思いますが・・・。
サッカーというスポーツ一つを取ってみても、育てること、育つことの考えは、そうしたものと合っていないことも多いのだから、教育と言う分野では、もっと結果を求められることも多いと思うので。こうした部分は、それぞれの人が何を思うのか、という部分にも戻ってきますね・・・。
でも、教育業界で、「SNSだ」とどんどん進めていくなら、その土台の部分はさらにしっかりと考えていく必要があるでしょう。
・・・すみません、そろそろ出発なので、まったくまとまっていませんし、誤字脱字のチェックもしていませんが、投稿して出発しちゃいます。
私は今日、目の前にいる子を伸ばしてきます!
もちろん、今、色々と相談を受けている子のことは頭にしっかりあります。
ついでに言えば、全然相談を受けていない子のことも頭にあります。
そら、空へ、その良さで。

 

2022年10月 1日 (土)

サッカースクールの無料体験、受付中です♪

昨日はサッカースクールの無料体験に来てくれた子がいましたが、とても伸び伸びと楽しそうにプレーしていましたね。終わった後も、親御さんに、「ここは楽しかった!!」と言っていました。(サッカースクールは千葉にしかないので、他地域にないか尋ねられることもあるのですが・・・すみません!)
今(だけじゃなくてずっとですけどね)、子どもたちが伸びる練習をしていますので♪
ところで、同じく昨日、サッカースクールの体験のお申し込みを頂きました。
先ほども書きましたが、小学生の頃のサッカーのやり方(教えられる内容や教えられ方)は、その後も長く影響するので、本当に大切です。色々な形で影響します。
お話を伺い、なるほどなるほど、でした。今、そうなっているのには理由があることが多いので。
そして、今回も、よくここで取り上げていること(一般のサッカー環境に溢れているある傾向)が元で起きていることのような気がします。(決めつけるのはよくないですし、まだ様子を見ていないので断定はしませんが、可能性は・・・大です。)
とにかく、ここでは伸ばそうとするだけです。
先日スクールを体験し、入会した子も、もう・・・ニヒヒヒヒと伸びる方向に進み始めていますが、とにかく伸ばそうとするだけです。
そういえば、昨日は、U-12クラスの子が、「ねえ、良い知らせと悪い知らせ、どっちから先に聞きたい?」って言ってきました。「じゃあ、良い知らせ」と答えると、「良い知らせはね・・・悪い知らせがないことだよ」って。「あはは、それはよかったじゃん!」で、「良い知らせは」・・・足が速くなったそうです。5年生になってから一度、タイムを計り、そして、また図ったそうなんですが、50mのタイムで2秒くらい縮まっていました。あはは、縮まりすぎだ。でも、いつも一生懸命走っているしね。あの走り方なら全然あり得るね。
あ、私が言う走り方っていうのはフォームのことじゃないです。ここでは書きませんが、フォームのことじゃないので、はい。
その子は嬉しそうにタイムが上がったことを話してくれました。自ら「インドア派」という子ですが、外で遊ぶのが好きな子も、インドア派という子も、ここではともに伸びていきます。
今日も、伸ばすぞーと思いながら背中が熱くなりましたが(こう考えると、なぜか背中がいつも熱くなるんですよね)、10月は小学生、中学生のクラスでは、ちょっとキュッとして、一つ上に行かせる予定です。伸びちゃいますよ。
年中さん、年長さんは、いつもの感じでやっていきますよん♪
お楽しみに。
◆千葉で開催中(四街道・佐倉・八千代・船橋の子も参加中)サッカースクールのソラ
TEL 042-534-3766
Adre_2
※メールをお送り頂いてから2日しても返信がない場合はお電話にてご連絡下さい。
ソラ・ホームページ http://www.sonoyosade.com
サッカースクール【ソラ(sola)】千葉で開催中~(担当 山口武史)
千葉北スカイランド(稲毛区長沼原町261)で開催中。
サッカー経験の長い子からサッカーを初めてする子まで、今、スクールの無料体験に来る子が増えていま~す♪
子どものことの深めの話はブログ「おまけ」にあります。(数年前のものですが今も当てはまります。)
 サッカースクール「ソラ」の「おまけ」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
講演会のご依頼も頂いております♪
個人レッスン・プライベートレッスンについてはこちら
個人レッスン・プライベートレッスン報告こちら
=スクール責任者指導歴=
◆プロコーチ歴20年。
1997年  クーバー・コーチングサッカースクール浦和校 サブマスター
1998年  クーバー・コーチングサッカースクールあざみ野校スクールマスター
1999年  クーバー・コーチングサッカースクール相模原校スクールマスター
2000年  クーバー・コーチングサッカースクール世田谷校スクールマスター
1997〜2002年 クーバー・コーチングジャパン 指導者講習会担当スタッフ
2002年  高木琢也主宰サッカースクール責任者
2003年  サッカースクールa 千葉北スカイランド校スクール責任者
2005年  サッカースクール「ソラ」を立ち上げ(現在に至る)
*Jリーグ所属のチームからお話を頂きましたがソラでずっとコーチをしています。

子どもの頭、いと・・・

昨日は「月」。千葉北スカイランドのサッカーコートからは月がよく見えます。昨日もスクールの子が「月!」って。
U-9クラスの子たち、みんな、コートに入って少したつと月に気づき、「ねえ、見て、月!」って。他の子も、「あ、三日月!」って。他の子も、「三日月!」「月!」。
ある子は、「手で届きそうで、届かないんだよ」って。
そうそう、その感覚~。
そうなんだよね。
大人になると、手で届かないってわかってるから、そう思えない・・・。
でも、そうなんだよね。
そうやって、知識よりも先に、自分の体で色んなものを感じることができる時に、たくさんのものを見ることができるといいですね。または、知識が先にあり、実際にどうなんだろうと思える時に、実際に見ることができるといいですね。
つまり、どっちが先でも、今、自分が見ることができることに不思議さを感じたり、心を動かされたりできたら、いいなと思います。
ちなみに、私は子どもの頃、大きく見えた太陽のところまで、きっと走っていけると思って、ずっと走ったことがありました。
距離が縮まらないことに気づかないで、他のものも目に入らないで。
そして、芝の中を太陽に向かって走ってる時に、芝の端にあったバラ線に引っかかって止まりました~。
太陽を見てたからバラ線が目に入らなかった(;'∀') 危ない危ない。というか、半分、時すでに遅し。でも、おかげで道路にそのまま飛び出ないですみました。おそらく、看板があってもわからなかったでしょうね。バラ線があってよかった。
そういえば、こんなこともありました。
5歳くらいの頃、母と出かけている時に、コーヒーのにおいにつられてコーヒーの豆を売っているお店に入っていってしまいました。
「いいにおいがするー」って言って、入っちゃいました。
コーヒーも飲まないし、コーヒー豆なんて知らないのに。でも、「いいにおい」につられて、そっちに行っちゃいました。
お店はできたばかりだったみたいで、お店のお兄さんが、「そうか、いい匂いだったかぁ!」と肩車をしてくれました。ただ私を楽しませようとしてくれたのか、それとも、コーヒーの匂いを「いい匂い」と言ったことが嬉しかったのか、どっちだったのかわかりませんが、私も嬉しかったし、その店員さんも嬉しかったような、そんな記憶に私の頭の中ではなっています。
私も、今、ソラのサッカーをして、子どもが「楽しかった」と言ってくれると嬉しいです。ソラの子たちと初めてサッカーをやった子が「楽しかった」と言ってくれるのもすごく嬉しいです。私も、ソラの子たちがするサッカーをとても好きで、とてもいいなと思っています。あの子たちの良さをわかってもらえて、あの子たちの作る空間の良さをわかってもらえて、嬉しくなります。
昨日も、U-9クラス、U-12クラスともに、とてもいいサッカーをしていましたね。
U-9クラスでは、私に攻撃をする小僧が数名いましたが・・・追うと逃げ、その逃げる時に走る速さが上がるので、まあいいか。
どの子も伸びていますよん。
◆千葉で開催中(四街道・佐倉・八千代・船橋の子も参加中)サッカースクールのソラ
TEL 042-534-3766
Adre_2
※メールをお送り頂いてから2日しても返信がない場合はお電話にてご連絡下さい。
ソラ・ホームページ http://www.sonoyosade.com
サッカースクール【ソラ(sola)】千葉で開催中~(担当 山口武史)
千葉北スカイランド(稲毛区長沼原町261)で開催中。
サッカー経験の長い子からサッカーを初めてする子まで、今、スクールの無料体験に来る子が増えていま~す♪
子どものことの深めの話はブログ「おまけ」にあります。(数年前のものですが今も当てはまります。)
 サッカースクール「ソラ」の「おまけ」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
講演会のご依頼も頂いております♪
個人レッスン・プライベートレッスンについてはこちら
個人レッスン・プライベートレッスン報告こちら
=スクール責任者指導歴=
◆プロコーチ歴20年。
1997年  クーバー・コーチングサッカースクール浦和校 サブマスター
1998年  クーバー・コーチングサッカースクールあざみ野校スクールマスター
1999年  クーバー・コーチングサッカースクール相模原校スクールマスター
2000年  クーバー・コーチングサッカースクール世田谷校スクールマスター
1997〜2002年 クーバー・コーチングジャパン 指導者講習会担当スタッフ
2002年  高木琢也主宰サッカースクール責任者
2003年  サッカースクールa 千葉北スカイランド校スクール責任者
2005年  サッカースクール「ソラ」を立ち上げ(現在に至る)
*Jリーグ所属のチームからお話を頂きましたがソラでずっとコーチをしています。

消えたー! 消えちまったー!

数か月前に、ガラケーの調子が悪くなり、保障サービスに入っていたので再度同じガラケーになったのですが・・・データ移行の際、古いメールが消えてしまっていました・・・。
開校時から、子どもの学校でのこと、サッカーチームでのことなど、たくさんのご相談を頂いていました。私も、スクール以外の場でのことが子どもの成長に大きく影響することをたくさん見ていたので、子どもを伸ばすためにも、色んなやりとりを続けてきました。学校やチームでのことなどは、深い内容の相談も多かったので、自分だけは確認できるようにメールなどもとっておいたんです。こうした時の対応とかは、その時だけでなく、数年後に確認しないとわからないことも多いと思うので。
それに、順調に育った場合でも、子どもが大きくなった時に、「ほら、あの時、こんなにキミは親に心配されていたんだよ」と教えてあげることもできるし。
また、ソラの雰囲気を見て、奥のものを感じた方とかは、驚かれて、ここでのコーチングへの感動や感謝を綴ってくれることもあり・・・本当に深い深い内容のものもあって、とっておいたんです。もう、褒めすぎですー! というものもたくさんあり。深すぎるものや、個人を特定できそうなものはここでは紹介していませんが、そういうもの・・・開校の頃からのものなので、古いものは18年前のものなのですが・・・。
機種変更をするたびに、ちゃんとデータ移行して、前も「ローカルメール」というところに入っていたのですが・・・前回の移行の時に入らなかったみたいで(T-T)
お店の人にやってもらうのは「できません」とか「手伝うけど保障しません」じゃないですか。それでもやってもらい、その時は他のメールの部分で移行してもらったことを確認できたので、全部移っているものだと思っていたのですが・・・ああー、残念。こんなこともあるんですね・・・。
ただ、当時、そのようなやりとりをしていた方とは今でも連絡は取れるし、そのようなご相談を頂いていた子たちも元気に大きくなっていることは確認できているので、安心なんですけどね。
でも、それとは別に、せっかくこのスクールに対して言って頂いていた言葉も消えちゃって。頂いていた言葉だけに、とっておきたかったものもあるし。
あ~あ・・・。
ところで、なぜ、いきなりそういう古いメールを確認しようと思ったのかと言うと、今も色々なご相談を頂いていますが、実際に保護者の方が心配されているような場合でも、「全然大丈夫ですー」とご安心頂けることが多いからです。もちろん、対応や働きかけが大切になることもありますが、それがしっかりしていれば、大丈夫です、となることが多いので。それをわかりやすく確認できるものを見ておこうと思ったのでした。
今って情報が溢れすぎているから、皆さん、本当に悩むと思うので。
ただ、そうそう、これだけは言っておこう言っておこう。
たくさんの人が言っていることが正しいとは限りません。
たくさんの人が言っているようで、その出どころは一つとか二つの可能性も全然ありますからね。
その一つを見た人が伝える、ということがたくさん起きていることが多いだけです。
もちろん、その中には正しいものも、実際にたくさんの人が別々のケースで確認していることもあるでしょうけど、そうではないこともあるので、ただ、「みんなが言っている」が正しいとは限らないということですね。実質、3例のことなどもあるかもしれないということです。
逆に、数人しか言っていないからと言って、「違う」ということでもないということです。
1000人の人がAということを言っていて、5人だけBということを言っているとして。
その5人の言うことが違っているように感じられますが、その5人はそれぞれ別に、しかも、とても深く調べていることとかもあるでしょう。ただ、確認されたものが広まりにくいだけになっていて、5人という数字になっていることもあります。なので、少ないから違うとも言えません。
・・・と書くと、ますます「どうすればいいかわからない」となるかもしれませんが・・・要は、そういうことです。
情報をうのみにせず、自分の目で、起きている様子、子どもの場合は表情などをよく見て、考えていくことが大切だと思います。また、発信されている内容も、発信している人がどんな人なのかなとか、サイトの特徴とかを見ると、ある程度、わかってくることがあるかもしれません。
・・・なんてことをするのも大変だと思うので・・・やはり最後は自分の目・・・プラス、他に信頼できる人の言葉、などでしょう。
子どものことの場合は、表情を見ないで物事が進んでいくこともあるので、その点は気をつける必要があると思います。
・・・と、ちょうど、教育関係のネット記事をいくつか読みました。
ネット記事の信頼度について改めてどうのこうのとここでは書きませんが、私はあまり魂を入れないで読むことが多いです。
もちろん、内容によっては魂入れて読みます。
が、タイトルを見て、ふーんと思った場合は、だいたいの場合は、魂入れず、冷静に読むようにしています。
まず、タイトルは、「〇文字以内に目にとまる言葉を・・・」と言われることがありますが、どうしても、目を引くためのタイトルになります。数分、いや、数秒でどんどん記事が更新される世界、タイトルでつかめないと読んでもらえない、ほんの数秒で興味を持ってもらえないと読んでもらえないので、そうなるのは仕方のないことでしょう。
ただ・・・皆さんも、記事の内容や表現のされ方と実際の様子のズレを感じた経験があると思います。とんでもなく実際の様子と違うものもあると思います。
私もそのようなものを目にしてきたことが多いので、それも踏まえて冷静に見ることが多いです。
と、話がそれました。
読んだ記事の一つは、前半を読んで、「そんな小さなこと、表面上のことを取り上げて説明しようとするから見失うんだ」と思いながら読み、ただ、後半は、考えが同じでした。あ、「小さなことが大事じゃない」と言いたいのではありません。少数のものは大事じゃないと言いたのでもありません。まったく反対です。ただ、そうなった奥の考えなどに触れずに、部分的にそれについて触れ、細かいところをつついて話を進めていたので。そんな小さな部分、そんな表面上のある部分から、それの何がわかるのさ、という内容なので。前半のこと、本当にそう思っているのかいないのか・・・本当に後半のことを深く考えている場合には、前半に書いているようなことは思わないんじゃないかなぁ・・・。あえて、あまり問題にしていないことを問題に取り上げて話を進めることもありますからね。ただ、前半で、この人とは考えが違うなと思って読み進めたものの結論部分が同調できる内容だったので、面白いと言えば面白い経験でした。
それから、もう一つの記事。やはり、「そんな小さなこと、表面上のことを・・・」でスタートし、これは、最後まで、本質部分をどこまで大事に思っているのか、また、その問題が含んでいる本質を考えているのか、というところに疑問を持つ内容でした。こうした記事を読むと、やはり、「なぜ」という部分は大事にすべき部分だと思います。そこを考えないで方法ばかりを考えていくと、たどりつけないことも多いと改めて思いました。
それに、その記事は、「肯定しようとしているようで、実は否定しているじゃないか」というものだったので。
なぜ、それを否定的に捉えるの? 否定的に捉えることじゃないでしょ? ということだったので。
あー! もうこんな時間。
しかも、かなり面倒くさいことを言ってる( ̄▽ ̄;)
読ませてしまい、すみません。
とにかくですね、こうした記事などからも、「これが正解」のように伝えられることがあるのですが、情報の捉え方には気をつけて下さいね! ということなのでした!!
もちろん、いい記事も多いと思いますけどね!

2022年9月28日 (水)

ギャー(ノ≧∇≦)

*サッカースクール(千葉市)は無料体験受付中♪ 四街道市、佐倉市、八千代市、船橋市などから子どもが参加中♪ 
先日、頂きましたー!
Coatnoe

コートに来た時に、絵を見せてくれたんです。
まず、〇が目に入り、で、四角いから、車かな? と思って、
「えー? なになに? 車?」って聞いたら、
サッカーコートでしたー!
やっちまったー!
「いりぐちもあるよ」って。
「えー? いりぐち、どこ?」
とかずっと色々と話した後で、
「はい、プレゼント」。
「えー! プレゼントだったのー! ありがとうー(*´▽`*)」なのでした。
プレゼントってわかっていたら、「あ、これはサッカーコートだな」ってわかったんですよー!
だって、「プレゼント?」から入って考えたら、サッカーコートにしか見えないしー!
でも、それを知らなかったからぁ。
スクールの時間以外のことで、「楽しいことがあったから描いたのかな?」とかって思ってたから、〇からタイヤを想像しちゃったのですぅ。
プレゼント、嬉しいです。
こうやって、絵とかを見せてくれることとか作ったものを見せてくれることがあるのですが、「えー、くれるのー?」って言ったら、「ちがうよ、みせただけだよぉ」とか言われることもあり、ハズー(;''∀'')なんてこともありまして。なので、これは見せてくれてるだけだからね、と自分に言い聞かせて見ていると、「はい、あげる」とか言われることもあり。
もう、子どもってばぁ、なのです。
◆千葉で開催中(四街道・佐倉・八千代・船橋の子も参加中)サッカースクールのソラ
TEL 042-534-3766
Adre_2
※メールをお送り頂いてから2日しても返信がない場合はお電話にてご連絡下さい。
ソラ・ホームページ http://www.sonoyosade.com
サッカースクール【ソラ(sola)】千葉で開催中~(担当 山口武史)
千葉北スカイランド(稲毛区長沼原町261)で開催中。
サッカー経験の長い子からサッカーを初めてする子まで、今、スクールの無料体験に来る子が増えていま~す♪
子どものことの深めの話はブログ「おまけ」にあります。(数年前のものですが今も当てはまります。)
 サッカースクール「ソラ」の「おまけ」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
講演会のご依頼も頂いております♪
個人レッスン・プライベートレッスンについてはこちら
個人レッスン・プライベートレッスン報告こちら
=スクール責任者指導歴=
◆プロコーチ歴20年。
1997年  クーバー・コーチングサッカースクール浦和校 サブマスター
1998年  クーバー・コーチングサッカースクールあざみ野校スクールマスター
1999年  クーバー・コーチングサッカースクール相模原校スクールマスター
2000年  クーバー・コーチングサッカースクール世田谷校スクールマスター
1997〜2002年 クーバー・コーチングジャパン 指導者講習会担当スタッフ
2002年  高木琢也主宰サッカースクール責任者
2003年  サッカースクールa 千葉北スカイランド校スクール責任者
2005年  サッカースクール「ソラ」を立ち上げ(現在に至る)
*Jリーグ所属のチームからお話を頂きましたがソラでずっとコーチをしています。

より以前の記事一覧

フォト

カテゴリー

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31