« そ、その口コミはΣ(・ω・ノ)ノ | トップページ | 頭を占めるから仕方ない »

2024年4月14日 (日)

やりとりから学んでいる子たち( *´艸`)

先日のスクールで、私と年長さんと遊んでいましたぁ。が、内容的には、一応・・・最高の練習です。めちゃくちゃに遊んでいるようで、実はちゃんと、「ごっこ」「役回り」「展開」といった要素をそれぞれにやれるくらいのとてもいい感じで、すごく楽しそう。
・・・だったのですが、お互いに「今度、こうして」「ねえ、あれやって」「あれやろう」が出てきて、すれ違いなどもおきまして。これもあたり前なので「いいこと」です。
「あれやりたい」でも聞いてもらえずに相手がやりたいことを続けていることもあります。そういうことも当然ある年齢なので、いいのです。ただ、その後に、泣いたり、怒ったりをお互いにしながら、色んな気持ちを感じ、色んなやりとりをして、少しずつ覚えていくのです。
そんなこともありながらの「ずーっと遊ぶ」でした。涙もありくらいの。でも、それが楽しくて、「もう今日は終わりだよー」の時に、「もっとやりたかったー( ノД`)」となったのです。心の幅も深さも広がっています。
で、その日、そんないい感じの後のU-9クラス。低学年の子たちはどうかな?
もちろん、「まったくおまえら( *´艸`)」はありまして。
一つ驚いたのは、一見ハチャメチャに見えることをすることもある子の、とても繊細な様子。楽しく面白いことを言う子との、あやしい二人組でのやりとりで、「一見ハチャ君」がその子の頭を叩く・・・時に、まず、自分の手を相手の頭に優しく置き、その手をぶつ。自分で自分の手をぶって、その手で衝撃を吸収~。これは私が子どもたちを叩く(ように見せる)時にやっているやり方。その子はそれをマスターし、やりながら、友だちとのそういうやりとりを楽しんでいて。「でも、遠くから見たらそれはぶっているように見えちゃうからね、今はやめて」。で、ニコニコさせたまま引き離しました。二人とも、とてもいい感じの子です。
ほんと、はちゃめちゃそうに見える子のこうした繊細さ・・・まったくあいつらぁ。一年前はほんとうにただのハチャメチャだったけどねー(;一_一) だから大ケガをしないように、他の場で誤解されることのないように、色々なことにも取り組ませたのですが(←楽しみながらできるもの)、それをやりながら、他のことからも色々と吸収しながら、もともとの優しさを使って成長しています。
一見、「できないかな」と見えることで、でも「必要なこと」とかありますよね。それを「その子には無理かな」とただそのままにさせていたら身につかないこともある年代ですが、適切なやりとりをしながら養っていくことはできるんです。
すぐにはできないかもしれないですけどね、普通は何度も繰り返して覚えていきますからね、こういうこと。
記憶することって、スポーツでも勉強でも、適したサイクルで繰り返して覚えていきますよね。だから、当然、こうしたことも何度も失敗しながら繰り返して覚えていくのです。今はそうやって繰り返せる環境が様々な理由から激減しているために覚えていくことが難しくなっていますけどね。
まあ、それにしても・・・こちらのことを笑わせながらしっかりと成長している彼らですね。まったくまったく。
そしてそして、その日の次のクラスでも、とても成長速度を上げている子がいまして。その子のことはスクール時に話したので今は違うことを書きますね。今は、先ほどの2つの話に関連したことを。
4年生の子が私に話しかけてきまして。「ねえ、今日は中学生は来ないの?」って。
その子が言いにくいといけないので、「中学生、やっぱりこわいとか思う?」と聞いたら、「ううん(NO)、いた方が楽しい」って。この子は先週の帰りに、「また中学生来るの?」と聞いてきました。嬉しくてそう聞く可能性もあるし、「ちょっと困って」でそう聞く可能性もあります。その子はその時も、「来て欲しいから」と言っていました。でも、一応、今回も聞いてみたのです。
受け答えの様子を見ると、どうやら、本当に来て欲しいと思っているようです。
なるほどねぇ。
ほんと、面白いな、あの子たち。
いいやりとりをしながら、色んな材料を蓄えている気がします。

« そ、その口コミはΣ(・ω・ノ)ノ | トップページ | 頭を占めるから仕方ない »

ソラの子の成長」カテゴリの記事

フォト

カテゴリー

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31