« 伸びが止まらなーい | トップページ | 子供用のビニールボールを作っているメーカーさんへ »

2024年4月10日 (水)

1年生のような6年生・・・実は

小さな子が自然に動いてしまうように・・・「ボク、興味なーい」という子が「あれなんだろう?」「おもしろーい」となって自然に動くように、ふわふわのビニールボールを用意しておきました。
それに食いついた小僧がいます。
ザ・最高学年「小6」君。
「コーチ、これ何? 蹴っていい? どうせダメなんだろうなぁ」と言っているので、「え? いいよ、別に。それ、小さい子が練習に興味を持てなかった時のために用意しておいたやつだから。それに興味を持つんだから、さすがだねー( *´艸`)
」と答えると、「え? 蹴っていいの? ああ、でもいいや」の後に、やっぱり好奇心に勝てず、「やっぱり蹴るぅ!」でゴールへドーン!
そして、あまりにも思いきり蹴ったので、その勢いで転ぶという・・・。なんともさすが子どもだな、お前。軽ーくかっちょ悪いじゃないか。(私的にはこういう子、超ナイス。)
で、ゴールに当たって跳ね返ってきたボールが、その倒れた小僧の頭に当たるという・・・。
あははは、本当にこういうことが起こるから面白いよねー!
そんな偶然あります? 蹴って、ズテーンって転んで、本当にそこに本人の蹴ったボールがいい感じの放物線で跳んできて当たるんですよ。
もう、面白すぎ。
お前さ、小さな子が食いつくように用意したボールに食いつくなよ。
でもって、全力出し過ぎて転ぶってなんだよ。
で、そこにボールが戻って来て当たるなんてプチ奇跡起こしてんじゃねーよ。
もう、本当に1年生みたいな興味ごころを持った6年生だ。
でも、こいつが4年、5年をしっかりと守っているからなぁ。
幼いようで頼りになるんだよな、お前。
1年生のような6年先生は・・・実は、「まさに6年生」なのでした。

« 伸びが止まらなーい | トップページ | 子供用のビニールボールを作っているメーカーさんへ »

ほぼ独り言」カテゴリの記事

フォト

カテゴリー

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31