« 感謝です | トップページ | 3連チャン »

2023年12月27日 (水)

うっそΣ(・ω・ノ)ノ! の小4

ある子の保護者の方から、子どもの「驚きの発言」を伺いまして!
その子、ソラをとても楽しみにしてくれているのです。保護者の方からそのような様子をよく伺いますし、実際に、スクールに来ている時も、もう本当に楽しそうで楽しそうで。
ですが、その子の動きには改善してあげた方がよい部分があるのです。
これは、その子が悪いわけではなく、「身につけてしまう環境がある、あった」ということなのです。
でも、直した方が絶対によいもので。
認めながら直すのは難しいもので。改善すべき部分以外のことを褒めることで、改善すべき部分の出現を減らすというやり方では、どうにもこうにもアプローチしきれず、さて、どうしよう・・・で。
でも、本当にソラを楽しみにしているし、楽しそうだし、頑張っていないわけではなくて、むしろ頑張っていて・・・でも、頑張っているけどマイナスになる動きを繰り返していて(それを体が覚えてしまっているから)・・・
ああー、どうしようなのでした。
もうですね、この子のケースでは、注意するのが一番いいんです。でも、普通の注意だとちょっと難しいのです。段階的に見て、結構、強めに言わないと。
でも、言えます? 本当にソラを楽しみにしているんですよ。それに、そのマイナスになる動きを身につけているのはその子が悪いわけでも保護者の方に責任があるわけでもないんです。で、とても頑張っているんですよ。
もう、ああー! ですよね。
でも、私、思いきり注意しました。
だって、これしかない段階だから。
「かわいそうだな・・・」って思います。いくら、改善したらよくなるとわかっていても、経過やその子の気持ちを考えると、「かわいそうだな」って。あと、そんなに楽しみにしている子を温かい目で見ている保護者の方の気持ちを考えても、注意される子を見るのって、きついだろうなって思います。子どもの気持ちがわかる親御さんは、本当にきついだろうなって。
でも、注意です。もう、これ以上、今の状態でプレーさせたら、伸びる機会がどんどんなくなっていってしまうし、自分の伸びる力を知らずに終わってしまう可能性もあるから。
注意する時は「かわいそう」なんていう部分は言葉には入れないです。このケースではそれが入るとしっかりと伝わらないので。

で、ですね、その子の動き、本当にとても変化して。
私はよかったと思っています。だって、これからどんどん伸びていくから。
自分がどう思われるとか、そういうのはとっくのとうに捨てています。もちろん、好かれたーいとは思いますよ、人並みに。でも、実際に、嫌われてもいいと思ってやっています。これは、いい人ぶるわけではなくて、たぶん、他の人でもそう思う人も結構いるんじゃないかと思います。
なので、私としては、その子の変化を見て、その子のいい動きを見て、嬉しかったです。ソラを好きな子には、やっぱり(他の場でも)嫌な思いはしてほしくないので。伸びるっていうことを知ってほしいので。
で、ですね・・・驚いたのは、その子・・・なんと、親御さんに、私の話は「わかりやすいんだよ!」って言ったらしくて。「何がダメ、どうしてダメっていうことを言ってくれるから、わかりやすいんだよ」と、たくさん話してくれたそうで。自分の動きが良くなったことを感じて、車でとてもたくさん話したそうです。(そういう話も、今日だけではないらしいです。)
あの注意を、そのように受け取れるって・・・すごいな・・・。
もちろん、わかるように話しています。でも、それにしても、すごいな・・・。
このウィンタースクールにその子が参加することがわかっていたので、ウィンタースクール前のスクールで一度アプローチをかけています。それは、この状況に持ってくるためです。それがあっての注意だったのですが、ウィンタースクールに入る前のアプローチもきつめの注意形式だったので、2連発だったんですよね、厳しい注意が。
で、今日は、そこからの「禁止事項あり」でその子にはプレーをさせて。
よく取り組んでくれました。
そして、よく吸収してくれました。そしてそして、よく感じてくれました。
さらに、そこに、話が影響していると理解する頭と心に、ひたすら感心です。
驚きの言葉でした。
受け取る力の大切さをよくここでも書いていますが、この子にはその力があるんですね、きっと。
やるな、小4。
さらに伸びる予感がしまくりです。
行け、オマエ。

« 感謝です | トップページ | 3連チャン »

ほぼ独り言」カテゴリの記事

フォト

カテゴリー

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30