« 2022年冬休み、サッカースクール・ソラのウィンタースクール開催日決定しました | トップページ | 先日ご案内したウィンタースクールについて、ご案内を追加・修正等しました »

2022年11月25日 (金)

サッカー個人レッスン(プライベートレッスン)へのお問合せ

先日、サッカー個人レッスン(プライベートレッスン)へのお問合せ、ご質問を頂きました。
皆さん、お子さんのことで、色々と気になること、ご心配などもおありだと思います。
その内容は、サッカーのこと、サッカー以外のこと、色々とあると思います。
先日頂いたお問合せでも、サッカーのこと、勉強のこと、運動のこと、行動面でのこと、思考面でのことなど、色々なお話しがありました。
そして、お話を伺い、「そのようなことにちょうどいいのが個人レッスンなんです」とお答えさせて頂きました。
なぜなら、私がこれまでにご依頼頂いてきた個人レッスンのご要望の内容は様々でしたので。
最初に頂くお問合せ内容としては、
●サッカーの技術を身につけたい、向上させたい
●サッカーに対して消極的なので、なんとかしたい
●サッカーに限らず、色々なことに対して消極的なのでなんとかしたい
●運動がまったくできないので、見てもらいたい
●サッカーを嫌いになってしまったけど、本当は好きだと思うから練習させてあげたい
などが主なものです。
項目のようにまとめてしまいましたが、「技術を身につけたい」ということについても、ドリブルやキック、ボールコントロールなど、ご要望の内容は色々あります。
また、「消極的」と言っても、失敗を恐れて消極的になっているのか、人のいるところに行くことに対して消極的になっているのかなど色々あります。
さらに、なぜ失敗を恐れているのかという部分だけ考えても、その理由はとても色々と考えられます。
色んな要素が関係していることもあれば、関係していないこともあります。
こうしたご依頼を頂き、お話を伺い、そしてレッスンをずっと行ってきたので、私が行ってきたレッスンも色々な形があります。
ちょっと変わったレッスンでは、
「まったくの普段着、普段のクツで行うレッスン」
「サッカーボールをまったく使わないレッスン」
「バスケットボールの練習をたくさん行うレッスン」
「子どもが日ごろの環境(チームや学校)に持っている思いにこたえるレッスン」
「親子だと上手く練習できないので、なんとかしてほしい」
などなど、色々ありました。
「まったく普段着で行うレッスン」は、ご依頼頂いた際、「子どもがもうサッカーをするのが嫌になっていて、絶対にサッカーはヤダ、ボールを蹴るのはヤダとなっている」ということで。親御さんがその様子を見ていて、心配になり、レッスンのご依頼がきた時のもので。普段着で、普通の靴で、プニプニのボールで、「お父さんの知り合いのおじさんですよー」ということでレッスンを行うことにしました。結果は・・・もう、楽しくてボール蹴りまくりでした。最初はプニプニで遊んでいましたが、最後はサッカーボールをとても楽しそうに蹴っていましたよ。
「サッカーボールをまったく使わないレッスン」は、サッカーをやろうと思ったら、その前に「運動が苦手で」ということで、なかなか親御さんの後ろから子どもが出て来なくて。どうやら、学校での縄跳びや鉄棒、跳び箱などの経験から、色んな運動に苦手意識があったようで。なので、様子を見て、少しずつ運動を。運動には色んな要素があるので、そのような動きをリラックスしながら、楽しみながら見ていきました。このようなレッスンは意外に多いです。
原因の把握や優先順位のつけ方があまりにずれていると悪循環になりますが、様子を見て、原因などを見つけ、それらに優先順位をつけて行けば、「大丈夫♪」ということになります。だいたい、レッスンの途中からノリノリになります。このように「運動が苦手」という子でも、「運動が楽しい」となることや得意になることはよくありますよ。
「バスケットボールの練習をたくさん行うレッスン」は、サッカーチームを辞めた子が、バスケットボールを始め、そのチームで色々と注意をされることがあったので。それをサッカー的な視点・・・というか、色々な球技に共通して必要だと思われる要素を養う形で練習することに。もともと、バスケットボールで悩んだ子がサッカースクールに来ることも多く、サッカースクールに来た結果、バスケットボールでの動きが良くなったということも多かったので♪
「子どもが日ごろの環境に対して持っている思いにこたえるレッスン」は、文字通りそのようなもので。色んなことに集中できない状態だったり、最初は何も話さなかったり・・・そうした状態から、ボールを蹴りながら、色々と話したり、答えたり、応えたり・・・そして、少しスッキリする、前向きになる、という感じでしょうか。時間が必要なこともありますが、普段は話せないようなことを話すことで整理できることもあるようです。その後の成長を見ると、その頃のことがまるでウソみたいな子もいます。
「親子だとうまくいかないので」というケースでご依頼頂くことも何度かありました。「親子だと、つい感情的になってしまい、いつもケンカして帰ることになるので・・・」という理由もあれば「親も子も、どうしてうまくいかないのか、その原因がわからなくなり、二人で困ってしまうことになるので・・・」という理由も。その中間に入ってつなぐ形で親子でのレッスンをすることもありました。これまでにたくさんの保護者の方から色々なご相談を頂いてきていますし、たくさんの子の様子も見てきたので、どちらの気持ちもよくわかり、このようなレッスンの時には、これから良い方向に向かうようにと考えてレッスンを行います。

このようなレッスンから、単純に技術部分のみの向上を図るレッスンまで、これまで多くのレッスンを行ってきました。
ただ、子どもの行動には、やはり色々な気持ち、考えが影響しているもので、そのような気持ち、考えには普段のこと(サッカーチームでのことや学校でのこと、友達とのことなど)も影響していることが多いので、色々な面を含めて見ていくことが多いです・・・というか、そのような見方の必要性を感じます。同様に、保護者の方が様々な心配をする理由や背景も色々とあります。
そして、子どもも大人も、そのような背景や理由、経験の組合せは色々なので、たくさん気になる様子がある場合は、やはり個人レッスンでないとアプローチできないこともありまして。
もちろん、もともと行っているサッカースクールでも、優先順位をつけて、できる限り個人の部分にもアプローチできるようにしています。また、週に何回か来ることで好循環のサイクルができ、様々な部分が改善、向上している例もたくさんあります。ただ、スクール内の時間だけではちょっと難しいケースもあったり、スクールに通うことができない方もいるので、そのような場合は、やはり個人レッスンが有効だと思います。
こうしたこれまでの経験やお伺いした話の内容から、「そのようなことにちょうどいいのが個人レッスンなんです」とお答えさせて頂いた、ということです。
サッカーの個人レッスンを受けることに対してご心配がある方や、お子さんの様子で気になることなどがある場合は、ご相談頂ければと思います。

◆サッカースクールのソラ 千葉で開催中*代表山口武史
TEL 042-534-3766
Adre_2
※メールをお送り頂いてから2日しても返信がない場合はお電話にてご連絡下さい。
★サッカースクールについて詳しくはこちら 
個人レッスン・プライベートレッスンについてはこちら
個人レッスン・プライベートレッスン報告こちら
※ここ数年、時間的に難しいため、レポートは更新していません。プチレポートのような形でちょっとだけ報告することがありますが、どんなレッスンなのか、ご感想などをよく確認したい場合は、数年前のレポートをご覧頂けるとおわかりになると思います。
=スクール責任者指導歴=
◆プロコーチ歴20年。
1997年  クーバー・コーチングサッカースクール浦和校 サブマスター
1998年  クーバー・コーチングサッカースクールあざみ野校スクールマスター
1999年  クーバー・コーチングサッカースクール相模原校スクールマスター
2000年  クーバー・コーチングサッカースクール世田谷校スクールマスター
1997〜2002年 クーバー・コーチングジャパン 指導者講習会担当スタッフ
2002年  高木琢也主宰サッカースクール責任者
2003年  サッカースクールa 千葉北スカイランド校スクール責任者
2005年  サッカースクール「ソラ」を立ち上げ(現在に至る)
*Jリーグ所属のチームからお話を頂きましたがソラでずっとコーチをしています。

 

« 2022年冬休み、サッカースクール・ソラのウィンタースクール開催日決定しました | トップページ | 先日ご案内したウィンタースクールについて、ご案内を追加・修正等しました »

個人レッスン・セミプライベートレッスン」カテゴリの記事

フォト

カテゴリー

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28