« 月には届かなくても | トップページ | サッカー個人レッスンもサッカースクールも »

2022年10月 2日 (日)

悪夢をかき消した夢の中身は

どんな夢か書いておきますね。
最初の悪夢は、なんと内容を忘れてしまいました。
目があいた時には覚えていたのですが、その次の夢でかき消されました。
次に見た夢で、私は何故か学生になっていて。
授業の時間を勘違いして、全然違う部屋に移動しようとしていて、その途中、先生に「もう授業始まるぞ」と言われ、やばっとなって授業の場へ。
授業は、文化祭のように、班ごとに色んな場所で何かをやっていました。
私が自分の班の場所に戻るまでの間(遅れたせいで、何が何だかわからない人になっている私です)、色んな友人が場所を教えてくれて。色んな人に助けられて場所まで。
自分の班に着くと、たいして仲も良くない友人(?)が大人の人ともめていました。「だから、なんで、俺を呼びに来るんだよぉ!」とか言っていて。そして、「お前にはこういう良いところがあるからだよ」と大人の人が言っていまして。それを聞いていて、「なんだよぉ」と言っているヤツの背中を思いきり、バンッ(やったじゃーん、うれしいじゃーん)という夢でした。
自分は支えられていること、誰かも支えられていること、支えることができること、支える必要があること、そういったことを感じた夢でした。
おっと、本当に出発しなきゃ。
これもノーチェックで投稿&GOです!

« 月には届かなくても | トップページ | サッカー個人レッスンもサッカースクールも »

ほぼ独り言」カテゴリの記事

フォト

カテゴリー

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31