« 頭の中に色々あるもので | トップページ | わちゃちゃちゃちゃー(;'∀') 見つけてしまった »

2022年10月 1日 (土)

消えたー! 消えちまったー!

数か月前に、ガラケーの調子が悪くなり、保障サービスに入っていたので再度同じガラケーになったのですが・・・データ移行の際、古いメールが消えてしまっていました・・・。
開校時から、子どもの学校でのこと、サッカーチームでのことなど、たくさんのご相談を頂いていました。私も、スクール以外の場でのことが子どもの成長に大きく影響することをたくさん見ていたので、子どもを伸ばすためにも、色んなやりとりを続けてきました。学校やチームでのことなどは、深い内容の相談も多かったので、自分だけは確認できるようにメールなどもとっておいたんです。こうした時の対応とかは、その時だけでなく、数年後に確認しないとわからないことも多いと思うので。
それに、順調に育った場合でも、子どもが大きくなった時に、「ほら、あの時、こんなにキミは親に心配されていたんだよ」と教えてあげることもできるし。
また、ソラの雰囲気を見て、奥のものを感じた方とかは、驚かれて、ここでのコーチングへの感動や感謝を綴ってくれることもあり・・・本当に深い深い内容のものもあって、とっておいたんです。もう、褒めすぎですー! というものもたくさんあり。深すぎるものや、個人を特定できそうなものはここでは紹介していませんが、そういうもの・・・開校の頃からのものなので、古いものは18年前のものなのですが・・・。
機種変更をするたびに、ちゃんとデータ移行して、前も「ローカルメール」というところに入っていたのですが・・・前回の移行の時に入らなかったみたいで(T-T)
お店の人にやってもらうのは「できません」とか「手伝うけど保障しません」じゃないですか。それでもやってもらい、その時は他のメールの部分で移行してもらったことを確認できたので、全部移っているものだと思っていたのですが・・・ああー、残念。こんなこともあるんですね・・・。
ただ、当時、そのようなやりとりをしていた方とは今でも連絡は取れるし、そのようなご相談を頂いていた子たちも元気に大きくなっていることは確認できているので、安心なんですけどね。
でも、それとは別に、せっかくこのスクールに対して言って頂いていた言葉も消えちゃって。頂いていた言葉だけに、とっておきたかったものもあるし。
あ~あ・・・。
ところで、なぜ、いきなりそういう古いメールを確認しようと思ったのかと言うと、今も色々なご相談を頂いていますが、実際に保護者の方が心配されているような場合でも、「全然大丈夫ですー」とご安心頂けることが多いからです。もちろん、対応や働きかけが大切になることもありますが、それがしっかりしていれば、大丈夫です、となることが多いので。それをわかりやすく確認できるものを見ておこうと思ったのでした。
今って情報が溢れすぎているから、皆さん、本当に悩むと思うので。
ただ、そうそう、これだけは言っておこう言っておこう。
たくさんの人が言っていることが正しいとは限りません。
たくさんの人が言っているようで、その出どころは一つとか二つの可能性も全然ありますからね。
その一つを見た人が伝える、ということがたくさん起きていることが多いだけです。
もちろん、その中には正しいものも、実際にたくさんの人が別々のケースで確認していることもあるでしょうけど、そうではないこともあるので、ただ、「みんなが言っている」が正しいとは限らないということですね。実質、3例のことなどもあるかもしれないということです。
逆に、数人しか言っていないからと言って、「違う」ということでもないということです。
1000人の人がAということを言っていて、5人だけBということを言っているとして。
その5人の言うことが違っているように感じられますが、その5人はそれぞれ別に、しかも、とても深く調べていることとかもあるでしょう。ただ、確認されたものが広まりにくいだけになっていて、5人という数字になっていることもあります。なので、少ないから違うとも言えません。
・・・と書くと、ますます「どうすればいいかわからない」となるかもしれませんが・・・要は、そういうことです。
情報をうのみにせず、自分の目で、起きている様子、子どもの場合は表情などをよく見て、考えていくことが大切だと思います。また、発信されている内容も、発信している人がどんな人なのかなとか、サイトの特徴とかを見ると、ある程度、わかってくることがあるかもしれません。
・・・なんてことをするのも大変だと思うので・・・やはり最後は自分の目・・・プラス、他に信頼できる人の言葉、などでしょう。
子どものことの場合は、表情を見ないで物事が進んでいくこともあるので、その点は気をつける必要があると思います。
・・・と、ちょうど、教育関係のネット記事をいくつか読みました。
ネット記事の信頼度について改めてどうのこうのとここでは書きませんが、私はあまり魂を入れないで読むことが多いです。
もちろん、内容によっては魂入れて読みます。
が、タイトルを見て、ふーんと思った場合は、だいたいの場合は、魂入れず、冷静に読むようにしています。
まず、タイトルは、「〇文字以内に目にとまる言葉を・・・」と言われることがありますが、どうしても、目を引くためのタイトルになります。数分、いや、数秒でどんどん記事が更新される世界、タイトルでつかめないと読んでもらえない、ほんの数秒で興味を持ってもらえないと読んでもらえないので、そうなるのは仕方のないことでしょう。
ただ・・・皆さんも、記事の内容や表現のされ方と実際の様子のズレを感じた経験があると思います。とんでもなく実際の様子と違うものもあると思います。
私もそのようなものを目にしてきたことが多いので、それも踏まえて冷静に見ることが多いです。
と、話がそれました。
読んだ記事の一つは、前半を読んで、「そんな小さなこと、表面上のことを取り上げて説明しようとするから見失うんだ」と思いながら読み、ただ、後半は、考えが同じでした。あ、「小さなことが大事じゃない」と言いたいのではありません。少数のものは大事じゃないと言いたのでもありません。まったく反対です。ただ、そうなった奥の考えなどに触れずに、部分的にそれについて触れ、細かいところをつついて話を進めていたので。そんな小さな部分、そんな表面上のある部分から、それの何がわかるのさ、という内容なので。前半のこと、本当にそう思っているのかいないのか・・・本当に後半のことを深く考えている場合には、前半に書いているようなことは思わないんじゃないかなぁ・・・。あえて、あまり問題にしていないことを問題に取り上げて話を進めることもありますからね。ただ、前半で、この人とは考えが違うなと思って読み進めたものの結論部分が同調できる内容だったので、面白いと言えば面白い経験でした。
それから、もう一つの記事。やはり、「そんな小さなこと、表面上のことを・・・」でスタートし、これは、最後まで、本質部分をどこまで大事に思っているのか、また、その問題が含んでいる本質を考えているのか、というところに疑問を持つ内容でした。こうした記事を読むと、やはり、「なぜ」という部分は大事にすべき部分だと思います。そこを考えないで方法ばかりを考えていくと、たどりつけないことも多いと改めて思いました。
それに、その記事は、「肯定しようとしているようで、実は否定しているじゃないか」というものだったので。
なぜ、それを否定的に捉えるの? 否定的に捉えることじゃないでしょ? ということだったので。
あー! もうこんな時間。
しかも、かなり面倒くさいことを言ってる( ̄▽ ̄;)
読ませてしまい、すみません。
とにかくですね、こうした記事などからも、「これが正解」のように伝えられることがあるのですが、情報の捉え方には気をつけて下さいね! ということなのでした!!
もちろん、いい記事も多いと思いますけどね!

« 頭の中に色々あるもので | トップページ | わちゃちゃちゃちゃー(;'∀') 見つけてしまった »

ほぼ独り言」カテゴリの記事

フォト

カテゴリー

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28