« 気持ちも空気も続いているのです | トップページ | 良さはやっぱり大事にしましょ »

2021年7月29日 (木)

コーチングで用いる言葉、表現について

*千葉市で開催中(四街道・佐倉・八千代・船橋の子も参加)のサッカースクールソラのブログです。
パソコンの中にあった10年前に書いた文章から抜粋します。
コーチングの現場でも、何年も前から、「ーするな」ではなく、「ーしよう」という言い方で指導をすることが増えています。
また、考えを押しつけるのではなく、子供に考えさせ、答えを導き出すようにするため、「問いかける」指導も増えています。
それでもまだ、否定的な言葉で指導され、悪循環に陥っている様子をみますが・・・。
言葉の影響がどれほど大きいかということはこれまでにも通信のおまけで取り上げたことがありますし、ブログで書いたこともありますが、特に、子供たちに接する大人が使う言葉は、とても重要だと思います。
(ただし、肯定表現の使いすぎや、問いかけによる導きも、考える材料や考える機会が少なすぎる時点で行うには、上手に使わないと効果的に作用しないこともあります。ですから、私の場合は使わないことがよくあります。子供の段階や状況によって用いる必要があり、特に、問いかける場合は、結局、指導者の考えに誘導するような形になることもありますから注意が必要です。)
・・・と言いながら、コーチングの世界で、「ーしよう」という言葉かけや「問いかけ」が流行りだしてからも、私は「ーするな」という言葉や問わずに決める言葉も使ってきています。
それには色んな理由がありますが・・・ここではとりあえず3つほど、お話ししますね。
理由①
それは、友情、優しさ、愛情からでも、そのような否定的な言葉が使われることがあることを知ってほしいからです。
言葉の奥のものを、人間には受け取る力があると思うからです。また、そういう奥のものを受け取る力をつける必要があると思うからです。
ですが、愛情や優しさが元にない、ただの乱暴な言葉や否定的は言葉は肯定する気はありません。そういう言葉では、奥にあるものを感じることができないと思うからです。
低学年の、まだ勝ち負けに指導者がこだわる必要などない試合でもそのような言葉を聞くことがありますが、表現上は同じでも、その奥に愛情、意図のない言葉を肯定する気はありません。
(そういうものに比べれば、「ーしよう」だけ使う方が何倍もいいでしょう。)

理由②
「ーしろ」「ーするな」という言葉を使って子供たちにその時に自分のしたことを受け止めさせる必要があることもあるからでもあります。「これからはこうしよう」では、「してはいけない」ことが伝わらず(子供なので、危険なことなどについては、まだ想像できる範囲が限られています)、その後も「したい」が勝って、その結果、大けがや時には命に関わるほどの事故が起きることもあります。幸い、ソラではそのようなことは起きていませんが、テレビなどでは、子供たちが悲しい目に遭ってしまう報道が繰り返されています。
ですから、そこまで大げさなことでなくても、ソラの場が悲しい場にならないように、「するな」も使います。

理由③
「ーしよう」という言葉だけでは、その後の成長が心配だからです。子供たちは、様々な場で、自分の発言や行動を否定されることがあるでしょう。それでも、そういう中でも存在できるように。もちろん、そういうことは一人では難しいかもしれないし、仲間も必要かもしれません。でも、仲間がいてもいなくても、否定する言葉に負けないでほしいと思っています。今はまだわからないかもしれませんが、否定する言葉に負けたら、守れないものも出てきますもんね。(誤った否定の多い場など、子供に合わない環境で無理に存在しろとは思いません。他に栄養のある場があるのなら、時間がもったいないですもん。もっと育つことができる場に移ることは、まったく否定しませんし、むしろ、応援します。)
但し、子供同士のちょっと雑な言葉や粗い言葉は、あっていいと思います。いつも相手を傷つけるような言葉を使うのはよくないと思いますが、まだまだ転んで傷ついて、その傷を治して走っていける時です。また、相手を転ばせてしまって、その時は「ざまーみろ」と思っても、その後、その子の傷を見て「やっぱり悪かったな」と思うこともできる時です。
子供たちは、そういう子供同士の付き合いの中で育つ部分もありますから。(但し、こういう部分で、表情を見ながら遊ぶ経験や機会が少なくなりつつあるようにも感じるので、その辺も含めて、言葉の掛け合いについては考え続けていく必要があると思っていますが。)

こんな理由です。コーチング現場では、つきあってきた時間の深さによって、相手の受け取る力、状態などを見て、これからも、大切に言葉を使っていこうと思います。
***********
以上、括弧内含めて全て10年前の文章ですが、ずっとこんな感じでやってきています。
今年のサマースクールは一般の子で参加する子もいるので、ちょっとここで説明させて頂きました。
(もしかしたら、10年くらい前にブログのどこかにすでにアップしているかもしれませんが、していない可能性もあるので今回、載せておきました。)
◆千葉で開催中(四街道・佐倉・八千代・船橋の子も参加中)サッカースクールのソラ
TEL 042-534-3766
Adre_2
※メールをお送り頂いてから2日しても返信がない場合はお電話にてご連絡下さい。
ソラ・ホームページ http://www.sonoyosade.com
サッカースクール【ソラ(sola)】千葉で開催中~(担当 山口武史)
千葉北スカイランド(稲毛区長沼原町261)で開催中。
千葉市だけでなく、四街道市、佐倉市、八千代市、船橋市、鎌ヶ谷市など、色々な地域から子供たちが集まっています。
サッカー経験の長い子からサッカーを初めてする子まで、今、スクールの無料体験に来る子が増えていま~す♪
夏休みのサッカースクール「サマースクール開催します。(詳細はこちら)
講演会のご依頼も頂いております♪
個人レッスン・プライベートレッスンについてはこちら
サッカープライベートレッスン・個人レッスンは、東京(23区、多摩、武蔵野等)、千葉(千葉市、船橋市等)、埼玉、神奈川等で行っています。好評なので、エリア拡大中です。
個人レッスン・プライベートレッスン報告こちら
=スクール責任者指導歴=
◆プロコーチ歴20年。
1997年  クーバー・コーチングサッカースクール浦和校 サブマスター
1998年  クーバー・コーチングサッカースクールあざみ野校スクールマスター
1999年  クーバー・コーチングサッカースクール相模原校スクールマスター
2000年  クーバー・コーチングサッカースクール世田谷校スクールマスター
1997〜2002年 クーバー・コーチングジャパン 指導者講習会担当スタッフ
2002年  高木琢也主宰サッカースクール責任者
2003年  サッカースクールa 千葉北スカイランド校スクール責任者
2005年  サッカースクール「ソラ」を立ち上げ(現在に至る)


« 気持ちも空気も続いているのです | トップページ | 良さはやっぱり大事にしましょ »

ソラって?」カテゴリの記事

フォト

カテゴリー

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31