« 卒業生~いい感じ! | トップページ | 自由すぎるぞ、金曜U-9 »

いいヤツ、頑張ってるヤツ、優しいヤツ

金曜日のU-12クラス。
コラコラタイムがありました。
ある子に、超~注意。注意と言うか、その子がすごーく怒られた感じですね。
ちょっと話はそれますが、サッカースクールのスタッフ募集の際、面接を受けに来た人に、「私は汚い言葉、例えば、「バカじゃないの?!」とか言うことがありますが、アシスタントスタッフの方は綺麗な言葉を使ってもらいます」と説明します。その際、私がそういう言葉を使うのには、「色々な理由があるから」だということも説明します。
話を戻して。
そう、金曜日のU-12クラスで、私は「バカじゃないの?!」と言いました。(ここには書きませんが、深い理由があるからです。)
基本的には、みんなの前で一人の子を注意するのはよい方法ではありません。ですが、そういう形で注意されることや「バカ」と言われることも、色々な場であります。
なので、ここでそれをあえてするのです。
もちろん、ここでそういうことをするのは、その子を認めるためです。その子を否定するためではないのです。
例えば、他の場で、そうした形で注意されることを繰り返し、子供が自信をなくしてしまうことや自分に対して否定的な思いを強く持つようになることがあります。また、そうして注意されている子のことを(その子が本当は正しかったり、とても良い部分があったりしても)周囲の子が否定的な目で見るようになってしまうことがあります。
でも、本当は自信を失わなくてよいこと、自分を否定的に考えなくてもよいこと、友達のことを否定的に考えなくてもよいことがたくさんあります。
だから、そうしたことを知ってもらうために、あえて、同じような注意の仕方をして、そして、注意された子に良い部分がたくさんあることを、自他ともに知ってもらうのです。
・・・すみません、今、具体的に色々と書いてしまったのですが、それはカットしまして・・・。
さて、金曜日に注意した子・・・。
練習終了時、周囲にいたすべての子が、その子が優しいこと、頑張っていること、すごいこと、いいヤツだということ・・・こうしたことをわかっていたはずです。それがわかるように話したつもりです。(そうしたことを知ってもらうために、最初に注意しているので。)
だから、その子には、自信を持ってほしいと思います。
もしかしたら、他の場で、みんなの前で注意をされることがあるかもしれません。(こことはまったく違う目的、まったく違う見方で。)
が、私の見る限り、そんなことに関係なく、キミはすごい。
だから、注意されても自信を失わないように。伸びる力も失わないように。少なくとも、ここにいる子たちは、キミの良さを知っている。
実際、この日のゲームで、キミはとても良いプレーをしていたからね。
そして、これからさらに、伸びる、ということも忘れないように。
再度言おう。キミはすごい。いくら他の場で注意されてもね。

 

|

« 卒業生~いい感じ! | トップページ | 自由すぎるぞ、金曜U-9 »

ほぼ独り言」カテゴリの記事