« 水曜日、好発進 | トップページ | 子供が落ち込んでいたら »

4/9(木)から5/6(水)までの間、スクールを臨時休校とさせて頂きます

大変残念ではありますが、4/9(木)から5/6(水)までの間、スクールを臨時休校とさせて頂きます。
とても悩んだ上での判断です。皆さんにはご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんが、何卒ご理解頂きますようお願いいたします。
尚、臨時休校分のスクールとしての対応につきましては、改めてご案内させて頂きます。よろしくお願いいたします。
ここから先は、今回の判断にいたった経緯を説明させて頂きます。
どのご家庭でも外出を控える必要があり、3月中から、子供の精神的なストレスが大きくなっていることなどを皆さんから伺っていました。なかなか外に行って遊ぶことができないこと、また、公園に行って運動をしようにもその公園がとても混んでいることなどから、体の健康面だけでなく、精神的な部分での健康面からも、スクールの開催を望む声を多くいただいていました。私自身もそのような様子を見たり、感じたりすることで、同じように考えていました。
ですから、できる限り、安全面に気を付けてスクールを開催することができればと考え、ここ数週間のスクールを行ってきました。
そうした中、緊急事態宣言が出ることになりました。
数週間前、臨時休校を一週間行った後から、ソラでは、感染拡大防止のための対策として、ボールの消毒や子供の配置の工夫、メニュー面での工夫等を行い、スクールを開催してきました。
そして、その期間の子供たちの対応力が高かったことから、緊急事態宣言の発令が具体的に予想されるまでは、それらの対策をさらに改善した上でスクールを行うことを考えていました。
すでに学校が長期間休校となっていることもあり、子供たちのストレスはとても大きく、まったく外に出ないで家で過ごすということには耐えられない状況だったと思います。そうした状況では、子供としても保護者の方としても、外に出て体を動かしたり、気分をリフレッシュしたりする時間を作る必要があると思います。それであれば、一日に一回、あるいは数日に一回、公園に遊びに行くことを考えた時、スクールを安全に開催すれば、例えば、「今日はスクールがあるから公園に行くのは我慢しよう」「明日スクールがあるから、今日は外に行くのを我慢しよう」など、少しでも外に行く機会を減らすことができるのではないかと考えていました。
ですが、一方で、新型コロナウイルス感染症は、無症状であっても感染している可能性があることから、「身に覚えはなくても、自分や自分の子が他の方に感染させてしまうことがないか、心配」というお声が保護者の方の中にありました。皆さん、同じお気持ちをお持ちだったと思います。私も同じです。ですから、そのような心配をなくすためにも、対策をしっかりと行った上で開催していました。
しかし、それでも、緊急事態宣言が出されることが決まってからの数時間は、「外出の自粛が要請される中、誰かに感染させてしまったら」という不安を持つ保護者の方のことを考えると、やはり開催をしない方がいいのではないかと考えが変わりました。
それまで、「子供の精神面での健康を保つためにもぜひスクールを開催してほしい」というお声も多く頂いていたので、開催できる方法を考えていましたが、それでも、休校するのがよいのではないかと考えました。
ですが、その後、緊急事態宣言を聞き、そして、千葉県知事の発表を見て、別の心配が出てきました。それは、「公園での運動はよい」という発言でした。運動はした方がいいと私も思いますし、公園に行くのもいいと思います。ですから、この発言を批判しているのではありません。もし、これも「ダメです」と発表された場合、本当に、子供たちも保護者の方も、エネルギーを発散させる場、心を落ち着かせる場をなくしてしまうと思いますから。
ですが、今の公園の状況は、とても混みあっていて、遊んでいる子供たちの様子を見ても、スクールでの子供たちの(安全に行動している)様子を見ている私にとっては(どうしても比較してしまい)とても不安になってしまいます。
子供としては、今の公園での行動は仕方のないことだと思います。「友達と話したい、遊びたい」という思いが強くなっている中で、公園で自由に友達と遊べる状況で、距離を保ち、会話や接触を抑え、遊具に触らないで・・・ということはまず難しいでしょうから。ただ、こうした状況を知っているので、客観的に考えても、混みあった公園で遊ぶこととスクールで安全に十分に気を付けて運動を行う場合とでは、スクールで運動を行う方が安全面上は良いと思えました。また、私たちに求められている「行動変容」の中の一つの目安として、人との接触を8割減らすというものもありましたが、この点についても、週に一回、一時間前後のスクール活動がこうしたことの手助けになることができれば(先ほど書いたように、スクールがある日は子供が他の外出を少し控えるなど)という思いもありました。
こうしたことからも、スクールとして、十分に安全を確保した上で開校することが良いのではと考えていたのですが・・・「みんなにとっての安全」ということを考えれば考えるほど、簡単には決められず、何度も悩むことになりました。
一日の中で、何度も考えが変わることもありました。
その間も、スクールの練習風景をご覧頂いた方からは、「これなら安心だから、ぜひ開催してほしい」というお声も多く頂き、また、私自身もさらに安全面を上げる工夫などを考えることは続けていました。
そして、悩み、悩み、悩み、最終的に、実際の感染者数の増加状況を受け、4/8の深夜から4/9にかけて、休校すべきだと思いました。
それ以降もたくさんのお声やご意見を頂き、どうすべきか考えてみましたが、やはり、休校を決定することにいたしました。
今回、悩んだ期間に、実際に開催するための方法を色々と考えていました。それらは無駄にせず、スクールを再開する時の材料にしたいと思います。
また、この間に頂いた皆さんからのお声は、スクール再開に向けた、とても大きな材料、原動力となります。
スクールとしての考えや活動を理解してくださり、ご参加頂いた皆さん、本当にありがとうございました。
また、スクールに参加することが難しい状況でも、励ましのお言葉や貴重なご意見をくださった皆さん、様々な形でスクールにご理解を示してくださった皆さんに感謝いたします。
そして、様々なお声、ご要望を頂いたにも関わらず、結果的に応えることができなくなってしまった皆さん、申し訳ありませんでした。
皆さんからのお言葉は、どれも、「最終的には判断を任せます」というもので、スクールとしての行動をとりやすいようにと、そう配慮して下さったものばかりでした。皆さんのお気持ち、お心遣いに本当に感謝しています。ありがとうございました。
前年度の終わりの時期、このような状況の中、子供たちは一年間での成長を見事に見せてくれました。そして、新年度が始まってからの一週間、どの曜日の子も、前年度の成長が嘘ではなかったことを示してくれました。そして、これから伸びていくことを予感させてくれました。とても良い雰囲気、空間を子供たちは作っていました。
今回、こうして悩み、時間を使ってしまったことは、皆さんへのご案内を遅くしてしまうことにつながり、大変申し訳なく思っていますが、悩むことができたのは、子供たちが、この数週間、とても良い形でスクールに参加してくれたからでもあります。
子供たちが「これではいくら工夫しても無理だ」と思える様子を見せていたら、もっと早くに、休校を決定していたと思います。そうではなかったので、「この子たちなら、より安全な形でスクールを開催できるのでは」と考えることができました。
皆さんにご迷惑をおかけしてしまったことは大変申し訳なく思いますが、こうした子供たちの様子を見ることができたことを大変嬉しく思いますし、また、子供たちに感謝しています。
皆さん、子供たち、本当にありがとうございました。
すみません、なんか、お別れっぽい文章になってしまいましたが、違います違います💦  
再会します、再会。(しかも、おそらくふざけた顔で。)
再会できるゴールデンウイーク明けまで、皆さん、健康に気を付けてお過ごしくださいね。
四週間後には、また笑顔で! では!
※公園で遊ぶときは、衛生面にくれぐれもお気をつけください。

|

« 水曜日、好発進 | トップページ | 子供が落ち込んでいたら »

ほぼ独り言」カテゴリの記事