« 魔法を使えたら | トップページ | エネルギー♪ »

うぉーうぉー

昨日のU-9クラス。まさに、あの子たちならではの空間、サッカー。
すごいな、いいな、なのでした。
スクールが始まる前に、何球もボールをぶつけられましたが・・・まだロケットパンチも落とし穴も無理なので(魔法を習得していません)、とりあえず、昨日は逃げました~。(でも当たる。)
あの楽しそうな雰囲気でも、あの子たちが本気でやっていることは色々なところに表れていましたね。ほんと、ちょっとしたしぐさ、表情に表れています。心と体がちゃんと動いてる、心+体=ハッピー的な感じでしたね。
そして、スクール後の「あっち向いてホイ」では、なんと、私、全員に負け・・・。これはこれですごい。ま、いいか。「あっち向いてホイ」もただ楽しんでいるようですが、あいこなのに「あっち向いて」と言っちゃったり、「じゃんけんぽん」と言うところを「あっち向いて」と言っちゃったり、すんごい形で「ホイ」と差したり、すんごい顔で「ホイ」と向いたり・・・もう、本気なのです。なので、力が入りすぎたり、焦ったり。自然な楽しみ方は、楽しそうに見えても、実は、すごい「本気」なのです。本気で楽しんでいるのです。
あの子たちは、それと同じ感じでサッカーをしているから、プレーの一瞬一瞬がいいんですよね。
すごくいいですね。
・・・続くU-12クラスは、その真逆の状態でスタートになっていたので、コラ。
心と体が動いていないので。
そして、関わりについても、「離れていても別に」状態なので、コラ。
そんなの、ここに来ている子たちにはもったいない。あの子たちの力で作る空間ではないので。
そして、コラ・コラ・コラ。・・・からの、「ほらね、すごいじゃん」。
ね、教えなくたって、できるんだ。教えなくても届くんだ。だって、みんな、すごいもん。
あれが、あの子たちの力なので。
来週は「ずっと笑っていられるぐらい」でできるといいね、と話しましたが、さて、どうなるかな?
あの子たちが力を出せば、おそらく、そうなり、ただただ面白くなるでしょう。
・・・ここでいつもあの子たちが作っている「面白い」状態は、実は、これくらい難しいことをしているんですよね。それを、いつも、あたり前のように、あの子たちはやっているんです。だから、昨日の「コラコラ」状態は、実は、あの子たちの力が高いこと、大きなことの表れでもありました。
さて、来週に期待!
あ、そうそう。若いコーチがいるじゃないですか。あの子・・・あの「子」と書いちゃいますけどね、あの子は卒業生なので。なので、「コイツ」とか「お前」とか言っちゃうこともありますが、ちゃんとしたコーチです。私にはできないことをぜーんぶやってもらっていまーす。その若手君、今、たくさん力をつけています。私が現場で彼に注意をすることができるのは、彼が、注意をされた時に「人に見られるところで注意されてイヤだな」(普通はこのように感じると思います)と思うよりも、注意されたことを捉えようとできるからです。つまり、強いから、前向きだから。そして、注意されることを吸収しようと思えるのは、周りからの見え方を気にするよりも、子供たちを伸ばそうと思う方に一生懸命だから。だから、私も注意できるのです。どうしても、その状況、その瞬間でないと伝えることができないこともあるので。見えているものを確認しながらでないと話しても理解できないこともあるので、その時に注意をする方がいいことがあるんですよね。その方がその後のスクールの質が高くなるので。彼の強さ、前向きさに感謝。
彼、頑張っているでしょう? 若手君もめきめき向上中です。
(コーチとしての基本的な力はすでにちゃんとつけていますので、研修中などではありません。すでに立派な「コーチ」です。)
みんな、伸びよ~。
あ、今日は運動会の子もいますね。
みんな、頑張れー!

|

« 魔法を使えたら | トップページ | エネルギー♪ »

ほぼ独り言」カテゴリの記事