« わかりやすく怒ってまーす | トップページ | のののーび伸び太郎 »

それならソラへ

昨日は・・・とてもスクールを楽しみにしてくれていた子がいたようで!
「まだかな、まだかな」状態だったそうで。ありがとうございます。
練習は・・・もう、ノリノリ~でやっていましたね。楽しそうで良かったです!
さてさて、そんな昨日もスクールの体験に来てくれた子がいましたが、お知り合いの方に「それならソラに」と紹介されてやってくる方が多いですね~。皆さん、ありがとうございます。
そして、「やっぱり来て良かった」「やっぱり入って良かった」と言って頂けることも多く(つい先日も、こうしたお言葉を続けて頂きました~)・・・嬉しいです。ありがとうございます。やっぱり、喜んで頂けると嬉しいですもんね!
・・・というところで、ある中学生の子の親御さんから、子供がケガをしてしまったという連絡を頂き・・・残念・・・。その子が悪いわけではなく、尚更残念・・・。
ただ、この子、「手伝いでも何でもいいから、ソラに行きたい!」と言っているそうで・・・。
ソラには、チームの中にあるようなレギュラー争いがあるわけではありません。休んだことで減点されることも、出席することで加点されることもありません。そういう評価をする、評価をされる場ではありません。それなのに、ここまで「来たい」と思ってもらえるのは、本当に嬉しいです。純粋に、ここに来たい、そこにいたい、ということなのだと思います。
あ・・・これは、自分のやっているスクールを「すごいでしょう!」と言っているわけではありません。ここに来ている子たちがすごいんです、と言いたいだけで。
ソラの子が作っている空間はそういうものなんですね。
例えば、サッカーチームをやめてもソラに来たいという子がたくさんいます。チームをやめたのなら、スクールに行く理由はないのでは? と思われるかもしれませんが、ここにあるサッカーはそういうサッカーとは違い、また、サッカーと言うものを除いて考えても、ここで子供たちが作っているもの、ここで子供たちがややっているものには、何か特別なものがそれぞれの子にあるのだと思います。だから、「ソラだけは続けたい」という子が多いのでしょう。
そういう空間を作っている子、この空間にあるものの大きさをわかっている子供やご理解下さっている皆さん・・・本当にありがとうございます。
これからも、集まる子供たちの力で、栄養いっぱいの空間を作ってもらえたらと思います。
・・・という書き方をしていると、「スタッフは何もしないのかー!」と言われそうですが・・・ちゃんと頑張っていまーす、あのコーチとあのコーチがぁ。(私はゲラゲラ、プリプリ、クスクスしているだけですが~💦)
そう、アシスタントコーチ、本当に頑張ってくれていますので。
新年度、いきますよー!


=サッカースクール・ソラ= TEL 042-534-3766
Adre_2
※メールをお送り頂いてから2日しても返信がない場合はお電話にてご連絡下さい。
ソラ・ホームページ http://www.sonoyosade.com

サッカースクール【ソラ(sola)】千葉で開催中~(担当 山口武史)
練習会場:千葉北スカイランド(稲毛区長沼原町261)
千葉市だけでなく、四街道市、佐倉市、八千代市、船橋市、鎌ヶ谷市など、色々な地域から子供たちが集まっています。
サッカー経験の長い子からサッカーを初めてする子まで、今、スクールの無料体験に来る子が増えていま~す♪
今、ご体験とご入会のお申し込みがたくさん来ています♪
個人レッスン・プライベートレッスンについてはこちら
サッカープライベートレッスン・個人レッスンは、東京(23区、多摩、武蔵野等)、千葉(千葉市、船橋市等)、埼玉、神奈川等で行っています。好評なので、エリア拡大中です。
  個人レッスン・プライベートレッスン報告こちら
=スクール責任者指導歴=
◆プロコーチ歴20年。
1997年  クーバー・コーチングサッカースクール浦和校 サブマスター
1998年  クーバー・コーチングサッカースクールあざみ野校スクールマスター
1999年  クーバー・コーチングサッカースクール相模原校スクールマスター
2000年  クーバー・コーチングサッカースクール世田谷校スクールマスター
1997〜2002年 クーバー・コーチングジャパン 指導者講習会担当スタッフ
2002年  高木琢也主宰サッカースクール責任者
2003年  サッカースクールa 千葉北スカイランド校スクール責任者
2005年  サッカースクール「ソラ」を立ち上げ(現在に至る)


書籍「サッカー、上達の素」使えないワザには気をつけろ!
 詳細こちら (ブログのもの)
   ※PDF版の紹介はこちら→「soccerbook.pdf」をダウンロード

|

« わかりやすく怒ってまーす | トップページ | のののーび伸び太郎 »