« もしかして、缶蹴りでは・・・ | トップページ | 「絶対に笑わない」ワケ・・・ »

アマ初段とプロの考えは違うからね

子供とのやりとりです。

ソラには、サッカー以外のことをやっている子もたくさん来ています。
そういう子と話していた時のこと。
その子のやっている、サッカー以外のことで、色々と教えてくれました。
強さや段階などについて、「今、どれぐらいなの?」と聞くと、「初段」というので、「よくわからないんだけど、それってすごいんじゃないの?」と言うと、「そんなにぃ~。アマ初段だからね」と。なんか、色々と段があるようですね。
ついでに、テレビでプロがやっている番組を見るか聞いたら、「見るよ」と。
「自分だったらこうするとか、考えるの?」と聞くと、「うん」。
「でも、自分の考えとプロの人がやることが同じになることはほとんどないよ」と。
「ふーん」と言うと、「アマ初段とプロの考えは違うからね」と。
おお、なんか、カッコいいことを言うな、こいつ。その差を認識しているところが、逆にこの子が深く知っていることを裏付けているようで、かっこいい。
「かっこいい~」と言いながら、ついでに、「学校で注意されることある?」と聞くと、
「あるよ(・∀・)」。
注意される理由は、「忘れ物が98%」らしいです。
あはは、子供だ。
かっこいいけど、子供。そう、子供。
面白いね、みんな。

|

« もしかして、缶蹴りでは・・・ | トップページ | 「絶対に笑わない」ワケ・・・ »

ほぼ独り言」カテゴリの記事