« 見る力 | トップページ | 口は尖らさず、手を結ぶ »

卒業生

今日、U-12クラスの時間に、卒業生が遊びに来てくれました。

中2の子と中1の子。
ちょっとだけボールを蹴っていいかと聞かれたので、本当にちょっとですが、中に。
ゲームに参加させることはさすがにできず。(小学生の子がケガをしてしまうといけないので。)これはいつもそうです。卒業生が来ても、まず、小学生のゲームに簡単には入れません。「ごめんよ」と思いながら、ガマンしてもらいます。
ところで、この卒業生のことを、今の子たちがちゃんと覚えているのがすごいなと・・・。そして、卒業生が、今いる子たちのことを覚えているのもすごいなと・・・。
学校や地域を超えて、チーム所属の有無を超えて、ここで関わっていたので。
こういう関係になっていることも、こういう関係を生む空間になっていることもすごいと思いますし、その中で身につけているものは本当に大きなものなんだろうなと、卒業生の子の動きや行動を見ていて思います。
あ、今日のある場面で・・・
まだあまり上手にボールを扱うことのできない子のプレーを見ている卒業生の子の顔・・・真剣。「あんなのもできないの?」「ダメだなぁ・・・」なんて思っている様子はゼロで、真剣に見ていました。頑張っていること・・・そこを見ているのでしょう。
彼らがここで練習している時もそうでした。色んな経験値の子がいて、色んな(サッカーへの)関わり方をしている子がいて、それでもみんなが、あたり前のようにつながっていましたからね。それぞれの子に良さがあることを、たくさん、あの子たちは見ていたので、パッと見で、「あいつダメ」とはなりません。
さすがだな、中学生。そう思いました。
今の6年生もあと数か月で卒業。卒業する時に渡すアルバム用の写真を用意するために、私は昨日から少しずつ写真を撮っています。
今日も写真を撮っていたので、中学生の子たちとはあまり話せず・・・。せっかく来てくれたのに、放ったらかしでごめんなさい。でも、写真は撮れる時に撮っておかないと・・・なので、ごめんよ、なのでした。
ここの一日には、結構いろんなものが詰まっています。
6年生が卒業するまであと数か月ですが、まだまだ身につくものがあります。新しいことも覚えられます。進化、期待しましょう。今日の中学生のように。
4年生、5年生は、さらにさらに、伸びる時間があるからね。がんばれ!

|

« 見る力 | トップページ | 口は尖らさず、手を結ぶ »

ほぼ独り言」カテゴリの記事