« 遊べるかー? | トップページ | 一年ピコピコボーイズが語るもの »

10歳の天才

そうそう、続きです。

私、コラとすごく怒っているようですが・・・怒ってはないですからね。冷静に見ています。
なので、その後の変化とかを、そばで見ている保護者の方に説明したいくらいです。
「あそこであの子があんなこと言ったの、聞きました?」とか「あの子があんな顔をしましたよ」とか。
残念ながらできないですけどね、怒っているように見せているので。
ただ、あの子たちは、その時に必要な材料を投げれば、ちゃんとそこから自分たちで作る。
反応を起こす。そこがすごいなっていつも思っています。
あ、そうそうそう。
低学年の頃、一見、その場に馴染めないように見えたり、場を乱すように見えたりした子。年齢的に、「あり」の態度なので、その都度、それに対してちょうどいいと思う対応、働きかけをしてきました。(場を乱すように見えても、誰かに迷惑をかけたりはしていません。それから、この子のおかげで楽しくなること、たくさんありました~。)
その子もしっかりしてきたようで・・・。
たまに、私、その子のことを「おバカちゃん」と言ってからかっていますけど・・・。どうやら天才らしく! 
本人が「天才」だと言うその理由は・・・「10歳だから」とのことでΣ( ̄ロ ̄lll)
おお、さすが天才。考えることが違うねー。
そんなおバカちゃんがいるんですが・・・あ、違う違う、天才君がいるんですが・・・
先ほどの、「コラ」の後で、この子が、「スタート」とか声をかけることもあったんです。
真顔でね。
いつもふざけているようで、いえいえ、ちゃんと、この子が吸収すべきことをたくさん吸収しているんです。
こうして、それぞれの子が成長を見せるところが、この空間の魅力の一つ。
本当に面白いクラスです。
ああ・・・ふー・・・まったくもう・・・。
ゲームの順番待ちをしているあるチームは・・・修学旅行の夜でしたぁ。まったくまったく。
困ったクラスです。

|

« 遊べるかー? | トップページ | 一年ピコピコボーイズが語るもの »

ほぼ独り言」カテゴリの記事