« 一歩上に | トップページ | 不思議なサッカー上達の素 »

2年後を楽しみに・・・

昨日、4年生の子が、コートに来るなり、「ねー、いいでしょ。俺と○○と△△で、6年生の卒業遠足のディズニーランド行くんだ!」って。すごく嬉しそうに言うんです。
「え? 6年生の卒業遠足に、特別に、4年生なのに行けるの?」と聞いたら、違うようで。
自分たちが6年生になり、卒業遠足に行く時に、○○君と△△君と一緒に行く約束をしたそうで。
それを今から楽しみにしているんです。もう、嬉しくて嬉しくてたまらないみたいで。
練習後も、「ああ、早く6年生になりたいなー」と言っていました。
かわいいでしょう?
この子にとっては2年後が楽しみで。
でも、それは、今、そういう友達がいるからで。
今を楽しんでいるから思えることで。
だから、いいなって思いました。
やっぱり、今を楽しむことって大切なんだなぁと、改めて思いました。
子供の心と体で楽しめる今、子供の心と体で感じられる今を、十分に過ごしてねー。
さて、そんな4年ボーイズのいるU-12クラス。
昨日はゲームデイ。
いい雰囲気でしたねー。
それぞれの子の、ほんのちょっとした仕草や行動に、成長が表れていて。
いつもなら、プリプリッとなる場面でまだ笑えたり、いつもならそこから離れていくところで離れなかったり、差し出す手が上から抑えるのではなく、まっすぐになったり、他にも色々。
へー・・・。
今も楽しく、そして、これからもちょっと楽しみで期待しちゃう、いい空間でしたね。
その前のU-9クラスも。
「まったくもーう、もうそれは覚えないとダメでしょー」というところもありましたが・・・でも、「OK」「グッド」の方がはるかに多いですね。
そして、色んなことを覚えられそうなU-9クラスでした。
スタートとなるU-6クラスは・・・あはははは、そうだよねー、なのでした。
昨日は、振り替えで他の曜日の子が参加していたので、
「知らない子がたくさーん~(°°;)))」となる子も。
はーい、よくありまーす、そういうこと。
でも・・・数週間後には平気になることが多いので、ノープロブレム。
ここで、そういう場面でも「大丈夫だった」という経験を、少しずつ積み重ねてくれるといいなと思います。
それにしても、にぎやかなU-6クラスで。
面白いのは、ちょっとふざけているつもりの子たちが、体や運動の要素として最も発達する要素、発達させるべき要素をどんどん発達させちゃっていること。
「あはははは、キミ、それ、実はすごくいい運動になっているよ」なのです。
自然な子供の心は、体に合うものを勝手に選ぶんですね。
にゃはははにゃはははのU-6クラスでした~。

|

« 一歩上に | トップページ | 不思議なサッカー上達の素 »

ほぼ独り言」カテゴリの記事