« 続く続くありがたいお言葉~ | トップページ | 目下の悩み »

年中さん→⑥、1年生→⑤

帰りの電車で。
ちょっと混んでて立ちまして。
みんなが指先でシュッシュッ、ピロピロとしている中、私の携帯はそんなことはできず。
なので、目を閉じて考えごと〜。
危うく吹き出しそうになりました。
だって、思い出しそうになったから。
手紙を送るためにちょっとファイルを見てまして。
すると、一昨日、「こらこら」と怒った子の申込書が。
申込書にある写真の中のその子は年中さーん。
思い出して、プッですよ。そういえば、一昨日は怒ったのとは別に、足の様子を確認したいから、その子のお家に電話したんですよ。
足のことは親御さんにも話していたみたいですね。
「他にも何か言ってませんでしたか?」って聞いたら、「あ、怒られたって言ってました〜」とケラケラケラ。あはは、ちゃんと話したんですね。しかも、かなり正しい感じで伝わってます。そう、そんな感じでいいんです。こちらも笑って「怒らせて頂きましたー」なので。
まあ、まったくもう、なんですけどね。
六年生か〜、なんて、ちょっと思ってたので、年中さんの頃の写真を見て、プッ 変わってなーい、なのです。
それで、おっと、手紙を送るのは違う子だと。
紙をめくって、案内を郵送する子の申込書を見て、プッ。
ぎゃはは、今はちょっと立派になってきた子、三年生の頃はすぐにプリプリしてた子は、もう五年生。4月からは最高学年。写真の中は一年生〜。もーう、ぷぷぷプププですよ。今じゃ、あんな顔しちゃって〜。
かなり笑える「あ行」なのでした。
もちろん、「か行」も「さ行」もそれ以降も、ぷぷぷプププがいっぱいですが。
そしてそして、この文章を打ちながら、肝心の手紙をカバンに入れたままであることに気付き…
しまった、千葉で出した方が早く着くと(なんとなく)思ったから千葉で投函したかったのに〜。
東京に封筒を連れて帰り中です( ̄▽ ̄;)
ああ、すみません、なのでした。

なんて今日は、またご体験のお申し込みを頂きました。
ありがとうございます。
この方もソラのことを皆さんから聞いているみたいで。
皆さん、ありがとうございます。
またまた&まだまだ、プププと笑うために頑張りますよー。

|

« 続く続くありがたいお言葉~ | トップページ | 目下の悩み »