« サッカースクール、好評~ | トップページ | きてくんさいと言われても »

ふざけんぼうの一面

昨日はもう・・・U-9もU-12も、すごく面白かったですね。
子供たちのいいところがたくさん!!!
私は怒る(注意する)こともありますが、その後を狙っての単なる働きかけなので、子供たちがどう変化するか、どんな様子を見せるのか、(怒っているように見える時でも)すごく楽しみにしています。
昨日はですね、もう、グッドグッド。
あ、そうそう、すごく優しいところとか、みんなのために行動するとか、昨日はたくさんそういうところを子供たちが見せてくれたんですけどね、 まずU-9クラスでそういうところを見せたのは、いつもふざけている子。
自分は3年生で、練習しているワザもできるのですが、それをできないでいる1年生の子ができるようにと、色々とやっていました。見本を見せたり、色々。見本の見せ方も色々。 どうやってできていないところをわからせるか。強調の仕方、見せ方、工夫していましたね。 それも、楽しみながら。 そして、1年生の子はできるようになりました。
こういうことがたくさんある場では、お互いにどんどん成長させていけます。いいでしょう?

ちなみに、こういうことを繰り返し、この3年生の子の動きもさらに良くなっています。
そしてそして、その後のゲームで、1年生の子は、自分に色々と教えてくれた3年生に対して、普通に文句を言うという・・・もう、面白い。そして、それを3年生も普通に聞くという・・・えらいでしょ。「さっき教えてやったのに、生意気だ!」とはならない。
みんな、ワーワーうるさいですけどね、良い子なんですよー。
既製品の定規じゃ測れないかもしれないですけどね。
高学年クラスでは、ゲーム前にボールを片づけるように言っておいたのですが、休憩中にボールをしまってくれていたのは、やっぱりいつもふざけているようにも見える子。
実際には私はふざけているとは捉えていませんが、一般的にはふざけていると捉えられるような行動を取ることが多い子。
そんな子が、休憩に行くのを遅らせたり、或いは早く休憩から戻り、みんなが片づけていなくても、片付けをしてくれました。違う学年の子にも声をかけながら。
すごくいいんですよね、本当に、みんな。
ああ、面白かった。
ソラッ子、色んな子がいますけどね、みんな、それぞれ、大好きです。

|

« サッカースクール、好評~ | トップページ | きてくんさいと言われても »

ほぼ独り言」カテゴリの記事