« ソラであまりビブスを使わないワケ | トップページ | ドタバタと順調です »

あいつら~

U-9クラスの子はですね、みんな、本当によく頑張っていましたよ。

あいつらというのはですね・・・そう、U-12クラス!!!
あいつら~・・・。
ということで、3週連続お説教タイムありのU-12クラス・・・というか6年生君たちであります。
まったくまったく、3週間続けてお説教タイムがあるなんて、どういうこと?!
ということで、6年生の子たちに3週間連続でお説教している私です。そしてそして、同時に、6年生の子たちを3週連続でお説教される状態にしているのも私です、はい。これまでの練習の、ある意味、結果ですので。
ええ、ですから、お説教はしていますが、ちゃんとわかっていますよ、あの子たちのすごさはね。
違う学校の人と関わることが苦手だった子が、今日、そういう人たちとすごく楽しそうに遊んでいました。こんなこと、今まではなかったですもん。すごく楽しそうに。ふーん、すごいぞ、楽しんでるじゃん、というか、ちゃんと挑戦しなければ、そんな感じにもならないからね、挑戦してるじゃんって思ってみてました。
他の子も、同じように、すごく自然に、学校もチームも違う子たちと、すごく自然に、当たり前のように話していて、そういう光景をたくさんたくさん見ました。
さらにその先に進みたいから、怒りましたけどね。ですが、子供たちは、間違いなく、ナイスプレー(友達との関わり)です。
ええ、怒りますけどね、それでも。伝えるために。
そして、感心しますけどね、怒る素になっている、彼らの在り方に。
みんな、いいね。
体験の子がいましたが・・・そう、体験の子も大事ですし、ずっといる子も大事。そして、伝えたいことはたくさん。だから、今日みたいなワーオなスクールになるのです。
「短所を直すのではなく、長所を伸ばすことに重点を」みたいな考えがあるじゃないですか。いいですよね、その考えも。
ですが、子供たちの持つ長所は一つだけじゃないし、それに、子供たちの持つ、今、短所に見える部分は、実はすでに長所であることもあるし、逆に長所に思えるところが改善すべき部分であることもあるし。
だから、私は、直すべきところは直します。短所(というか改善すべき部分)を直すことで、さらにたくさんの長所を発見できることがわかっていますからね。短所も長所も浅くなんて見ません。
それぐらい、子供たちは変化していくし、成長していくんですから。
ということで、あいつら~ですが、あいつらです。
あ、直すといっても、きっかけを与えるぐらいです。あとは子供たちの成長力。自分たちで成長していくんです、ソラッ子は。

|

« ソラであまりビブスを使わないワケ | トップページ | ドタバタと順調です »

ほぼ独り言」カテゴリの記事