« コーチング勘? | トップページ | 木・金の様子 »

水曜日、好発進

*これは昨日打っておいたものです。

今日は電車で移動です。電車が遅れ、稲毛駅からのバスにタッチの差で間に合わず。
(バス待ちの間に打ってます。)
ところで、電車で「ん?」という視線が爪に飛んできました。
そう、爪がピカピカ! この頃は男の人も爪を手入れしている人がいますよね(たぶん)。それはべつにいいと思うのですが、私は見ての通り、そんなこと似合いそうにないでしょう+しそうにないでしょう? それなのに爪がやたらとピカピカしていたら、「え?」ってなりますよね・・・。
ええとですね、これはワックスです、ワックス。この頃は髪の毛につけるやつもワックスって言うんですか? よく知りませんが(少し前に高校生の子が言っていたので)そのワックスではありません。ふつうのワックス。私たちはこれでボールを磨いているのです。と言っても、豊田にお願いしていることが多かったのですけどね。この前、遊びに来た中学生も驚いていましたが、こうして手入れをしているからソラのボールはやたらと長持ちするのです。
・・・と、先ほどからバスに乗り、打っている途中で酔いました。ああ気持ち悪い。顔を手で覆って「もう寝てしまえ」と思ったら、ワックスの臭いが手についていて、気持ち悪さ倍増・・・うぇっ。

ということで、その後は打つのをやめ、続きを打っている今はもう帰りの電車です。
今日で新年度の一週目が終了。大きな事故、ケガもなく、スタートを切れました。良かった良かった。
今日はいい感じでみんなプレーをしているなぁと思っていて、最後も普通に話して終わりにしようと思ったところで、お説教タイムに。
「なんでそんなことでそんなに怒るの?」と思われそうなことで私はすごく怒ることもありますが、いえいえ、そういうことこそ、とても大切な部分なのです、ここでは。ここでの子供たちが成長していく生命線みたいなものなのです。そばにいる子の気持ちを感じることは。困っている子の表情を見て、それに気づいてあげることは。
小さなことに思えるかもしれませんが、その小さなことにこだわっている状態での大きなことに対する捉え方・こだわり方と、「小さなことだから、これはいいか」と思っている上での大きなことに対する捉え方・こだわり方では、かなり差が出てくると思っています。
話がそれますが、ふさわしい大きさで物事を捉え、適切なところに力を入れることはもちろん大切なことですが、本来、軽視してはいけないところを軽視して、影響が大きいからと言って大きなところを見ても、土台がブレていたらノーだと私は思っています。ついでに言うと、言っていることが間違っていないからと言って、それが正しいとは限らない、言っていることが正しいからと言って、それが理想だとも限らないのです。そして、芯の部分のぶれ、ずれは、意外に小さなところに表れたりするものなのです。

話を無理やり戻し、例えば、さっきのボールのこと。ワックスで磨いてボールを長持ちさせることで得られるメリットは少しかもしれません。磨かなくても何年かに一度、買い換えればすむことかもしれませんから。でも、本来、消耗品であるボールをちゃんと大事にできれば、もっと大切にしなければならないものを大事に扱うのだって、ちゃんとできるはずです。
ちなみに・・・ボールを磨くのは、今は他にも理由があるのですけどね。話すと長くなるので、少ししか話しませんが、安全上の理由です。安全面を高めようとすると、色んな方法があることに気づくのです。
安全面だって、「これは起きる数が少ないから」と思ってそこに手をつけないでいる感覚の上で考える「たくさん起こること」「大きなこと」への対応とそうでない場合とでは、かなり差が出るものなのです。
だから、私は小さなことでも、本質的に大切なことについてはこだわります。色んなことに対して。
今日のお説教もそういう類のものです。なんか、(こんなに書くと)話がわけがわからないですけどね・・・。
ただ、今日怒られた子のすごさを、これからみんな、ちゃんと理解していきます、絶対に。それができる子たちです。怒られた子も、それを見ていた子も。今日怒られた子は、すごいんだぞ。
怒られた子に対して、ただ「あいつ、怒られてやんの」なんて間違った見方、誤った評価、弱い優越感なんて、ここにいる子たちには持たせないように。
水曜日としては、最高のスタートです。
ところで、卒業生も、そろそろ新しい場に馴染んだ頃でしょうか。それぞれの場に、自分らしく、しっかり存在するように。それができるはずです、みんな。
頑張れ!

|

« コーチング勘? | トップページ | 木・金の様子 »

ほぼ独り言」カテゴリの記事