« ソラッ子の魅力 | トップページ | またまた初ソラ&入ソラ »

遊ぶ子供&スタッフ

昨日の練習も面白かったですね。
練習前に少し遊んでいると、あ、足の痛みが少しだけ減ったかも! ということで少し嬉しくなり、調子に乗り、いつものように遊びました。
ところで、遊ぶ時はいつも「ごめんね&ありがとう」と私は思っています。あ、これは子供に対してではなく。子供にも思っていますが、それとはべつに、豊田コーチに対して。
私は遊んでいる時、豊田の様子を見ます。そして、豊田が全体を見ている時にはずっと遊びます。豊田が全体を見ていない時には、私は遊ぶのをやめるか、全体を意識しながら遊びます。豊田が遊び出しても、私は遊ぶのをやめるか、そこまで意識した上で遊びます。その逆の場合、豊田もそうです。
こうした部分はもう二人で自然に切り替えて行っていますが、今は私が全体を見るのを豊田に任せる方が多いので、遊びつつ横目で見ながら「ごめんね&ありがとう」と思って遊んでいるのです。
ちなみに、他の場はどうかしりませんが、ソラの中でこうして子供と遊ぶ場合はものすごく頭を使います。ただ遊ぶのでも頭は使いますが、それだけでなく、安全面、他の子、色んなことを考えて遊んでいるので(あれでも)頭を使います。
ところでところで、
昨日の練習開始後、高学年には、いきなりやるのはちょっと大変かもね、というメニューをやりました。ゆっくりやればできるでしょうが、普通の子供の速さ(=速いテンポ)で行うのは、子供じゃないと難しい。ウォームアップとTRを頭で勝手に分けて、「アップだからゆっくり」なんて思っていたらできない(速くやろうともできない)メニュー。簡単な内容ですけどね、そういうメニューをしました。
そして、あらまさすがのソラッ子でした。その後、ドリブルを2分やらせましたが、これも入りきっていて、まあ、いい動き!
大人的な切り替えるというものが存在しない、ゆる~りとキビッが自然に入りまじっている、つながっている、完全なる遊びの空間です。
すごくいい動きをしていましたね。
その後のソラ・リーグも面白かったです。
昨日、「えっ? そんなこと話すの?」ということを話しちゃいましたが、べつに流れ的に話してしまったというわけではありません。話してもいいだろうなともともと思っていたのです。
その時の、目の前にいる子の組合せ的に、その時しか話せないことやその時に話せるといいことなどがあるのです。昨日の参加者は練習前にわかっていたので、頭の中では色んな可能性を考えていたのです。フッフッフ。なので、「話していいの?」ということを話したように感じるかもしれませんが、本当に話してはいけないようなことは話していません。
ちなみに、今回は6年生の子が二人参加してくれています。あと2カ月しか一緒にいれない6年生に、どう考えても「ありがとう」でしょう? だから、大切なことを得させたいと思います。そして、それを6年生が得ることができたなら、他の5年生の子たちも、自分たちにとっても間違いなく大切なことを得ることに必然的になります。ただ、そういうものは、双方の進化なくして得られない。だから、そうなった時だけ、双方が得るように、そういう形で今回は考えています。
どの子も大事に思い、考えた上での今回のソラ・リーグ。
来週からが本番。楽しみです。
ああー! 時間なので、では!
*誤字脱字あったらごめんなさーい!

|

« ソラッ子の魅力 | トップページ | またまた初ソラ&入ソラ »

ほぼ独り言」カテゴリの記事