« 中学生の子の成長から | トップページ | お詫び(携帯・スマホからご覧になる場合のリンクについて) »

関わり、育て

昨日のU-15クラスの練習後、中3の子A君との話で、小学生の頃の話になりました。
今来ているB君の動きやプレーが、当時一緒に練習していたC君と似ていると。
そう、似ているのです。ですから、私は実は非常に気をつけてチーム分けやその前の練習を行っているのです。
小学生当時、A君とC君はプレー時に接触することもよくありました。
C君は体が大きく、ボールを一生懸命に追う子。ボールを取ろうと思って一生懸命に足を出します。
A君はテクニックタイプ。それをかわしてプレーします。線は細く、負けず嫌い。
この2人が接触するんですよ、よく。
すると、A君がプレーを崩すのです。実際に足が少しぶつかることもあったし、C君の方が体が大きいですから、ちょっと当たっても痛いのです。痛さから苛立ったり、苛立たずにプレーから離れたり、色々な気持ちが行動に表れていました。
この2人、かなり「合わない」。
ですが、双方に大事な話はしていました。
その頃、C君は練習に遅れることや休むことも多く、しかもA君のように昔からの友達がここにいるわけではありませんでした。だから、練習に参加しにくいと思うことがあったかもしれません。こういうことに友達がすぐに気づけばいいのですが、仲の良い子と遊び始めてしまうと、さすがに小学生では気づきにくいこともあります。だから、A君やその友達に、C君のこと、同じ学校や昔からの友達がいなくてもここに来ていることを話しました。
そして、それを聞いた子たちは、C君が練習に来ると声をかけるようになっていきました。A君もすごく声をかけていましたが・・・ゲームではプンプン! C君はA君のボールをたくさん取りに行っていたので、きっと、「ムカつく」と思ったこともあったでしょう。
しかし、その「ムカつく」と思っていた行動が、実は、「A君の技術が高く、あんな風になりたい」と思っていたからなのだと知った時、A君は「それを聞いたらさ、なんか、嬉しいよ」と、ちょっと目を潤ませながら、言ったのでした。
そのC君と、今のB君が、プレー的に似ていると。「でも、性格は全然違うけどね」。
そう、性格は全然違う。でも、プレーの似ているB君とのゲームで、ずっと安定したプレー、自分や周りを高めるプレーをしているA君を見て、私は本当に成長したなと感じています。そして、当時のC君のことを今も覚えていること、こうして思い出していることに、この子がこれからも人との触れ合いを通じて大きく成長していくことを確信し、とても嬉しくなります。
A君、昨日、卒業アルバムのことも話してくれました。「小学生の頃は読んでも(今のようには)わからないことがあったけど、今、読んですごくよくわかる」と。
私はずっと付き合うこと、子供たちがこの後も成長を続けて行くことを信じているし、見ていない場で成長していくことも理解しています。だから、ちょっと難しいことも、メッセージには込めています。友達のメッセージも、きっと。こうして繰り返し読んでくれたら、すごく嬉しいです。
あ、そうだそうだ、さっきのC君、今は柔道部でめちゃくちゃ頑張っているようです。あのひたむきさ、どんな相手も投げてしまいそうですね。

サッカースクール・ソラ(sola)千葉市で開催中!

中学生クラスも開催中です。
TEL 042-534-3766

四街道や佐倉からも子供が通っています。
(千葉市稲毛区長沼原町261 千葉北スカイランド内で開催)


★サッカー個人レッスン・プライベート・レッスンについてはこちら
千葉・東京などで開催中
★書籍「サッカー、上達の素」使えないワザには気をつけろ!

についてはこちら
ウィンタースクールについてはこちら!
冬休みのサッカー教室はソラで決まりだ!

Adre_2


■ソラ・HP(PC)→ http://www.sonoyosade.com

|

« 中学生の子の成長から | トップページ | お詫び(携帯・スマホからご覧になる場合のリンクについて) »

ほぼ独り言」カテゴリの記事