« 来た来た・来い来い・行け行け | トップページ | 続々来てます来てます »

Not 偶然(捨てましょう)

偶然にも同じ日に似たような話を聞きました。
一つは、ここで友達がどんなプレーをしているのかを知らない子が、その子のプレーを見て驚いたという話です。
ソラに来て、ここでのプレーを見ていれば驚かないと思うのですが、ここでの友達のプレーを知らないで、チームでのプレーしか見たことがない子が、チーム以外の場でその友達とプレーする機会があった際に、その子の普段のプレー(ここでやっているような)を見て、「全然違う」「ものすごい!」と、とても驚いたようです。一緒にプレーしてすごく感じたようですね。狭いイメージの中でプレーさせないで、自由にプレーをさせれば、それぐらいはできるのです、その子は。
ちなみに、「自由にプレー」と言っても、ただ勝手にプレーするとかわがままにプレーするというわけではありません。サッカーが好きで色んな判断も瞬時に行える子なので、自由にやらせても、攻めも守りもとてもよくやります。その時にすべきことをちゃんとします。まあ、当たり前ですけど・・・それが楽しいんですから。
どんな場でも力が出せないのは子どものせい・・・力が出せなくてもそれが実力・・・だと思うかもしれませんが、そうではないケースがたくさんありますからね。
本人だけでなく、こういう本当の子どものプレーとか本来持っている力とかを見ることができない友達も大人も、うん、もったいないですね。
それと、もう一つの話は・・・やはり、普段のここでの子どものプレーを見ている親御さんが、違う場で良いプレーをできない様子を見てつい怒ってしまうという話。こういう話は一人とか二人とかではなく、たくさんありますね。だから、その日だけでなく、よく聞きます。本当は子どもにもっと力があることをわかっている方も、子どものことを思って言ってしまうことがあるかと思います。先日伺った方の話は、自分のプライドとかではなく、子どもを守るためのような気がしました。ですから、私も気持ちがわかります。もちろん、子どもに怒っても仕方がないのですが、責任を自分側に求める、立派な方なのでしょうね。でも、だからこそ、なんかヘンですよね。立派な方と、そういう方の子がマイナス方向に行ってしまったり、違う見方をされたりするのは。
学年や地域が違いますが、こうして同じ日に、質的には同じ内容の話を偶然伺いました。
ということは、この子たちだけでなく、他の場でもこうしたことがたくさん起きている可能性があると考えた方が自然なのではないかと思います。カンの良い方であれば、そういう風に考える方が自然なのではないかと思います。
子どものプレーを、監督やコーチという立場で見る機会のある方は、一度、固定した見方を全部捨ててしまうことをおすすめします。
私なんかの話をしても仕方ないかもしれませんが・・・
これまでにたくさんの子どもを見てきたので、子どもが私含め大人のイメージを超えることはたくさん見てきました。「私含め」と書くと、イメージが小さくなる気がしますが・・・私に想像できる範囲は、元プロ選手とかではないので、サッカー的にはそういう人に比べるとイメージできる範囲が小さいかもしれませんね。
ですが、あたり前の子どもたちの発想力は十分に知っています。そして、子どものサッカーの大きな魅力であると同時に子ども自身が大きく育つ力ともなるのは「発想力」。
なので、イメージできる範囲はそれなりに広いのです。マンガのネタになりそうなことぐらいは子どもたちはやってくれるので。しかもそれが日常茶飯事。そういうものを毎日見ていれば、イメージできる範囲は自然にどんどん大きくなっていきます。
ですから、ある程度大きなイメージで子どもを見ることもできるのですが・・・それでも、そのイメージ、大人のイメージを超えるぐらいの発想を、今でも子どもたちは毎日見せますからね。
マンガレベル含め、イメージする範囲を超えるのです。マンガだって、キャプテン翼からドラえもんまで幅がありますが、そういうサッカーマジものから空想無限ものまでイメージしていても、それを超える。
私は今でも、自分がイメージする範囲を子どもが超えることを経験しています。
一度、自分のイメージからだけ子どものプレーや特徴を見るということを一休みすることを、強く強く、おすすめします。
って、私が言っても説得力が・・・。
「キャプつば」ならぬ「まゆツバもん」で、「ドラえもん」ならぬ、「ソラえもん」だし。
ちなみに、ソラえもん=ソラ、ええもん=素良、いいもん=子どもの持っている素の良さ、いいもん! ということで。
うーん、やっぱり説得力ない。
でも、子どもの伸びる力は信じてあげましょうね。
「それでもなぁ」という方は、「おもてなし」をイメージして、ほら、あの人のあの感じ。「お・も・て・な・し。おもてなし」です。そこに、「そらえもん」を当てはめて、間抜けな私の顔ではなく、知性ある人の顔を想像し、「そ・ら・え・も・ん。そらえもん」です。ちょっとは信じてもらえるのでは?

今日は馬になって、上げて見せるぞー!
馬○にはいつもなってますが。

あっ、そうだ、昨日は「ソラの日」だった! 皆さん、覚えてました?
私はもちろん忘れてましたよー! 当たり前じゃん、いつもバタバタしていますもん。(←開き直った?! そんなにバタバタしてねぇだろー!)
こんな私ですみません。
だから、やっぱり毎日「ソラの日」にして下さい。
ちなみに、昨日更新したエキサイトブログは、「サポーターとブーイング」についてです。
詳しくは昨日のブログをご覧ください。

|

« 来た来た・来い来い・行け行け | トップページ | 続々来てます来てます »

ほぼ独り言」カテゴリの記事