« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

面白いサッカー本のご案内

書籍のご案内

「サッカー、上達の素」使えないワザには気をつけろ!(税込1400円)

サッカー伸び悩み、声を出せない・・・サッカーをしていると色んなことがあると思いますが、よくありがちなこれらの状態・・・もしかしたら、その原因の一つには、サッカーの戦術など(?)難しいことがよくわからない(と本人が思っている)、状況に合わせたプレーができない(と本人が思っている)ということもあるかもしれません。

そこで、「いやいや、あまり難しいことがわからなくても、等身大のサッカーから、結構キミたちは伸びていくんだよ」ということを表せるような本を作りました。
子どもが興味を持ちそうなことの中に色んな良い要素が含まれていることがわかってもらえるのではないかと思います。
この本が、サッカーを好きな子、だけど困っている子、もっと上手になりたいと思っている子、親御さん、指導者の方・・・多くの方のお役に立てることを願っています。

■本では、なんと、子どもに大人気の「使えないワザ」を紹介。なぜかと言うと「使えないワザ」には大切なことがたくさん詰まっているからです。
主に小学生、中学生(+高校生くらいまで)をイメージして作ったサッカーの本ですが、低学年の子の親御さんにも読んでおいてもらえると安心です。
小学生から高校生の各年代の子供、親御さんが読んで、それぞれに合ったものを吸収できるように考えました。同じ文章でも年代や経験により、イメージの仕方が違い、それぞれの年代で大切な要素が伝わるのではないかと思います。

Book書籍タイトル 「サッカー、上達の素」
使えないワザには気をつけろ!

=内容=

・ふざけたものからかっこいいものまで
 「使えないワザ」を紹介
・子供によくある「もったいないプレー」の改善方法を紹介
・使えないワザに含まれる「大切な要素」を解説
・練習時の工夫例紹介、他 ・・・

・¥1400(税込)




第一章は
「使えないワザ」が大集合!

Tu1mini_2

子供たちはここが一番好きらしい。








第二章は
よくあるもったいないプレーを改善!

Tu2miniファーストタッチ、
ドリブル、パス、シュート、
1対1の対応、その他いろいろ、
取り上げています。





第三章は
サッカーで役立つ要素を解説!

Tu3mini

個人としてのものを
チームのものに当てはめて解説も。





第四章は
練習例、練習時の工夫例を紹介!
Tu4mini

子供だけで練習する時の参考に。

チーム内で練習する時の一工夫に。


■ジグザグドリブルの効果やオウンゴールの捉え方等について、コラムで取り上げています。

<読んだ方からのご感想>

「子供の想像力をかきたたせる内容」(指導者)、「子供たちへの愛情、親御さんたちへの心配り、そして、溢れるユーモアに満ちた文章やイラスト、行間は、見て、読んで、ほろりと納得」(教師)、「兄弟で取り合いが起きている」「その先の本質に目を向ける大切さに気付かされる」(親御さん)、「“使えないワザ”がリハビリにも使える」(プロトレーナー)、「ギャグセンスやばい」「朝の読書で読む」(子供たち多数)・・・これらの他にも多くの“おもしろい”という感想が届いています。

皆さん、ぜひお読みくださいね。

<著者プロフィール>
■育成年代(幼稚園、小学生、中学生)の指導歴は18年。■大手サッカースクールにて各地で指導(4校で責任者・副責任者として指導)。当時、責任者を務めていた各スクールに在籍していた子の中には今の日本代表選手やJリーガーも。■前所属団体にて複数のスクール責任者を務めた後、団体を移り、元日本代表選手主宰のサッカースクールで責任者として指導。スクール活動の他、元オリンピック選手らと共にスポーツイベント等にも参加。■2005年、サッカースクールを立ち上げ。当時、Jリーグ所属チームの方からも2チームほどから声をかけて頂きながらも移らず、同スクールにて現在も指導中。ちなみに、スクール開校後、練習を休んだことはゼロ。

◆本は書店店頭には並びません。電話・メールでご注文下さい。
ソラ TEL 042-534-3766
※留守番電話になりましたら、お名前と連絡先を残して下さい。

Adre_2

◆お支払い・・・ご注文受付後、ご案内いたします(振込)。
尚、お振り込みの際の手数料をご負担頂きます。
◆本は郵送となります。別途送料を頂きます。
送料:1冊なら210円。2冊なら290円。3冊以上は弊社負担。
→現在、送料無料とさせて頂いております。

■sola(ソラ) TEL 042-534-3766
サッカースクール・ソラ。千葉市で開校中。四街道、佐倉などからも子供が通っています。
■ソラ・HP(PC)→ http://www.sonoyosade.com
■プライベートレッスンについてはこちら

|

復活のさせ方

木曜日、U−12クラス。
ゲーム中、ボールがある子の胸に当たりました。サッカーなので、こういうことは起きてしまいます。強烈なボールというわけではありませんでしたが、その子が痛そうにしていると、顔をのぞき込みながらギャグをかます子。何度もギャグを。連発連発。でも、ダメ。それでも笑うまでやるつもりらしいです。何とか笑わそうとしていました。すると、少し離れたところから様子を見ていた他の子が、そうした笑わそうというのとはまったく違う様子で、強く、はっきりと「○○、大丈夫か?」と声をかけました。他にも、そっとその子のそばにいる子。
みんなが違うやり方、心配の仕方。でも、同じ気持ち。
子供の頃には、こういうことがあることをたくさん経験してほしいと思います。
食事で言えば、色んな栄養がバシッと入った感じでしょうか。
U−9クラスでも、同じような、色んな心配、勇気づけがあり、この子たち「いいな」と思いました。
色んなやり方、伝え方、あるんだぞ。
ちゃんと、言葉で伝える力、あるんだぞ。

★今話題の本についてはこちら

■sola(ソラ) TEL 042-534-3766
サッカースクール・ソラ。千葉市で開校中。四街道、佐倉などからも子供が通っています。
■ソラ・HP(PC)→ http://www.sonoyosade.com
■ソラの「おまけ」→ http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
*深めの話は「ソラ的な日々」よりも、この「おまけ」の方にあります。
■ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola
*プロフィールページ、カテゴリー「ソラって」「ソラの紹介」でスクールについて紹介しています。

|

雨の中で

昨日は天候が悪く、スクールは中止になりました。すみません。
ただ、もしかしたらちょっとだけでもできるかもしれないと思い、「中止だけど、どうしても来たい子はどうぞ」という案内をさせてもらいました。昨日の天候だとちょっと厳しそうだったのですが、天気予報が外れることもあるし、でも、あの天気で、開催するという案内をするのは難しく、そこであのような案内にさせて頂きました。
やってきた子がいました。無理はよくないですけど、ちょうど来れる子がいて、よかったです。
そして、ゲームをたくさんやりましたが、前日同様、いいプレーをしますね。
あの天気の中で、ボールもすべりやすいのに、ほとんどミスがなくて。ミスがないというより、ずっと続く、続けるという感じです。実際にはちょっとしたコントロールミスとかはあります。でも、そこで失敗したと思って止まる前に、瞬間的にボールを追う。1個のプレーは大事だけど、「1個のプレー」をしているのではなく、「サッカー」をして遊んでいるという、あんな感じのサッカーがすごく好きです。もちろん、1個のプレーを適当にしているとかではなくて、全部、サッカーを楽しんでいるというあの感じ。
危険な転倒も、危険な接触も、危険なボールタッチもなく、
でも、動きは子供特有の躍動感がいっぱいで。
4年生から6年生までごちゃまぜでやりましたが、学年、経験に関係なく、みんながサッカーを楽しんで、しかも上達もする時間だったと思います。
すごいですね、子供たち。
そういえば、前日も同じような案内になり、来た子がいまして。
人数が昨日よりも少なく、また日頃からふざけあっている子たちということもあり、雰囲気は昨日とは全然違いました。が、動きの良さは昨日同様、すごく良かったです。
ふざけた雰囲気もあるんです。もう楽しくて楽しくて。でも、決して手を抜いているのではないのです。だから、途中で、悔しくて泣きそうになる子も、口をとがらせてムキになる子も。そして、そういうことがありながらも、自然と調和。瞬間瞬間の頭の冴えと体の動きは、遊んでいる時の体と頭の動き。すごく頭も働き、体も自然に動いていて、やはり、危険な転倒、接触、雑なプレーはなし。豪快なプレーはありましたけどね。
うん、やっぱりすごいですね、子供たち。
あ、そうだ、一昨日は、その後、その日のブログに書いた子とは違う卒業生も来てくれたんですよ。この前卒業したばかりの子。
全然変わっていませんでしたね。まだ数カ月だから、あたり前ですね。
でも、これからどんどん大人に向かっていくことでしょう。中学の時はまた、体も心もどんどん大きくなっていきますからね。もう、大切な力は体に十分入っています。これからの成長に期待です。

■sola(ソラ) TEL 042-534-3766
サッカースクール・ソラ。千葉市で開校中。四街道、佐倉などからも子供が通っています。
◆スクールからのお知らせがあります。カテゴリーのお知らせをチェック!
本のことやら、キャンペーンのことやら。

■ソラ・HP(PC)→ http://www.sonoyosade.com
■ソラの「おまけ」→ http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
*深めの話は「ソラ的な日々」よりも、この「おまけ」の方にあります。
■ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola
*プロフィールページ、カテゴリー「ソラって」「ソラの紹介」でスクールについて紹介しています。

|

試験前に・・・

昨日もフラッと卒業生が来ました。今、中2。
ソラでサッカーを楽しみ、成長し、チームに入ったのはもう小学生の後半の後半。でも、中学生になってもサッカーをもちろん頑張っていて、今、かなり頑張っているようです。サッカーをやりたくて仕方ない様子。嬉しいですね。最初の頃はもう・・・おとなしい子でしたけどね。ちゃんとその時々に栄養にすべきことを吸収できれば、体も心も大きくなっていくのでしょう。頑張りたまえ! 本を注文してくれていたので、ちょうど渡すことができました。
が、今日から試験らしいです。
試験前日にソラに来る子、うーん、心配だ。
が・・・試験前や試験期間中にここにフラッと来る子がたくさんいる・・・・うーん、たくさん心配だ。
試験が終わったら、ゆっくり本を読んでもらいましょう。
昨日はU-12は中止になりましたが、数人に本を渡すことができました。
また、ご注文された方で郵送をご希望の方には昨日手配を終えているので、近々届く予定です。
お読みになりましたら、ぜひご感想を頂ければと思います。率直な感想を、ぜひ、お願いいたします。本当に、率直な感想が知りたいんです。ぜひ皆さん、お願いしますね。

★本の案内はこちらです

■sola(ソラ) TEL 042-534-3766
サッカースクール・ソラ。千葉市で開校中。四街道、佐倉などからも子供が通っています。
◆スクールからのお知らせがあります。カテゴリーのお知らせをチェック!
本のことやら、キャンペーンのことやら。

■ソラ・HP(PC)→ http://www.sonoyosade.com
■ソラの「おまけ」→ http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
*深めの話は「ソラ的な日々」よりも、この「おまけ」の方にあります。
■ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola
*プロフィールページ、カテゴリー「ソラって」「ソラの紹介」でスクールについて紹介しています。

|

なんて日だ!

なんなんですか、この天気は!
せっかく本ができたというのに!
そう、できました!
「サッカー、上達の素」使えないワザには気をつけろ!
ところで本のできは・・・
GoOoOoDです!
お楽しみに。
あ、そうそう、火曜日の練習で、ボールに座ったら、子供に「ボールに座るな」と怒られちゃいました。色んな考えがあっていいと思うので、「ここではいいんだよー」と答えました。だって、ボールはとても大切にしているから。数日前、もう大学生になった子が遊びに来ました。「あの銀のボール、どこいったの?」と言ってました。そして、「あ、この黄色のボール、前からあったよね」と言ってました。うん、惜しい。
銀のボールが使い込まれて黄色っぽくなったのでした。そして、元々黄色だったボールは1〜2年くらい前かな、ほぼ全部、一気に寿命が来ました。それでも6年くらいは使いましたね。もともと「空気が抜けやすい」と言われていたボールで、それを毎日使って6年。
そして、元々銀色だったボールは(今もまだ残っていますが)、8年くらい使ってますね。やはり、1年くらい前に、何球かダメになりましたが、それでも7年くらいはまるまる使っています。
日頃ちゃんと手入れしているから、ここまでもったのだろうと思いますが、ボールに座らなかったらまだもったのかといえば、おそらくそれはないのではないかなと思います。変形とかももちろんしていないです。耐用年数的には限界を超えたと思いますよ。こんなに一個のボールを何年も使っているスクールはたぶんそんなにないでしょうね。ものを大事に、ちゃんとしていますよ。
色々な教え方がないと芯をつかむことはできないでしょうから、ここではこれからもこれでいきますね。見た目の行動も大事ですが、もっと大切なのは芯の部分です。
あ、ついでに、そうそう、DVDの中で私のはいているハーフパンツは、2002年からはいているものです。大事に使ってまーす。まだはけるし。それから、今、はいているパンツは15年くらい前に買ったものです。長いお付き合い。
ソラ本も、長いお付き合いをお願いしまーす!

|

クレーム?!

昨日、「うちに風船がいっぱいあるんですけど・・・」というお言葉を頂きました。DVD見て、そうなっちゃったようですが。そんな子供の様子を楽しそうにお話し頂き感謝です。
ちなみに、風船+ガムテープは、身体的な要素の発達面は、かなり~ですからね。
すごいんですよ。まあ、やらないでも本当にいいんですけどね。ただ、コツを覚えちゃうよりは、その前に、どんどん素早さ・身のこなしを発達させてほしいと思います。
さて、今日は私も早めに出発。
なぜならばなぜならば!

|

黒子?

昨日も卒業生が遊びにきました。
自転車でフラーッと。
中学校生活は楽しく、順調なようです。GOODです。
野郎、スクール開始前、コートに入り、バスケの勝負を挑まれました。
「黒子のバスケ」に出て来るユニフォームを着てきまして、番号が「11」と入っていました。対する私はソラTの20番。でも、その下にはソラTの11番を着ていたので、11番対決です。
黒子対ソラ。さあ、11番が似合うのはどっちよ。
ところで(この急な話題転換=勝負の行方はわかるでしょ)、バスケのシュートの理由、あの逆回転をちょいっとかける理由を聞いて、「へー、そうなの?」とビックリする私でありました。色々と理由があるんですね。知らなかった。
知り合いを通じてこうして何かを学べるのは楽しいですね。
頑張れ、黒子くん。
ところでところで、昨日の高学年、ちゃんと修正してきましたねぇ。さすが。
先週は「怒」モードでやっています。ちゃんと修正してきましたよ、彼ら。急にイイ子になどなったら、それはこちらの大失敗。そうじゃなく、いつものままのソラッ子で、でも、ちゃんと時間と場を大切にできる。良さを良い方向に出す。さすがさすがの高学年でした。
ずっと付き合うので、バシッと中に入って行きます。これがスクールです。ずっとの活動です。
ところでところでところで、低学年の子も頑張っていましたね。難しそうなワザもできちゃうところがすごいですね。できなくてもいいんですけどね。すでに、やっている時点で栄養がどんどん入っているので。低学年には低学年なりの、大切な部分があるので、その栄養さえ入ればOK。昨日の子にはみんな、十分、栄養入ってます!
ゲームを見ていたら、ボールを取られちゃう子がいて。でも、その時のドリブルは急に慎重になっていて。それは、ワザに挑戦しようとしていたからで。だから、慎重に、ゆっくりになり、ワザをやる前に取られちゃって。本人は言わないですけど、わかります。だから、取られても、その前の時点で上達するモードになっているのは間違いなく、何やってもOK状態なのでした。すごいのはその後。
さっき失敗したワザをその次のチャンスに成功させました。
失敗でやめるのではなく、まだできる。それがいいところ。こういうチャレンジだらけのサッカーは本当に面白いですね。
ただ、この子の場合は、ワザとか目的にこだわらずにじゃんじゃん動いてもいいので、あまりワザにこだわらないように言いましたけど。こだわらなくても、チャレンジはたくさんできるし、発達はたくさんするので(子供たちの段階や状況にもよります)。
ついでに・・・昨日はこの子から好きな子の名前も聞いちゃった~。でも、声がコショコショすぎて聞き取れなかった~。だけど、ニコニコ顔のその子に「聞こえなかったからもう一回」と言えなんだ~。結局、だあれ? でも、もう聞けないし。聞いたら、「前、言ったのに、聞いてなかったの? 覚えてないの?」って言われちゃうし~。ああ、どうしましょう。うーん・・・。
おっと、幼稚園の子も、楽しかったですね~。お兄ちゃんのおかげで。
さて、では・・・いよいよですよ~。本当にいよいよ。もうすぐすぐ!

■sola(ソラ) TEL 042-534-3766
サッカースクール・ソラ。千葉市で開校中。四街道、佐倉などからも子供が通っています。
◆スクールからのお知らせがあります。カテゴリーのお知らせをチェック!
本のことやら、キャンペーンのことやら。

■ソラ・HP(PC)→ http://www.sonoyosade.com
■ソラの「おまけ」→ http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
*深めの話は「ソラ的な日々」よりも、この「おまけ」の方にあります。
■ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola
*プロフィールページ、カテゴリー「ソラって」「ソラの紹介」でスクールについて紹介しています。

|

ありすぎ

昨日の高学年の様子は、日曜日に書いたようなことがメインになっているわけではないんですよ。もちろん含まれてはいますけど。
子供たちに感じさせなくてはならないこと、思わせなくてはならないことはたくさんあります。具体的に覚えた方がいいこともたくさんあります。
「これは違うぞ」「こんなの、違うだろ」と、感じさせないとならないことがたくさんあります。
たくさん感じさせたいし、また、覚えさせるべきことは覚えさせなくてはならないし、たくさんの要素が常にあります。
あれが、ギリギリのバランス。真実をつかめるか、子供たち。
低学年は・・・あれもあれでギリギリのバランス。
たぶん、きついと思う部分も子供たちにはあったでしょうが、ワハハも含めて、ギリギリのバランス。ザプッと体でその瞬間を感じればOKです。
ところで、昨日は卒業生が来ましたが、「お前よ~、言えよ~」です。
いつも事後報告なんだから、こいつは。ま、何かあれば事後報告にはいつもちゃんと来ますから、それはそれでOKか。
「マジ話」しか聞けなかったので、本の宣伝をしはぐっちまった。
本、昨日も楽しみにしているというお声を頂きましたが、ええ、楽しみにしていて下さい。昨日の時点では順調に進んでいるようで、20日は行けるかも! です。

■sola(ソラ) TEL 042-534-3766
サッカースクール・ソラ。千葉市で開校中。四街道、佐倉などからも子供が通っています。
◆スクールからのお知らせがあります。カテゴリーのお知らせをチェック!
本のことやら、キャンペーンのことやら。

■ソラ・HP(PC)→ http://www.sonoyosade.com
■ソラの「おまけ」→ http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
*深めの話は「ソラ的な日々」よりも、この「おまけ」の方にあります。
■ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola
*プロフィールページ、カテゴリー「ソラって」「ソラの紹介」でスクールについて紹介しています。

|

見ろ

自分の可能性と友達の可能性をもう無意識というレベルで体に覚えられるようにしようとは、ずっと思ってきました。もちろん、意識させて覚えさせることも必要だと思ってきたし、そういう話をしてきたこともあります。
ただ、できなかったことができるようになったり、無理だと思ったことが無理でなかったりという経験を自分がたくさんして、或いは目の前の友だちがたくさんして、それを当たり前のように見ているうちに、知らず知らずに、またはあまり意識していない中で、自分に力があること、友だちに力があることを覚えさせちゃおうということも、強く思っている、スクールで狙っていることの一つでした。
そうすれば、いずれ、壁にぶちあたったときでも、自分の力を信じることができるのではないかと考えてきたからです。「そういえば、あの頃だって、無理そうだったのに、
最後は大丈夫だったじゃないか」と思い出せると思ったからです。自分で経験していなくても、たくさんの友だちの経験を見ることによって、自分にもそういう力があると思えると思っていたからです。壁に当たる時だけでなく、他の場面でも、こういうことをたくさん経験させて、たくさん見させて、体の奥に入れてしまえば、しまってしまえば、何かあった時に、自然に、そう思えるかなと思ってきたからです。
でも、今は、そういう無意識状態で覚えさせてしまうことだけでなく、意識させてから覚えさせることの必要性を、以前より強く感じています。
もちろん、ほぼ無意識に覚えさせることを狙っている場合でも、できていない状態を一度は意識させます。または、できるようになってから振り返らせます。そういう状態から、今の状態にまでなったんだとわかるように。
でも、それよりもさらに強く、「今はできていないぞ、お前(こいつ)。何度やってもできていないぞ、お前(こいつ)。でも、できるようになったぞ。簡単じゃなかったけど、苦しんだけど、できるようになったぞ」と、それぞれの段階を強く意識させて覚えさせる方の必要性を、より強く感じています。
これは、卒業生からの相談などをふまえて、強くそう思います。また、偶然、耳にした昔の教え子のことなどからも、そう思います。
そして、こうした、自分や友達が困っている状態から力をつけていく様子を、乗り越えて行く様子を、そこにいるみんながちゃんと見る必要性をすごく感じています。
子供たちはどんどん離れていく環境にありますから。
目の前の友だちのことを、もっと見ろ、と。そう思います。
だから、サッカーで結果ばかりを追い、友だちの表情を見ることがなくなるサッカーは、させたくないです。
それに慣れてしまうと、誰かが注意をされている時に、「俺はわかっている」とか「俺には関係ない」になってしまう。でも、それじゃ、ダメなんです、私の中では。
そんな関係は、特に、関わり合いながら成長していける高学年の段階では、ここではノーです。
私に注意される子を見ながら、気持ちを考えて、かわいそうだと思ったり、何とかしてやりたいと思ったり、注意している側の私に対して怒りを表したり、そういうことがあるといいのですが。
誰かに対して注意をしている時、私をにらむ子がたまにいます。すごくいいなと思います。友達のことを考えてあげているのだと、よく聞き、よく見て、その上で、私に対して意思表示。すごくいいなと思います。そういう時、まったく私は腹が立ちません。まだ子供では理解できないこともあるはずなので、理解できるように話すようにします。そういう子は信頼できますね、やっぱり。
もちろん、友達をかわいそうだと思う子も、いいなと思います。
見ていれば、言葉をかけてあげられる。注意の内容を聞いていれば、子供の言葉でそれを改善させてあげることもできる。お互いに、関わりが強くなって、さらに実際にできるようになることによって力を成長させていく。
だから、聞けよ、見ろよ、と、そう思います。
私が一人に注意をする時、または説明をする時、そこにいるみんなが見ている状態で行っている時には、みんなが見るべきだと思っているからです。
当たりまえのように目の前の友達のことをしっかりと見る経験を、気持ちを感じる経験を、たくさんさせていく必要性を強く感じています。
※高学年の年代での話です。低学年ではまた少し事情が変わって来ます。

■sola(ソラ) TEL 042-534-3766
サッカースクール・ソラ。千葉市で開校中。四街道、佐倉などからも子供が通っています。
◆スクールからのお知らせがあります。カテゴリーのお知らせをチェック!
本のことやら、キャンペーンのことやら。

■ソラ・HP(PC)→ http://www.sonoyosade.com
■ソラの「おまけ」→ http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
*深めの話は「ソラ的な日々」よりも、この「おまけ」の方にあります。
■ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola
*プロフィールページ、カテゴリー「ソラって」「ソラの紹介」でスクールについて紹介しています。

|

練習の中の一つのメニューの意味。これはたくさんの意味や要素が入っています。しかも、年間での練習効果が最大になるように考えた上での一回(一日)の練習で、その中での一つのメニュー。
さらに、もちろん、サッカーだけのことではなく、友達との関わりや心の成長など、多くのものも関連させています。
そこをどう絡ませるか、年間での計画がある上での、ものなのです。
そこに、個別に必要な要素をちょこっとアドバイスしたり、アドバイスをしないで子供達を組み合わせたりして、空間をより高いものに持って行きます。
必要なことは話すけど、必要じゃないことは話しません。
そして、それだけのものを詰め込んだ練習は、一見、サッカーっぽくなくなることや不効率に思えることや意味のないように見えることもあるのですが、全部あるのです。
ソラにはサッカーの経験が浅い子やチームに入っていない子なども多くいます。サッカーの知識があまりない子。そういう子は、目の前のことに純粋に取り組みます。純粋というのは従順という意味ではなく、遊びのような練習を遊ぶようにやります。すると、栄養がとことん入ります。
よく、チームに入っていないのに、なんであんなに上達が早いんだろうとかなんであんなにうまいのだろう、動きがいいのだろう、という子がいますが、それは、大人のように深く考えずに目の前の一個のものを自然に楽しめるからです。
私は子供たちの伸びる練習を考えているので、子供ならあたり前のことなのですが、「子供」を通り越した練習や、大人のような練習に慣れてしまうと、こういう、子供たちに合ったことの吸収率が下がることがあります。これは子供達に責任があるわけではないのですが、とてももったいないことなので、ここでは吸収させたいと思っています。
幸い、ソラの子たちは「子供」が多いので、そういう部分では私も助かる部分が多いのですが・・・。
勉強でも友達との関係でも何でも、早くから先に進みすぎると、大切な「素」を増やす機会が減るように思うので、ここでは素をしっかりと学ばせたいと思います。
素を得る・使うだけで十分に楽しいこと、素だけで色んなことができるということを学ばせたいと思います。

|

肯定と否定

今日も難しい天気でしたね。
U-9は中止になりましたが、U-12はできました。
こういう天気での練習、昨日もそうでしたが、流れを読むのは大変です。
ゲームでは、途中からモードを切り替えました。子供達だけでは気づかないこともあるので。
ウヒャヒャモードで最後まで行ける時もあります。ゲラゲラしているのに頭が超冴えていて、体の動きも冴えていて、最後まで成長空間を作り続けることもあります。
ですが、ウヒャウヒャモードではとても危険なこともあります。境界線を超えるリスクがすごくある状態。見た目、最後まで行ける時とすごく危険な時ではあまり差がないこともありますが、そういう時でも判断しなくてはなりません。
最後までそのままで行くのか、途中で変えるのか。これは、サッカーの試合でもそうでしょうけどね。最後までその作戦で行くのか、それとも途中で変えるのか。もちろん、変えると言っても、最初から想定していることではありますが。
ウヒャウヒャはとても楽しく、それで最後まで行ければそれでいいのです。子供たちが自然に作り、さらに成長していく空間になっている時はそのままやらせてあげればいいのです。でも、そうでなくなる可能性がある時、さあ、どうするか。
極力雰囲気を見た上で、決めますが、こういう時は、「ケガなどのリスクがあったとしても、このままの方が成長するかもしれないから、このままでいこう」なんてことはあってはならないのです。子供の安全に関しては、コーチの頭の中だけでのハイリスク・ハイリターンのような考えで賭けに出るようなことがあってはならないのです。
ということで、途中でモード変更。よくついて来れたね、子供達。拍手です。
あの天候で、あの動きで、あそこまで、よくやれたなと思います。さすが。
その前にも一つ、ちょっとしたことがありましたけどね。
「意味あんの?」という言葉には、私はしっかりと答えます。ここでは、意味のあることばかりだから。子供がそういう風に言うのは自然なことですが、ここに意味のないことなどないということをしっかりとわからせます。ここをゆずると、これからの子供たちの練習の取り組みに大きく影響します。ついでに言えば、安全面などにも影響してきます。だから、これでもかというぐらいに説明します。
「お前じゃわからないことがあるのだ」ということを理解できるまで話します。嫌な大人? いえ、必要なことです。これまでもそういうことはしてきましたが。とは言っても、すごく話はしますが、全ては話しません。考えていることの量と質はハンパないので。それに、子供たちに必要な範囲も限られているので。全ては言いません。
これと似たケースで、子供が大人に対して「ずるい」ということがありますが、そういう時でも、「だって、お前らはこういうことを我慢できないだろ」と言います。子供を否定するのではなく、子供の頭と心を肯定するからこその否定です。わかりにくいですけどね。そういう部分をしっかりと学ぶことは、ここ以外の場にも必ず役に立ちます。
こういう、言葉で書くとわかりにくいことでも、子供達はしっかりと学ぶことができます。あきらめとか、変な上下関係とか、そういうのではない形で理解することがよくあります。
安易に否定されたり、安易に肯定されたりすることは、ここではしたくないのです。
子供に教えなければならないことは、山ほどあるのです。

|

言われちまった

昨日、子供たちのゲームに混ざり、抜かれた後にボールを追わずにいたら、「いつも俺たちに“抜かれても追え”って言ってるのに、追わねえじゃん!」と言われちゃいました~。
一応、その時にちゃんと説明もしましたが、面白いので、ここにも乗せておきます。
結構、重要なことをいくつか含んでいますので。ただ、それら重要なことを全部ここでお話しすることはないですが。
まず、そうそう、その通りです。「言うのであればやってみろ」というのは一理あります。しかし、そうとは限らないということも一理あります。
昨日の子には話しましたが、コーチのすべきことは子供たちを伸ばすことなので、もし、「子供たちを伸ばすため」に、自分が言っていることを自分で常に行う・見せる必要があるのなら、すべきでしょう。ただ、伝え方は色々とあるので、自分で行うことをしなくても伝わり、子供たちが伸びるのなら、それでいいのです。だから、昨日は言いましたよ、そういうことを。
俺のすべきことはお前たちを伸ばすこと。確かに自分が追わなかったのは悪いが、でも、それをしないでも、話してわかるなら、お前達が伸びるのなら、それでいいのだ、と。ただ、事柄によっては、言っていることとやっていることが違う私からは子供達も吸収できないかもしれないので、すべきことはちゃんとしますよ。実際に一昨日は、「うおりゃー」っとやりましたけどね。
そう・・・この頃、膝がとにかく痛いのです。もう卒業した中学生(現在高校生)との練習の時から、特に年末くらいから、力が入らなかったり、踏ん張れなかったりすることが増えてきて、こりゃイカンと思っていたのですが、ここのところの、運動会会場への走り(普段の運動不足がもろにひびく)で、さらにひどくなり・・・そして、一昨日の「うおりゃー」(と、しなければならなかったゲーム)のせいで(自業自得)、昨日はもう、全然ブー。
でも、ゲームに入っていたので、抜かれた後に動けないこともあったのですが、動ける範囲では動いていたんですよ~。ただ、その場面、抜いた子がスピードアップをすごくしているので、抜いた直後(=私が反応できる瞬間)にはすでにゴールラインにいましたからね。動けなくていいのです。反応できる瞬間に、まだゴールまで50cmでもあれば反応しますよ、ちゃんと。
で、その「動けない理由」を話したのですが→「さっきまでサポーターと湿布をしてたんだよ。だけど今日はハーフパンツで、それを見られるとちょっと、ということで取ったんだよ」というようなことを説明しました。「うそだ!」とずっと言ってましたが、「だから、今日はゲームもさっきまで入っていなかったんだよ」と言うと、だんだんわかってきたらしく、文句を言いながらも、ちゃんと聞いていました。
ついでに言うと、ゲームに入っていなかったのに、なぜ入ったのかと言うと、その文句を言った子と他の子がですね、嫌な形の言い合いをしたからです。その修復過程で、ちゃんとお互いに「嫌」と「嬉」が入るようにして、最後の段階で、バチッと固めるために、その二人と私を同じチームにしたんです。他の子を入れると、その二人にとっては要素が増えるので、薄まってしまう。そこで、私が入り、調整することにしたのです。
そうだ、お前だ、お前のせいなんだぞー・・・とはもちろん言わないですけどね。
で、そう、そのゲーム、私には文句を言いましたが、その二人は本当に自然に生まれる形で互いの誤解を解いたのでした。こういう一つ一つが大切なのです。
おまけに・・・その、私に文句を言ったヤツの良いところをみんなの前でちょっと褒めたら照れやがり、わざと逆のことを言ったり変な行動をするから、「すぐ照れちゃうの」と言ったら、「さっきまでその子と嫌な雰囲気になっていた子(ゲーム中にいい感じで誤解が解けた子)が、「照れてるんじゃないよ!」と私に文句を言いまして。かばってあげているようなのですが、うーん、こら、そこでかばわなくてもいいじゃないか・・・と思いつつ、ま、いいか、こうなれば・・・。
ということなのでした。
まったくもう! でも、コーチって、こんな(めちゃくちゃ楽しい)です。考えている子に文句を言われて、でも、すべてを話すわけにはいかなくて、だから誤解も生まれるし、でも、ちゃんと向かえば、それから子供がちゃんと伸びる。直接それがこちらに向いたハッピーではなくても、嬉しいですからね。いいじゃないか、です。それに、こういうことを繰り返してますが、この文句を言った子は、数日前、親御さんが本のことを話してくれた時に「スゲー、絶対買うっ!」だそうで、リフティングのDVDのことを聞いて「ぜってぇ欲しい!!」だったそうで。ま、見えないところではかわいいこと。見えるところでも、かわいいやんちゃぶりですが・・・。なのに、そんな子にお説教もたくさんする私です。フヘヘヘ。でも、だから、相手もガンガン言ってきてくれるので。ぬるいようでぬるくない、互いにいい関係なのです。
だから、こうして、子供にガンガン言われるのは、私は好きですよ。
いつもすべきことはしていますから。逆に説明をすれば子供たちが理解できるし。
ということで、これからもどんどん言ってきたまえ、ソラッ子諸君。
この現場に、ウソはないよ。

■sola(ソラ) TEL 042-534-3766
サッカースクール・ソラ。千葉市で開校中。四街道、佐倉などからも子供が通っています。
■ソラ・HP(PC)→ http://www.sonoyosade.com
■ソラの「おまけ」→ http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
*深めの話は「ソラ的な日々」よりも、この「おまけ」の方にあります。
■ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola
*プロフィールページ、カテゴリー「ソラって」「ソラの紹介」でスクールについて紹介しています。

|

「うん」でたくさん伝えよう

今日(火曜日)は変な天気でしたね。練習は全クラス無事にできましたが、こんな感じの日は、ケガや事故が起きないように、極力、気を使います。とはいえ、大きなケガや事故を防ぐには、小さなケガなどはあった方が逆にいいので、雰囲気作りは結構、難しいです。
U-12ではかなりプリプリと、またガツンと行きましたが、見えるほど怒っているわけではありません。ケガなく最後までいくために、そして、そこにもちろん成長があるように、伝えたい要素を逃さないように、持って行っているだけです。
そして、今日も無事に終了! 良かった良かった。
U-6は面白かったですね。
受け答えに「うん」が多くて。ほとんどのことに「うん」で答える。もっと色んな言葉を使った方がいいとか、答え方を覚えた方がいいとか・・・そんなこと一切思わず、やっぱり、これが自然でいいよね~と思っていました。
一つの言葉で、色んなことを伝える。まずはそれでいいんですよね。同じ言葉に色んな意味があることも自然に覚えて行けるし。
赤ちゃんのオンギャーじゃないですけど、全てを、自分に合った少ない言葉、自分に合った簡単な道具で伝えること、大事ですし、できたらいいですよね。それができて、少しずつ道具を増やしていく。うん、理想。
本当に、「いいな」と思うU-6クラスの自然な「うん」でした。
ということで、私の「コラー」も色々な意味があるのです。
ところで・・・本のおまけのDVDが期せず好評のようで?
卒業生からも連絡が来ています。結構、いい感じのようですね、DVD。
今日はですね、卒業生からの写メが2人から届きました。両方とも親御さん撮影ですけどね、ははは、両方同じ構図。DVDを観ているところ。面白い、偶然ですよ。
卒業してからも楽しませてくれるソラッ子たちであります。

|

登場

昨日のU-15クラス時、駐車場に車が止まり、若者が登場。「次のお客さんかな?」でもまだ時間があるし、「コートを間違えているのかな?」と見てみると、あれ? 知ってるような顔。でも、今風の若者だ。若者に知り合いなんぞいないぞ・・・あ、いやいや、いたいた、皆さん、若い若い。でも、昨日の若者、二十歳前後だし。でも、見たようなー・・・あ、お前か? そして、もう一人、お前か? ということで。
でも、もしかしたら人違いかもしれないから、恐る恐る名前を確認。だって、本当に、成長しちゃうんですよ。顔、少し変わるし(大人に近づくし)。
まあ、よく遊びに来ましたね。
18、19の若者でした。
この二人、高校は同じだったようですが、一人はサッカー部でもう一人は生徒会だったそうで。一人は小学生の頃はチームに入っていなくて、中学で部活、そして、高校へ。もう一人は小学生の頃も中学生の頃もサッカー部には入らず。
こういう、サッカーへの取り組みがバラバラな二人が仲良くしていること、そして、ここに二人でフラッと来てくれたことが嬉しいです。もう、格好良くなっていますが、中身は基本的に「まんま」です。
サッカーをしていた子は現在、大学で部活に入るか考え中。もう一人の子は「体を動かすの何年ぶりだろう」だったそうですが・・・「でも、やっぱり、気持ちいいね。体を動かすと」と言ってました。数分で「疲れちゃった」と座ってましたが・・・。いいねいいね、です。
「今度は電話してから来るから、食事をおごってね~」と言ってました。「おう、電話してから来い。着信拒否するから」と答えてあげました(実行予定)。
あ、そうそう、こに二人、フラッとね、来たんです、本当に。スクールをやっているか確認しないで、7時半ごろに。昨日はたまたまやっていたんだぞ。U-15があって、5月から再開したから、いたのだ。まあ、人に迷惑をかけなければ、こんな感じの「行ってみよう」もいいですよね。
そして、その後、移動中に(昨日は急いで東京に戻らないとならなかったのです)電話が鳴り(卒業生の親御さんから!)、バッテリーがなく、出れず(すみません)。途中でバッテリーを変え、折り返し連絡を。
本の案内をしたので、ご注文の連絡でした。ありがとうございましたー!
そして、子供の様子も教えてくれまして。なんでも、親御さんは、子供に対して、中学生の頃に「ソラに行くように」何度も言ったようなのですが、子供がそんな感じではなかったらしいです。これは、中学生なら仕方のないことなので、私はがっかりはしません。まだまだ子供たちにはわからないことがあるのです。そういう部分は子供たちにはこちらからは話さないし、見せないので、「コーチよりも俺の方が上だぜ」と思ってもいいし、「ソラのコーチなんてもう不要」と思っても、べつにいいのです。そうなってもらわないといけない部分もあるので。ただ、他の人たちへの感謝はちゃんと持つ人間にはさせたいと思いますし、実際にはなっていると思います。この子もそうです。ちゃんとしてます。親御さんのお力でありますが。ええ、でも、そう、ソラのコーチはですね、軽く超えたと思ってもらっていいのです。
が・・・あれまぁ・・・「行きな」と言っても行かぬ我が子に腹を立て、お父さんとお母さんで練習を見に来たこともあるそうな・・・遠くから見ていて下さったそうですが・・・感謝と共に、すみません・・・・。私、そういう時でもプリプリしてた率高いからなぁ・・・。プリプリかボヨヨーンって感じだったのではないかと・・・。ああ、せっかく来てくれたのに、もしそんな様子だったならすみません・・・。今度はお声をおかけ下さいませませ。
そんなこんなでバタバタの昨日でした。

ところで!
昨日はソラの体験に二人の子が来てくれました。
もうソラッ子になりました。
練習後、私はすぐに高学年の練習で、その後は中学生の練習、卒業生との「ためになる話」で、落ち着くのが遅くなり・・・挨拶もろくにできず・・・いつもながらすみません!
でも、ちゃんと伸ばしますよ~。
来週からもお楽しみに!

今は、ソラTの到着を待っているところです。
ではでは!

■sola(ソラ) TEL 042-534-3766
サッカースクール・ソラ。千葉市で開校中。四街道、佐倉などからも子供が通っています。
■ソラ・HP(PC)→ http://www.sonoyosade.com
■ソラの「おまけ」→ http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
*深めの話は「ソラ的な日々」よりも、この「おまけ」の方にあります。
■ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola
*プロフィールページ、カテゴリー「ソラって」「ソラの紹介」でスクールについて紹介しています。

|

サマースクールについては、もう少しお待ちを~

先日、パンをほおばりながら運転をしている様子を見られてしまったようで・・・。お昼はだいたいパン、おむすび、お弁当などを口に詰め込みつつ運転をしていますので・・・。その話を聞いた子が、何パンを食べていたのかをずっと聞いていました。たぶん、コロッケパンかなぁ。
ところで、パンの間に挟まっているコロッケはそのまま単体で食べてもおいしいですよね。
ということで、ソラを単体で楽しむサマースクールについてですが・・・今年度の予定については現在検討中です。
もうお問合せが来ているのですが、もう少々お待ち下さい。
ただ、昨年同様、通常スクールの時間帯・設定のまま、「いつものように夏も行う」予定ではいます。参加したい子が参加できないのはちょっと残念なので、今、スクールに通っている子が普段のスケジュールのまま通えるようにしたいとは考えてはいます。あとは、それにプラスして午前中のクラスを開催するかどうか、短期のものを開催するかどうか、というところでしょうか。
高学年は、今、どの曜日も人数が多めなのですが、それに加え、学校行事の落ちついた後の6月は子供たちが増える時期でもあるので、在籍状況なども見ながら、もうちょっと夏のイレギュラークラスの設定などについては検討したいと思います。また、通常通りの時間帯で行うにしても、今、一般の方からのお申し込みをお受けすると、特に高学年クラスは、6月、7月に入った子が(参加を希望しても)サマースクールに参加できないという可能性も出てきてしまうので(空きがもともと少ないため)、今からお受けすることはできないのです。
様子を見て、ご案内できると思ったら、すぐご案内させて頂きますが、現時点ではこのような状況ですので、ご理解いただきますようお願いいたします。
もちろん、サマースクールについてのご意見・ご要望はいつでもどうぞ。お待ちしています。

★本のお知らせはここをクリック

■sola(ソラ) TEL 042-534-3766
サッカースクール・ソラ。千葉市で開校中。四街道、佐倉などからも子供が通っています。
■ソラ・HP(PC)→ http://www.sonoyosade.com
■ソラの「おまけ」→ http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
*深めの話は「ソラ的な日々」よりも、この「おまけ」の方にあります。
■ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola
*プロフィールページ、カテゴリー「ソラって」「ソラの紹介」でスクールについて紹介しています。

|

本とDVDのこと

■本のこと
現在、本の案内をさせて頂いていますが、少しさかのぼって、卒業生(本の内容の対象学年まで)のご家庭にもご案内をさせて頂いています。
久しぶりの連絡ですが、皆さん、温かく受け止めて下さり、感謝しています!
「おめでとうございます」という言葉と共に、「ついに出ましたか」「出せばいいのになぁとずっと思っていました」「待望のソラ本」「店頭に並べばいいのに」「ぜひ!」など、たくさんの応援・励ましのお言葉を頂いています。皆さん、本当にありがとうございます。
卒業生の様子なども教えてもらい、嬉しいです。卒業生も皆さんも元気なようで。やっぱり嬉しいです。
ソラ、やります! 頑張ります!
昨日は、子供に「いくら?」と言われ、「1400円」と答えると、「高いよ」と言われ、「うん、ごめんね。でも、それでも頑張って安くしたの」と言うと、「ウソぉ。じゃあ1円でいいじゃん」と言われ、「うん、できるならするけど、できないの」、「うそぉだー」・・・なんてやりとりをしましたが・・・高いと思われるかもしれませんが、本当に通常で考えられるものの限界以上には下げているのです。ご理解を・・・。でも、正直、内容は、すっごーいですからね。・・・自己評価&社内評価ですけど・・・。
この本の詰めの段階でも、本とは関係なく、子供たちのことで色々と思うこと、動かねばと思うことがありました。そういうものを大事にした上で、でも、だからやっぱり必要だよなとも考え、頭と心のバランスを取り、作り上げたものです。正しいあり方、正しい方法、そこにこだわり、自分の判断で、それぞれの時点・瞬間に、すべきことのMAXをつなげて過ごしました。
応援、よろしくお願いします!
■DVDのこと
渡した人からは、「リピートして見ました」「永久保存版です」など、言い過ぎ&良い過ぎのご感想を頂いています。楽しんでもらえるなら、ありがたいです。「もういらない」となりましたら、マーカー代わりか鏡代わりにもなりますしね。
少しはお役に立つといいのですが・・・。

=サッカースクール ソラ=
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■深めの通信 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

偶然・・・

2日前と3日前、偶然、もう何年ー・・・も前の教え子の親御さんからご連絡を頂きました。
3日前は10年ぐらい前の教え子です。
他県の子。お姉さんと弟の二人でスクールに来ていました。弟はサッカーコーチになったみたいで。しかも千葉で? ははは、面白い、偶然。ライバル? お姉さんは元代表選手が3人もいるチームで頑張っているようですねぇ。面白い。
2日前は12年ぐらい前の教え子。スクールに来る時に、調子に乗って、ウルトラマンのポーズで登場したことも・・・あ、お父さんがね、ウルトラマンのポーズで登場したこともあるのですが・・・子供は、すごくいい、努力・頑張り・テクニシャンでしたね。そうだそうだ、ここも兄弟だった。
2日続けて、偶然、10年以上も前の教え子の親御さんから連絡をもらう・・・なんとハッピーな。こんなこともあるんだぁと。ちなみに、それぞれ、違うスクールです。

ところで本、一般の方からのご注文もきています。大切なことはちゃんと書いてありますから、お楽しみに。
ところでところで、会員の方への付録のDVD(一般の方、すみません)もすでにリピートで見た子もいるようで。楽しんでもらえるなら嬉しいです。

|

もうすぐ・・・

お知らせが入ります。

|

そうだね

会場での一こま
●昨日の到着時、ドタバタと到着した私に、偶然そばにいたご家族の方がお声をかけてくれました。
お父さん、お母さん、そして、おばあちゃんまで。お声をかけて頂き、とても嬉しかったのですが、そう、私の到着時刻が遅れたために子供を急いで見つけなくてはならず、せっかくおばあちゃんまで紹介して下さったのに、ゆっくりお話しできず、「すみません」なのでした。
すぐ戻ってお邪魔するのもどうかと思い、すぐには戻らず、その後、「もしも今いたら、お詫び&日頃の子供のナイスなお話を」と思い、数周したのですが、その時はちょうど場所を移動していたようで。なので、この場をお借りして、すみませんでしたー!
●ソラッ子に会い、そうしたら他のソラッ子も連れてきてくれて。普段と違う帽子を見て、「いつものヘンな帽子の方がいいのに」とか「そのシャツの色、ヘン」とか散々言いやがり・・・かわいい子たちです。帽子はそう、確かにすごく似合わない帽子で。もともと帽子が似合わないのでしょう。それにしても、「いつものヘンな帽子の方がいい」って・・・どっちにしてもヘンなのですね。子供は見たままストレートに言いますねぇ。そこが良さでもありますが。でも、たまにわざとあまのじゃくに答えますよね。それは困ったところでもありますが・・・。
まあ、そういうものを含めて、子供はピカピカなのでしょう。
●低学年の出し物で、流れる歌を聴きながら、「こういうの、高学年の子が言葉(歌詞)を感じながら、理解しながらできたならいいんじゃないのかなぁ」と感じ・・・もちろん、高学年の子の出し物は、それはもうそのまま、結構、キますよね、いい! でも、そう、歌詞、言葉、理解して表現できたならいいな、気持ちよく聞いている歌詞ってこういうことなんじゃないのっていうのを、自分たちの日常で理解できたらいいなって、思ったんです。
が・・・低学年の子の顔を見て、思わず、「おー」。そうか、そうだ、やっぱり、これでいいね、と思ったのでした。笑っている顔を見て、そうだね、この顔見れるなら、この組み合わせでベストだねと、そう思ったのでした。
サッカーの場で、とくに低学年では、そう、あんな顔をたくさん見られるように、あんな顔があふれるように、そうしたいと思いました。

気づかないことに気づける、素敵な一日でした。

|

メロスになれず

昨日は色々な会場に行く予定で出発。
普段は高速に乗る区間を短めにしているのですが(節約節約!)、この頃すごく混んでるし、早く着きたいので、ふんぱつしてすぐに高速に。そして、ああ、そうだよね、やっぱり渋滞・・・。
千葉に着いたのが予定より大幅に遅くなり、でも、かわいい招待状の送り主の出し物にもしかしたら間に合うか? というところ。ですが、行きたい会場のそばにパーキングはないため、遠い場所から走るのですが(いつものこと)、まず間に合わない時間です・・・。途中でプログラムを何度見ても、俺の走り&体力じゃ、無理かな見れないかなぁと思いながら走ってみて、ちょうどその種目中にゴール。
「やばっ、探せ探せ!」なのですが、変に動いてもかえって視界を失うので、着いたところで探せ探せ。終わっちゃう終わっちゃう!・・・・で、終わっちゃいました・・・。あーあ、ごめんなさーい。
他にもたくさんのソラッ子がいるので、もともと行く予定ではあったのですが、「ボク、これ出ます」には「間に合わせないと」と急いだんですけど。
他会場にも行きたいし、もし、その種目に間に合えば、その会場での他のソラッ子の様子を全部見てから移動することもできるし、そんな予定だったのですが、私の到着が遅れ・・・。
さて、どうするかと色々と考えながら・・・「ああ、でもノド乾いた」ということで、数分の空きで自販機にジュースを買いに走ったら、あら、足が痛い。走りなれていない靴で走ったもので、くつずれ(まめ?)ができちゃいました。
ということで、ここから走ってまた車→パーキング→走る→他会場・・・ということを、開催時間に合わせてすることは難しいなという結論になり、その一会場を満喫することにしました。
ソラッ子、保護者の方、OB、OB保護者の方、色々な人に会えて話もでき、会場でばったり、道でばったりもあり、楽しかったです。
「スクールでこうしよう」「ああしよう」が、色々とまた頭に浮かんでおります。

|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »