« 子供すぎるぜ! | トップページ | 感謝 »

おそるべし

高学年の子は、昨日はたくさんゲームをしましたが・・・
あそこまで上達しているとは。
4・5年生の子のゲームも、6年生の子のゲームもGOODです。すごくスピードがあり、動きが多く、一つ一つのプレーにギュッという動き&チャレンジが詰まっていて。それでいて、遊びの雰囲気(=子供にふさわしい、楽しむことに本気な様子)。
チームに入っていない子も多くいますが、動きがすごくいいですよ。ボールを触ろうとして、ただボールを追おうとしているだけなんですけど、それが子供のサッカーでは全てですからね。「失敗」を必要以上に強く意識することもないので、ボールを取られたり、蹴りそこなった次の瞬間に、もう体が動いています。友達のパスがずれても、そんなことを意識しているヒマもありません。だって、ボールが来たら、触ろうとするだけですもん。そう、楽しむことの連続。無意識に「連続状態」。だから、一瞬一瞬で色んな動きがどんどん吸収されるんですよね。動きは良くなるし、とっさの動きを生みだす頭の回転も良くなるし、そりゃ、あそこまで成長しますよ。
チームに入っている子も、自由な発想、遊び心いっぱい。
教えられ過ぎていると、プレーのイメージがどんどん狭くなることがあります(本人はそうなっていることに気づいていないことが多いですが)。体の発達的にも様々な身のこなしが身につくこの年代で、大人の考える「あたり前」のプレーばかりをしていることはすごくもったいないと感じますが、そういう部分はほとんど見られません。ちょっとありますが、そこは修正してきていますから、今はチーム構成を少し変化させたり、ほんのちょっと間接的な言葉をかけたりするだけで本人が気づくこともあり、良い状態に戻せます。
あのゲームを見て、動きの成長に気づかない人はきっといませんね。
お子さんの成長について心配をしたくなることもあるかと思いますが、昨日のあの様子を見て、ご安心頂けるでしょう。超・・・すごいですよ。

|

« 子供すぎるぜ! | トップページ | 感謝 »

ほぼ独り言」カテゴリの記事