« メンバー | トップページ | 昨日のソラ・リーグ »

さっきのブログの補足を

昨日のU-12クラスのゲームでたくさん動いていた子や、プレーに関わり続けるようになっていた子、色んな場に自ら動くようになっていた子など、色んな伸びを見せていた子たちですが、2カ月くらい前の時点で、昨日のチームメンバーにしたならば、おそらくあそこまで動けるようにはなっていなかったでしょう。
1月、2月に見せていた、動きの質・量の成長の流れ、気持ち・友達との関わり具合の成長の流れがあった上での昨日の動きです。そういう流れがあったので、昨日のようなチーム分けをでき、それが効果を発揮できる状態になっていたのです。1月、2月の時の流れの中で、ほどよい感じで、あの子たちは成長していたのです。お話しした方もいますけど。ねっ? です。
それから、普段の、あの雰囲気の中であの子たちが伸びているのは、あたり前なのです。
数週間前に少し書いたことですが、脳科学の専門の方が、トップアスリートのことやパフォーマンスの話をしていました。「こういう時がいい」というような話。
それはそのまま、子供たちが、遊んでいる時の心理状態から自然に持って行く状態です。聞いていたら、つまり、そうです。
だから、「いい」のはあたり前なのです。なので、驚きはしませんが、これも「ねっ」です。
よくお話しすることがありますが、起きていることが全て。
現象などを分析して、理論が生まれることもありますが、起きていることが先、です。もちろん、理論から、新しいものを生み出すこともあると思いますが、それも、もとは、実際にあることから生まれているはずです。
こういうことからも、子供が見せている実際のこと、あたり前のことは、簡単に評価・判断なんかせず、大事にした方がいいのです。
で・・・実際にソラの子たちは、あの雰囲気の中で伸びているんです。
面白いけど、これが事実。
・・・べつに理論とかを軽視するわけではありません。私もすごく大切にしていますよ、色んなこと。
ただ、子供が遊んでいる時は結構すごいぞっていうことです。本当はそこに、理論で説明される様々な良いことが詰まっているのに、そこを素通りして、大人の狭いサッカーの理論から見ると、そういう良いことが見過ごされてしまったり、誤った捉え方をされることがあります。結構・・・おそらくこういうことの方が多いです。そういうものに流されずに子供たちをしっかりと見ることが大切です。

|

« メンバー | トップページ | 昨日のソラ・リーグ »

ほぼ独り言」カテゴリの記事