« ピステ・追加作成します | トップページ | 関わリングの木ソラボーイズ »

「そうくる?」の水ソラボーイズ

U-9クラスは順調に伸びていますが、子供たちは、時に減速やちょっと逆戻りすることもあります。みんな色んな状況の中で練習に来ているので、それぞれの状況により、足し算式に行く子も、掛け算式に行く子も、「ありがとう式」(または「チーター式」=数歩進んで数歩下がる←勝手につけた呼び名です)に行く子もいます。
減速、逆戻りしている子の場合は、何とかしたいなと思いながら、どう接するか、働きかけの強さ、頻度などを、より気をつけて考えます。他の曜日の様子なども見ながら、それぞれの曜日での接し方を考えることもあります。
水曜日コースは、原則的に他の曜日に通っている子が来ていますので、そういう意味(他の曜日での様子など)から、そっとしておく方がいい子と、働きかけるべき子が必ずいます。
昨日は、昨日の時点ではそっとしておいて、来週の他の曜日で働きかけを行う方が、より良いだろうと考えていた子たちがいましたが・・・・
あら、あらら? 随分といい状態になっているねぇ?! と。
もしかしたら、保護者の方がちょうどいい範囲で声をかけてくれたのか、これまたちょうどいい範囲でそっとしておいてくれたのか。現場で働きかけをしているので、そっとしておいてもらえることがとても有効なことがあります。また、色々とお話をさせて頂きながら必要な応援をお願いすることもあります。なんでもそうですが、「ちょうどいい範囲」が大事です。昨日の子たちは、声かけがあったのかそっとしておいてもらえたのかわかりませんが、いずれにせよ、ちょうどいい範囲だったのでしょう。
もちろん、働きかけたり、特別スクール・通常スクールの練習を決める時などは、子供たちの様子を見て、過去・現在・未来(今後)のことを十分に考えますから、あとで減速・逆戻りするようなことがないように十分に考えます。ですが、子供たちの周りには色んな状況があるはずなので、減速・逆戻りもあるでしょう。ですから、そうなってもすぐに良い状態に戻れるように考えて練習を行ってきています。いくつもの網は張っています。
その上、ちょうどいい範囲での応援や見守りがあれば、ドント・ウォーリーなのです。
それにしても、早すぎる・かなり良い状態への復活で、来週はもう問題なさそうです。一時の様子で判断することは良くないことですが、あれなら大丈夫です。それぐらい良かったですね。そうくる? です。
そして、他の子でも。そうくる? が。
どれぐらい速い動きができるようになっているかなと、ちょっと様子を見たい子がいたのですが、最初は、うーん。かたいよ~。頑張っているけど。
その子が途中でカンフーの達人になりました。「アチョー」と言いながらドリブル。
そして、動きがとても速くなりました。本人は楽しんでいるつもりでしょう。
おそらく、「こうしよう」と深く考える部分が減り、無意識にするタッチが増えたと思います。その状況その状況で、目的に合わせてどうするか。「アチョー」を繰り返し、結果的に、最も速く動けるタッチを選び続けていましたね。それに動きの量も、そうでない時の2倍か3倍に増えていました。
いいですよ~。

|

« ピステ・追加作成します | トップページ | 関わリングの木ソラボーイズ »

ほぼ独り言」カテゴリの記事