« 木ソラボーイズ&ガールズとポコアポコ | トップページ | 月ソラボーイズ »

金ソラボーイズ

金曜日のU−12クラスでのゲーム。ここのところ、私は
「ちょっと継続して見ないといかんぞ」と思う部分がある6年生の方を数週間続けて見ていました。そして、その後の様子から、もう続けて見なくても安心ということで、先週は4・5年生を担当。数週間、ゲームは豊田がいい感じで見ていたのはわかっているので、安心&楽しみにしていましたが、やるねぇ、やっぱり、4・5年生。あ、先に書いておくと、6年生の方もすごく良かったそうです(豊田情報)。
で、4・5年生なんですけど・・・あれだけ楽しみながらあんなに良い動きをみんながするとは、本当にすごいですね。しかも一人一人が伸びていることを認識できる場面やプレーがたくさん。バラバラなようでくっついている、ごちゃごちゃなのに調和された空間、そこにある技術と判断の成長・・・おそるべし。
私も最初の方はゲームに参加。子供たちのボールだって取れる時はとっちゃいました。そうしたら、「コイツ、イカサマ」と・・・4年のヤツが言いました。まったく。そんなこと普通、言うか? ま、言われて仕方のないことをいつもしているからいいか・・・でも、子供たちのことを考えてプレーしているんですよ、一応・・・。
U−9クラス・・・練習を見学されていた方に子供の動き・雰囲気の良さを話すと、「でも、もう、遊んでいるみたいで・・・」と笑いながら言っていましたが・・・そうです、あれでいいんです。面白かったのは、「遊んでいるみたいで」と言った時、帰り支度をしながらすぐそばにいた3年生の子が一瞬「ハッ、俺のこと?!」みたいな顔をしたことです。ウハハハ、ざまーみろ。ドキッとしただろう。でも安心したまえ、お前もその遊んでいるような感じの中で伸びているのだから。なかなかのU−9クラスです。
ところで、U−12クラスでは、ゲームに参加したもののすぐに私の足が動かなくなり・・・プレーはギブアップ。子供同士の方が何倍もいいので、外で見ることにしました。
数週間前、裏がすり減ったシューズを履いていたら、滑って転んだんです。その転び方はイカンな、もう一回あったらイカンぞ、ということで、この前、新しいシューズを買いにいきました。いつも、こういう時は履いたことがあるやつを買うんです。それか、シンプルなデザインのやつ。お店に行くと、シンプルではないのですが、前に履いたことがあるヤツがなんと安売り。25.5もあって、「ラッキー」と購入。一応、その時に試して履いて、ちょっときついと思ったんですけど、前も25.5だったし、「前も最初はきつく感じたんだよな」と思って買いました。
そして、買った後にスクールで履いたら、きつい。おまけに、ここのところ、すごく冷えているじゃないですか。そうしたら、足が冷えて冷えて、途中で感覚がなくなっちゃうんです。こういう時、以前は足を動かしていると途中で復活したんですが、なかなか復活しない。
数日後、「あんなに感覚がなくなるなんて・・・寒すぎ! それにしても馴染まないな、今度は」。前のと同じサイズのはずなのに・・・ということで、一応、前のクツのサイズを見たら、「26cm」・・・バカ、俺!
感覚がなくなったのは冷えではなく、小さすぎて足に血が行かなくなったのでしょう・・・。ある意味、ヒエー!(でしょ?) だから動いても感覚が戻らなかったんですね。
その後、クツを前のもの(スリ減ったやつだけど26cm)に戻したら、ジワーンと感覚が戻ったので間違いないです。もちろん、それにプラスしてここのところの冷えもあるのでしょうが。
そんなことが数日前にあったので、金曜日は足がギブアップしてからはクツを脱いだのです。前の大きなクツはなかったので、裸足のまま(ソックスは履いています)で見てました。きついのを履くより、裸足で寒い方がまだマシだったので。
みなさんも気をつけて下さいね。
子供は成長が早いので、あっと言う間にきつくなるかもしれませんが、無理に履かせちゃダメですよ〜。
でも、大き過ぎもダメですよ。クツがずれちゃうし、走りにくいし、危ないし。
ほどよい大きさがいいんですね。
成長にちょうどいい大きさ。
クツも子供のサッカーも同じですね。

|

« 木ソラボーイズ&ガールズとポコアポコ | トップページ | 月ソラボーイズ »

ほぼ独り言」カテゴリの記事