« うまくいかない | トップページ | 作文?! »

子供らしく

その時に上手にできることや、上手になることが大切なこともたくさんあるでしょうが、それより大切なのは、上手になろうとすることですよね。
また、小さい子は「上手になろう」という部分も「努力する」という形では見せないこともあると思うので、自然に楽しみながら取り組む、遊ぶこと=努力すると捉えてもいいと私は思います。
上手にできないといけないように見えることもあるかもしれませんが、見え方、形はどうであれ、上手にできることよりも大切なことがあると私は思います。上手になる過程で色んなものを身につけるから、上手になった後も上手のままでいられる。いきなり上手になってしまい、過程で必要なものが十分に入っていなければ、途端に崩れてしまうこともあります。
特に子供たちは発達途中なので、その時点で上手にできることよりも大切なことがたくさんあると私は思います。だから、押しつけなくてもいいことがたくさんあるんだろうなと思います。
何かを提供する立場の人や何かを求められる立場の人など、立場や環境によっては、その時にできることが最も大切であることもあるかと思いますが。
それから、子供たちに「これぐらいできないとイカン」と私も言うことがありますが、でも、子供の場合は、その時点で上手にできることよりも大切なことがあると私は思っています。だったら何でそんな言い方をするのかと思われるかもしれませんが・・・奥に込めている思いをより伝えるために、本来の方向に向かわせるために、一見、矛盾することをしなくてはならないことはよくあるので。
その時その時で最も大切なものを見失わずに、子供たちが子供らしく歩いていけますように。子供たちが子供らしく走っていけますように。子供らしく転んで、子供らしく立ち上がることができますように。

|

« うまくいかない | トップページ | 作文?! »

ほぼ独り言」カテゴリの記事