« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年を振り返り

さてさて、いよいよ今年も終わりですね。
今年は特にたくさんのことを学べた一年でした。
たくさんのものを見て、改めてたくさんのことを知りました。
また、仲間の存在をすごく感じた一年、仲間に助けられた一年でした。
もちろん、皆さんにもたくさん支えられて。
確実に一人では踏ん張れなかった一年でした。
そして、こうした仲間、皆さんのお陰で、「冬空」という今年最後のコーチングで子供たちの大きな伸びを感じ、さらに、これからの空間の発展性を感じることもできました。大きな感謝を仲間と皆さんへ。
年間を通じては、[練習メニュー・働きかけ・空間づくり]と[子供たち]との相性がバッチリで、(子供たちを考えての働きかけや用意した環境の中での)子供の素直な反応(成長力・吸収力)をたくさん見ることができた一年でした。本当に「ここを伸ばしたい」「ここが伸びるといい」という部分を、子供たちがすごく吸収しましたね。
動きの変化は明らかで、おそらく皆さんが見ても、客観的に見てもわかると思います。
冬空での子供たちの伸びは素晴らしかったですが、そこにつながったのは、もちろん、それまでの通常時のスクールでの子供たちの成長があったからです。本当に子供たちは普段のスクールでどんどん伸びていきましたからね。
色んなものを、たくさん散りばめたコーチング空間です。こういう成長・変化を見ることができたのは、ものすごく大きな喜びでした。
もちろん、私もソラもまだまだ力をつけていかなくてはならないのですが・・・。
2013年も踏ん張り、進み、感じ、そして、強く、大きくなれるよう、努力したいと思います。
*あまりにも子供たちの吸収力がすごかったので、そして、空間の発展性を感じたので、色々なことを整理し直し、もう年明けのメニューをイメージし始めています。
*2012年も、スクールを月~金までの週5日、どのクラスも一回も休まないで子供たちを見ることができました! これで連続コーチング記録は開校以来7年半更新中! ちなみに豊田も今年は一回も休んでいません。 どうだ、どうだのソラです。
=sola=
サッカースクール・ソラ。千葉市で開校中。四街道、佐倉などからも子供が通っています。
■問い合せ TEL 042-534-3766
■ソラ・HP(PC)→ http://www.sonoyosade.com
■子供・スクール・サッカーのこと http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola
*プロフィールページ、カテゴリー「ソラって」「ソラの紹介」でスクールについて紹介しています。

|

コーチング納め

昨日は臨時のお母さん+お父さんサッカー教室がありました(豊田コーチが担当)。私は昨日はお昼過ぎに行ったので、皆さんにお会いはできませんでしたが、豊田に聞いたところ、なかなかイイ感じでサッカーができたようで、良かったです。
その後、豊田と少しボールを蹴り、終了。
これで、今年のソラとしてのグラウンドでの活動は全て無事に終了。良かった良かった。
最後まで大きなケガ、事故などなく、しかも動きの良さを伴ったままで活動を終えることができました。
いよいよ今日から残りの事務に着手です。
子供たちは宿題をやっている頃かな?
年明けの練習は4日(金)からですが、年末年始も電話はつながりますから、何かありましたらご連絡くださいね。
電話に出れない場合は留守番電話になるので、メッセージを残してください。
*メールもちゃんと見ますので、メールでもOKですよ〜!

|

冬空、終了!

冬空が終了!
やっぱり3日目の出来は超ーGOOOOOODでしたね!
子供たち、すごい。本当に、すごい。
やっていて、見ていて、すごく楽しい練習&ゲームでした。
約束通り、怒りましたけどね~。知ってほしいことがあるだけで、その後に子供たちが成長することもよくわかっている上での「こらー!」ですけどね。
それにしても、どのクラスの子も本当にすごかったですよ。
1日目の様子を見て、2日目、3日目のメニューを少しだけ修正しましたが、どの日も順調にメニューを行うことができました。
私の考えるメニューは、伸びる子供たちにはピッタリのメニューです。が、子供アンテナや子供力が減ってきている場合は、こちらからの手助けが必要だったり、子供自身が楽しめなかったりすることもあるメニューです。
そのメニューを完全にやりきりましたからねぇ。
すごい「子供」。成長の可能性を大きく持つ、まさに「子供たち」でした。
すごく楽しんで、すごく動きが良くなっていきましたからね。
初ソラの子たちの中には、他の子の動きが良くて驚いていた子もいたようですが、そう思える子たちの中にも、ここに来て初めてサッカーをした子もいるし、自然に練習を楽しみながらグングン伸びて来た子もたくさんいますからね、安心してほしいと思います。保護者の方の中にも、周りの子の動きの良さに驚かれる方がたくさんいらっしゃいましたが、子供は適した練習をすれば本当にどんどん吸収しますからね、ご安心下さい。
ただ、どの学年の子も本当に伸びていますね。ずっといる子はもちろんですが、夏休み後から入った子たちもグングン伸びてきていることは確かですね。おそらく、本人たちも感じていることでしょうし、客観的に見てもそれはきっと明らかでしょう。
本当に、お互いに子供らしさを出しながら、子供らしくつながりながら、どんどんお互いを上達させちゃう子がたくさんいて、見ていて楽しいです。
今年の活動を締めくくる冬空を、こんなに楽しく、大きな事故やケガもなく終えることができ、とても嬉しく思います。
皆さん、本当にありがとうございました。
***冬空前からもスクールの空き状況やご体験・ご入会についてご質問を頂いていましたが、今日も多数お問合せを頂きました。今回、お知り合いの方からのご紹介で初めてソラに来てくれた方がたくさんいらっしゃいましたが、ソラらしさはぜーんぶ出しましたから、その上で興味を持って頂いたり、来たいと思って頂けることはすごく嬉しく思います。
新年は1月4日からですからね!
またみんなで楽しい空間、伸びる空間を作っていくことができればと思います。
今日は久しぶりにゆっくり眠れそうです。
皆さん、よいお年を!

|

お母さんのサッカー教室

「お母さんのサッカー教室」担当の豊田です。今年もたくさんの方にご参加頂きましたが、この一年での皆さんの上達ぶりは正直、驚きです。この一年、パスやドリブルなどの基本的な練習と、サッカーと直接は関係のないような遊び形式のメニューしかやっていませんが、ゲームでの皆さんは、自然に良い動きや良いプレーを連発するんです。サッカーに必要な動きや技術は(練習することももちろん大切ですが)、サッカーを自然な範囲で楽しんでやっていれば、また、遊びなどを通して身のこなしが良くなれば、どんどん身に付き、磨かれていくものなんだと実感した一年でもありました。今年一年、参加して下さった皆さん、本当にありがとうございました。さてさて、また来年が楽しみです。*** 1月は下記の日程で行う予定です。ご都合の良い日がある方はぜひ遊びに来て下さい。毎回、参加された皆さんで和気あいあいと、おしゃべりしながら、笑いながら、楽しくやっていますので、初参加の方、初心者の方もご安心を。皆さんで一緒に楽しい時間を過ごしましょう! =お母さんのサッカー教室= ■日程 1/11(金),17(木),24(木),29(火) ■時間 AM10:50~12:00 ※10:50~11:00はコートの外でストレッチ等を行います。 ■参加費¥630 ※当日、現金でお支払い下さい(初参加の方は無料です)。 ■参加申込参加希望日の4日前までにお申込み下さい。 ●TEL: 042-534-3766 (ソラ事務所) ※お申込みが極端に少ない場合は中止となることもあります。 ※日程は申込み状況や諸事情により変更となる場合もありますので、参加をご希望の場合は日程をご確認の上お申込み下さい。 ■その他・運動のできる服装でご参加下さい。・飲み物、タオル等をご用意下さい。・スポーツ保険等に加入はしませんので、ケガをされた場合、現場での応急処置はいたしますが、その後の処置は各自でお願いいたします。

|

冬空初日、無事に終了!

コンタクトのノリが悪く、途中で目が痛くて痛くて仕方なかったですけど、あとはGOOD。
初ソラだった子、どうだったかな? ソラは。
緊張している子もいましたが、よく頑張っていましたね。失敗をすごく気にする子もいましたが、失敗なんてなんのその、なのです。子供たちは育てばいいのです。
明日は私もたくさん失敗を見せてあげよう・・・なんて思わなくても、素で失敗をするのです、私は。見本や説明を失敗しないのが私の仕事ではなく、伸ばすのが私のすべきことなので、明日もじゃんじゃん行きますよ。もちろん、準備はぬかりなくしますけどね。コーチングは生モノなので、失敗やら何やら・・・色んなことがあるのです。
毎ソラの子も頑張っていましたね。でも、慣れているからといって、話を聞かず、見るべきものも見ないで、ただ自分の好きなタイミングで好きなことだけ言ってきてもダメなのです。話を聞いて流れを理解していれば、見本を見ていれば生まれない問いに対しては、悪いけど、そっけなく答えておきました。説明を聞いた上で、見た上で生まれて当然の問いにはちゃんと答えますけどね。ソラの空間は成長できる空間にすべし、なのです。
さて、明日はどうなる?

|

時の流れを感じつつ

もう一つのブログ、通信の「おまけ」を集めている方(子供・スクール・サッカーのこと)を自分で久しぶりに見てみようと思い、クリック。そこに表示されているバックナンバーの年月は一番古いもので2012年2月だったので、「バックナンバー」というところをクリック。
すると、バックナンバーの一番下の行が「2010年1月」となっているので、そこをクリック。ちょっとだけソラのことが書いてあるページしか出てこないので、「2010年9月≫」というところをクリックしたら・・・ダーッと一気に出てきました。
そうです、途中でこのブログに移したので、こんな感じになってしまったのですが・・・。
通信No.13~100のものがバックナンバーの「2010年9月」に詰まっています。
「2010年10月≫」からは普通の件数(1~4題くらいかな?)になっています。
あ、「見て!」という意味ではありません(本当に)。ただ、昔々の通信のおまけ内容は、今も通じる部分があり、ものすごーくやることがなくて困った時には読んでもらってもいいかもしれません。でも、本当に、読んでほしいということではありません。ちゃんと読もうとしたら気が遠くなる話です。自分でただ、「もっと前のって、どうやって見れるんだっけ」と思ってやったら、「こうなってたんだ」と思ったので、ここに書いただけです、はい。
・・・ちなみに、通信No.13は2004年末ぐらいのものです。今は2012年の年末。8年前かぁ・・・。ソラになる前の活動も含めると千葉でのスクールは2002年からなので10年間を超えました。
来年は2013年か。どんな年になるのか・・・。
その前に2012年の活動を締めくくる「冬空」を成功させないといけませんが。
さて、明日からの冬空。どうやら天気の方は心配なさそうです。良かった。
素敵な三日間になりますように!
冬空で会わない皆さん、子供たちと素敵なイヴ&クリスマスを。
=sola=
サッカースクール・ソラ。千葉市で開校中。四街道、佐倉などからも子供が通っています。
■問い合せ TEL 042-534-3766
■ソラ・HP(PC)→ http://www.sonoyosade.com
■子供・スクール・サッカーのこと http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola
*プロフィールページ、カテゴリー「ソラって」「ソラの紹介」でスクールについて紹介しています。

|

金曜日コースも無事に終了

U-9クラスではちょっと気になることがありますが、それはまた様子を見て行きます。動きはとても良くなっていますからね。
今日も面白いことはたくさんありましたが、最後のスクールで特に面白かったのは・・・2年生の子が私を結構マジに蹴って来たことですかね。ボールの取り合いからスタートしたのですが、野郎、足を蹴って来ました。だからその後、「イカンだろっ」と足を攻撃したら、それがまた腹が立ったらしく、足をめちゃくちゃに動かしてきまして・・・結構、面白かったですよ。外から見たら、二人で何をやっているのかと思うでしょうが・・・あれはあれで、二人で楽しんでいます。それにしても、野郎・・・こっちのことを蹴る時に、自分の足が痛くならないような蹴り方を。知恵をつけていますね、感心。えー・・・あれだけコーチをバシバシ蹴る子を見ると、礼儀知らずのように見えるかもしれませんが、完全に二人で楽しんでいるので(遊びです)、多少「この野郎」と思うことはあってもオールオッケーなのです。ちなみに私は全く腹が立っていませんので「この野郎」とは思っていません。相手の子は多少思ったでしょうね。蹴りがどんどん強くなってきましたから。でも、昔とは違って、子供同士であんな感じのことが毎日できることはないでしょうからね、いいんじゃないでしょうか、私にぶつけてくるくらいは。
U-12クラスはやっぱり「さすが」と思う終わり方。動きがいいですね、みんな。
私が思っていることを子供たちに話しましたが、あれは全部本当のことです。
さて・・・これで通常スクールは全クラス大きなケガも事故もなく終了。
なによりです。
いよいよ冬空に、100%で突入です。
皆さん、二学期の間も色々とありがとうございました。
*今日もソラ・リーグ5・6年生大会のお申し込みがきました。他に、参加したいけどスケジュール的にどうにもならないという子がいましたが、とにかく楽しそうです、5・6年生ソラ・リーグ。

|

5・6年生ソラ・リーグと木曜日コース最終日

昨日もお申し込みが来ましたが、5・6年生大会、面白くなりそうですよ。
本当に、どんな風になるのだろう?!
ちなみに、3年生大会は「いい感じ」になり、最終週まで結果がわかりません。あの楽しみ方、すごくいいと思います。
そういえば、数日前、参加するかどうかで悩んでいる子がいましたが、来た方がいいのにと思いつつ(だって、楽しいに決まってるでしょ)、「来い」なんて言いません。子供はその時の雰囲気に流されてしまったり、大人に褒められたりすると嬉しかったりもするので、悩んでいる場合でも、声をかけるとグラッと傾くことがあるかと思いますが、こういうものの参加については、そうやって子供に直接働きかけるようなことはしないので。親御さんが参加させたいと思っている場合で、子供だけが悩んでいる場合は別ですが、子供に直接言うことはしません。
内容的には、こちから案内するものはどんなものでも、子供たちに大切なことしか考えていません。とにかくこの頭で(←ごめんなさい)考えられる範囲のものは全て考えて、詰めて、案内をします。だから、「来た方がいい」と言うのも悪いことだとは思わないのですが、スケジュールの調整ができないこともあるでしょうから、子供が行きたいと言いだしてお家の方が困るのも嫌だし。
もしかしたら、お家でどうしようかと相談していて「コーチに聞いてみたら」となっている場合でも、お家でそのような話になっているということを私が知らない場合は熱心に誘ったり、本当の意味を話したりすることはないので・・・すみません。
ところで・・・
昨日はU-6、U-9、U-12で子供たちがいつものように成長の様子を見せてくれましたね。
U-6の子は自分に相応しい大きさで好きな気持ちを少しずつ強くしているので、動きもそれに合わせて発達しています。好きになれば勝ちたいし、それで体が動くし、だけど、サッカーをして遊んでいる感じで、あんな感じでいいと思います。遊びだから楽しく、ムキになり、ベストです。
U-9の子も、木曜日らしく、Wa-! Gya-! でしたけど、すごく成長していることは明らか。個人としても、グループとしても、空間としても。
私の話は聞かぬ子供たちが、誰かがみんなの前で一生懸命話そうとしている時には聞こうとしているのが、すごく嬉しいです。それと、私の話を一生懸命聞いていても、子供の大きさの理解や子供に理解できる範囲しか入って行かないところも、いいですね、子供です。
U-12の子は・・・ヤバい・・・あんなにすごくなっているとは・・・みんな、本当にすごく上達、成長しましたね。自分の努力した分は必ず上達させたいと思っています。そうじゃないと自分や友達に力があることを実感できませんから。それから、子供の大きさで楽しんでいる子は必ず伸びるような練習にもしています。ふざけているつもりでも、ただ友達と楽しくしているつもりでも、絶対に身についちゃうように。
そういう部分がゲームでの動きに溢れていて、すごい動きをみんなしていましたね。驚きの木曜日でした。
さて、今日は通常スクール「金曜日」の最終日。どうなるかな?
=sola=
サッカースクール・ソラ。千葉市で開校中。四街道、佐倉などからも子供が通っています。
■問い合せ TEL 042-534-3766
■ソラ・HP(PC)→ http://www.sonoyosade.com
■子供・スクール・サッカーのこと http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola
*プロフィールページ、カテゴリー「ソラって」「ソラの紹介」でスクールについて紹介しています。

|

前に進みまくる子供たち

今日(水)のU-9クラス。まず普通ではやらない形のゲームをさせましたが、あれを普通にできた時点で、あの子たちの動きは「かなりいい」ということです。
見学されている方にも、私が子供たちに言った注意事項がもしかしたら聞こえたかもしれませんが(聞こえたら不安になるかもしれませんが)、ちゃんと色々なことを(子供たちには話していませんが)最初から考えてやっていますから大丈夫なのです。子供たちへの説明は子供たちに言える部分しか言わないのでわかりにくいかもしれませんが(子供たちに話しちゃうとせっかくの設定が無駄になったり、動きに不自然さが出て逆に危険になったりすることもあるので)、安全面のケアはちゃんとやっています。
うっかりすると子供たちがつまずくコーンを置いてやりましたが、素材・大きさも考えてありますし、「万が一」というようなことが起きないように、つまずいた場合に子供たちがちゃんと適した動きをできるようにはメニュー上で準備させてもいます。それ以前にそういうことも起きないという確信があるのは当然ですが。開校以来、ここまで何年もの間、大きな事故・ケガなくやってきたスクールですから。
これまでの水曜日の低学年の子の様子から、まず今日の設定で転倒が起きることはないんです。
相手のボールを取る時に、後ろに下がりながら取るようなこと、誰もしませんから。これがうっかり守備の仕方を教わっていたらそうはいかないでしょうが(守備の仕方はまだ後で十分。まずはボールを奪いたい、触りたいから足をじゃんじゃん出してOK)、チームに入っていない子を見てもわかる通り、とにかく動きが積極的なんです。だから、あの設定で後ろにあるコーンにつまずくことはないんです。抜かれたあとに、後ろに戻る時だって、ちゃんとターンして追うので、視界にコーンが入りますからね。しかも、そういう普段の動きを見た上でも、念には念をということでウォームアップで、後ろに下がりながらの動きが出ないようにももっていっていますから。何気なく練習をさせていますけど・・・ちゃんと考えてやっていますし、子供たちもその上に乗っていましたからね。
そうじゃなきゃ、あれだけのコーンを置いてやらないし、実際にあれだけの時間やって、背後のコーンにつまずいての転倒が一回もないなんてこと、あるわけないのです。
でもって、本当にそういう転倒がゼロなんですから。
子供たちは身につけるべき動きを身につけ、ボールへのチャレンジする気持ちの部分もすごく良い状態で頑張っています。すごく成長していますね。
すぐそばで見学されている保護者の方も多くいたので、本当は練習後に、いかに子供たちがとんでもなくすごいことを当たり前のようにやっているのかということをご説明しようかと思っていたのですが、練習時間の関係でそれができなかったので・・・かわりにここで説明させて頂きました。すごいですよ、子供たち。この説明を読めばきっとわかってもらえるでしょう。
それから、今日のような設定でのゲームは、他の場ではやらない方がいい設定ですからね、念のため。相当のものが揃っていないとできないです。
私は普段の子供の様子を見た上で、今の子供の状況をよく考えた上で、今、子供たちが身につけているものと身につけるべきものをしっかりと最後の練習で強めに体に入れるために、(準備をした上で)やっただけです。
それに、今日は冬空のメニューを6~8テーマ、通常スクールのメニュー、親子教室のテーマなど、たくさんのことを同時に考えていたのですが(じゃないと決定できない部分もあるので=冬空メニュー完成までもう少し!)、今日については、各クラス・コースでやりたいことを行えるセットを考えると、なぜか共通点があったり、セットの流れがスムーズなこともあり・・・わかりにくい話ばかりですね、すみません、やめますやめます。
とにかく子供たちが良かったということで。
高学年の様子もトヨタコーチに確認したところ、すっごく良かったそうですよ!

|

カンだらけ

考・感・汗・勘・歓・・・あ、寒も・・・カンがたくさんですね。
この時期は普段よりも考えることが色々ありますね。皆さんもそうですよね、きっと。生活リズムが崩れちゃう方もいるかもしれませんが、朝夕の気温変化には気をつけて下さいね。急激な運動にも注意ですよ~。朝、「エイッ」なんてガバッと飛び起きるのもやめておきましょう。
さて、昨日、冬空の3・4年生コースのメニューが完成しました! ふ~。一番最初に参加者が確定していたクラスで色々なイメージを早くから持つことができていたので良かったです。
1・2年生クラスも5・6年生クラスもまとめまーす。
1・2年生クラスは予想以上に多くの子がくるので定員ギリギリ。どんな要素を取り込むか、子供たちの様子を見たり、予想しながら考えてきましたが、思った以上の人数なので取り上げたい要素も多くなり・・・でも多すぎても消化できないし・・・これからキッチリまとめ上げます。
5・6年生クラスは毎年、定員に達するかギリギリになるのですが、今年はみんな忙しいのか例年より少なめですね。ですが、これまで毎年参加してきて、いよいよ最後となる今年の冬空をすごく楽しみにしているという6年生の子たちからは申込受付開始直後に連絡が来て・・・思いの伝わってくるクラス。そういう6年生の気持ちに応えられる内容にしたいと思います。こちらもキッチリまとめ上げます!
・・・とまあ、色々頭の中がぐるりんぐるりんしていますが・・・昨日は「ウキャー」の手紙が。親御さんから、子供が手紙(今回のマーカーなどもそうですが)をもらった時などにすごく嬉しそうにしているということを教えて頂くことがあります。それは嬉しいです、すごく。でも、私達もそうです、子供たちからの手紙はもう、「ウキャー」です。疲れも吹っ飛ぶわい! です。不思議な力があるもんですね、子供たちには。
U-6、U-9、U-12と昨日もスクールをやり、最後のU-12では、「もっとピリッとせんかい、6年生」という部分もあり、ゲームに最後は入り、結構クタクタになり・・・もう、何、この体! でもまあ、やらないとなと思うこともありまして。ただ、最後の方は、そう、あんなゲームでいいと私は思います、はい。
それにしても、子供たちのゲームは、力を出している時はすごく速い。子供たちは瞬間瞬間の動きがどんどん発達していく年代でしょう。ですから、ゲームもそういう瞬間の連続なんですよ。鬼ごっこの鬼がいつも目の前にいるみたい。すごく広がってやったり、ある程度ポジションや役割を決めて行えば、ある程度早く・速くも見え、みんながうまく見えるようなゲームにもなるのでしょうが、その前の子供のサッカー。なんだかんだで子供の彼らが好きなことをやろうとすれば、今、十分にサッカーの楽しさを感じている子は体も心も自然にそういう動きを求めるのでしょう。「広がって、役割分担」というより、取りにくる取りに来る。そして、取りに行けば取った後はすぐ目の前にもその先にも相手DFだらけという、サッカーを楽しもうとすればするほど、プレーは簡単にできないサッカー。でも、伸び伸びはしていて、彼らの体に合った部分がどんどん発達していくサッカー。今のうちにどんどんやってほしいし、(自分でも気づかぬうちに)忘れかけている子がいたら、思い出してほしいサッカーです。まあ、私はもう素早さ勝負じゃ子供たちには勝てないですけどね、べつにそういうところのプライドはないわけです。コーチが失敗したら、一般的には格好悪いのかもしれませんが、そんなのどうでもいいんです。コーチとしてのプライドを持つところじゃない。外にどう見えるかとかではないんです。その空間がどうなっているか、彼らが伸びる空間になっているか、そういう場にできているか、なのです。あのガシャガシャ感は、ドラゴンボールやジャッキー・チェンの映画のような速さがあり、今しか伸びない部分を伸ばすサッカーになっているわけです。常にそういう場面ばかりというわけではありませんが、子供たちが力を出している時はそういうサッカーをしています。だから、それができていないともったいなさすぎて。きれいにやるとか上手にやるとかではなく、一瞬一瞬で成長するサッカーをしているかどうか。そこです、今、大切なことは。その方が心にも体にも子供に適したものが入っていきますから。ちなみに、そういう力があるのに子供たちがその力を出そうとしない時は・・・カンカンでーす。
昨日はそんなことも考えつつ、手紙や子供たちの様子や・・・色々と考えながら、また、足がつらないように気をつけながら(重要)帰り、反省・改善部分についても結構考えたりなんかして・・・色々と考えて帰ったわけですが・・・子供を誉めることができる現場にいるなんて、すごく幸せだなと思いました。思いきり誉めていいんですもん、幸せでしょう。
と言いながら、そんなに誉めないんですけどね。昨日もすごく「注意&怒」したし。それに、不自然な誉め方もしないし、誉めると言うより、子供たちを見ていて、自然に生まれる言葉しか言えないし、だからたくさん「注意&怒」だし。
ただ、誉めていいなんて、すごく幸せなことじゃないですか。そう思いました、はい。

=sola=
サッカースクール・ソラ。千葉市で開校中。四街道、佐倉などからも子供が通っています。
■問い合せ TEL 042-534-3766
■ソラ・HP(PC)→ http://www.sonoyosade.com
■子供・スクール・サッカーのこと http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola
*プロフィールページ、カテゴリー「ソラって」「ソラの紹介」でスクールについて紹介しています。

|

ソラ・リーグ

昔の青春ドラマの1シーンみたいな、男同士殴り合って、最後に笑い合っちゃうみたいな・・・ああいうのは、理屈じゃないんですよね、きっと。
今日は3年生のソラ・リーグの日。
子供同士のソラ・リーグ、それに似た感じがあるのが面白い。
「あ、今、すごくムキになってる」「あれは怒ってるぞ」からの「アハハ」「ククク」。
本当にいいなぁ。
休憩中の「遊び」でもすごくムキになって遊んでいますが、ゲームでも同じ感じのムキになり方で。ムキになる度合い、なり方がベストのように思います。
今日はゴールの大きさやコートの大きさを途中で少し変化させつつやりましたが、子供たちの自然な発達も見ることができて、すごくいいですね。
「遊び」ですからね、本当に子供たちは頭を使っていますよ。
知恵勝負。思いつき勝負。心と体で発想勝負。
最高でした。
みんな、めちゃくちゃ楽しんでいますね。
年明けは5・6年生のソラ・リーグ。
申し込み受付中です!
すごく楽しくなりそうですよ~

=sola=
サッカースクール・ソラ。千葉市で開校中。四街道、佐倉などからも子供が通っています。
■問い合せ TEL 042-534-3766
■ソラ・HP(PC)→ http://www.sonoyosade.com
■子供・スクール・サッカーのこと http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola
*プロフィールページ、カテゴリー「ソラって」「ソラの紹介」でスクールについて紹介しています。

|

冬空へ

スクールは21日で第2学期が終了となります。
いよいよ、ウィンタースクール「冬空」が近づいてきました。先週、全クラスのテーマはまとめたので、昨日からいよいよフンガフンガと具体的なメニュー作成に入っています。頭には色々と浮かぶのですが、最後までイメージしてからメニューを最終決定するので、ちょっと時間がかかるのです。そして、時間がかかっている割には結局シンプルなメニューになったりしていますが・・・。頭の中で、色んなメニューを二周りくらいして落ち着いたメニューになっています。フンガフンガなのです。
そんな今日も、昨年の冬空に参加してくれた方からお申し込みを頂きましたが、空いていないクラスで・・・申し訳ありませんでした。昨年参加した際にすごく楽しんでくれたようで、以来、ソラに行きたいとずっと言ってくれているみたいです。尚更、申し訳なく・・・すみません。
練習メニューは、おそらく手を抜いて作った場合でも、心を込めて作ったものとの差を(外から見ていて)はっきりと気づかれれることはないと思います。何年もスクールをやっていますから、たぶん、あまり本気にならなくても適当なメニューは作れます(もちろん、手を抜いて作ったことも適当に作ったこともないですよ)。逆に長くスクールをやったり、子供たちを見ている分、メニューに込めたいものが多くなり、メニューを作るのが大変になっている気もします。外から見てあまり差のないものでも、こだわらずにはいられない性分です。外からの評価とかではなく、中のこと、勝手にこちらでこだわっている部分なのですが、だからこそ、その空間にいる子がそういうメニューを行う中で中身を感じてくれるのはすごく嬉しいです。
スクール中もメニュー作り同様、こだわっていますから。ただ来て欲しいから誉めるようなことは一切しないし、その子にとって必要だと思うことしか言いませんから。それに、大切な子ばかりなので、初めて来た子やすごく楽しみにして来た子がいる時でも、全体のことを考えたら注意が必要だなと思えば、誉めるどころか“怒怒怒注意”をすることもありますからね。誉めることも怒ることも必要ないと感じれば、ただ空気のように見守り、存在感ゼロのこともありますし・・・バカみたいですが・・・こうしたスクールなので、その中の子たちの「行きたい」は嬉しいし、そういう子たちにはやっぱりまっすぐ向かうべきだと思うのです。
皆さんからのお声をよく頂きます。素直にそれを信じれば、今来ている子たちはソラをすごく楽しんでくれていて、それがどれだけ嬉しく、励みになっているか、わかりません。実はソラ入りが念願だったことを聞くことも少なくありません。
バタバタしていますが・・・そういう子供たちに応えられるように・・・最終週までケガのないように(今年もこれまでにスクール中の大きな事故・ケガはナシです)、冬休みのスクールが楽しいものになるように、フンガッと頑張りたいと思います。
*約束をした高校1年生の諸君へ(たまにブログを見ている子もいるようなので)
もうすぐだよ、待っていたまえ。本当にバタバタなんだから。用意はできたけど、また時間がたっちゃったらごめんなさい。

=sola=
サッカースクール・ソラ。千葉市で開校中。四街道、佐倉などからも子供が通っています。
■問い合せ TEL 042-534-3766
■ソラ・HP(PC)→ http://www.sonoyosade.com
■子供・スクール・サッカーのこと http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola
*プロフィールページ、カテゴリー「ソラって」「ソラの紹介」でスクールについて紹介しています。

|

回復力②

火曜日のこと。
またU-12クラスのことですみません。ちょうど回復力を見せていたもので。U-9クラスとU-6クラスは、もう、面白すぎて面白すぎて・・・子供たちの様子を見て、いつも爆笑してしまいます。
さて、U-12クラスの火曜日。
練習開始時に、「月曜日の高学年の練習は全然ダメだったぞ」から話が始まりました。他の曜日がダメだったというなんて・・・ピリッとさせるため?!・・・いやいやそうではありません。「月曜日は普段、あんなに崩れることはないんだ。昨日は他の曜日のヤツが振り替えで来ていて、そいつらが雰囲気を崩したんだ!」と続けました。振り替えで来た子たちのせいだなんて・・・「その子たちの立場は?!」と思うでしょう・・・いやいや。
その「そいつらが雰囲気を崩したんだ」と言い始めた時には「誰だ?」「そいつらは誰だ?!」という声が聞こえ・・・お、犯人探しか?・・・ところがどっこい、声の主(たち)こそ、月曜日の練習を崩した張本人(たち)なのです。
そうだ、お前らだー!
反省していないようですが・・・反省はしているはずです。こういう時に「僕のことだ・・・」と恥ずかしくて下を向いちゃってもいいでしょう。ちょっとキツくても「僕のことだ。ちゃんと聞こう」と話す人の顔を見れれば、それもすごいことです。そして、「それは俺だ」と言えるのもいいでしょう。
ここの子たちは、みんなが失敗を繰り返していることを知っています。失敗をする子が悪いヤツなのでもなく、あたり前の自分たちなのだということも知っています。そして、失敗をした子たちが、どんどん成長していくことも知っています。
だから、こういう、自分たちの悪いことを話している時でも、自分だとわかった上で、黙っておけばまわりの子にはわからないのに、「それは誰だ?!」と言う子がいます。内容にもよりますが、その吸収の仕方でもいい内容でしたし。
さて、そうして前日に厳しく注意され、翌日の練習開始時に元気な反省ぶりを見せた子たちですが・・・ほんとだ、ちゃんと反省している。
前日に注意された部分だけでなく、これまでに注意されたことも改善しようとしている。すご~い。努力していることがわかります。
見事な回復力で~す。これがお前らの力だからな、覚えておけ。
ところで、「他の曜日の子に迷惑をかける」とか「迷惑をかけられる」とか書いていますが、そうです、(ソラの場では)気にすることなどではないので、こうして書いています。ソラにおいては、みんな、そういう部分を出しあうことで成長しているので。現場で必要な注意はしますからね。
みんな、迷惑をかける側にもかけられる側にもなります。大切なのは、回復力です。
失敗しないことよりも、自分にも友達にも回復力があることを知ってほしいと思います。

=sola=
サッカースクール・ソラ。千葉市で開校中。四街道、佐倉などからも子供が通っています。
■問い合せ TEL 042-534-3766
■ソラ・HP(PC)→ http://www.sonoyosade.com
■子供・スクール・サッカーのこと http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola
*プロフィールページ、カテゴリー「ソラって」「ソラの紹介」でスクールについて紹介しています。

|

回復力①

久しぶりの更新のような気がします。最近、日にちの感覚が・・・。
あ、そうそう、今お配り中のもの・・・受け取った子供の様子などを教えていただき、またコメント等もいただき、どうもどうもです。エヘヘです。目の前では「おふざけ万歳」「お調子者」「ひねくれボーイ」「シャイボーイ&ガール」「生意気盛り」の子の、お家でのかわいい様子が伝わってきます。どうもです。
12月ですね。目の前の仕事をオワーッと秒殺・・・するほどの腕はなく、普通にため込んでしまう私です。でもちゃんとウリャウリャとやっています。
あ、ソラ・リーグの5・6年生大会、面白くなりそうです。ウォー、楽しみ、です。
ところで、昨日のU-12クラス、ナイスなコンビ誕生。
ここでしか会わない二人。そりゃ、練習中にお互いのことを誤解することもあるでしょう。普段、別々の場でそれぞれが「あたり前」だと思っていることは、それぞれの場での「あたり前」。子供たちの接し方、遊び方、普段の仲間はそれぞれ違うので、「あたり前」もそれぞれです。
そのそれぞれの「あたり前」を、いつもの仲間といる時のように出したら、ちょっと誤解されちゃうこともあります。また、「あたり前」のことを変わったことのように誤解してしまうこともあります。
そういうことをたくさん出して、自分たちの世界を広げてほしいと思います。生のつながりの中で、色んなことを感じながら、吸収していってほしいと思います。
昨日、ナイスなコンビプレーをたくさん見せた二人は、先週は、一人の子がもう一人の子のあたり前の行動に対して、「えっ・・・」と思うことがありました。顔では照れ笑いをしていましたが、その子のあたり前をマイナス的に捉えたようでした。確かに、そう取られてもおかしくない「あたり前」ではありました。なので、双方が、自分の「あたり前」について、少し広げる必要がありました。先週、ちょっとだけ話しましたが、それがあっての今週で、特に何も指示を出していないのに、これまた「あたり前」のようにコンビプレーを決めていました。それぞれが、自分のあたり前を使いつつ、一緒にやるコンビプレー。「お前とは気が合わない。やーだね」ではなく、あたり前のようにボールを呼ぶ子と、それに合わせてパスを出そうとする子。合格ー!
ちなみに、今回の件は「二週もの」のようですが、そうではなく、11月のゲーム中に一回、すでに「えっ」があったのです。一人の子は気づいていませんでしたが、あったんです。その時は、さほど大きくない「えっ」で、ゲームで一緒にプレーする中で、小さな「えっ」で止まっていたのですが、その後の先週の一声で、大きな「えっ」になってしまっていたのでした。そこから始まっての、昨日のコンビプレー成功なんです。
何ともないプレーのようで、実は意味あり。二週ものではなく、実は一カ月もの。
どれぐらい意味があったのか、それは子供の大きさで受け止めてくれればいいんですけどね。「えっ」と感じた側だった子は、帰る前に、「最強のコンビだろ。まあ、この俺だからな!」と、とても嬉しそうに話して帰りました。この大きさでいいし、数週間前の「えっ」という表情がこういう表情に変化したら、それだけで嬉しいですよね。
チーム分けは、豊田にしてもらいましたが、これまでのことを考えて同じチームにしたのか、それとも偶然なのか、確認はしていません。他にも色んな要素があるので、色んなことを考えてチーム分けをする、全てを含めてチーム分けをするのは難しいのですが、いいチーム分けをしてくれました。ただ、力のあるコーチなので、これまでの流れを覚えていて、考えて同じチームにした可能性もありますし、彼自身の力がとてもついているので、当然のレベルで無意識に同じチームにしたことも考えられますが。豊田をほめても仕方ないので・・・
子供たちのこの回復力。いいですね。

=sola=
サッカースクール・ソラ。千葉市で開校中。四街道、佐倉などからも子供が通っています。
■問い合せ TEL 042-534-3766
■ソラ・HP(PC)→ http://www.sonoyosade.com
■子供・スクール・サッカーのこと http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola
*プロフィールページ、カテゴリー「ソラって」「ソラの紹介」でスクールについて紹介しています。

|

ソラ・リーグ 第二週め

昨日のソラ・リーグ3年生大会。あんな感じでいいんです。先週、「悔しい・楽しい」をそれぞれの大きさで持ち帰って、その翌週となる昨日。
あれでいいんです。
本当はまったく口を挟む気はなかったのですが、昨日は、「子供たちだけでは気づかないかもしれないこと、だけど、それは気づかないといけないよ」ということは話しました。サッカーとは直接関係のないことです。
それから、やむを得ず、少しサッカーに関係のあることを一つ。普段、きっちりとしたルールがあり、審判が判定する試合を多くしすぎると、自分たちが気づくべきことを気づく機会が少なくなることもあります。
本当は放っておいてあげても良かったのですが、そのサッカーとは直接関係のないこととも関連があり、話を聞いている子の雰囲気から、そこまで触れないとダメだなということで話しました。
目の前にいる相手のことをもっと見ないと遊べない、これが本来なら遊びの時の(子供が成長する)絶対条件。最近は崩れつつありますが。でも、それを理解できそうにない雰囲気もあったので、サッカーに関連する部分でも話す必要がでてきてしまいました。ちょうど、そういう話をできる、説明できる現象を子供たちが表してもいたので。
ルールとか戦い方を表面的に覚えるよりも、もっと大事なことはこういう子供のサッカーの中に、当然のように溢れているんです。
そんなこともあった昨日のソラ・リーグですが、ソラ・リーグは、何だかんだで子供たちにとっては「試合」。「遊び」という「試合」、「試合」という「遊び」。ムキになるし、楽しみます。当然、「つまらない」思いもします。何にも守られていない、自分の心と体だけで、サッカーの試合をして遊ぶ場です。
昨日のゲーム。あれはあれで、また良かったと思いますよ。話はしましたが、子供の大きさでしか受け取っていないはずですし。その後の様子を見てもそれはおそらく間違いないので。
嬉しさ、楽しさ、悔しさ、つまらなさ、昨日も子供の大きさで持ち帰ったと思うので、また来週がすごく楽しみです。
結構な成長していますよ〜!

|

木曜日高学年に一名空きが

木曜日コースのU-12クラスに空きが1名でました。
ところで、子供のプレーのことなどでご相談を頂いた時に、色々とお話をさせて頂くことがあるのですが、動きの原因になる要素が色々とあることもあるので、話せる範囲ではお話しをさせて頂いていますが、いつも説明が長くなりすぎ・・・すみません。
予想される部分については話すこともありますし、そういう部分に触れるとかえってわかりにくくなる時には触れないようにしています。すべてをお話しできないこともあるのですが、すみません・・・。また、皆さんのお時間をあまりとってもいけないしと・・・色々と考えてしまい、必要な限度にとどめることもありまして。
わかりにくかったらすみません。
ただ、論より証拠。とはいえ、論も大事ですけどね。ちゃんと現場で見ていきますからね!
話せる時にはちゃんとお話しをさせて頂きますのでご安心ください。
*ご質問などはお気軽にどうぞ。

|

金曜日の様子を少し

子供たちのことで書きたいことがありましたが、それは載せるのをやめておきます。文章は作りましたが、載せないでおきます。
ということで、違う話を。
昨日のU-12クラス、ケガをしている子が来ました。
自転車か何かでケガをしたみたいですが・・・。
お医者さんからは、サッカーを全面禁止されているわけではないようで、本人も練習に来たいということ。ご相談頂いた上で、来てもらうことにしました。本人は「見学だけでもいい」ということのようで。それでも、保護者の方は、他の子に迷惑をかけないかと心配されていましたが、色んなことを考えて、まずは来てもらいました。
あ、無理は絶対にダメですよ。それから、「見学だけでも」と言われても、「来ない方がいい」と話すこともあります。寒さで風邪をひいてもいけないし、友達の様子を見てサッカーをやりたくなってもいけないし。小学生の練習なので、様々なプラス・マイナスを考えれば、ケガをしているのに無理に練習にくる必要はないですから。置かれた状況とか性格とかケガの様子とか・・・色々と考えた上で決めますが、まず、見学だけで来させることは私はしません。
ただ、今回はこの子のこれまでのスクールでの様子、他の子の様子を考えた上で、みんなにとってマイナスはなく、良いことの方が多いので来てもらいました。
部分的に、みんなと分かれて練習をさせたりもしましたが、結局、ほとんどの時間を見学で過ごさせました。
練習(見学)後、感想を聞いてみました。さすがに私たちに直接「つまらなかった」とは言えないと思うので(言い放ちそうな子がたくさんいますが・・・)、後で、保護者の方に、子供が何と言っていたのかを聞いてみました。すると、楽しかったようで。友達との会話や友達が声をかけてきてくれたことが楽しく、嬉しかったようです。保護者の方は周りの友達にとても感謝をしていましたが、その友達との関係は、この子が今までに築いたものですからね。良かったですね、たくさんの子に関わりを持とうとしてきて。これまでに、たくさん声をかけていたしね。同じ学校の子がいなくてもここに来たいと思う、そういう関係をここでたくさん作りなよ、子供たち。
せっかくここに来ているんだから、ここでの友達との時間を大切に。

=sola=
サッカースクール・ソラ。千葉市で開校中。四街道、佐倉などからも子供が通っています。
■問い合せ TEL 042-534-3766
■ソラ・HP(PC)→ http://www.sonoyosade.com
■子供・スクール・サッカーのこと http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola
*プロフィールページ、カテゴリー「ソラって」「ソラの紹介」でスクールについて紹介しています。

|

今日のスクール

ジャーン、本日、電車移動につき、この時間に更新。
冬空のお申し込み状況、いい感じになってきました。定員は設けていますが、それは、指導の質を確保できるMAXの受け入れ枠なので、そこに届かなくてもいい感じで練習はできるのです。楽しみにしている子が多いので、スケジュール面などで都合がつかずに参加できない子もいるとは思いますが、来たい子は来れるようにと、できるだけ受け入れられるように定員は設定しています。今回は6学年を3クラスに分けていますが、もし2クラスだと、2クラスともすでに定員になっている参加人数です。3クラスにしておいて、良かったです。ただ多く受け入れるだけなら、定員をもっと多くするのですが、それでは、いつもの質を保てません。質を信頼して頂いて子供を預けて頂いているスクールなので、それはできないし、したくないのです(
キャンセル待ちになっている方には申し訳なく思っています)。
さて、冬空モードですが・・・その前に、普段のスクールのことも十分考えていまーす。
実は今、またふざけたこと(=私たちにとっては結構マジメ)をたくらんでおります・・・。さてさてさて・・・受け入れられるかどうかは・・・「?」ですが・・・みんなにとって良い形は? と考えた上でのことでして。
考えると止まらない性格なもので。どうかお許しを。
ところで今日のスクールは・・・
U−6はいつも通り、ほのぼの×おちゃらけ×ムキで、まあ驚くようなことを平気でやっています。ゲームを見ているとすごく面白いですね。色んなことの元・素がごろごろ。
自由な中で放つたった一言から、「え、この子、こういう部分の発達が早いのかな?」という材料をもらうこともあります。今日もそんな一言がありました。何気ない一言ですけど、「え?!」です。ただ、それだけで判断はしません。一つのことから決めつけてああだこうだと考えてしまっては、見誤ることも多いので。あくまで、判断材料に。他のことと照らし合わせて、芯・真の部分を捉えるようにします。ただ、これから、行動などをより的確に捉えていくための、一つの良い材料にはなります。イエーイ。
U−9もいつも通り。いきなりパワー全開の元気君&元気ちゃんたちで。おとなしかった子がどんどん元気になっているのが、すごく楽しいし、面白いし、嬉しいですね。
まとまっていないようで、ガチャガチャで、だけど必要なまとまりはある空間です。今日も、それぞれの子の成長をたくさん感じました。挙げればキリがないぐらい。動きも心も、みんなすごく成長しているんだから。
U−12は、やっぱり一度はお説教。時間の無駄? いえいえ、あとで倍返しの成長はしますし、させますから。ムフフムフフのU−12。みんな、子供の顔を見せます。小学生の最高学年だって、それでいいんです。よっしゃ、OKです。
今日も、楽しすぎる一日でした。

|

ソラ・リーグの5・6年生大会

今週から配っている通信ですが、ソラ・リーグの5・6年生大会をご案内しています。4・5年生大会に参加した子からは、早々に、「俺、絶対行く」発言が飛び出しているそうです。他の子もそうですが、前大会に参加した子の親御さんからは、「子供たちがとても楽しかったようで」というご感想をたくさん頂きました。
スケジュールが合わないこともあると思うので、実際に来れるかどうかはわかりませんが、5・6年生の子、お楽しみに。
受付開始は12月12日からです。
詳しくは通信で。

|

怒っていますが

気がつけば、30校近い小学校から子供たちが通い、幼稚園、中学校も含めると40近い通園・通学先から子供たちが通っている、何とも面白い場になっています。
バラバラだけど、バラバラじゃない。公園じゃないけど公園みたい。学校じゃないけど学校みたい。近所じゃないのに、近所みたい。
つながっています、子供たち。
一昨日、練習の説明をしているのに、友達と話しをやめる様子のない高学年の子たちに対して、私は強めの注意をしました。今週は、コンビネーションプレーの練習をしていますが、これはグループでのプレーやチームの中でのプレーの基本になる部分。とても大切なのです。
グループでの練習です。個人が好き勝手なことをしていたら(練習の説明中なのに友達と話をして話を聞かない等)、グループに迷惑をかけるのに、それに気づかないなら、グループでの練習で得られるものはありません。高学年は協調性も出て来るし、グループワークもできる年代。それは彼らの特徴であり、伸びる要素でもあります。だから、注意。
そう、注意・・・するために、途中で声を小さくしてやりました。最初に、みんなに聞こえる声で練習の説明をする合図をしたので。
その後でもずっとしゃべっている、何となく好きなことをやっている子の多いグループの子には、まず聞こえない声の大きさ。ただ、最初の合図を聞いて、「あ、聞こう」と思ったら、聞こえる声です。
そして、そのまま話していた(6年生の子が多い)グループに対して、主に注意。
ですが・・・実は注意をしながらも、結構、私は喜んでいるんですよ。子供たちが私語をしているので。
見た目、そういう場面はダラダラしていたり、緊張感が足りないように見えるわけです。まあ、実際に話を聞いていないために他のみんなに迷惑をかけることもあるので、緊張感が足りないと言えば足りないのですが・・・。
ですが、全然違う学校、違う学年の友達と、すごく普通にみんなが話しているんですよ。話の内容は色々です。普段から、コミュニケーションをたくさんとって、自然に色んな話をできる関係になっているのが、嬉しいんです。そうやって、互いに関わり合うような練習を多めにしていますから、こうなってしまうのは、普段の練習を頑張っているからと言える部分もありますし、自然と言えば自然なことですし。
もちろん、それでも、話を聞くべき時には聞かないといけません。ただ、こうしてたまに注意されるぐらい、話を一緒にできる友達を持つこと、初めて会った友達とそういう関係を持てるようになれることは、子供たちにとって大切なことだと思いますから。だから、注意をしつつ、子供たちがそういう関係になっていることが嬉しいんです。
こういう部分、注意されるだけでなく、もちろん、様々な部分に、プラスに作用していますからね。
子供たちがまったく私語をせず、練習の説明を聞き、黙々と練習に取り組む・・・そういうのもいいと思いますが、それが、周りの友達とあまり関係が深まっていないからだとか、周りの友達にあまり興味がないからだとしたら、見た目は一生懸命取り組んでいても、私は少しさびしいです。サッカーの練習だけの場になってしまうのは、ちょっともったいなくて。
持ち帰れるものはたくさん持ち帰ってほしいし、栄養にできるものはどんどん吸収してほしいと思います。
怒っていますが、同時にニンマリしている私なのでした。
=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■問い合せ TEL 042-534-3766
■ソラ・HP(PC)→ http://www.sonoyosade.com
■通信のおまけ(文章) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola
*プロフィールページ、カテゴリー「ソラって」「ソラの紹介」でスクールについて紹介しています。

|

昨日から通信配っています

=会員の方へ=
昨日から通信を配っています。
おまけは2つです。すっごく長かったものを、皆さんのことを考えて短くしましたよ~。
だいたい、普通に文字を打っていると、1テーマでA4で4枚くらいの量になっちゃいます。そして、やばい、長すぎるぞ・・・これじゃ、読みたくないだろうなぁ・・・と、まとめられる部分はまとめます。どうにもまとめることができない、いくらまとめても短くはできないもの(重たいもの)は、「ならば、カットしよう(胸にしまっておこう)」と、ざっくりカットしてしまうこともあります。思っていることを書いていると(抑えてはいるのですが)ちょっと重たくなってしまうので、後で読み返し、一般的な大きさにまとめるか、取ってしまうかにしてしまいます。
今回はそんな感じで、おまけはA3で2枚になっていまーす。
それでも長いと言えば長いですけど、省いちゃった部分のためにもお読み頂けるとありがたいです。「読まなくても平気」と言いながら、また、省きながらも、結構、ちゃんと詰め込んでいますので・・・。
お知らせ部分では、スケジュール、冬空、ソラ・リーグ、安全面・・・色々とご案内しています。ご確認下さいね。

|

3年生のソラ・リーグ

昨日の3年生のソラ・リーグ。はっきり言いましょう、栄養だらけです。
悔しいのも、楽しいのも、嬉しいのも、複雑なのも、全部感じて、持ち帰れば、オッケー。
昨日の、あんな感じが、子供の試合では、きっと相応しいと思います。雰囲気は、「全員が同じ」というわけではありません。そのアンバランスな状態からのスタートも自然。アンバランスな中に、たくさんの栄養が転がっていることも自然。
昨日の空間・子供たちは、来週、再来週と時間がたてばたつほど、別々の方向にただ進んで離れていくのでもなく、互いに近づきすぎてくっつき小さくなるのでもなく、相応しい形でつながり、ただ大きくなっていくでしょう。
そういうことを感じさせる昨日の空間でした。
賞状、メダル、賞品、レギュラー争い(?)・・・もともとなくていいものは一切かかっていない、子供だけのゲーム。その空間の心地よさを感じて、ただ嬉しさに伸び伸びとプレーし、たくさん笑っている子や、悔しくて悔しくて涙が出てくる子まで。
入りこむ、作る、ムキになる・・・子供に相応しい大きさのそういうものを生みだす要素が、子供だけの場にはちょうどごろごろしています。お互いの言葉とか、もう、ごろごろ。
初回にしては・・・完全に合格点。それぞれに補ってほしいこと、知ってほしいこと、気づいてほしいこと、レベルアップすべきこと・・・たくさんのものを感じ、吸収できそうです。

|

見えた!

昨日のこと、子供達の様子、プレー、行動、ソラ・リーグのこと、冬空のこと・・・思い出したり、想像したりしながら色んなことを考えていると、「見えた!」となる瞬間があります。
ということで、5・6年生の冬空のテーマ(表テーマにするか裏テーマにするかは後で考えますが)は、これで行こうというものが決まりました。まず、外していないでしょう。もちろん、テーマ設定は、この後の申込状況で変わる可能性もありますが、細かいところは変わっても、大きなところでは変わらないと思います。
1・2年生、3・4年生は・・・大きなところで取り上げたいと思っていることはあるのですが、まだもう少し、時間がかかりそうです・・・。
思い出して考えること、私の場合はすごく重要で。そのためにも現場でちゃんと見ておかないと思い出せないし。ただ、見るだけでは足りなくて。思い出し、考え、想像し、考え・・・この繰り返しで、「見えた!」となることは、結構、信じちゃいます。私の目だけでなく、豊田の目もあるので安心なのです。夏空、ソラ・リーグ、冬空・・・過去の様々なことで、「見えた!」ことは形になって、子供たちが「ほらね」と成果を見せてくれています。
さっき「見えた」ものも、頼むぞ、みんな。ハマってるはずだから。
ところで・・・昨日、卒業生が来てくれました。一人は中1の子。「小学生の頃とは、なんか、感じ方が違うな」と、ゴールの大きさやゲームを見た印象などについて、ちょっとだけ成長発言をしていました。サッカーを、今、中学生の体と心で楽しんでいるようです。頑張れ、頑張れ。
そして、練習後、高校生の子が。修学旅行のお土産を〜。
サンキュー! あらまカワイイお土産。
在籍中は色々と悩ませてくれた子ですが・・・その後もこうしてちょくちょく顔を見せてくれ、その度に安心します。よし在籍中の諸々のことは許してやろう。
さて・・・また色々と、思い出しつつ、考えます。
※「冬空」はソラのウィンタースクールです。詳しくはお問い合わせを。

サッカースクール・ソラ
■TEL:042-534-3766
■ブログ http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola
■通信のおまけ(文章) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

|

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »