« ソラ・リーグ開催! | トップページ | 水たまり+子供 »

リフティングには含まれず

休憩中にリフティングをしている子が増えてきましたね。昨日のU-9クラスでは、「リフティングは自分一人の時間でもできるから、ここでやるのはもったいない」「ここでしか会えない友達がいるのだから、そういう子と遊んだり、話したりしている方がいいと思う」と話しました。
ブームなの?
U-15クラスでも同じような感じでしたが・・・
それまでの練習の様子を見ていても、リフティングの前にやるべきこと、気づくべきことがたくさんあるのですが、おそらく、気づけない感じになっているのでしょう。
豊田が話していることを正しく理解できていない、理解しようとしていない。何が大事かということをわからなくなるような感じで普段の練習をしているのかもしれません。中学生になれば、部活などは毎日あるかもしれませんが、そういう時間をそのような姿勢で過ごしていたら、本来、中学生年代で楽しみを感じるべき部分に気づけなくなるでしょう。
ソラでの練習は週一回です。通学先ごとの子供たちの様子を見ていると、傾向が出ていることもあり、普段の環境を想像できることもあります。
リフティングの前に、すべきこと、感じるべきこと、たくさんあるぞ。
・・・これは、小学生にも言えることですが・・・。
あたり前の子供のプレーをできなくなったり、子供としてあたり前のプレーをする子のプレーに対して許せなくなったり、耐えられなくなったり・・・追いかける部分を間違うと、こういうことが起きます。小学生の子たちも、色々な通学先や所属先から子供たちが来ていますが、こういう部分に関して傾向の表れていることもあります。様々な子を客観的に見ることもできますが、客観的に、単純に比較できる部分も、そういう比較から推測することが正しいことも、よくあります。 
子供のサッカーに詰まっているたくさんのことを、体と心で、人と接しながら覚えていかせないと、本当の部分で学ぶべきことを学べずに進んでしまうこともあるように感じます。子供たちを見ていて、すごく感じる部分です。
本来学ぶべき部分を学ばずに次に進んだ場合には、その先で、本来正しいことをしている人や行為を肯定できず、誤ったことをしている人や行為を肯定してしまうことも出て来るかもしれません。
・・・・・・・こんな感じの昨日でしたが・・・
U-12クラスの休憩中は、休憩から戻った子が、空気の流れでサッと友達にちょっかいを出し、ボールの取り合いが始まりました。二人でのボールの取り合い。
そばにいた、ボールを持ちながらその様子を見ていた子が、加わるのを一瞬ためらった後に、持っていたボールを放りだし、やっぱりその取り合いに加わりました。
数秒後には昨日来ていたみんなでサッカーをしていました。休憩中に。これが理想ですね。本当はこういうサッカーを毎日自然にできていればいいのに。
動きもみんなよくて、見ていても楽しかったですね。
あの中には大切なもの、必要なものがたくさん詰まっていました。
キレイなものとかカッコイイものよりも、適したもの、大切なものを。過剰摂取より適量摂取で。

=サッカースクール ソラ=
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■深めの通信 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

« ソラ・リーグ開催! | トップページ | 水たまり+子供 »

ほぼ独り言」カテゴリの記事