« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

完全に

先程とは関係のない話を。
U-12クラスで確実に変化が起きている、ある部分。これは技術的な部分ですけど。ある要素の伸びを確信。
一人や二人だけでなく、全体的に、確実に良くなっている部分。偶然確認する、個人個人の部分・・・それが、あいつもこいつもそいつも・・・となれば、計画は当たったということで。タイミング的には、そろそろ見える頃だから、当然と言えば当然ですが・・・取り上げる期間、頻度、タイミング・・・一つ、確実に上に行った部分があり。説明すれば「なるほどね」とわかる部分。説明しませんけどね。
他にも、まいてある種、多数。定着させるためには時間を必要とする要素については、まいたその日に芽が出るまき方なんてしません。こうしてしっかりと一面に芽が出るまき方をします。しっかり根付き、育つように。実は、普段の練習にはこういうことが散りばめられています。
つかんでるね、ちゃんと乗ってるね、U-12諸君。

|

まだ完全じゃないけれど

今日、一つ、ホッとできた。少しだけ、引っかかるところはあるけれど、それは何とかしていけそう。
すごく部分的な話ですが、一枚、紙を引けた気がします・・・紙を引くってどういう意味? ・・・変な表現ばかりですみません。
他にも一つ、いいものを見ることができた。あれは、ヒントだ。どう活かしていいのか、それはまだわからないのですが、ヒントだ、絶対に。
あとは、頭と心で勝負だ。
二人、四人、空間・・・。少なくとも、伸びようとしているあの子たちは、必ず伸ばせるはずだ。

|

カギ

昨日は、U-6クラス、U-12クラスは木曜日。U-9クラスは怒曜日。
一晩たってもわからないことがありますが・・・。
不思議なことに、夢の中で子供が「こうだからだよ」と教えてくれることがあります。そういうものの中には、(自分の夢で見ることなのに)これまた不思議なのですが、自分の考えていた答えとか、予想していた範囲のものとは全く違うものもあります。なので、へー、そうなの? と、真実に一歩近づけることもあります。
そんな夢を昨日も見ましたが・・・昨日の夢は、ちょっと違うな・・・。ただ、考える幅は広がった。
ちなみに昨日の夢に出てきて教えてくれたのは、昨日のU-9クラスには在籍していない子で。教えてくれたのはその子のことか、それとも昨日の子のことか。
どこにあるんだ、カギは。ふー・・・む・・・。
ただ、明日、もしかしたらキーを手に入れることができるかもしれない。
チャンスを逃すな!

|

2・3年生が超伸びています

他の学年ももちろん超伸びているんですけど、2・3年生がすごく伸びていて驚きました。
火曜日、水曜日と、2・3年生のゲームを見ると、雰囲気がすごく自然。自然に、空間、サッカーに入りこんでいるんです、みんな。出る声の量も質もすごく自然。少しだけ気になる表情でスタートした子もいたのですが、周りの子の雰囲気がすごく自然だからでしょうか、その子も(ここのところ見せていた)自然な表情・動きにすぐになりました。
たぶん、あそこにあの時に集まった、あの子たちにとっては、あの声の量・質が一番合っていたのでしょう。
時におふざけが過ぎつつも、普段のあの楽しい雰囲気の中でどれだけ成長をしているのか、すごくわかったここ数日のプレーでした。
プレーについて少し触れると・・・
すごく素早くなっています。そして、ボールを追いかけている子がたくさん。
ボールを持っていても相手がどんどん取りに来て、ボールを取ってもすぐに相手が取り返しに来て、そんな中でボールを動かす、相手を抜く動きを瞬時にする・・・これを繰り返す。理想ですね、うまくならないわけがないし、体と心に合ったサッカーが楽しくないわけがない。
驚きましたよ、本当に。

|

昨日の子たち

昨日、一年生の子が「コーチのこと、友達に話したよ」と。
なので、「へー、ありがとう」。
すると、「サッカーは上手だけどね、帽子を取るとボサボサなのって」。
「おまえなぁ・・・」「だって!」・・・
ふむふむ、楽しい一年生です。
すると、そばにいた二年生が「俺もね、話したよ」と言いだし、「えーとねぇ、帽子を取るとボサボサで、あとねぇ・・」と。「お前、今考えているな」と思いながらも・・・あ、疑うのはよくありませんね・・・はい、確信です(キッパリ)。だって、私を怒らせようとして、次から次へと「あとね、えーとねぇ、やっぱり」と。「あとね」はわかるが「やっぱり」はおかしいだろ。よほど怒らせたいようですが・・・安心したまえ。君らはいつも通りにしていれば、おそらく数分以内に怒られるからねっ!
まあ・・・友達に話してくれるのは嬉しいことです。
ところで、その二年生の子はいつも少し早めにツイーッと来るのですが、昨日は来る途中にクワガタを見つけてきたようで・・・。
でも、練習始まっちゃうからね。「どうする? 逃がす? それとも、持って帰る?」と聞くと、持って帰ると言うので、入れ物に入れておいて・・・。帰りの頃にはクワガタ君は元気がなくなっていて、「死んじゃった?!」と焦る子。生きてはいたんですけどね、最初からあまり元気なかったからね・・・。そして、逃がしてあげることに。
子供の毎日はこういうことがあればいいなと思います。
一つのことで驚き、喜び、人に話し、記憶にちょっと刻んで。ソラの子が、当たり前のこういう子供の時間をたくさん過ごせますように。
ところで、かなり前ですが、いきなり子供が「ねえ、運動会、見に来て!」と。あれま、なにを突然。自信あるのかな? 学校での自分に自信があるのはいいことだ、安心できる。その運動会は今週かぁ。天気、良いままだといいのですが・・・。他にも運動会の子がいますよね。
昨日は「俺、リレー頑張るぜ」と言った後にエッヘン顔+私に失礼な言動を取る子(いつもの事&他の多くの子もそんな感じなので皆さん気にせずに)に対して、「何を言ってやがる。バトン落としちゃって、ああ、どうしようとかなるんじゃねーの」と言ってやり、でも、言ってやったものの、本当にそうなったらどうしよう・・・ああ、気になる。子供が失敗するのは良いことだと思うけれども、自分の言動で失敗したらそれは申し分けなさすぎる。バカな冗談を言ったものだ・・・。生意気君よ、しっかり生意気に走るんだぞ・・・。こんなことを言ったばかりに、気になる週末になってしまったのでした。
運動会、みんな楽しみなね!

|

対 カラス

昨日は「友達をつれてきたよ」という子がいました。たぶん、来る前に一緒に遊んでいたか、練習後に一緒に遊ぶ予定だったか、それとも、来る途中に会って一緒に来ちゃったか、そんな感じでしょうね。
「やる?」なんていう声は当然かけません。本人の気持ちはどうかわかりませんが、簡単に誘わない理由は数日前に書いた通りです。ごめんね。
それにしても、本当に子供は面白い。
色んなことを言うし、色んなことをやるし。一緒に話をしているとエンドレス。だから、練習中は大変です。話したいけどガマンガマン。このバランスがね、大変なんです。
ところで、昨日はカラスが邪魔をしやがった!
U-9クラスで、子供たちを集めて話をしている時に、子供たちが私の方を見ているのですが、どうもみんな私よりも後ろの方を見ているようで・・・
なぬ?! 電柱の上にカラス・・・。
子供を集める時は、色んなことを考えて集めるんですよ。
その中で、目に入るものは、わざと見させたり、見えないようにしたり、これも効果を考えて色々です。
何かが目に入ると子供たちがそっちを見てしまい、話ができなくなることもあるので、そういうものは見せないようにした方がいいと思われるかもしれませんが、わざと見せる必要がある時もあるんですよ。その方が子供たちに一体感が生まれたり、リラックスして子供同士が近づける雰囲気になったり、他にも色んな効果を狙えるので。さらに、その中でも見ようとできる段階なのかを知る、その日の雰囲気を知るという意味でも使うことがありますが、コーチング中は全体に対して狙う効果も部分的に狙う効果もあるので、こういう要素を組合せて空間を作ります。
ですが、昨日のカラスはノーマークでした。あの野郎!
私が立ったまま見本を見せると、どうしても、座っている状態から私を見る子供の視線の先にカラスが入ってきてしまうし、だからといって、他の条件を考えると場所をずらすのもね、ということで、しゃがみながら見本を見せてやりました。これなら、子供たちの視線が低くなり、カラスの方には行きません。
カラスめ、これでどうだ!
ドリブルするにはきつい姿勢ですが、これでカラスに勝てるなら・・・。二度ほどこれで見本を見せ、「なんでしゃがんでやってるの?」と子供に聞かれ、「それはな、俺が立っているとお前らはあのカラスを見ちまうからだよ。だから、しゃがんでるんだ。どうだ、カラス!」と答えながらカラスを見たら、フンッと飛んで行きました・・・。えー、飛んじゃうのぉ? だったらもっと早く飛んで行ってくれればいいものを・・・痛いじゃん、腰。きついじゃん、腿。
あのひねくれ具合、好き勝手な行動・・・まるでソラッ子だな・・・・ん? 今、何かすごく失礼なことを言ってしまったような・・・ん?・・・ちょっと間違えたかな?・・・バサバサバサ・・・・(こんな時はカラスのマネ。飛んで行ってしまえ)。
子供が子供ならコーチもコーチ。ついでにカラスもカラス。
あ、そう言えば、先週は、セミに子供が食いついていましたね。
もう、サッカーが好きで好きで仕方のない子なんですけど、セミを見つけたら気になって気になって。休憩に入っても、興味はセミに行っていて、ちょっかいを出していました。絶対に手の届かない、セミ君にとっても安全な場所にいたので、私は放っておきましたが、本当にサッカー好き好き少年も、「子供」なので、こういう部分は当然あるのです。こういう部分があるから、ソラの子はみんなとくっつくんです。そして、みんなとくっつけるから、楽しいことがたくさんになるんです。その分、サッカー部分だけで「人より頭が出るほどうまくなった」というような狭く細い高さの捉え方だけを気にすると、「高くない」と思われるかもしれませんが、いえいえ、もっと広く大きな部分で力をつけていますから。それに、広く大きい分、高さが目立ちにくいかもしれませんが(同じ高さでも、細い方が、見た目は高さが強調され、高く見えますけど)、細く高くしている場合の高さにも、あたり前ですけど負けていないですからね、ソラッ子は。
バシャバシャ育っていますよ。
さて、今日はどんなことがあるのでしょうね。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラの紹介は(初めての方用)→こちらをクリック
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

犬と少年

今日、ちょっとした光景を見ました。
長い道を歩いていると、先の方に、お店の前でちょろちょろ動いている少年が見えました。バス停でバスを待っているようです。その子は、バス停のすぐ後ろにあるお店(閉まっている)の方を見て、何かを投げるしぐさをしているのでした。
私から見えた時にはすでにやっていたので、もう数分はやっていますね。そばまで行った時に歩きながらちょっと様子を見ると、ガラスの向こう側に犬。その犬の目の前を通るように何かを投げるしぐさをしていました。でも、まったく動かない犬。だから、投げるしぐさを繰り返していたのですね。それにしても、そんなに動かないわけないだろうと、ちょっと犬を見たら・・・人形でした。私が通りすぎる頃には、そばにある木から葉っぱを取り、葉っぱを投げていました。たぶん、それなら犬の目にも入り、動くと思ったのでしょう。何度も繰り返していました。
犬を人形だと気づかずに、色々とちょっかいを出す少年。普通に見たら、「かわいいな」と思える光景なのに、私はそうは思えませんでした。子供は、たぶん、4年生か5年生ぐらいかな。もう、人形と本物を区別できるんじゃないかな、と。
もしかしたら、よく見えないのかもしれないし、ガラス越しでわかりにくいのかもしれません。犬が恐くてそばに近寄れないのかもしれません。
でも・・・何回投げてもピクリともしていないんですよ。「あれ? どうしたのかな?」って、様子を見ないのかな。そう、どちらかと言うと、そういう様子(確認する様子)がなかったことに、私は驚いちゃったんです。
こうなると思ってやったら、そうはならない。繰り返すけどまったくならない。おかしいぞ。何でだろう?・・・となれば、相手を見るでしょう? 信じ込んでいるとしても、その反応によっては、あれ? と見るでしょう。
よく、相手の表情を見る機会がどんどん減っているなって考えます。街の様子、子供の様子を見て。そんな風に思っているからでしょうか。この、犬の人形に、ちょっと様子が変でも同じことを繰り返すこの少年を見て、相手を見るっていうことを普段どれぐらいしているのだろうって、そう思っちゃったんですよね。5歳とか6歳の子ならかわいく見えたかもしれないですけど、もう高学年になっている子。少なくとも、一人でバスに乗ることができるぐらいにはなっている子。
・・・友達と遊んでいると、自分がこういう風にしたら、相手はきっとこうするだろうと思って仕掛けたのに、そうはならず、「あれ?」って思うことありますよね。
怒ると思ってやったのに、「あれ? 怒ってこない」。そうしたら、「どうしたんだろう?」って、相手の表情を見ますよね。そして、泣いているのを見て驚いたり。または、「あれ? 怒ってこない」と思って表情を見て、「わ! 怒りを通り越してる・・・ヤバいぞ・・・」とか。一緒に走っているつもりが、相手がついて来ていなくて、「あれ?」って。止まっている相手を見て、「どうしたんだろう」って。
「あれ? どうしたんだろう?」の後は、相手を見る。相手を見て、行動の原因を理解しようとする。自然にそうなるはずなのに、そういう経験が減っているんじゃないのかなって思います。さっきの少年も。
まあ、バス待ちの間にゲームをしていなかったので、それは現代っ子にしては珍しいかなと思いましたが、右手はケガをしていたようなので、それでかもしれないし・・・。なんて、ひねくれて見てしまう私です。
でも、本当に、「あれ?」の後に対象をよく見る経験が減っているとは思うので・・・私たち大人もですけどね、もっと相手を見ようと思いました。
偶然ですが・・・今朝、ちょっと思ったことがありました。
それは、何かを判断する時に、もっと子供の表情を見てほしいということです。
私自身も、日々、コーチングの中で難しいと思っていることですが・・・。
一人の表情を見れば全体を捉えられなくなることもあり、
でも、一人の表情から全体の空気を捉えられることもあり、
一人の表情を大切にできない人は全体をつかむことはできないと思うし、
でも、一人を大切にするために全体を見失っては何のための全体なのか・・・
ああ、難しい。でも、やっぱり、一人の表情が基本だよなって、
表情が基本だよなって、
朝、何度も確認したのでした。そんな日に、犬と少年を見たので、必要以上に考えすぎちゃったかな?
ところで、犬と少年の一件を、違う側面から見て・・・。
少年は、一応、その犬を動かそうと一生懸命だったんですね。自分でも方法を色々と考えて。ただ、いくらやっても、犬には通用しなかったんです。
だって、人形ですから・・・。
そう、相手のことを正しく理解しなければ、いくら働きかけても全く効果がありません。それどころか、逆効果になることもあります。
あの子だって、ガラスはあったけど、顔をくっつけてもっとよく見れば、きっと人形だってわかったはずですよ。
コーチングも、他の働きかけも全く同じですよね。
また、よく見ても、本物を知らない場合には、やはり逆効果になりかねない働きかけをしてしまうこともあるでしょう。今回も、もしかしたら、あの子は本物の犬をあまり見たことがなかったのかもしれません。もし、本物を知らなければ、よく見ても、本物との違いに気がつかないでしょう。そういう場合も、本来必要な働きかけをできないこともあるでしょう。
私たちの場合、見るべき本物とは、そのままの子供。だから、そういう意味でも、ソラの子は財産、宝。
昨日、私は1・2年生の子のゲームを担当しましたが・・・もう、なに、あれ!
ひよこ? すずめ? ピーチクパーチクあひるの子? かわいすぎですよ、本当に。すぐに口をとがらせて怒るし、飛び跳ねて怒る&喜ぶし、目が線になるぐらい笑うし・・・最高!
表情で伝える子供たちは、きっと普段、お家の中で表情を受け取ってもらう経験もしているのでしょうね。
ソラでも、表情は基本。大切にしていきたいと思います。
*****ところで*****
さっきの少年。犬が人形だとわかっているのに、「もしかしたら動くかな?」と思ってやっていたのなら・・・それはアリ! 子供の頃はそれぐらいの発想があって自然ですもんね。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラの紹介は(初めての方用)→こちらをクリック
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

等身大の「子供」力

この前の高学年の子たち。4、5、6年生の3人が練習前に、プププププ。
まず、4年生の子がお気に入りのボールをネットに集め始めました。それを5年生の子が見ていて・・・いつの間にか横取り!
それを4年生の子が取り返し・・・5年生の子は「そうだ!」とひらいめた顔。ネットは「もう一個あるんだ」と、もう一つのネットを取り、そこに自分でボールを集め始めました。そして、二人でサンタごっこ。ボールのたくさん入ったネットを持つと、まるでサンタクロースみたいなので。
そこに入ってきた6年生。そして、「ぷ、子供だねぇ」「そうだよ、子供だよ。でもお前も子供だよ」「じゃあ、お前は幼稚園だ」と3人で始まり・・・。
その後、「うるさい、お前は赤ちゃん」「うるさい、お前はお母さんのお腹の中」と・・・。
3人、ほぼ同時に同じことを言っています。
それを見て、「ぷぷぷ、お互いに同じこと言ってる。考えてることがみんな同じなんだね。子供だねぇ、ぷぷぷぷぷ」と笑ってやる大人の私。
そんな私を見て、「なに!」と思いながらも「確かに同じことを言っちまった」とフニフニ笑うしかない5年生。
年齢も学校も違います。3人のうち2人は別々のチームに所属、もう1人はチームに入っていません。色んなものが違います。でも、そういう差を埋める「子供力」を持つ、仲の良い3人です。
お互いにたまにやりすぎて、外から見ていて、ムハハとなることもありますが、まあ、こんな感じのやりとりがいいんですよね。
ちなみに、この3人の中では、やっぱり6年生の子がもっっとも色んなことを考えることができますね。今までにたくさん、色ー・・・・んな経験をしてきましたからね。
相手の気持ちを思うこととか、関係をどう持っていくかとか。ま、そうは言っても、そういう部分でもまだ私に怒られていますけどね。
でも、成長を感じます。
実はつい先日、「あ、今、コイツ、ひょっとして俺のこと助けた? 俺の立場、気持ち、考えたの? 偶然? それとも助けたの? どっちかなぁ」と思うことがありました。
まだつかまえられない未知数の部分も含め、子供力全開の子供たちです。

|

ソラソラの実

昨日、いつものように少し早めにコートに来ていた子。夏休み明けから曜日が変わった子です。曜日が変わり、これからはこの曜日で楽しんで行くぞとなり、それから間もなくの先々週の練習で、この子は、ある子と文句を言った、言われた、やった、やられた、ということがありました。その時は、この子よりも相手の子の方が反省しなくてはならない部分が多くあったのですが、二人を残し、お互いに説明が必要な部分について、話をしました。
この子にも覚えておくべきことが色々とあったので、「嫌だな」という表情をするこの子にも話しました。この子は、よく話を聞いたと思います。
その後、「俺、やっぱり、元の曜日にしようかな」と言ったそうですが、それでもすぐに元の曜日に戻るのではなく、この曜日に来ました。親御さんも、そういうことがあったということをわかっている上で、「じゃあ元の曜日に戻そう」と言うのではなく、そういう部分のことを学べるようにと、この曜日で通うことを当然のように考えているようでした。
そして、先週は相手の子は休み(この休みにその一件はまったく関係ありません)、昨日、来たのでした。
練習前のこの二人。
「俺、やっぱり、元の・・・」と言った子が、二週間ぶりに会った相手の子に対してどういう態度を取るのかな? と様子を見ていましたが・・・・この子は自分から相手の子のそばに行きました。そして、話し始めました。
あたり前と言えばあたり前の行動かもしれませんが、こういう部分、この子にとっては自分でも頑張ってやっていることだと思います。前にあったことを自分なりに消化したからこそ、取った行動だと思います。だから、すごいなって思います。
ちょっと嫌なことがあり、一度は、「元の曜日に戻りたい」と思った子が、その、嫌なことがあった曜日に来て、その原因となる一件を一緒に作った相手の子のそばに行くんです。そういうことを決して得意ではない、この子が。
会話をしながら、相手の子が野球をやっていることを知り、「えー? 野球やっているの?」「うん、やってる。××××・・・(野球の話をし出す)」・・・と会話が続きました。
先々週の時点で、相手の子がサッカーチームに入っていないことは話しました。だから、プレーや良いこと・悪いことに対する考え方について、二人に違いがあっても当然だということ、どちらも正しい部分があることは話しましたが、こうして、昨日の会話で、相手の子が野球をやっているのだと知ることができれば、この子は相手の子の行動について、また色んなことを理解できるようになるでしょう。
少し前までは、気の合う子を見つけるとそれが嬉しくて、その関係を強化することでサッカーも練習も楽しんでいたこの子。でも、それでは、楽しめないことも増えて来るし、成長する機会が減っていくこともあります。
この子はこうして、また新しい「成長する力」を手に入れたというところでしょう。
ここのところグングン伸びていますが、さらに伸びそうですね。
頑張ったんだから、そりゃ、成長するさ。
*********
そこに行くべきかどうかと悩む出来事があった時、本当にそこから離れた方がいい場所も、まだそこに行った方がいい場所もあります。そういうことは、大人でもわからないことがありますが、子供では尚更わからないこともあります。だから、難しいんですよね、こういうこと。
今回は、この子が「俺、やっぱり元の曜日に」となった時に、親御さんが普段のこの子の様子やこの子の性格をよく把握されていて、ソラの子の作る空間をよく理解されていて、この子はこうした成長を見せることができました。
小さいようで、実はすごく大きな成長ですよ。やりましたね。
*********
そんな昨日の、ゲーム中のこの子のプレーについて、ちょっと。
ゲームは豊田が担当しました。練習後、(練習前の様子を見ていない)豊田に、ゲームでの様子を聞いた時、豊田もゲーム中にその子に「お前、すごいな」と思うことがあったようです。実際に言ったようですけど。
この子がエイッともぎ取った、ちゃんとした、成長の実なんです。ソラソラの実だ!
*********
子供のやりとりには、簡単にどちらが正しい・悪いと線を引けないことがたくさんあります。直線じゃ、まず無理です。でも、線はあります。曲がりくねった線。太さの変化する線。そういうものは、色んなやりとりをたくさん経験しないと見つけられないものです。だから、子供たちには、ここでたくさん、色んなやりとりを経験してほしいと思います。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラの紹介は(初めての方用)→こちらをクリック
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

中学生クラスのきっかけは・・・

この前、卒業生のことを書きましたが・・・そういえば、数日前にも卒業生が勉強の合間に顔を出しました。たまにブログを見ていると言うので・・・書いておいてやります。
中学生クラスを作るきっかけを作った子です。
ソラのU-15クラスはこの子たちの代から始まったのです。
「作って」の声を聞いて、話を聞いて、「ならば作ろう」と作ったのです。
当時、このクラスの対象は「作って」とずっと言ってきた、この子を含めた二人。
この二人の関係、作ることになった経緯、この子たちを伸ばしていくために必要な環境をよく考え、当面はこの二人だけで練習を行うことが望ましいと判断しました。収支上はこのやり方では絶対にやらない方がいいクラス。だけど、子供たちのことを考えたら、当時のこの子たちには、それまでに一緒にここでサッカーをしていない子を広く募集して空間を新たに形成して行くよりも、この二人で最後までいく方が良かったんです。私達も、本来見るべき小学生の子たちの他に、この二人のことを考えるだけで精いっぱいでしたから。少人数で行うとなると、互いの関わりがとても強くなります。その中で、初めて会う子、ずっと付き合ってきた二人で作る空間のことを考えると、そこにいる子(もしかしたら来るかもしれない初めて会う子も含め)全員にとって良い場を作ることがどうやったらできるかと考えた時に、やはり「この二人」でという考えになりました。
こうして、もともとのスクールを卒業した子をフォローするために作ったのが、中学生クラスでした。
この二人がきっかけを作った中学生クラスは、今も形を多少変えながら継続されていますが、「卒業した子をフォローしたい」が大きな継続理由です。
ただ、その思いには、当然、子供を預けてくれた保護者の方への感謝の気持ちも入っています。ですから、ご相談を受け、小学生の頃にはここに通えなかった子でも、ソラの子の兄弟の子は、中学生から参加することもありました。また、お知り合いの方の子で、どうしても参加させてあげたいというご相談を頂くこともあり、話を聞いた上で、ご参加頂くこともありました。さらに、ソラのことを知った一般の方からご相談を頂くこともありました。
但し、もともとできたきっかけが、「子供たちをフォローしたい」という思いだったので、一般の子を迎え入れるにしても、前提は、現在、U-15クラスに参加している子たちのためになること。
しかし、それでは、初めて来る一般の子に対して失礼だし、子供を預けてくれる親御さんにも申し訳ないので、一般の子にとっても有益であること。
色々とお話を聞き、この両方の条件が揃った場合には一般の子の参加を受け入れることにしました。ですから、お話をさせて頂いて上で、参加を見送られた方もいらっしゃいますし、一度、様子を見させて頂いてから、参加をお受けすることもありました。わかりにくいかもしれないですけどね・・・。
U-15クラス誕生のきっかけを作った子とは、会うたびにその頃の話をしますが・・・もっと大人になったら、もっと大人の話もしてやろうと思います、必要ならですけどね。

|

成長続ける子供たち・・・

昨日は変な天気。でもちょうどスクールの間だけ良い天気。一昨日もそんな感じで、スクールの時には良い天気。9月からソラに来ている子がたくさんいますが、きっと、その中の誰かの行いがよほどいいのでしょう。これまではこういう時は天気が悪かったからね
・・・一学期に活躍していた君らは・・・日頃の行いを改めよannoy
二学期から来ている君らは・・・
今の行いキープでお願いしまーすshine
ところで水曜日コースが・・・みんなが少しずつ挑戦している感じで、すごくいいんですけどほ。自分にできること、自分のすべきこと。それらを一人一人が「チャレンジして」やっています。そして、その少しの挑戦を続けています。
すごいですよ。「少し」に見えても、本人にとっては、大きな挑戦であることもありますから。昨日の子たちの、ほんのちょっとの行動の変化は、私は大きな挑戦だと思っています。表情見れば、頑張っているの、わかります。そして、それを続けることができるのも、すごいと思います。続けることができるのは、頑張った時に自分が得た感触、感情をちゃんと受け取ったからだと思いますもん。すぐに大きな喜びが来ないことだってあるでしょう。そういう時に、ほんのちょっとでも自分にはね返ってくる感触、感情を受け取れるか、感じることができるか。
いいんですよ、あんな感じの成長で。
空間自体がすごく大きく、強く、楽しく、成長しているように感じます。そこにいる子はみんなラッキーだね。そういうことをできる友達がそばにいて。そういう自分の力を出せる空間をみんなで作ることができて。
ちょっとすごい、水曜日コースなのでした。
あ、そうだそうだ。昨日、ピステのお申し込みをたくさん頂きました。ありがとうございます。実物(見本)を見ると、「へー、これですか」と、みんな、「思ったよりもいいぞ」感。フフフフフ。そう、思ったよりもいいんですよ。ヘヘヘヘヘ。だけど、サイズが140からなので、まだ小さな子にはごめんなさい・・・。でも、ソラピでなくても、好きな服(危なくないものね)を着て遊びに来てくれればそれがベストなので、「これが好き」とか「これがピッタリ」というウェアがあればいいのです。
胸に刻まれた(あ、プリントだ)sonoyosadeは、ウェアにあるものではなく、心にあるものぞ。そして、すでに君らが持っているものぞ。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラの紹介は(初めての方用)→こちらをクリック
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

ケチ?

昨日は初ソラに来た子が一人。そして、その子の友達も見学に来ました。見学の子はちょっとケガをしていたようで。
昨日の子は予め「見学」ということで友達と一緒に来たので、ちゃんと待っていてくれたので良かったです。ありがとうね。
ところで、たまに、友達についてきた子が「俺もやりたい」と言うことがあります。
「やりたい」と言われればやらせてあげたいところですが、こういう場合、私たちは、保護者の方の承諾を得ていない子は、練習に参加させません。保護者の方がそばにいれば、参加させるかどうかを確認しますし、そばにいなければ、「親に聞いてからにしな」と言います。それでも「親も知っているから大丈夫」という場合もありますが、その場合は電話番号を聞き、直接、親御さんに確認します。そうすると、結局その子が練習に参加できないこともよくあります。「じゃあ、練習が始まるまでならいいじゃん」と言われることもありますが、それでもダメ。
すると、「ケチ!」と言われることもありますが・・・べつにケチなのではありません。もし、やりたいと言う子にやらせれば、「楽しかったから、また来たい!」となるかもしれません。それはスクールとしてもありがたいことです。だったら、やらせちゃえば? と思われるかもしれませんが、そうはいきません。
万が一、ケガをさせたら? 子供が、親御さんが知らないところでサッカーをして、ケガをして帰ってくる。あるいは、他の子に対してケガをさせてしまう。こういうことは、公園で遊ぶ時などにはよくあることと言えばよくあることでしょう。私も、公園で子供たちと遊ぶことはありますが、それは、完全に近所のおじさんとして(数年前までは「お兄ちゃん」として)。
公園で近所のおじちゃんが子供と一緒に遊ぶというのなら話は別ですが、私たちはソラのスタッフとして、ソラに来る子のためにコートに立っています。
知らない場に行き、大人のいる場で、ケガをして帰って来る、誰かにケガをさせて帰って来る・・・そんなことをしてくると思って親御さんは子供を送り出しているわけではないでしょう。
ですから、ケチと言われようが「ダメ」なのです。
過去に何度、ケチと言われたことか・・・。
でも、みんな、大事な子供たち。ソラは、そういうところはルーズにしないのです。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラの紹介は(初めての方用)→こちらをクリック
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

一生懸命

卒業生が顔を出してくれました。新しくソラに来ることになった弟の練習を見に来てくれました。
卒業してから5年たち、もう高2。
この子はチームに入っていませんでしたが、最後までソラのサッカーを楽しんで卒業していきました。今は音楽に興味があるようです。小学生の頃、チームに入っていなかったとはいえ、一生懸命練習をしていた子です。きっと今も好きな音楽を一生懸命楽しんでいるのだと思います。
ところで、当時、この子と仲良く来ていたもう一人の子がいるのですが、その子もチームには入っていない子でした。野球チームに入りながら、ソラでのサッカーを最後まで楽しみ、卒業していきました。
昨日来た子に、その子に今でも会うかと聞いたら、たまに会うということでした。「よく、野球の素振りをしてる」と聞いて、笑ってしまいました。そうだそうだ、この子も一生懸命練習する子だった。変わらないんだ。素振りの様子が目に浮かぶ。当時から野球が好きだったけれど、この子も一生懸命、野球を追いかけているんだろうな。頑張れ、野球少年!
一生懸命。
自分発の一生懸命は、きっと気持ちがいいのでしょう。大変なこともあるでしょうが、気持ちいいんでしょうね、どんなことでも。
そういう、色んなことのベースになる気持ちを、今のソラの子たちにもたくさん知ってほしいと思います。
ところでところで・・・
親御さんから聞く話で比較的多いものの中に、「うちの子は一生懸命やらなくて」というものがあります。
ソラの子の様子をよく見ることのある方や通信をよくお読みの方には何となくご理解頂けると思いますが、子供の一生懸命と大人の一生懸命の捉え方は違います。大人から考えて、「好きならこれぐらいの努力をするだろう、こういう行動を取るだろう」というものがあっても、子供の行動がそうならないことがあります。では子供が一生懸命ではないかと言うと、決してそうではないことがほとんどです。子供たちは一生懸命であることがほとんどです。
こういう部分は、判断するのが本当に難しいと思います。友達との比較でわかることもあるし、比較したら逆にわからないこともあるし、過去と比較してわかることもあるし、過去と比較したらわからないこともあるし・・・本当に難しいと思います。ただ、大人の考える一生懸命と子供の取る一生懸命な行動には大きな差があることが多いことは覚えておくといいと思います。ですから、どれぐらい一生懸命なのかということを評価するなら、安易にはせず、それなりの大きさ・深さを持って評価する必要があると覚えておいて頂けるとありがたいです。その方がきっと親御さんも自然に子供の行動を理解することができると思いますよ。
時間の感じ方も、距離の感じ方も、大きさの感じ方も、全部大人の我々とは違う子供たち。時間、距離、大きさ、その他、諸々のものが掛け合わされて生まれる一生懸命が私たちの考えるものとは違うのも自然ですよね。
ただ、子供の頃の一生懸命、気持ちいい一生懸命を応援してあげましょう。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラの紹介は(初めての方用)→こちらをクリック
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

偶然ご連絡を頂きました

先週の金曜日にキレキレの動きを見せていた子。15日のゲームでもキレキレ。あまりの上達ぶりと言うか、変化ぶりに驚き、親御さんにお伝えしようかとも思いましたが、休みの日に連絡するのも悪いかなと思いとどまり、「ま、自分で見れたからいいや。この成長ぶりを頭に入れておこう」と。
すると、偶然、今日、その子の親御さんからご連絡を頂きまして。サッカーのことで少しお話を。お話の内容はここには書きませんが、サッカーをしている、中学生になる前の子を持つ親御さんや子供なら誰でも通るテーマですね。私なりの考えをお話ししました。
その話の中で、15日のプレーの良さやその前日のスクールでのキレキレの動きを少しお話しすると、本人は今日も調子が良かったそうで、今日できたプレーのことを「過去最高のプレーができた」というぐらい興奮して話してくれたそうです。こうして、自分の一つのプレーに興奮できる子、思いを一つ一つに詰めてプレーしている子は、やっぱりいいですね。動きに勢いがあります。ただ「ガツガツしている」というのとは違います。楽しいから体が欲するボールへの動きとでも言うのでしょうか。サッカーのプレーを楽しむ、サッカーを追いかける体の動き。
これからまだまだ成長しますよ、きっと。
ところで・・・
こういうのとは少し違う「一生懸命?」という様子も、数日前に見ました。
子供が声を出しているのですが、それは、注意されるのを避けるために出しているような声ばかりで。誰かに何かを言ったり、味方のプレーに対して何かを言ったりしているのですが、その言葉はどこかにちゃんと向かっているのではない声のように感じました。プレーにまっすぐに向かっているのでもなく、人にまっすぐに向かっているのでもない声。そういう声を出すことは覚えない方がいいでしょう。出して、後悔するのはいいことでしょうが、出して、後悔できないで満足してしまうようだと、サッカーの楽しさから離れていくような気がします。
前半に書いた子は、声をたくさん出す子ではありません。でも、この子はサッカーの楽しさをどんどん感じていっています。
サッカーをする子のプレーや行動を見る時には、表面のことには振り回されず、芯を見ることをお奨めします。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラの紹介は(初めての方用)→こちらをクリック
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

バタフライ

道端に一匹のチョウ。子供を連れたお母さんが気づき、でも、自転車に小さな子も乗せているから動かせないし・・・という感じでした。その方の様子を見て、私もそこにチョウがいることに気づいたんですけど、私もどうしても動けない状況で。
そのお母さんと子供は、「どうしよう」と思いながらもそのまま行ってしまい、自転車が行き交う中、チョウはまだそこにいて。
何度もそばを人が通り、「早く飛んで」と思っても飛ばず。私、今は動けないんです、どうしても。
チョウ、色んな人に気づいてはもらえるのに。
人通りが増えて来て、自転車の人は気づかないでそばを通ることも増えてきて・・・ああ、もう、これは・・・。
すると、他の親子連れが気づいてくれ、子供がチョウを眺めました。「そうそう、そこは危ないからね、違う場に連れて行ってあげて」。
でも、お母さんが「ほら、行くよ」と声をかけ、その子もまた歩き始めちゃいました。
「これは行かないとダメだ」と思った次の瞬間、また1台の自転車が通り・・・あ、ダメだ、このタイミングで通るなんて。
が・・・ギリギリセーフ! そして、よし、もう行かないと! と、荷物を置きその場に目を移したら、チョウがいない!
えっ、今の自転車は大丈夫だったよな、な・・・それとも、え、ダメだったの・・・え、え、でも大丈夫だったはずだよな・・・え、見間違い?!・・・と思っていたら、2、3m右上に飛んでいるチョウが見えました。ちゃんと飛べてるじゃん!
ああ、良かったぁ。こんなこともあるんですね。
羽、大きいなぁと思いました。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラの紹介は(初めての方用)→こちらをクリック
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

平安二段

ソラにはチームに入っていない子もたくさん来ています。7月から新しい子がたくさん増えていますが、チームに入っている子もたくさんいますし、チームに入っていない子もたくさんいます。
子供の伸びるサッカーには、チームに入っている・いないは関係がないので、どの子も楽しんでお互いに伸び・お互いを伸ばしています。
自分が好きな、色んなスポーツの中の一つとして、ソラでサッカーをやる子もいますし、色んな習い事の一つとして、ソラに通う子もいます。色んなスポーツや習い事、いいと思いますよ。スポーツや習い事でなくても。
色々なことをやることは、子供にとっては自然なことですもんね。
そういえば、この前遊びに来てくれた子の妹さんが、空手の形を見せてくれました。チビッ子ちゃんですが、よくできていましたよ。気合いを入れるところではちゃんと気合いを入れ、「エイーッ!」。
こうして、「見て!」と言えるものがあるのって、いいですよね。
自分を認める経験、認めてもらう経験をすることが大切な時です。
その中の一つにサッカーがなればいいと思うし、そういう場の一つにソラでの空間がなれば嬉しく思います。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラの紹介は(初めての方用)→こちらをクリック
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

大会会場にて

昨日はミニゲームの大会を見にいきました。9月からソラに来ている子の中には6年生の子もいるので、残りの期間を考えると、チームでどんなプレーをしているのか、どんな雰囲気なのか等、早めに見ておきたいなと思いまして。スクールでの動きや雰囲気をより正しく捉えるにはそういうことも必要なので。また、夏空やスクールの練習効果を確かめたい子たちも昨日はたくさんそこにいるようだったので、様子を見に。
確認できたことや驚きの発見など色々ありましたが、それらをまた個人への働きかけやスクールの活動に生かしていきたいと思います。
帰りの車の中ではすでに「ああしよう」「こうしよう」と頭の中で始まり・・・4時間しっかり情報整理をして考えることができました。渋滞ひどすぎ! 昨日は暑さもすごかったので、家につき・・・食事だけして9時には寝ていました〜。
ところで、会場で会った保護者の方に、どうやって試合の情報などを得ているのかとご質問頂きましたが、ホームページに載っている情報を見たり、子供から「見に来る?」と聞かれ、だいたいの会場・時間を教えてもらったり・・・そんな感じで情報を得ています。
中途半端な時間に出発すると到着までにとんでもなく時間がかかるので、時間のロスを省くために、見に行くときは早めに出発しちゃいます。ですから、試合時間や大会の時間など、詳細はわからなくても関係ないのです(ちなみに昨日も5時出です)。細かく親御さんに聞いても行けなくなってしまうかもしれないので、聞きにくく・・・なので、大会の情報などをホームページで調べていくことが多いのです。
会場では子供たちや皆さんの邪魔をしないようにおとなしくしていますので、愛想のないヤツだと思われるかもしれませんが・・・不必要に声をかけてお邪魔をしないようにしているだけですからね、お許しを。試合とかを離れたところで見ていることが多いのも、そういう理由です。
ところでところで、昨日の印象は・・・
やっぱり6年生は動きが速くなっていますね。遠くから見ていて、「あいつ、速いな」と思って近くまで見に行ったら、「なんだ、お前か?!」なんてことも。スクールのゲームを見ていても、ここのところ動きのキレが上がっている子が多いですが、こうして一般の場で見るとそれがよりはっきりすることもありますね。
昨日は色々と見ることができて良かったです。
今日もきっと試合の子がいるのでしょうね。
みんな、サッカーを楽しんで。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラの紹介は(初めての方用)→こちらをクリック
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

子供チーム

木曜日、6年生の子が泣きました。他の6年生に泣かされました・・・。
まだここに来て時間があまりたっていない子を泣かすなんて・・・・テメー、このヤロウ・・・そのギャグ、やるじゃねえか(ちょっとジェラシー)。
あ、泣いたのはですね、笑いすぎで涙が出たんです。
ある6年生のおふざけを見て、おかしくておかしくて、笑いだして、こらえても収まらず、涙が涙が止まらない・・・・乙女か!
まあ・・・涙が出るぐらい笑った6年生は、8月に初めてソラに来て、9月から新しく仲間に加わった子・・・。
卒業するまでの期間を考えると、できるだけ早く、素の状態でここで何かをつかむ、何かを(周囲に)与える=この子として存在し、成長していく、そのためにも昨日の一件は良かったですね。
そのおふざけの様子を見て、おふざけ君ともともと仲のよい子は「くだらない」とバッサリ。それでも、おふざけ君は、「もう一回やっていい?」と言ってギャグを披露。そして、泣いている子の涙、止まらず。
まあ、面白い子たちです。
こういう様子を見ていると、チームだなって思います。
試合をするチームという意味ではなくて、同じ目標に向かっているという意味で、チーム。
同じ目標と言っても、ここはスクールなので、みんなで大会に出るぞ、ということはありません。そういう、具体的な共通目標はありません。だから、彼らの進んでいる先にある目標はぼやけて見えるかもしれませんが・・・もっと大きな、「成長していくぞ」っていう目標が、「はっきり」と「同じ」なんですよね。
そして、そこに対してみんなで進む、そういう意味でのチーム。もちろん、個人、グループ・・・個別に小さな目標もありますけどね。
チームには、「色んな」子がいた方が組織としての力も増すし、チーム自体の成長力も増します。
「同じ」と「色んな」は相反するようですが、しません。
「大きな同じ」の中には「小さな違い」も含まれます。
みんな違っているようでも、「成長しよう」という大きな目標に進むところは同じ。ここの子は、そういう部分で、同じものを持っています。
逆に、「小さな同じ」がたくさんあっても、それが「大きな違い」の中にある場合もありますが・・・ソラはそういう場所ではありません。だから、「小さな同じ」にはこだわりません。
持っている、成長したいという思い、力、そこに向かいたいという本能。
子供チームとして、どんどん進んで行ってほしいですね。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラの紹介は(初めての方用)→こちらをクリック
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

怒られることはいいことだ

数週間前のゲーム時に、「もっと攻めなよ」と話をした子。
他のことも含めて、その日のゲームは、この子にとって、ちょっときつかったと思います。でも、みんなの中で、色んなことを感じなきゃいけないはずだったので。何でそんなに言うのだろうと思われても、もったいないこと、知らなくてはいけないことは言います。ちょっときつくても、その感じ方を見て、働きかける強さ、時間、方法を考えます。
その日から時間がたち、毎週、成長を見せてきている子。
2,3カ月前の彼とは別人です。
まだ、私が「攻めなよ」と声をかけることもありますが、ただ軽く言うだけでよく、他の子たちが自然に声をかけることも多く、その声に対して、相応しい時間と行動で応えることが多くなりました。
数週間前に、私がこの子に攻めさせようとした時にした働きかけはかなり強めのものだったと思います。厳しく注意という意味での強めということではありません。周囲がこの子を放っておかないぞ、お前も頑張らないといけないんだぞ、ということがヒシヒシと伝わる強さという意味での強さが強め。他の子からもこの子に声がたくさん出る状況にしましたから。
でも、そうでないと、みんなが互いに成長しない、成長させない。だからそうしたんですが、その日の中ではただその状況に対してできる自分の防御をしているだけでした。きつかったと思うので、その防御で十分でした。感じている様子はわかりましたから。
でも、それでは絶対に「いい気持ち」で帰れるわけはなく。それでもいいんです。こういう日も必要だったのです。だって、公園だったらあたり前ですもん(今の公園事情は少し変わっているかもしれませんが)。
そして、それでも、その後も、ここにいる友達のところへこの子はやってきて、自分のすべきことをするようになりました。
友達の声の受け取り方を相応しい大きさで理解したのだと思います。応え方も。また、数週間前、この子に声をかける側になった子も、きっと大切なことは学んでいます。そういう時でも、みんなに言われることはちょっときついこともあること。そういう、みんなに言われることのきつさを一番理解しているだろうなと思う子が、実は、この子の大成長に大きく関わっています。
これ以上書くと、長く長くなるので書きませんが、そうなんですよ。
チーム分けの時の行動、練習時の行動、休憩中の行動・・・絶対に普段怒られることの多いアイツが、この子の成長に大きく力を与えています。
順に怒られることなんてなんのその。しっかり吸収していけばいいんです。
友達を成長させる力だって、心だって、どんどん育つんですから。
行け行け、ソラッ子!
・・・と応援しながら、怒る時は怒りますよ~。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラの紹介は(初めての方用)→こちらをクリック
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

左右違うクツ

昨日、幼稚園の子で、右と左のクツの違う子が・・・。お母さんも、左右違うクツを見て驚いたそうですが・・・話を聞くと、子供がわざわざそうしたらしいです。
左足でシュートを打てるように、ボールを蹴りやすいクツを左に、ドリブル用に違うクツを右に。
あはははははーでしょう。すごいすごい、年長さんの頭。
昨日は様子を見て、危なくないようだったので、そのままやらせました。
そして、肝心のゲームでは、左足じゃないとシュートをしにくいぞという場面でも「右足」でドーン。
・・・・なんのための左足のクツだね?・・・。
その場面を見て、お母さんは爆笑していました。私達も爆笑しちゃいました。
夢中になるとね、忘れちゃうこともあるからね・・・。
それにしても、子供は色々考えますよね。
こうして子供たちが「今」の頭で考えることには魅力がありますね。正しいかどうかということに関係なく、魅力があります。いいなぁ、子供。もちろん、魅力があるだけでなく、正しいこともあります。
大人は色々考えて、そういう発想を商品化したり、具体化したりしますが、子供は子供の頭のままで考えると自然にそういうものをはじき出すからいいですね。大切にしてほしいです、今の頭。無理に早く進んで今できる大発見を無駄にしてしまわないように。子供の歩幅で歩き、走り、飛んでいきたまえ。そして、転んでみたまえ。それでも立ちあがっていきたまえ。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラの紹介は(初めての方用)→こちらをクリック
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

ソラ・ピステ

そうそう、今週からお配りしている通信で案内しているソラ・ピステ(ソラピ?)ですが、一応、見本として、紺と黒(L)をコート横のテーブルに置いておきますね。
結構イイ感じです。興味のある方は見て下さいということで。

|

遊びの間

水曜日コースに来ている子のお父さんが、練習を見たいということでお休みを取ってくれたようで。どうもです。しっかり見てもらいました。どの曜日も好きですが、水曜日もいいですよね、やっぱり。こんな感じで、6月から始まった2・3年生の水曜日コースは、気がつけば空きがあと2名に。
ゲームも練習も、見ていてなかなか面白いですよ。しっかりと成長していることが本当によくわかります。もちろん、U-12クラスもいいですけどね。
2・3年生の子は、ゲームの休憩中にビーチボールで遊び始める子が。
こういう時に注意をすることもありますが、今日はOK。
最初は、ある二人の子が休憩。この二人、まだそこまで馴染んでいないので、離れて休んでいる感じです。
そして、次の子が二人休憩。この二人は学年も学校も違いますが・・・さすが、3年。やるじゃないか。ビーチボールを2年生の子に投げ、遊びスタート。2年生の子は、自分から年上の子の中に入っていくタイプではありません。この3年生、ナイスですね。
その遊ぶ様子を見ていた、次の二人も、その次の二人も、休憩中はビーチボールで遊び・・・さて、休憩が一巡し、また最初の二人組が休憩の番になりました。
さっきは、二人とも硬くて・・・が、今度は遊び始めましたよ。
そう、そうなんです。こういう子供の変化がすごく面白い。あたり前だけど、あたり前じゃなくなっている、こういう時間と場所。
この二人、最初の休憩時も、一人の子はビーチボールを持っていたんです。でも、もう一人の子がゲームの方を見ていて(初めての子と何かをするの、まだこの子は苦手なところもあるから)遊びにはならなかったんです。ボールを持つもう一人も、自分から声をかけて遊び始めるタイプじゃないし。
それがさっきの休憩中の二人。その後、さっき書いたように他の休憩組がビーチボールで遊んでいる様子を「あ、楽しそう」とゲーム中に見ていて、次に自分たちが休憩の時には自然に遊びが始まったんです。
こうして、関係を作っていくんですよね、子供たち。まだ道具が必要なこともありますが、こういうことを繰り返し、やがて、道具がなくても関係を作れるようになっていくのでしょう。そして、そういうことは、サッカーの中でも当然生きてくるはずで・・・。
しっかり育てよ、子供たち。ちゃんと使えよ、自分の力。そして出させろ、友達の力。
なかなか良い感じの休憩&ゲームでした。
あ、ところで、ビーチボールは、小学生クラスの前にあった、親子教室で使ったのでありました。ちなみに、午前中のお母さん教室でも使ったのでありました。
親子教室もお母さん教室も、なかなか楽しい、いいスタートを切りましたよ。
あ、ところでところで、さっきの子たちですが・・・彼らの休憩場所には、サッカーボールとビーチボールがあったんですよ。でも、選んだのはビーチボールだったんです。自然でいいでしょう。サッカー大好きな子たちも、その時、そこで遊ぶのはビーチボールが楽しいと思ったんでしょうね。普段あまりさわれないし。こういう好奇心と子供らしさを大切にしていきたまえ! 
ビーチボールを選ぶ子は、サッカーには熱心じゃないように思われるかもしれませんが・・・プレーを見ていれば、サッカーを大好きなことがよくわかりますよ。「子供」なんです、子供の時間をしっかり過ごせ!

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラの紹介は(初めての方用)→こちらをクリック
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

ご見学の方が

昨日は、U-12クラスの時にご見学されている方がいらっしゃいました。
誰かの兄弟かな? と思ったら、違いまして、ご見学。
見学されている方がいる時には、初めて来た方が外から見ていても安心してもらえるように、ただ明るく楽しく練習すればいいものを、そうはできず・・・。その場に大切なことを言う、その場に必要な空間作りをするしかできない、そういうスクールです。
昨日は厳しめにすべき雰囲気だったので、「厳しめ」で。
どうしても、「その場にいる子が伸びるために何が大切?」だけになってしまうのです。
もちろん、明るく、楽しくしていることもたくさんありますよ。それは、その時その場にいる子たちにとって、それがいいと思う時だから。
確率的には超楽しい雰囲気の時も普通の時も厳しい時も、全部、多いです。
だから、子供たちも来続けているし、練習を見ている親御さんも子供を預け続けてくれているのだと思いますが、昨日は「厳しめ」で。
練習後、声をかけて下さり、来週体験に来てくれるそうで、良かったです。
少しお話ししましたが、はい、そうです、殻を破る力は大切です。
そういう部分も、かなりこだわったスクールです。
もちろん、子供たちの経験や様々な状況を考えて働きかけは行いますが。
ちなみに、昨日の、ちょっと厳しめの雰囲気も、実は、「殻を破る」ということに関係しています。
練習の最初に、「知らない人にもたくさん声をかけてやってみよう、そういう部分のチャレンジも大切だ」と話して練習をして、その後の経過を見た上で、これは、ちょっと注意をする必要があるなと感じたので、昨日のような雰囲気になったのでした、はい。
とは言っても、最終的に子供たちはちゃんと調整して、楽しんじゃいますけどね。
そして、今日もご見学と言うか、スクールに直接来られた方がいらっしゃいまして。その方も今度体験に来てくれます。
夏休みが明けてからもたくさんの方が見学に来たり、たくさんの子が体験に来たり、実際にソラに入ったりしています。
本当に一つの曜日の人数が、一、二週間で大きく変化することが多いですね、今は。
今日来てくれた子は、良かったです、まだ空いていましたから。こんな感じで増えていますので、人数的にはギリギリセーフです。
昨日も今日も、ここに来てくれた方は、最近入った子の親御さんから、スクールの様子を聞いていらっしゃっているようです。
こうして、スクールのことを皆さんにご理解頂けて本当に嬉しいです。100%本物の働きかけだけで行っているスクールを経験して、「いいよ」と言ってもらえるのは嬉しいです。
皆さんの気持ちに応えられるように頑張りますよ!!!

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラの紹介は(初めての方用)→こちらをクリック
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

表情

昨日はU−12クラス後、中学生が学校の試験前で来ず・・・少し時間ができたので、ちょっとの時間残っていいかを親御さんに聞いて、「OKだった子は、遊んでいっていいよ」と。
子供たちはゲームをしていましたが、普段、あんな感じのゲームをたくさんできるといいですね。みんな楽しそうでしたよ。
U−9クラスの子も、すごく楽しそうにプレーをしていました。その表情を見て安心し、曜日を増やすことを決めた方もいらっしゃいました。子供だけでなく、親御さんも嬉しそうでした。
もちろん、子供のそういう表情を見ることができて、私たちも嬉しいです。
子供の動き、表情を見て頂ける皆さんに感謝です。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラの紹介は(初めての方用)→こちらをクリック
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

いろいろ

●夏休み明けの先週の練習。久しぶりに会う子もいました。もっと話せる時間を持ちたかったのですが、全体の様子を見る時間を多く持つ必要があったので、あまり話さないようにしました。
話していると楽しいので、ついつい話しちゃいますが、運動の刺激が少なくなっては、今伸びる部分を伸ばせないし、それに、子供同士で話す時間も大切なので、私も我慢しないといけません。練習中のちょっとした時間を見つけて、ちょこちょこ話したり、遊んだりしていきたいと思います。

●小さい子は自由に色々とやりたがります。たまに、コーチが置いたセットも変えちゃう。それで良いこともあるのですが、だめなこともあります。安全面、運動の吸収面、その他、色々な理由から。
単純に「全部ダメ」ではもったいなく、「全部OK」でももったいないので・・・バランスを大切にして見ています。

●会員の方には、今日から配布の通信で、ソラ・ピステのご案内をしていまーす。興味のある方は見てみてください。

=先週の練習から=
U−12クラス、集合して出席を取っている時に、「あっ」と言って立ち上がる子がいました。「ん?」と見ると、歩きながら、「ほら」とある子の靴を指さしました。靴が同じ。横に座り、話し始めました。
同じ、色違い、おそろい・・・偶然でもそうでなくても、嬉しいですよね。
また、それとは逆に、自分の持っているものが他の子と違うことを嬉しく思うこともありますよね。
「同じ」も嬉しく、「違う」も嬉しく・・・共通点は「特別なこと」かな?
みんな、やっぱり特別が嬉しいですよね。
一人一人が大切で、一つ一つが大切で。ぼく、わたしが大切で。子供はもともと、そういうものなんですよね。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラの紹介は(初めての方用)→こちらをクリック
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

金曜日コース

昨日の金曜日コースもUー9,Uー12クラスともに無事に終了。
新学期の一週目を無事に、楽しく、スタートを切ることができました。子供たち、サンキュー!
みんなの様子を見ながらの、少し硬めのスタートでしたが、まずは、無事に、楽しく。
いきなりサングラスをして、声をかけてくるお調子者もいましたが・・・この子は夏前からサングラスがマイブームらしいです。
U−12クラスの子なんですけどね、U−9クラスの練習の終わり頃に駐車場の方から声がして、「何だろか?」と思ったら、サングラスをしたその子が腕を組んで立っていました。
こら・・・3年生が苦笑いしていたぞ・・・。
U−9クラスでは、少しずつしっかりと成長していることのわかる子がたくさん。
U−12クラスは、いきなり飛ばしていましたね、みんな

いい一週間でした。
そういえば、体験に来た子がまたそのままソラッ子になりました。
ソラの空間を楽しんでね!!
*U−12クラスの金曜日コースも空きがわずかとなりました。ご希望の方はお早めにご連絡ください。あと2名です。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラの紹介は(初めての方用)→こちらをクリック
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

食の安全?

食の安全・・・よく聞く言葉ですね。食の安全には気をつける人がたくさんいると思います。
そして、ふと気になったのが、心の安全。心、こころ。大きな心、小さなこころ。
すごく大切なもの。どこまで気にしているのだろうか、私たち大人は。どこまで大切にできているのだろうか、本当に。
気をつけなきゃ。
数値化できないもの、計測できないもの。だからこそ、大切にする意識をより強く。
■□■□■□■
今日(木)、久しぶりに会った子。
「なんだよ、久しぶりに会ったから挨拶してやろうと思ったのによ~」が子供からの第一声。
元気に来れば、それで嬉しい。挨拶などいらん。
でも、こういう言葉は嬉しい。
■□■□■□■
昨日、あるお父さんがソラTを着て来てくれました。
ありがとうございます。
今日、お母さんが来たので、その話をすると、「毎日着ていますから」とのこと。
ありがとうございます。
sonoyosade - - -その良さで。素の良さで。
怒ったり、笑ったり、仲良くなったり、たまにケンカしたり・・・忙しい子供たちですが、あるんだぞ、みんなに、良さ。
みんなの良さを大事にしなね。
良さを生かして成長するんだぞ。
素。持っているんだぞ、良さ。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラの紹介は(初めての方用)→こちらをクリック
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

水曜日コースと木曜日コースも好スタート

水曜日のU-9クラスは、6月から新たにスタートしたクラスなので、まだ子供たちがお互いに静か~。ソラとしては珍しいクラスですね。新鮮と言えば新鮮かな。
みんなお互いに子供なのだから、もっと慣れてもいいのになとも思いますが、もう少し時間が必要なんですね。知らない子と遊ぶ機会もきっと減っていると思いますし・・・。もっと遠慮しないでどんどん関われるようになるといいなと思ってみています。うーん、もう少しもう少し。
U-12クラスは、ああ、うるさいうるさい。でも、うん、いいですね。
ケガもなく、無事にスタート。これが一番。
木曜日は天気に多少邪魔をされたものの、好スタートです。
U-6とU-9クラスは・・・「こらこら場面」がありながらも何とか無事にスタートです。
U-9クラスは、本当に成長して、一つ上に行く前にみんなでまたつまずいて、また一歩進めるようになって・・・というように、少しずつ少しずつ成長しています。進み方は時に雑で粗い部分もありますが、そういう成長でいいのだと私は思います。もちろん、必要なことは言いますし、注意もしますが、子供の空間で、すごく可能性を感じさせる空間です。
U-12クラスは、9月からソラに来ることになった子がたくさんいるクラス。
新しい雰囲気と前からある雰囲気とがくっついて、また新しい雰囲気に。
全部、好きです。空間にある雰囲気。
あとは金曜日の練習が無事に終われば、ケガ・事故なしのスタートになります。
気をつけて、また来週もみんなで会えるようにしたいと思います。
*今日もご入会のご連絡を頂きましたが・・・U-9とU-12の木曜日コースは只今空き待ちとなっています。ご迷惑をおかけしてすみません。
*またまたご体験のご連絡を頂きました。各曜日の在籍状況は日に日に変化しています。ご連絡はお早めに。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラの紹介は(初めての方用)→こちらをクリック
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

火曜日コースも順調に

昨日も、9月からソラに来ることになった子と、初めてソラに来た子がたくさんいました。
みんな、楽しそうでいいですね。
高学年のクラスに来た子は、練習前に少しドキドキしていたようですね。ドキドキからのスタート、応援します。高学年の子は、ちょうど9月からゲーム中の動き(個人的に覚えた方が良い部分)も覚えて行く時期なので、9月から来れるといいですね。昨日は天候等を考えて一部メニューを変えたため、動きについては触れませんでしたが、大事なことを、必要な範囲でやりますからね。
低学年のクラスに来た子は最初から元気でしたね、驚いた。
幼稚園の子は、みんな夏休みに来ていたので、空間を捉えるという部分では(みんなの様子を夏休みの間も見ていますから)安心して見ることができました。
新学期、火曜日コースも順調にスタートです。
*昨日もご体験のお申し込みがありましたが、ご体験・ご入会のお申し込みが続いていて、各曜日の人数がどんどん変わっています。すでに空き待ちの曜日や空き人数の少ない曜日もいくつかありますが、ここ数カ月の様子を見ると、一週間で、同じ曜日の子が5人以上増えてしまうこともありますので、ご希望の曜日が決まっている方は、お早めにご連絡下さい。
*スクール中は電話に出ることができないこともありますが、そのような場合は、留守番電話にお名前・ご連絡先・メッセージを残して下さい。よろしくお願いします。
=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラの紹介は(初めての方用)→こちらをクリック
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

話題を変えて

昨日のU-12クラスは、夏休みに会っていた子ばかり。最近の様子をわかっているので安心のスタート。
ゲームでは、ちょっときつい気持ちになった子もいたと思います。友達がある子の名前をたくさん呼ぶ状況を作ったので。たくさん名前を呼ばれると、固くなることもあります。リラックスする場合もありますが、昨日の子はきっと固くなります。子供たちが自然にそうしてしまい、固くさせている場合は、「それではイカンよ」ということを説明することもあります。でも、昨日は呼ばせました。
スクールは、練習、休憩、ゲームで成り立っています。
練習では、ワザの練習をするのですが、「一緒にやろう」と言った子の気持ちを考えることも大切です。その時に、あまりにも相手の子の気持ちを考えないでやっていると、「一緒にやろう」と言った子が離れていくこともあります。そういう感じでいつも練習をしていると、少しずつ周りの子と距離が生まれて行くことがあります。
少しずつ開いてきて、それでお互いに固まり始めたら、もったいないまま固まります。それはソラの空間ではありません。それぞれ、色々な子がいていいのですが、つながっていないと。
あのままでは、ダメ。この子も、もっと知らないと。
だから、ゲームでは、その子の名をたくさんの子が呼ぶのを、その子が少し固くなっても、見ていました。
でも、だからこそ、意思を伝えたのに逆の動きになっちゃうとか、お互いに「ごめん」となるとか、気持ちの関わりが生まれるんです。この子は練習中にその関わりを持たなかったので、ここで一気に持たせます。
放っておいていい場合もありますが、これまでの様子から、放っておくより、こっちだと思いました。
次の練習で、少し変わるはずです。
ところで・・・まじめな話ばかりなので、バカな話を。
昨日はU-15クラスもありました。
中3の子たち、すごいです。本当に信頼できますね。
この前は、昨日来た中3の子にドリブルで振り切られる夢を見ました(チェッ)。
そういう時、ダメでもともとでもスライディングタックルをすることがあります。すれば、ちょっとボールに触れるかもしれないので、何かが起きる可能性もあり、また、ボールのコースが少しそれれば、一瞬、時間をかせげることがあるので、ダメでもともとでもすることがあるのです。なので、夢の中でもスライディングをエイッ!
ええ、結果的に完全に振り切られたんですけど、その時、ボールに少し触った感触がして・・・数秒後に「何か蹴ったぞ?」と目を覚まし・・・。
ベッドのクッション(大きなバナナ)を蹴り、それが下に落ち、寝ていた犬のそばに落ちた模様。
突然襲い来る、自分の体の5倍くらいのバナナ・・・犬のトラウマにならなければいいのですが・・・。
Meda_2 ところでところで・・・
写真のメダルは、今日初めてソラに来る子のお兄ちゃんが小学生だった頃にくれたもの。8年ぐらいたっているのかな? 覚えているかな?
お兄ちゃんはさぞかっこよくなったのでしょう。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラの紹介は(初めての方用)→こちらをクリック
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

たった一つ

無理。やっぱり眠れるわけがない。楽しいことがたくさんあっても、たった一つ、子供がかわいそうなことがあればまともに休めない。
休まなきゃ休まなきゃと思っても、無理。
楽しいことたくさんでバランスを取ろうと思ってもそれができない。こういうことにプラスマイナスゼロはない。
どの子も悪くないから、ただいい空間にしなきゃ。
子供の言葉、小さな言葉、弱い言葉、小さな行動、それら全てを大切に。

|

3年坊主ども

新学期のスタートは、U-9クラス・月曜日コースから。
コートに来る子たちが、あいさつをしてきます。こちらから先にあいさつをすることもあります。
そんなあいさつを繰り返していると、あいさつをしない子が。
そう、この子は、あいさつをする時もしない時もありますが、こちらを確認して、わざとしない。まったく。
ですが、半分遊びも入っているので、私はべつにいいのです。
他にも、こちらを確認してわざと隠れながら来る子、絶対に目を合わせないように荷物で顔を隠しながら来る子など、様々です。
あいさつは大切ですよね。だから、ちゃんとすべきですよ。する子、いいと思いますよ。元気にした方が絶対にいいですよ。
ですが、この子たちとの場合には、あいさつをいらぬ関係になっている部分もあるので、あいさつ抜きにもう会話が始まるとか、そういう感じもありまして。あいさつとか礼儀を軽んじているわけではありません。
そういえば、先週は、電話でこんなこともありました。
電話がきて、私の声を聞くなり、「あのさぁ」と話しだす子。あははは、お前、目の前にいる状態でする、完全に普通の会話じゃないか。いきなり「あのさぁ」はないだろうが。他にもこんな感じの、超自然なやりとりがちょくちょくあります。
あいさつの種類というか、受け答えの種類というか、そういうのが、様々なんです。
ただ、さようならのあいさつは、ほとんどの子がしますね。
ちゃんと全体で「さようなら」をした後に、わざわざ「さようなら」を言いに来てから帰る子がたくさんいます。不思議ですね。子供なりに色々とあるんですね、あいさつの捉え方が。
あ、ところで、今日、そのあいさつをしなかった子(3年生)ですけどね、練習中のことをちょっとお話ししますね。
今日からソラに入る子がいて、おそらくその子はドキドキしていたと思うんですけど、さっきのあいさつをしない3年坊主は、その子と二人組を組んでですね、まだやり方がわからないことの多いその子に、色々と教えてあげてるんですよ。「こうだよ、ああだよ」という感じで。しかも、競争形式のメニューの時には、わざとちょっとだけ手を抜いて、その子も楽しめるようにしてあげたり。今日からソラに来る子が二人いたのですが、この3年坊主、その二人と一緒に練習をしています。自分たちで二人組を作ることが多いので、自分から組んだのだと思います。年下の子とかにすごく優しいんですよ、この子。「だからって礼儀がなっていないのは・・・」と思われるかもしれませんが、ちゃんと子供が持つべき礼儀は持っていると私は思っています。一緒に練習をしていた子の顔、一緒に練習をしている時の顔を見れば、それはわかります。
あ・・・ところでところで、他にもいつもおふざけあいさつ少年がいるのですが、その子たちには先週、あることですごく怒ったんです。
結構、怒ったので、今日はどんな感じで来るのかと思っていました。
少しだけ、大人の言うことを強く受け入れすぎてしまう部分もあるようなので、この土日に様子を確認しようかなとも思ったのですが、私たちソラスタッフと彼らの関係がある上で、この前の注意をどのように捉え、もうちゃんと回復をしているのかをよく見るために、この土日は連絡をせず、今日のあいさつの時の様子で色々なことを判断しようと思っていました。
そうしたら、いつも通り。当然、おふざけのあいさつ。
そう、いつも通りでいいんです。この前のことはあの時にわかればいいこと。ずっと引きずるべきことなんかではありませんから。
この子たちも愉快な3年坊主。
1年生、2年生の子は、こういう3年坊主がいて、ラッキーだなと思いますよ。
本物の子供から、子供のことを学べ!

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラの紹介は(初めての方用)→こちらをクリック
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

新学期スタート

さて、今日から新学期スタートです。
新しい友達もたくさん来ます。
子供たちの空間もまた変化・成長するでしょう。
学校やチームの枠を越えて集まる子供たち。
「子供」同士の関わりから、たくさんのことを学びますように。
もちろん、大きく大きく、成長しますよ。

|

ショートショート

週末はここのところ色々とバタバタしていまして、今日は電車移動。
移動中、メニューを書きつつ、睡魔に襲われ・・・。練習は決まっているのですが、目を閉じて色々と想像している間に寝てしまうことがたまにあります。ということで、素直に寝ることにしたのですが、「あ、ニヤついている顔しちゃっているぞ」と思いながら目が覚めちゃいました。こういう時、寝たままのフリをするか目を開くか悩みますよね。今日はそっと目を開けてみましたが、セーフでした。
ところで、なぜニヤついた顔になったかというとですね、夢の中で、アイツが私に向かって「ボールを当てるぞ」という顔でのぞきこんで来たんですよ。ニヤニヤしながら。それで、こっちも笑っちゃって、ニヤつき、起きたのでした。当てられる前に目が覚めて良かった。
なぜアイツだったのか? たぶん、金曜日にスネ当てを忘れていったことで、イタズラ&おマヌケっぷりが記憶に残っていたのでしょう。
なかなか楽しませてくれるソラッ子たちです。
ところで・・・
先週、卒業生の子がちょこっと立ち寄ってくれました。親御さんが連れてきてくれたのですが、まあ中学2年生。久しぶりに来て、照れているのか、あまり話さない。へえ、成長しているんですね。
年中の頃は、練習中に、仲のいい友達とかいじゅうごっこをしていた子。
何かあるとすぐに膝を抱えて座っていた子。まあ、立派になったもんです。
サッカー(だけ?)、頑張っているようで。また遊びに来るの、待っています。
ところでところで・・・
更衣室で豊田と話していると、毎週、会うお方が。
その方から、二週間前に話しかけて頂きまして、少し話しました。そして、先週は、またまた色々とお話を。私達のずっとセンパイ。ちなみに種目はテニスをされています。すごいですね。ソフトな感じですが、ご立派感が漂っています。
声をかけてくれる、話しかけてくれる・・・やっぱり嬉しいですよね。
こうして、少しずつ顔見知りになり、色々話すのって、なんか楽しいですよね。
ソラの子も、それでいいと思っています。
人見知りをする子、初めての場が苦手な子、それでいいと思います。
少しずつ、関係を深めていけて、なんか楽しい、ここが好き。話すのってやっぱり楽しいんだ。知り会うのってやっぱり楽しいんだ。それでいいと思います。
なんていう感じの今日この頃でした。

|

金曜日コースで締め!

サマースクール「夏空」が無事に終わりました。
U-9クラスはほんのちょっとお説教、だけど十分「復活君」。
みんな色んなこと、十分なこと、足りないことをたくさん見せてくれました。
だから、経験した方がいいと思ったことは経験させました。あ、プレーのテクニックとはちょっと離れた部分もありますが。でも、子供たちって、そういう部分の楽しさをすごく大事にしているんですよね。思い出や感想を聞くと、ワザのことよりも、そういう友達との経験についての部分の方が強いですもんね。
だから、私達も大切にします。
今年のサマースクールのテーマはみんなよく吸収していましたね。もうビックリ。
ゲームもすごく楽しかったです。
U-12クラスは・・・他の曜日もすごかったんですけどね、劣らずすごい空間、作っていましたね。本当に驚きますね。あんな感じで、伸びる空間をどんどん作れるんですもんね、子供たち。
ゲームは4~6年生で一緒にやりましたが、動きの量・質、関わり方、楽しみ方・・・みんながすごくて、しっかり存在して、小さな学校みたいな感じが好きです。
年下の子と一緒にやっていますけど、6年生の子も、メチャクチャ伸びるんですよ、本当に。
これまで、遠慮がちになることもあった、ある4年生の子の表情がより明るく、動きがより良くなっていますが、それには、学校の違う6年生のある子の存在が大きいです。ここ数週間、その関係のお陰で、4年生の子が大きく大きく成長し、サッカーをより楽しむようになりました。そして、6年生の子も、より動きにメリハリが出て、より積極性が増し、とにかくハリキリ全力ボーイになり、より成長しました。4年生の子はチームには入っていない子、6年生はチームに入って忙しく活動している子。学校も違う。普段の環境はまったく違いますが、ここでは関係なし。子供にそんなもの、本来は関係ないのです。
この二人がお互いの力を高め合っている、お互いの心を幅広く、深く、大きくしているのは明らかです。こういう関係を作る子がたくさんいますし、この二人も、他の子たちともこういう関係を持っています。
そんな彼らの作る空間で、夏空は終了。
さすがさすがのソラッ子でした。
最高というより、最強の子供力を見せて、夏空、全コース終了!

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラの紹介は(初めての方用)→こちらをクリック
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »