« ファウルで止まるものは | トップページ | プロフェッショナルファウル »

「笑顔のない・・・」の補足

数日前の「笑顔のない一生懸命」というブログですが、ちょっと補足をさせて頂きますね。
ちょうど、関連するご質問を頂いたので。
普段、私はソラに通っている子の様子を見ていますが、今のソラッ子が「笑顔のない一生懸命でどうしよう?」ということではありません。あのブログは、ソラでの子供たちの様子を見て思ったことではありません。
名選手の子供の頃のことが取り上げられることが多いですよね、この頃。そういう場合は、だいたい、小さな頃の一生懸命な部分を大きく取り上げるのですが、そのような中で、「笑顔がない」ぐらいの一生懸命や努力を、必要以上にクローズアップしていることがよくあると思い、書きました。
普通の人が受け取ったら、笑顔がないことの意味を誤解するかもしれないなと思ったんです。
名選手になった人の子供の頃の試合映像を私も見ましたが、ボールを追いかけまくっていて、コートの右端から左端まで、相手のボールを追いかけている場面もありました。追いかけている途中、同じチームの子を追い越していました。つまり、ポジションなんかに関係なく、ボールを追いたくて、触りたくて、プレーをしたくて仕方なかったんですよね。そういう状態になっていたということです。そこまでサッカーを好きになっていたということです。そして、その気持ちでプレーしているから、試合が終わるまでは自然に笑顔がないこともあったのでしょうし、試合が終わっても、もっともっと上手になりたくて、笑顔がないことがあったのかと思います。好きだから、好きになっていったから、自然にそうなったはずなのに、笑顔のない一生懸命さとか努力を強調されすぎ、それを受け取ると、子供や子供の周りの人が「良いこと」だと思い、振り回されることがあります。今、子供を見ている親御さんやコーチが、どう見ても不自然なくらいの笑顔のない状態を「素晴らしいのだ」「そういう努力により良い結果が取れるのだ」と頑なに信じてしまうかもしれません。それを警戒してのブログでした。
ちなみに、日本選手がオリンピック(サッカー)で見せた前線からの早い、しつこいプレスも、サッカーが好きになった子は自然にやってしまうことです。ボールを触りたくて仕方ないから、放っておくと、あんな感じになることがよくあります。
・・・とりあえず、そういった経緯でのブログだったということで。
子供たちが伸びる・伸び始めるきっかけは色々です。伸びる環境も色々。それ(取り組むこと)を好きになることがまずは大切です。無理矢理の一生懸命がそういうことにつながるのかと言えば、決してそうではありません。
サッカーとは全然関係ない話ですが、私の話をいたしましょう。サッカーと関係ない上に私の話なので、興味が一気になくなるかと思いますが、子供のきっかけを考える、成長を考える上では、「へー、こんなこともあるんだ」と、考えの幅を広げられるかもしれません。
私は算数が大きらいでした。小3の頃、九九をみんなの前で暗唱するテストがありましたが、そのテストで合格者がどんどん出て行く中、私はなかなか合格せず、最後の方に残るほど、大きらい、覚えられない、興味ない、でした。
その後は、ほどほどに・・・でしたが、中学の頃、学校を体調不良で休んだ日、当時、兄がやっていた通信教育の数学のテキストを見つけたんです。
あまりにもやることがなく、何を思ったのか(熱のせいか?)、1ページ、手をつけてしまいました。なぜなら、簡単そうで、1ページの問題数も少ないし・・・。そして、手をつけて、解答を見たら、出来ていて(簡単なやつだから)、しかも1ページがすぐに終わったぞ・・・ということで、2ページめ。同じパターンで3ページめ。いつの間にか、問題を解くのが好きになっていました。兄が全く手をつけていなかった、古いテキスト。ですが、私にはそれで得る達成感で十分だったんです。
体調が戻り、学校に行くようになりましたが、数学がいつの間にか、好きに、得意になっていました。
こんなことが、きっかけになるんですよね、子供の場合は。きっと、このテキストがもっと簡単ではダメで、ちょうどいい簡単さだったんですね。難しすぎるではダメで。簡単なことを十分に続けて、いつの間にか難しいことを解けるようになるのは、色んなことに通じるかもしれませんね。
子供に合ったやり方でいいんですよね。
つまり、自分の力を使う機会があるかどうかですね、やっぱり。
自分の力じゃない状態で取り組ませる一生懸命ではなく。
自分の大きさ・力でやっている時には、子供によって、楽しすぎて笑顔がいつも出る子もいれば、ポイントポイントで出る子もいます。成長の段階によっては、笑顔が、みんなと別れた後に出る子もいるでしょう。笑顔ではなく、達成感を強く抱きしめる子もいるでしょう。
それでいいんです。
それぞれの子供に合ったもので。
*そういうことがわかりにくくなっている環境が多いので、あのようなブログを入れたのでした。

=サッカースクール ソラ=
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■深めの通信 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

« ファウルで止まるものは | トップページ | プロフェッショナルファウル »

少年サッカー全般のこと」カテゴリの記事