« 色々でいい | トップページ | 火曜日コースも無事に終了! »

思わぬところで役に立つことが

車に乗りながら、対向車線で右折待ちをしている車を見て、「停まって、行かせようかな」と思いましたが、私の後ろには車が来ていないので、私は停まるより、進んだ方がいいでしょうから(相手も、私が行った後に右折しようと思っているでしょうから)、そのまま進みました。
たまに私は、こういう場合でも、つい、「どうぞ」と停まって(ちゃんと安全は確認しています)、相手のタイミングを逆にずらしちゃうこともあり・・・そういう時は心の中で「ありゃ、ごめんなさい」と。なんてことを考えていたら、「親切心の逆効果」という言葉が頭に浮かびました。「親切心の逆効果」・・・そうそう、中学生の頃にハマったマンガに出てきた言葉です。マンガはギャグマンガの「3年奇面組」。
あのマンガには色んなキャラクターが登場しますが、とにかくみんな個性が強くて。読んではゲラゲラ笑っていた記憶しかありませんが、「個性」をテーマにしたマンガだったんですね。思い出して、ハッとしました。
当時は、自分が子供のことを見るコーチになるとは思っていませんでしたが、「今の自分に、もしかして、すごく役に立っている!?」と。何か、不思議ですね。
無駄な経験なんてないんですね。
ところで、個性とは少し話が変わりますが、昨日、ことあるごとにバナナジェスチャーで私に絡みついてきた子は、夏休み中の様子を色々と話してくれました。ふむふむ、子供たちも色々とやらないといけないことがありますもんね。それを小さな体でふんばっているのかと思うと、なるほど、こういう時間も必要なんだろうなと思います。
思い思いに練習に来て、ここで思い思いの行動を取り、色んなバランスを取っているのでしょう。
ならば、ガマンしましょう、バナナジェスチャー。
練習への取り組み方、楽しみ方がみんな色々。でも、不思議にまとまる時はまとまるソラの空間。色々だけど、それぞれが上に向かおうとしているソラの空間。
つなぎ止めている共通点は「子供」。空間をつなぎ止める最強の要素。これがあれば十分ですね!

|

« 色々でいい | トップページ | 火曜日コースも無事に終了! »

ほぼ独り言」カテゴリの記事