« 一つ上のクラスの練習に参加できますか? | トップページ | お詫び »

不器用さ

高校1年生の子が遊びに来まして。高校生になってからのこと、今の部活の状況などをたくさん話してくれました。よくしゃべるなぁ、お前。中3の頃を思い出します。週に一回とは言え、本当に受験ギリギリまでスクールに来ていて、練習後にはソファに横たわって、「あー」から始まり、勉強のことや学校のことや・・・色々話していました。
小学生の頃、卒業するまでに色んなぶつかり合いをしてきた子で、中学生になっても、そのまま、ははは、すみません、必要な時にはぶつかり合ってきた子だったので・・・中3になり、受験間近のそういう時間は、私にとっても彼らを感じ、安心できる時間でもありました。
その子が高校1年生で、遊びに来て、高校の楽しさに興奮しているからか、話す話す・・・。お前、やけに素直になったなぁ・・・。
と、思ったら、夢でした。
そうだ、だいたい、実際には今、高校2年だ。部活に燃えている頃でしょう。
なぜに夢に出てきた?
おそらく・・・少し前に「不器用」という言葉をここで使ったからかな。この子も不器用なところがあったから。ただ、だからこそ、最終的には、すごく強い、優しい、かっこいいヤツになりましたが。もちろん、サッカーの方もすごく技量を上げましたけどね。
不器用さは、ある意味、すごい可能性を持った原石ですね。
ところで・・・クラス設定などのことを夏休み前にも色々と聞かれることがあったので、(これまでも、ご質問を頂くたびにお答えさせて頂いていましたが)先程、ブログに入れておきました。
ソラ自体、ある意味、不器用なスクールなので、皆さんの愛があって伸びています。感謝です。

|

« 一つ上のクラスの練習に参加できますか? | トップページ | お詫び »

ほぼ独り言」カテゴリの記事