« 嬉しい連絡が | トップページ | 無念な洞察力 »

一人一人を見る - 上がるハードル

先日にご連絡頂いた方は、ソラの評判を色んな方から聞いているようでした。
「できる限りのことはやってるぞ」という自負はありますが、それでも、まだ足りない部分もあるでしょうから、あまりに褒められると、「いえいえ・・・」と答えます。
が、そうすると、その「いえいえ」をかき消すように、「いえいえ、本当に評判いいんですよ!」と言われるので、それはもう有り難く頂いてしまいます。
そういう評判を聞いている方から、「ソラさんなら一人一人を見てもらえそう」と言ってもらえました。
ありがたい言葉なのですが、一瞬、「あれ?」と思いました。
一人一人を見るということは、普段から取り組んでいることなので、もちろん意識はしていますが、「あたり前」という感が強くなっていて、そこがソラの良いところだと言われても、そういうことは他のところでもやっているだろうに・・・・と思いながら、「あ、そうだ」と思い出しました。
本当に、ただ言葉だけで「一人一人を」とか書くのは嫌です、私。それはずっと思っていました。
そう言えば、ずっと前から、そういう部分を大切に思ってくれる方が子供を預けてくれ、そういう部分をよく見ている方がお知り合いの方を紹介してくれていたのでした。
そう言えば、「一人一人を」とか「子供たちを」とか言いながらも、そうされなかった子たちが、ソラに来ることも過去にありました。
私は、良いスクールがたくさんあることは良いことだと思っています。
「子供たちを一人一人見る」「子供たちのために」ということを真剣に追いかけるスクールが多いのはいいことだと思っています。
ただ、実際にはそういう目で見てもらっていなかったのだろうと思える子がスクールに来ることがありました。何年も前から。
そういった子たちの様子を見て、ちゃんと練習に取り組む子なのに、良さがちゃんとある子なのに、「何年も通っていたけどなかなか・・・」と親御さんが言っていたり、子供が自信を失っていたりする様子を見たりして、「一人一人を」とうたいながらもそういう深さで見てもらっていなかったことに対して、悔しく思うこともありました。
実際には、一人一人を見ることって、時間も心も使うので、さらに、心だけでなく、見るポイントを捉えるスキルが必要な部分もありますし、うたうことは簡単でも、やるのはそう簡単なことではないのだと思います。こう言う私達も、努力していますが、まだ足りない部分もあると思いますし。
ただ、こうして、自分たちが普段から強く意識し続けてきて、だから、他のところもそうだろうと勝手に思っている部分があったのですが・・・そうだった、思い出した。
そういう中では、やっぱり、この部分は、ソラの良いところだとして、改めて誇りに思うと同時に、これからもさらに大切にしていこうと思います。
そういえば、先週、練習後に高校生の子がフラッと顔を出しました。
この子は5年生になる直前にソラに来た子でしたが、実は、この子にも、先程書いたようなことを感じた記憶があります。もっと伸びていてもよかったんじゃないのか、コイツって。それでも、ソラに来てから一緒に二年を過ごせ、卒業して何年もたっているのにこうして顔を見せてくれるのだから、良かったと思います。
この子がソラに来て数週間立った時、この子の、その時点での耐えられる力、挑戦できる力、自分をどのように評価しているのか・・・それらを判断する大切な瞬間・場面がありました。ちょっとしたエピソード。ここでは書きませんが。
それを元にして、成長を考え、一緒に過ごした二年。
一人一人を見る - そういう部分にこだわって付き合っていたから、今もこうして遊びに来てくれるのでしょう。
だから、これからも、こだわりますよ。
・・・皆さんも、ハードルを上げちゃいますしね・・・。でも、ガンガン上げていいですからね、ハードル。ハードル上がると燃えるのです。フフフのフ、です。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中 TEL : 042-534-3766
★ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
★通信のおまけ(文章) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
★ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

« 嬉しい連絡が | トップページ | 無念な洞察力 »

「評判系&悩んだら」」カテゴリの記事