« 「うざい」という言葉 | トップページ | メニュー作りスタート! »

夏休み

今朝、「ゲーム形式の練習ではなく・・・」と書いた後に、またサマースクールのお申し込みがきました。本当にですね、ゲーム形式の練習では子供により伸びる部分、伸びない部分がありますし、スキルに偏りがでることもたくさんありますから・・・時間がたっても変わらない部分、不足していく部分も出てくることがあります。
一般的に流行っている、一般的に受け入れられていることと、子供たちに必要なことはイコールではないことがたくさんあります。
テレビなどを見ていても、サッカーのことでなくても、そうですもんね。ちょうど昨日、ある保護者の方とお話ししましたけど、模範的に取り上げられていること、きれいに話されている解決策では、芯を捉えていないことがよくあります。それじゃあ解決しないのも当たり前じゃないかということもあります。生の現場でどれだけ経験しているか、本物の現場でどれだけ経験しているか、中に入ってきたのか。そういうものがなく、子供の中にある根本部分を十分に理解しないで解決策や理想を話しても、それは、本質とは離れたところのものであることもたくさんあるわけです。ただ、そうして広く、信頼性のある場・形で発信されることが、そのまま広がり、流行ること、受け入れられることが多いので、より流行り、より模範のように感じるかもしれません。こういうことはよくあるので、受け取る側が、より現場で起きていることを感じている必要があります。
そういう現場で見ていることを、サマースクールや練習に反映しますから、今日も使っちゃいましたが「絶対」伸ばします、子供。
ドキドキしている子、ドキドキしちゃう子、大歓迎です。
ところで、今日はほかにもご連絡を頂きました。
ソラのサマースクールには、夏休みに千葉に来ることを利用して参加される方もいます。
普段はとっても離れたところにいる方の、こういうご参加、ありがたいですし、嬉しいですね。
なんか、夏の度に帰ってきてくれるようで、遊びにきてくれるようで、いなかのおじちゃんの気分です。
あ・・・ソラッ子の中にも、いなかのおじちゃん、おじいちゃん、おばちゃん、おばあちゃんに会いに行く子、いるかな?
会いに行けるなら、行った方がいいと思いますよ。「サッカー漬け」の夏休み・・・より、行けるなら行った方がいいと思いますよ。
「練習に参加しないといけない」・・・そういう雰囲気がないことを願います。
だって、夏休みですよ。普段、できないこと、しましょう。行けないところに行きましょう。
普段からちゃんと子供たちを見ているチームの人なら、夏休みに詰め込まなくてもいいはずなので、「参加しないと・・・」なんて雰囲気ではないでしょうけど。
おじいちゃん、おばあちゃんのテンポ。
人生で、たくさんのことを見てきた人たちの、テンポ。
慌てすぎちゃいけないこと、大切な部分は何かということ、本当に自然に教えてくれているんだろうなって思います。深くて、ゆっくりした愛情を注いでくれる人がいるのなら、会いにいきましょう。
受け取れる愛情、受け取るべき愛情、感じるべき愛情。
いつもの場所のサッカーの練習だけじゃ足りないもの、きっとありますよ。

|

« 「うざい」という言葉 | トップページ | メニュー作りスタート! »

ほぼ独り言」カテゴリの記事