« 親子教室 | トップページ | 「伝えたいこと-存在(2006年3月の通信)より」 »

腹が立つより・・・

ソラッ子を好きな大人たち・・・はい、はーい! 私もです。好きです、ソラッ子。保護者の方々も好きですね、ソラッ子。
この前も、試合会場で会うソラッ子たちが何とも子供らしく、かわいいと言ってくれる方がいましたし。
今日は、サッカー大好きな感じなソラッ子たちがいいなぁと言ってくれる方が。
サッカー大好きな感じとは言っても、おふざけ君多し、熱血君、おとなしい子、人見知りん、サッカーはまだそんなにねー君、色~んな子が来ています。
そういう子たちの作る空間を見て、子供たちの自然な雰囲気を見ていて、サッカーが好きそうに見える、それは私も嬉しいです。
声がなかなか出ない子だって、そりゃいます。でも、それは別に悪いことじゃないし、だいたい、「声が出ない」と言われる子でも、ここでは自然に声が出るようになる子もたくさんいるし。「動けない」という子でも、ここでは動きますもん。
ボールが蹴れない、ドリブルができない、自信がなさそう・・・そういうことも、子供たちはちゃんと乗り越えていきます。
・・・なんか、きれいなことを書いてしまった。
そんな中で、私も豊田も笑ったり、黙ったり、超怒ったり、色々です。
本当にね、怒る時は怒りますよ~。ま、そういうのを十分に見てきた方が、自信を持っておススメしてくれるのですから、ありがたい。
そういえば、今日もそういう、ソラをよくご存知の方のご紹介で4人も夏空申込がありました。この空間を見てきてもらえて、おススメしてもらえるのだから、嬉しいですね。芯を見てもらえていて、感謝です。
そうそう、私が怒ることもあるところからと・・・。
そう、色んな色に変化する空間です。毎日色々。
でも、どんな日も、絶対に旗が立っています。
かっこいい旗・・・じゃなくて、お子様ランチの旗。
簡単なものでできているのに、すごく欲しい旗。持って帰りたくなっちゃう。
子供っぽいところにちゃんと立っている、旗。
子供たちの作る空間には、必ずそういう旗があります。
大人の私達じゃ、「何でこんなのが欲しいの?」っていうようなこと、だけど、子供たちには立派なもの。
大人になっても、本当は皆さん、ほしいでしょ?
そういうものがあるから、どんなに怒った日でも、スクール後のロッカールームで嫌な時間を過ごすことはありません。
本当に楽しく、見つけもんして、ほしいもの持って、帰ります。
だから、好きです、私も。ソラッ子、みんな。
そういえばそういえば・・・つい前、何かの話題である人に話したのですが、身長156cmぐらいで、高校サッカーの名門校にサッカーの力で行ったヤツがいます。今も応援していますが、その子を私、小4の頃に泣かしました。泣かしたというより、学ばねばならないことをちゃんと話したら、泣いちゃった、というところでしょうか。
その子のことは幼稚園の頃から知っていました。私がある場所を離れることになった時、数ヵ月後に違う場で再会したのです。そこで、4年生まで、目の前にいるコーチとして付き合えました。その後は目の前で注意する機会はなくなりましたが、5、6年生の頃は、学校から家に帰る途中に電話をしてきたりして、いつの間にやら高校生。
ずっと付き合うんですもん、泣かすことぐらいあらぁな。もちろん、無理に泣かすわけじゃないですよ!
この子に負けず、ソラッ子も成長力ありありなので、きっとこれからも色んなことがあるんだと思います。
そういうものを全部、保護者の方も見た上で、ここがいいと言ってもらえるのがすごくありがたいことで、そこには子供の頃に集めたお子様ランチの旗もあって。
涙、旗、たくさんありますね。そりゃ、大人も引きこまれるわけです。
ソラッ子のファンであると同時に、「ソラッ子ファンの皆さん」のファンでもあります、私。
だからたまに、旗を分けてあげるんですよ、長ーい通信で。集めたくはないかもしれないですけどね・・・長い通信。でも、子供たちの旗をですね、あれで少しご紹介しているわけです。
話が終わらない・・・
ということで、これからも皆さんと一緒に、ソラッ子&ソラを大事にしていきます!

補足・・・先ほどの156cmぐらいの子。
周りの子に比べて、小学生の頃は決して「すごく強い子」ではなかったですよ。
よく泣くこともあったし。でも、156cmで名門校まで行くのは、かなり精神的に強くないと難しいと思います。成長したんでしょうね、その後。
だから、小学生の時の気持ちの「強い」「弱い」で色々なことを決めちゃうのはすごくもったいないことです、はい。子供の自然な範囲で続けられること、それがすごく大切です。

|

« 親子教室 | トップページ | 「伝えたいこと-存在(2006年3月の通信)より」 »

「評判系&悩んだら」」カテゴリの記事