« 事務作業しろよ・・・ | トップページ | それ、普通だと思っちゃイカンですよ »

ウーム・・・

今日は、子供を伸ばすためのヒントをゲット。個人に当てはまるものも、他の多くの子に当てはまるであろうことも。
数日前に、サッカーの魅力である「プレーの自由さ」については書いたので、今日は書きません。また同じようなことを書いても、読む人も気持ち良くはないだろうし。すごく書きたいですけどね、我慢します。
ただ、フタをされなければ、重りがなければ、と思います、本当に。数日前に書いたことを、今日も違う場所から感じ…うーん…です。
やはり、子供たちのプレーや様子を、より正確に、より的確に見ることができる人が増えるといいなと思います。
同じ思いを共有できる人を増やして、誤った見方の中で子供が混乱しそうになっても、ネットを張って混乱の底に落ちないようにしたいですね。
とにかく頑張らなきゃ。
あー・・・、試合を見る時は、キーパーの子の表情をたくさん見てあげるといいかもしれません。相手チームのキーパーの子も含め。その上で、喜んだり、応援できるといいと思いますよ。
たまに、得点をした子や試合に勝った子が喜ばないことがあります。昔もそういう子がいました。なぜなのか聞いたら、相手チームの子が悔しがって泣いているからでした。
だから、グラウンドで子供が喜ぶ時は、そのグラウンドで感じる大きさで良いと私は思っています。喜びを表したければ表していいだろうし、相手の子の気持ちを感じた子が喜び方を考えるのもいいだろうし、どちらでもいいと思います。
グラウンドの中にいる子が、そこで起きていることをより適切な形で受け取るためにも、中で起きている空気の流れを壊さないぐらいがいいだろうと私は思います。

|

« 事務作業しろよ・・・ | トップページ | それ、普通だと思っちゃイカンですよ »

少年サッカー全般のこと」カテゴリの記事