« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

雪でした

なんかここのところ、中学生クラスの話が続いていますが・・・今日はその中学生クラスの日でした。
ところで・・・今日は東京は雪。車で行くのは断念。今日の雪は、さすがに「行けないだろうな」と。
だって・・・
Yuki_2こんなだったんです。ニュースで言っている積雪量ってどうやって計るのかよく知りませんが・・・いやいや、すごく積もっていました・・・。
だから、今日は電車。
駅まで走り(マラソン選手の話に影響を受け、「負けてたまるか!」と・・・でも、駅まではたったの3kmだったので・・・「負けてたまるか」と比べられるものではないと思い・・・マラソン選手さん、ごめんなさい)、途中で、雪をパシャリとしつつ・・・。
千葉はあまり積もっていず、おかげでスクールを開催できました。
U-15クラスでは、ちょっとだけゲームに混ざり・・・スライディングをついしてしまい、ズボンがあらら、ビッチョリに。ああ、今日はすごく寒かったので、もし、普通にスクールをする感じで、ズボンが濡れなければ、帰りにそのズボンの上に、他のズボンを履いて帰ろうかと思っていたのですが・・・ズボンを濡らしちゃったので、それは断念。
そして、寒い格好なので、温まろうと、帰りもエイヤッと走り・・・今、うーん、腰が痛い・・・。腰にきちゃうところがもうイカンですね。
ああ、スライディングなんてなんでしたんだろう・・・
でも、ついしたくなっちゃうゲームなんですよね・・・。(→→豊田コーチもしたようで。)
お前ら、頑張れよな!  という気持ちになるU-15クラスなのでした。
***前に書いた自分のブログを読んで、「文がめちゃくちゃだ」と・・・お疲れ模様か? 読みにくい文章で失礼しました。すみません。
疲れるのは・・・ソラッ子のせいです。
どの曜日の子も、ふざけたり、怒ったり、笑ったり、燃えたり・・・面白すぎて、本気にさせてくれます。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

ついでに

Tyuugakuちなみにこの子らも、今、中学生クラスに・・・。

大きくなったもんだ・・・。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

U-15卒業生一期生

春から大学生になる子たちが、昨日、突然フラッとやってきました。まあ大きくなって。
この数年の間、二人とも、色々あったようです。
それを乗り越えての受験。よく頑張りましたね。
小6でソラをいったん卒業し、中学に進んだ後に、色々と話を聞き、そして、生まれたのが、ソラのU-15クラス。
この子たちの話を聞いて、U-15クラスを作ることにしました。
そして、この子たちの声を聞いて、まだ中学生では、行く先々でフォローが必要になることもあると思い(自分の中学生の頃のことを考えても、いくら本人次第とはいえ、まだ、中学生ではできないこともあるので)、卒業生の子をフォローする場を作ろうと。
こういう経緯で作ったのがU-15クラスなのです。
だから、それまでのその子のこと、プレー面とか、そういう浅い部分だけでなく、もっと違う部分までを見ていた上で、必要なことを言い、必要なことを教えていく必要があるので、基本的に卒業生を対象にしているのです。(→卒業生以外を受け入れるのは、その場にいる卒業生のためにもなると判断した場合です。)
当時は、卒業生はその子たち2人だけでしたから、U-15クラスは最大で2名。でも、やらないと、ということで始めました。
そして、U-15を二人で過ごし、卒業して行きました。
その後、互いに色々なことを経験し、ここに顔を見せに来ました。
自分なりに、この数年のことを振り返り、どんな状態だったのかを話してくれました。
「そうか」。
途中で相談にくれば良かったのに、とも思いましたが、きっと、自分たちで乗り越えられると思っていたのでしょう。実際に、そういう状況を自分たちで乗り越えて、ここまで来たのですから。
昨日はやたらと「コーチ、この後、時間あるでしょう?」「ごはん食べ行きましょう!」を連発していましたが・・・早くお前らが初給料でご馳走にきたまえ。
ちなみに昨日は、私は旧友に会う約束があり、それをずらせなかったので、ごはんはまた今度。しかも、「いいところに連れていって」と、アホか!  
ブーブー言う二人を缶ジュースで追いかえしました。
なんだかんだで、彼らは大きくなっても顔を見せてくれるし、自分なりに道を考え、進んでいるようには見えるので、やったかいはあったかな、と思います。

Ikkiseiちなみに写真は小学生クラスを卒業する時の2人です。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

ソラの空間は

ソラに来て良かったと、たくさんの方に言って頂けて、すごく嬉しく思います。
そう思ってくれる皆さんに、本当に感謝です。
ソラは、私たちスタッフというより、子供や皆さんと、みんなで作っている場です。だから、私もソラが大好きです。もちろん、施設の方にもいつもご協力頂いて、支えてもらっています。
そして、私は、いつも、本当に友人に助けられています。
ですから、ソラは、グラウンドにいる私たちだけでない、他の人からも支えられて、成り立っています。
そうして出来上がっている空間だから、たくさんの人のつながりで出来上がっている空間だから、そんなソラに来て良かったと言ってもらえると、本当に嬉しいんです。
こんなにみんなにしっかり支えてもらっているので、あとは、私は私で、豊田は豊田で、スタッフとしてすべきことをしっかりやっていきたいと思います。
今年度も終わりに近づきましたが、新しいソラッ子がたくさん来ています。
こういう場なので、一回で成長できる部分がたくさんあります。
「よくこの時期に来てくれたな」とも思いますが、確実に一回の練習から、しっかり栄養を取れるので、今年度の残り一ヶ月でもしっかり成長できるでしょう。一回に詰まった栄養はハンパないのです。そして、新年度でさらに成長していってほしいと思います。
卒業を控えた6年生は・・・成長著しいとはいえ、まだまだ「未熟」な部分も見せています。まだ可能性を残しているところに、魅力大あり。
残りの一ヶ月で、どこまでいけるのか、楽しみです。それから、私は友達に本当に感謝していますが、こんな友達を、子供たちにもたくさん持って欲しいと思います。
6年生は学校での生活も残り一ヶ月。友達との時間を大切に。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

タコ

今朝も「春空」の申込が来ました。卒業する子、クラスが上がる子、クラスは同じだけど学年が変わる子・・・2月・3月は、考えることがたくさんあります。
一時だけの楽しさでなく、ずーっと、成長につながる楽しさ、根底にポコンと置きたい楽しさと、
一時で「バン」って壊して、色んなものをたくさん受け取れるようにする楽しさと、
その両方を春空では打ち放ちたいと思っています。
そして、くっつけー!  子供たち、つながれ!  
今の子供たちもそうでしょうが・・・
子供たちは、「勉強ができる、できない」とか「スポーツがうまい、できない」とか、そんなものでくっついているわけではありません。
もちろん、色んな友達の長所・短所、得意なこと・不得意なことなどは、見ていますが、それで結びつきが決まるというわけではありません。
共通の好きなことで結びつく部分もありますが、それだけではありません。
だって、ジャンケンなんていう、まさに時の運だけのもので一喜一憂し、英雄が生まれちゃう世界ですからね。しかも、ジャンケンで、勝っても負けても何かしら盛り上がれるし、くっつける。
こんな子供たちは、色んな友達に会えば会うほど、友達との時間を過ごせば過ごすほど、成長していきます。
子供はタコなのです。
色んなところにくっつく吸盤をたくさん持っているんです。

ずっと付き合う友達も出てくるでしょうが、趣味が同じ友達だけとは限らず、そして、互いに栄養を与え、もらい、成長していきます。
吸盤を使えー!  

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

子供の時間

一昨日(金)と昨日(土)は、なんか、色々とありました。
まず一つめは、小学生の頃の担任の先生と連絡がついたこと。
今、子供たちと毎日接する中で、自分が昔、子供だったころに、あまりにも楽しく、子供度100%の、フルパワーの時間を過ごせたことを、当時の先生にとても感謝するようになりました。
大人になればなるほど。(→もちろん、当時の友達にもすごく感謝しています。とくに、サッカーを教えてくれたトシ君には、ものすごく感謝しています。)
だから、いつか、お礼を言いたいと思っていたのです。高校の時の担任の先生と顧問の先生には、年賀状や電話で話すことができていたのですが、小学校の頃の先生は、お礼を言いたいと思った時には、卒業してからもう何年もたっているので、連絡先がなかなかわからず・・・・という状態でした。
その先生は5・6年生の時の担任の先生で、サッカーを教えてもらったわけではないですけど、しっかり、見守ってくれていたように思います。怒られることもよくありましたけど。(→サッカーは友達と十分に楽しめました。本を読んだり、テレビを見たりして、たくさん自分でも勉強したし、とにかくボールを好きなように、思いきり蹴ることができ、思いきり走りまわることができ、自分たちではいつも「ワールドカップ」をやっている気持ちでプレーをすることができました。)
きっと、大人として、先生として、子供の私たちにどう話すのか、どう学ばせるのか、色々と考えたり、悩むこともあったのではないかと思いますが、怒られることも含めて、先生のおかげで、子供の時間をしっかり過ごせたなと・・・。
だから、今さらですが、感謝を伝えられて良かったです。
卒業後、30年近くたっているので、もう連絡はつかないと思っていましたが、いやあ、あきらめてはいけませんね・・・。正直、連絡がついて驚いています。
そして、同級生のヒーちゃんに、先生のことを話したら、ヒーちゃんも「先生に会えたから、人を思いやる気持ちを持てる自分になれたと思うんだよね」なんて言ってまして・・・ヒーちゃんとこうして(メールですが)話すのもなんか不思議で・・・。(→ヒーちゃんは、昔は野球少年でしたが、今は、違う分野で大活躍中のようです。)
ソラの子たちが、学校で、価値のある時間をたくさん過ごせますように・・・本当に、子供の時の時間は大切ですからね。
学校で、放課後の校庭や公園で、たくさんの友達と、色んな経験をできますように!  
・・・・と、先生や旧友と連絡を取った翌日は、かつての教え子から、ある報告が。
・・・そうか、よし、頑張れ!  ・・・です。本当に、ただただ応援します。今後が決まった時にすぐに連絡をくれ、「報告をしなければ」と言ってくれたこの子の、まっすぐさと純粋さ・・・私も負けないように、まっすぐ行きます!  
しばらく顔は見れませんが、成長を期待・・・というか、おそらく彼が成長するのは間違いないから、こちらも負けないように成長をしなければ・・・です。
と、深ーい時間を過ごした2日間を結んだのは・・・
「ここではボールを蹴ったらダメ。ここで蹴ったら、建物の人に迷惑がかかり、練習をできなくなってしまう」というルールを破ったソラッ子!  
当ててはいけない壁にボールを当ててしまった!  
その子に、「ここでボールを蹴ったらダメだと言っただろう?」と・・・・
「それにしても、これはヤバイぞ」・・・という「夢」を見まして・・・。

はい、「夢」で良かったです。
夢の設定では、そこはスカイランドではなく、どこかの公共施設。でも、私たちはそこでしか練習をできない設定で・・・。「どうしようかな・・・」と・・・ああ、疲れる夢でした。
まったく、夢の中でもソラッ子はやってくれます・・・。
まあ、そういうのも含めて、子供の時間ですからね・・・。
子供たちには、ソラでも、たくさんの経験をしてくれたらと思います。
たくさんの友達と接して、色んな経験をして、生きた経験から、本当の経験から、
心を動かして、学べ、学べ、学べ。
そして、成長せよ!  

●今日も「春空」のお申し込みがきました。

グヒヒヒヒ、「超」子供の時間を、春空で過ごしたまえ!  

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

偶然?  必然? 

あんなことってあるんです。
U-12クラスのゲームで。
ある5年生の子(A君)が、チームメイト(B君)がボールを持った瞬間に、パスをもらおうとして動きました。
今は、子供たちに(段階的に)「エリア・状況に応じたプレーも考えよう」ということを言っています。
だから、ボールを持ったB君は、そこでは(自分のゴール前で、しかも目の前には相手チームの子がたくさんいる状況なので)、ドリブルではなく、パスをもらおうとしたA君にパスをするのが自然な状況です。
ですが、この「エリアに応じたプレー」については、私たちコーチからの子供たちに対する要求の度合いは、経験や学年も考慮して行っているので、「絶対にこれ」という形では話していません。
とくに、この、ドリブルをしようとしているB君もまだ5年生なので、「エリア」や「状況」を意識した上でも、自由にやってもいい段階です。
そのような状況で、パスをもらおうとして動いたA君は、ドリブルをするB君に、
「へい」の後に、
「・・・(ドリブルが)無理そうなら、(こっちに)パスでもいいよ」という・・・
何とも伝わりやすい言葉をかけたのでした。
「絶対にこっち」というのではなく、ただ、今、意識すべきことはしっかりと意識して、その上で、本人のやりたいプレーもあるだろうし、それでも困るかもしれないし・・・なんていう気持ちの表れた言葉で、すごくいいなと思いました。

言葉の「間」が、「言いなれた言葉を言う」という感じではなく、相手を見て、思って、「あ・・・」という感じの「間」だったのが、その言葉の意味をよく伝えていたと思います。
専門用語なんてなくて、子供の共通語で、本来はみんなプレーできるんです。
それなのに、普段、まだ早いチーム戦術ばかりを教えられていると、子供同士のプレーの時に、それが悪い方向に出ることがあります。
自分のチームで流行っているカタカナ言葉を多様したり、
周囲の子の、自由な発想に対して、(攻撃パターンを、普段、インプットされているせいで)「そうじゃないだろう」とか「今は、こうするべきだろう?」と言ってしまったり、
自分が「こう」と思った動きだけをして、思ったようにならなければ動きを止めてしまったり、
または、専門用語っぽい言葉をたくさん使うものの、そのプレーの有効性を理解していないから、本能的にサッカーを楽しもうとしている子のプレーとギャップが出てしまったり・・・・
このような子たちが悪いわけではないのですが、発想の範囲がパターン化されていたり、狭められていたり、本来すべきプレーよりも優先順位的に低いプレーをしようとしたりすることが多くありますから、そういうのは、すごくもったいないと思っています。
 - ですが、この時は、そういう言葉でもなく、そういう互いのやりとりでもなく、本当に子供の言葉。
相手の状況を見て、相手の気持ちを考えての言葉。
その声をかけた時は、結局、ドリブルをするB君は、そのままドリブルを続ける選択をしていましたが、それでもべつにいいのだし、A君が出した声は無駄になっていないし、それに、何と言っても、伝え方が、子供同士でわかる言葉で良かったので、みんなに、その言葉が「すごく良かった」ということを教えてあげました。
そして・・・
その後、ゲームを重ねる中で・・・
今度は、さっきドリブルをしたB君が、相手チームの方にドリブルをしていて、みんなを抜ききっている状況になりました。
相手のゴールまでは5mくらいでしょうか。
ドリブルするB君と、相手ゴールの間には相手チームの選手は誰もいませんし、後ろからは、相手チームの子が何人も追いかけているので、そのまますぐにシュートをした方がいいのですが・・・
さっき、パスをもらおうとして走っていたA君が、今度は、右の方に駆け上がってきていて・・・
ドリブルしているB君は、「あ、A君だ」と言って、パスをしちゃいました。
ほぼ全員が、「えっ?  シュート打たないの?」という感じです。
さっき、本来ならパスをした方がいい場面で自分がドリブルを自由にしても、何も文句を言わず、しかも、イイ感じの声をかけてくれたことへのお礼の気持ちもあるのかな? 
まあ・・・いいですよね、これぐらいの方が子供のサッカーは楽しい。
そして、駆け上がっていたA君がシュート!  
が・・・シュートはゴールポストに当たり、はね返り・・・
「ああ、残念・・・」と思ったところ、そのそばに走ってきていたB君にボールがバンと当たり、ゴール!!!  
そして、シュートを決めたB君は、「あれ?  結局、俺が決めちゃった」という感じで、手を口に当て、腰をかがめ「ウシシシシ」と言いながら走っていきました。
もう、ドリブルからパス、パスからシュート、シュートがポストに当たり、それがもともとパスをした子に当たりゴールへ、そして、ウシシと喜ぶ・・・
こんなことがあるんだろうかというぐらい、見ていて面白いテンポ、状況、プレーでした。
こういうことが起きるんですよね。
これだから、自由なプレーの詰まった子供のサッカーは、見ていて本当に面白いのです。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

必要なことはバッチリいきます!  

昨日は、やりました!  
午前中は雨だったものの、皆さんの「フーフー作戦」が効いたようで、午後からの3クラスはぜんぶ、バッチリ練習ができました!  
そして、U-9クラスでも、スクールの体験に来てくれる子がいた中、ゲームの時には、子供たちの雰囲気を見て、ケガが起きたり、ただルーズになったりするのを防ぐために、いつものように、バッチリ注意をしちゃいました。
初めての子がいる場で、「うおりゃー!」と注意をすると、印象的には悪いでしょうが・・・初めて来た子も大事、ずっといる子も大事。その時の、その空間に対して、今まで子供たちが作り続けてきた上での、その時の空間に対して大切だと思うことを、ズバッとするのがソラなのです。(→もちろん、見守るべき時期、タイミング、事柄、空間・・・そういう時は見守り、様子を見ます。)
あたり前ですが、大切だと思う働きかけを、「これだ」と思う方法で行うので、その後のプレーはとてもよくなるし、動きもよくなるし、ちゃんとおふざけやおしゃべりも残し、子供たちは本来の自分たちの成長ラインでその場を楽しみまくります。
ですから、中にいる子は(起きていることを中でちゃんと感じ、理解しているので)その後に、楽しさを理解してくれることがほとんどです。
初めて来た子がいる時に、これまでもそういう感じで大切だと思うことをいつもしてきましたが、初めて来た子でも、その空間の中にいれば、「これは怒られても仕方ない」と理解したり、その後の「心と体の動く躍動感」や「すべきことやできることを伸び伸びとやった時の達成感」を感じるのか、私がすごく注意をしたことがあった日でも、「楽しかった!」と、その場の芯で起きていること、空間を感じてくれているのが、「何ともすごいな、やっぱり子供!」と思ってきました。
ちなみに、昨日のそんな「ウオリャー」っという注意があった場にいた、初ソラだった子も、「すごく楽しかった!」ということで、親御さんも全てを見ている上で、来週からもうソラッ子になった子がいまして、その空間を感じて楽しめた子供と、外から見ていても空間を感じとってくれた親御さんに感謝です。(→もちろん、「なんか、合わないな」と思う方もいらっしゃるかと思います。そういう方がいても不思議ではないと思いますし、そういう方の考えも自然でいいものだと思います。)
私としては、その時にいる子たちの伸びる空間を作るために自分にできること、すべきことを豊田と共にグラウンドでできたら、それですごく嬉しいので。逆に、余計なことを考えて、それをできない自分がいたら、おそらく私の場合は自信を失うでしょうし、自分が嫌になるでしょうね。子供の前に、そんな気持ちでは立てません。まっすぐ見ることができて、まっすぐ迎う気持ちだから、私の場合はグラウンドに立てるので。
U-12クラスも、初めて来た子もずっといる子も、もちろん卒業を控えた6年生の子も、すごく頑張っていて(前日の水曜日は「なんじゃこりゃ!」と注意しましたが、ちゃんとそういう時に受け取るものを受け取って、成長力に変えるところが本当にすごい)、さすがソラッ子の空間でした。

さあ、かかって来い、子供!  

子供なら、どんどん飛び込んで来い!  

楽しみまくれ、子供だらけのソラ空間を。
・・・ということで・・・エネルギーを充電し、今日も頑張ります!  

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

雲の流れ

さっきのブログに「ボールを蹴った時に肉離れをしなくて良かった」と書きましたが、「肉離れ」はそうそうするものではないので、子供たちや皆さんはご安心ください。
詳しく書かなくてもいいかなと、昨日の流れを省略して書いたので、「えっ?  肉離れ?  サッカーってそんなにすぐにケガをしちゃうの?」と思わせてしまったなら、すみませんでした。
ということで、少し、昨日の状況を説明すると、練習前にスタッフも軽く体を動かしたり、ストレッチなどをしておけばいいのですが、スクール上、どれを優先すべきかという部分で、それができないことがありまして。また、急遽、対応しなくてはならないことが出てきた時なども、そういう時間が持てないまま、スクールが始まることもあります。
そういう中で始まるスクールが、平穏無事に終わるようなものならいいのですが、何と言っても相手がソラッ子なので、色々とやってくれるわけです。それが彼らの魅力でもあるので、そういうスクールでいいのです。
が、それに合わせて、私たちも働きかけをしていく時に、ボールを100%で蹴るところを見せないとならないケースが急に出てきたりするのです。そして、自分たちの状況とかに関係なく、「その時、その状況では、こういう働きかけが最もいい」と思うことをするので、体を動かしていない時やストレッチなどを事前にしていない時でも、フルパワーでボールを蹴るところを見せることがあるんです。年齢も年齢なので、疲労とか体調とか気温とか・・・色々なものが重なると、いきなり、ボールを蹴ることはもう避けた方がいいのですが、それでも、「今、蹴る」ことが必要な状況があるんです。こういう時は不安もありますが、子供の成長がかかっているので、「強気」で勝負にいくのです。
昨日は、そんな状況があったということで。
普段も、あまり自分たちの体は準備をしないままでスクールに入ることが多いので(子供を育てるための優先順位的に、そうなってしまうことがあるので)、さっきのブログではあのような書き方になってしまいましたが、通常は(子供や皆さんの運動時には)心配いらないことですので・・・。
ところで・・・雨が降ってしまいましたね・・・今日は午前中のお母さん教室にも初参加の方が来る予定で、午後のクラスも、U−6、U−9、U−12すべてに初ソラの子が来る予定で・・・午前中の中止は残念でしたが、午後はその分、何とか回復してほしいのですが・・・
そこで、皆さんにお願いが。
もし、外に出て、空を見上げる時間があったら、雲の流れを見て、その流れを早められるように、フーフーと、雲の動く方向に沿って息を吐いて下さい。
一人では雲の流れは早まらないかもしれませんが、これが二人、三人となれば、もしかしたら、雲の動きが早まり、天気の回復も早まるかもしれません。
皆さんでフーフー、お願いします。
この後の天気の回復は、皆さんのフーフー次第ですよ、頑張って下さい。
私は、じっと回復を待ちます・・・。失礼!  

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

使えないワザ? 

今日のU-15クラス後、まだ通信を渡していなかった子に通信を配ると、保護者宛の手紙を読み始め(コラ)、「春空」案内の「使えないワザ」という文字を見て、「何、使えないワザって?」「使えないワザを練習しても仕方ないじゃん!」などと言ってきました。
おー、食い付いたね。そうだ、使えないワザだからね、何をやるのか、何故やるのか、わからないだろう? 
フッフッフ。ちゃんと「深い意味が本当はあるの」と言っておきました。
そんな「春空」ですが、今日も申し込みが来ました。本当に、チャレンジャーの多いこと・・・不思議なスクールです。
そんな今日のU-12クラスは、やっぱり「コラ!」があり、「コラコラ!」があり、成長中の子供の空間でした。私はもう、「フンガー」でありました。
こういう後の子供の成長が楽しみです。
・・・が、そんな今日の練習後も、私にカンチョーをしかけてくるおふざけ野郎が一人・・・・ネットにかかった携帯を揺らすために、私に注意されながらも、ネットをブンブンする二人組が・・・大丈夫だろうか、こんなんで・・・・ちゃんとこの後、成長するのだろうか・・・・。
まったくアイツラときたら、見事なソラッ子なのであります。
今日はなぜかついていないことが多く、「何なの、ふたご座、今日はダメなの?」という感じだったのですが、ボールを蹴った時に(今日は準備運動もしていなかったのですが・・・予定通りに物事が進まないことがよくあるので)、肉離れをしなかったのでギリギリセーフでした。
ソラッ子の行動は、まだ読めぬ部分もあるので、本気で付き合う私たちも肉離れなどと常に背中合わせです・・・。手ごわいな、ソラッ子は・・・。
明日はどんな一日になるのでしょう。
楽しみです。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

3年生

話を聞く時は聞く・・・これは本当に大切なことです。友達と関わり合いながら遊んでいる子は、こういう力がすごく高いですね。
昨日も、一見、ただ、はしゃいでいるように見える3年生の子が、すごく高い集中力を持っていることをよく表していました。

この子は、遊ぶ時に本当によく相手の気持ちも考えているのでしょう。
ですから、ここは話を聞く時だ、ここは相手を見る時だ、ということがすごく自然に、しっかり、理解できるんですよね。
遊びの時、こういう切り替え場面は、瞬間瞬間で訪れます。そういう中で、ちゃんと遊んでいるんだろうな。
もちろん、プレーもすごくいいんですけど、友達の引っぱり具合もすごくいいし・・・まだ入ったばかりで、親御さんも「やりすぎたらガツンと!」と言っていましたが、いやいや、しっかり育てられていますね。心配ご無用です。
超子供らしくて、雑さと繊細さが同居していて、すごく面白いです。
みんな、関わって遊べ!  

あ、昨日は、5年生の子でも、そういう力を少しずつ出してきている子がいましたね。

随分と遊びに近い感じで気持ちを出せるようになりましたね。

ゲラゲラが大アリ、だけど、互いに関わり合っている感じ。

空間が成長しているなと、すごく感じます。

あ、あ・・・昨日も、チャレンジャー君たちから、春空のお申し込みを頂きました。

さあ来い、子供。遊ぶぞ。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

報告メール

卒業生から、レントゲンの結果を知らせるメールが来ました。
かなり前に、ケガをしてしまったという報告(?)をしに来てくれたこの子・・・一昨日、「明日運命のレントゲンです。楽しみです」というメールをくれ、そして、今日、レントゲン結果のメールが来まして・・・
「チームとの合流許可出ました!」ということで、良かったですねえ。
中学生になると、サッカーへの思いが少しずつ大人の「好き」に近づいていきます。
ケガをした時は落ち込んだでしょうし、サッカーをやりたくて仕方なかったと思いますが、まだ時間をたくさん残している状態で復帰できて良かったです。
他の子もそうですが、焦らず、ゆっくり復帰して、調子が戻ったら、今までの分を取り返す努力を(自分でしたいと思うので)していってくれたらと思います。
この子とは関係ありませんが・・・一般的な印象として、中学生年代の子のケガがもしかしたら増えているのかな? という印象があります。
べつに数値を見たわけではありません。受診件数とか、そういう数値的なものでは計れない部分が多いと思いますから。
練習の内容・組み立てや取り組み方だけでなく、睡眠時間、ライフサイクル、疲れ具合・・・こういうものが影響している部分も少なくはないような気もします。
何かと忙しい現代の子供たちですが、体に合った時間を過ごすことがやっぱり大切ですね。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

予告? 

ちなみに・・・「春空」で取り上げる予定の一つの「使えないワザ」は、これまでに子供たちに対して何度か使ったことがあるワザで、頑固者相手には結構、うまくいくこともあるワザです。先週も、子供たちとボールの取り合いで遊んでいる時に、実は決めてやりましたー!  (大成功!)
まあ、他のワザは「・・・」かもしれませんが、とにかく、(本当は奥が深いのに)サッカー界からはスルーされるようなワザをたくさん取り上げる予定ですので、お楽しみに。
あ・・・ちなみにちなみに・・・笑ったことが・・・
先週、練習前に遊んでいると、ある子が「アハハハハ」と言いながら、私を抜きに来ました。
まず、お決まりの抜きパターン、次にその逆をつくパターン、ここまではよくあることで、さあ、次はどうする? と思ったら、
まずボールをはずませ、「アハハハハー」と言いながら、ボールのはずむタイミングをよく見て、相手の動きをよく見て・・・・キレイに、パシッとすごくいいタイミングで・・・・

手でボールをつかみました。(→・・・・。)
絶対に試合で使えないじゃん・・・何、その満足顔。「してやったり」顔だね。
まったく・・・なんて言いながら、実は、「春空」でも、そういう「絶対に使えないワザ」も「当然」やりますよ~。

まるで「春空」の予告だね、キミ。
さあ、ソラッ子よ、「春空」で勝負だ!  

*「春空」は春休みの特別スクールです。(→一般の子は参加できません。)

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

ソラ命・・・

「子供が“ソラ命”なので、稲毛から永遠に去らないで下さい」と・・・嬉しい限りでございます。
うーん、私は遠慮をしないので、ちょくちょく怒らせてもらっている子ですが、それでも、ちょくちょくちょくと色んな話をしてくれたり、逆にプクッと怒ったり、笑ったり・・・楽しそうに過ごしていますね、この子は。
怒られるのも含めて、ここに来るのが当たり前で、ここに来るのが楽しくて、「ソラ命」と言ってもらえるなんて、本当に嬉しいです。
永遠に・・・を目標に、これからも頑張りますね!!  
こういう声に励まされているソラスタッフなのであります。
ところで・・・早速来ました!   春空のお申し込みが!!  
さすが、ソラッ子&ソラ親!   チャレンジャーですね~。
今回は、「使えないワザ」を練習するというのに・・・かなり「おふざけ」の内容になるであろうと言うのに・・・さすがです。
でも、本気でやりますからね、本気で子供たちの成長につなげるためにやりますから。
奥を奥を、深く深く、見て見て、思って思って、ふざけますふざけます!  
ウヒヒヒヒ。
*「春空」は、今、配っている「通信No.122」で詳細をご案内しています。今回は先着順ではないので、まだ通信を受け取っていない方もご安心下さい。
一応、スケジュールだけここに載せておきますね。
=春空2012「使えないワザ」大集合!  =
■期間:3/29(木)・30(金) 
■年長さん~2年生の子 PM1:10~2:40
■小学3~6年生の子 PM2:55~4:55
※詳細は通信にてご確認下さい。

補足・・・「春空」は「おふざけの内容」とか書いてしまいましたけどね、まあそれは本当なのですが、あまりにふざけたことばかりをここで書いていると信頼が下がってしまうので・・・・
大丈夫ですよ、皆さん。信頼はそのままでお願いします。
ふざけたことばかり書いていますが、子供たちにプラスにならないと思うことは一切やりませんので。
それに、ここには照れくさいから書けない、頂いた褒め言葉もたーくさんあるんですよ。
たくさんの人に、すごく褒めて頂いて、「そこまで言われると・・・」ということもたくさん言って頂いています・・・あまりに良く言われすぎて、恥ずかしすぎて、ここには載せられないだけですから、どうぞ、ご安心を!!!  
それから、今日もご体験のお申し込みを頂きましたが、ここのところ、ご体験下さった方に、「翌週からすぐ来たい」と言って頂くことが続いていますので、ご体験の方もご安心下さいね。
バッチリ、ソラっぽく行きますよ!  

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

幸せ×2

トイレに入っていると・・・あ、いきなりでお食事中の方、すみません。
「ママ、・・・マーマー、ママ」という子供の声が外から聞こえてきました。歩きながら話しているのでしょうか。
声が少し遠くなったあたりで、お母さんの声が聞こえました。
聞こえた子供の言葉は、とりあえずそれだけで、文字で言えば6文字。それに対して答えたお母さんの言葉はよく聞こえませんでしたが、子供の3回目の「ママ」の声からは、安心した感じがあったので、きっと暖かい言葉が返ってきたんだと思います。
6文字とそれに対する返答。
ここにどれだけの栄養が詰まっているんでしょうね。お互いにとっての栄養、たくさんでしょうね。
こういう呼びかけとか、話しかけること・答えることの効果は科学的に見てもこういう効果が・・・とか言う前に(もちろん、科学的な根拠もあった方がいいと思いますが)、本能で、お互いにとっていいことだと感じますよね。
本能の部分が薄れちゃったら、科学的な説明とかで理解していくことも必要でしょうが・・・まずは本能を大切にしたいですね。もともと持っているものですもん。・・・それにしても、もともと持っているものって、やっぱりすごいんですね。
トイレの中で、そんな声を聞けたら結構ホカホカになりました。
幸せ×2!  
あ、幸せ×2のうちの1はですね、あ、説明は要りませんね・・・すみません。
これもある意味本能的な部分でですね・・・すみませんね。
心と体をきれいにしよう!  
とはいえ、「無菌!」は逆に不自然なので、きれいであるために必要な、健全であるために必要な程度のものはもちろんありで・・・子供らしく、大人らしく、ピカピカでいきましょう! 

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola
 

|

試合などで…

金曜日から配った通信にはまた子供のサッカーのことを色々と書いていまして・・・毎度のことながら、うっとうしい文章ですみません。
ちょっと今回の通信の「おまけ」と関連するかもしれませんが・・・たまに試合を見ていて感じることを少しだけ・・・。(→この2週間は子供のチームの試合などを見ていませんし、保護者の方とも試合の話などはしていませんので、一般的なことに対する話です。)
子供たちの試合 - サッカーを始めたばかりの子もいる低学年の試合や、できるだけたくさんの子が、たくさんボールを触ることで、「失敗も成功もたくさん経験しながら、成長していきましょう」という(本来はそういうところに目的があると思っていますが)ミニゲームの試合を見ていても - 
相手チームの子の手にボールがちょっと当たったり、相手チームの子の足がかかり、子供が転びそうになったりすると、コーチ陣や周囲から、「ハンドだ!」「反則だ!」という声が聞こえることがよくあります。
そして、それを審判が取らないでいると、「ハンドだろ〜!」とか「反則だろう〜!」という声が続いていることがありますが・・・むしろ、反則を取られるよりも、そういう声を出される方が相手チームにとってはキツイだろうなと思います。
自分が(わざとでなく)やってしまったことを、自分より年上の大人たちに、しかも大勢に、みんなに見られている中で、自分に聞こえる声で言われている中で・・・思い切りプレーなんてできるわけがないですもんね。
本当はたくさん失敗してもいいような、みんなで楽しんでいこうという子供たちのゲームでこういうことが起きている現実・・・。
そういう中で強くなる?  いやいや、子供の段階で、そういう、自分や友達がすごくいやな気持ちになるようなことがある中でも思い切りプレーできることを「強さ」だとは私はべつに思いません。
まわりの声を気にしちゃって、顔が真っ赤になっていたり、ただもう何もわからずに必死になってしまったり、ひきつった顔のままプレーをしたり・・・まったく動けなくなったり・・・強い子や優しい子ほど。
子供だらけなら、ここまではならないと思いますが・・・。
子供は当然、試合をすれば勝ちたいと思うでしょうが、子供の捉える「勝ち」以上のとらえ方を、させたくはないですね。
「ハンドだ!」「あの子のせいだ!」と言われる子も、その子の親御さんも、キツイだろうなと思います。
相手チームの子にも親がいて、応援する人がいて・・・
自分のチームの子供が大切なら、相手のチームの子の気持ちをもう少し考えた上で、試合の勝ち負けを考えた方がいいでしょうね。
・・・ソラの方は、このようなことを理解した上で試合や子供たちのプレーを見ていると思いますが・・・環境的にはなかなか難しいことかもしれませんが、少しずつ、相手チームの子のプレーを、もう試合中に「どんどん」褒めちゃうくらいのことを始めないと難しいのかもしれませんね、こういう環境を変えて行くには。(→私も私の立場でできることを考えます。)
私たち大人が見るべきものは何ぞや? 
「サッカーを教えています」という人が見るべきもの、周囲と共有すべきことは何ぞや? 

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

脱皮

金曜日に感じたこと・・・

この一、二か月で、急に、冗談を言う時の様子が変わった子がいます。
前までとは違う、一歩進んだ冗談というのかな、「さあ、言いかえして来い」「突っ込んでこい」というような冗談をですね、言うようになったんですねぇ。
これは・・・すごく成長ですよ。
まあ、それでもまだまだ控え目で、目にはまだちょいっと照れがありますが。
でも、イイ感じです。休憩中の様子と笑顔と言葉とプレーが、ようやく合ってきた感じもします。
なんか、ちょっと脱皮したみたいで、次の段階に進んだみたいで、嬉しいです。
チームにも入っている子なので、週末は結構プレッシャーのある中でプレーをしているのだと思います。実際にそういう様子を見たこともありますから。もっと伸び伸びできると、この子の良さはさらに出るはずなのですが、なかなかそれを出しにくいこともあるように感じ、スクールの方ではどういう雰囲気でこの子をプレーさせようかな、どんな風に接しようかな、なんて考えてきました。
プレー面や気持ちの面で、抑えつけられないで伸びていってほしいと思っていましたので、ちょっと安心をしました。
私が安心しただけでなく、この子もきっと、ソラの空間で、まわりにいる子の雰囲気から得る安心を土台に、これからどんどん伸びて行くと思います。
ちょっと時間がかかりましたが、今の、脱皮感、脱皮しようとしている感じは、(もちろん、今までもちゃんと成長をしてきていますが)この後の更なる成長を感じさせます。
オッシ!   でかしたこの子&まわりの子たち!  
他にも・・・どんどん自分の表情を出す子、周囲と関わり合えることを感じた上で、コートの上で「感じ」を出せる子が増えていて、すごく嬉しいし、楽しいです。

そして、これも同じ金曜日に感じたことですが・・・

さっきの子とは違う子は、数人の特に仲の良い友達との間だけで見せるような表情やしぐさを、他の多くの子との間でも見せるようになりました。
そういう子たちの出す表情・行動に対して、自然に適したリアクションを取る子、取ってあげる子がいるのも、すごく嬉しいし、楽しいです。
ソラッ子のゲームは、それが重なり合っていくから、もう、見ていて本当に面白いですね。
金曜日のU-12クラスも、1対1の練習後に「こらー!」と怒った後のゲームでも、自分たちをちゃんと取り戻し、すごく楽しいゲームをしていましたね。
なんだ、そのリアクションは!  ジェスチャーは!  姿勢は!  というようなゲーム。べつにシュンとしてほしいのでも、大人のように真面目にプレーしてほしいのでも、子供に合わぬ真剣(?)なプレーをしてほしいのでもありません。
ただ、自分たちらしく、他の子と関わりながら成長できるソラッ子らしく、プレーしてほしいんです。その方がいつも楽しそうだし。
もう、面白すぎでしたね!  
*自分たちの力を出そうとしない時とか、友達との空間のことを考える気持ちがなくなった時には、私は怒りますよ。でも、彼らにはそういう力がもともとあるので、取り戻すとすごく楽しい、成長できる空間を作れるんです。

ちなみに、「自分たちの力を出そうとしない」と言っても、試合で負けている時に「自分たちの力を出せ」というような、そういう、大人的な見方から見た「やる気」のようなものではありませんので・・・。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

時間は止まらないけれど

U-12クラス・・・
休憩の時間、6年生の子がフラッと寄って来て、お、なんだ? ちょっと表情が曇っているじゃないか・・・・
顔を見て、「ん?」と言うと、
「いやー、もうすぐ卒業ですな」って。
口調は「おじさん的」で言っているけれど、それに笑顔を作っているけれど、こら、そんな表情をするな・・・。
いつでも会おうと思えば会えるし、友達とだって、どこかで会うだろうよ。
そんな顔をするんじゃない、まったく。
こいつは真面目なヤツだから・・・ちょっと仕方ないかな・・・。
数カ月前、「ここでこういうことを教えてもらっていたから、チームでも・・・・」と、嬉しそうに話してくれたことを思い出します。
あと一カ月、友達と心にたくさんのものを詰め込んで、しっかり卒業していけ!  

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

U-9クラス・・・
先週、私にしっかりと怒られた子が、いつものようにニッコニコでやってきました。正確には、「いつものように」というだけでなく、前のことも踏まえてのニッコニコですが。多少、微妙な気持ちも入っているような。
うん、結構、結構!  
子供は間違ったこともする - あたり前だ。
だから、そういうことがあっても、元気にまたかかってこい!  
・・・なんて言う必要はないのです、ソラッ子には。
私にボールを当てるために、よーく追いかけてきましたよ、「ニッコニコ」の「ウヒヒヒヒ」で。
先週は、この子、これとは違う遊びで練習前の時間を過ごしていたのに、今週はこうして時間を過ごすようなので・・・前のことをちゃんと感じて、そして今日、やってきたんだと思います。いいぜいいぜ、遊ぼうぜ!  です。
「当ててみろよ、ボール」です。
そして、さらに、これまた先週、私にしっかりと怒られた子が、「ヘヘッ」とやってきまして、私にボールを当てようと・・・・。
・・・敵が多いな・・・。
ま、簡単には当たりませんけどね。
ソラの子の、こういうところが大好きです。
どんなことがあっても、次の週に必ず来る。
こうやって、少しずつ、乗り越えられる山を大きくしていってほしいなと思います。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

鼻水

小3の子に、「鼻水出てるぞ、だらしねえなあ」と・・・言われました。
だって、すごく寒いんだもん・・・。
鼻水はコントロール不能です・・・。
「はなみず」・・・「そらっこ」・・・
「HANAMIZU」・・・「SOLAKKO」・・・
「HANA・WATER」・・・(なんて言わないな、英語では・・・。まあ、いいか)・・・「SOLA・BOY」・・・
うーん、おかしいなぁ、他に共通点はなしか。
・・・「他に」?!  ・・・まあ、良しとして・・・
あっ!  
両方とも、伸びる!  
これって「可能性がある」っていうこと? (ちがう?)
それに、出すぎるとかまれる!  (うまい!  ・・・い?)
なるほどなるほど、なのであります。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

二発め

昨日は中学生クラスがあり、ゲームに混ざり、数分でも体にこたえ・・・。月曜日も中学生クラスがあるので、水曜日は毎週一回目のピークなのであります。
そして、東京に戻った後に、また「そりゃっ通信を仕上げるぞ!」と。2時過ぎまでかけ、やっと完成!  
この通信、月曜日から作り始めていたのですが、調整が必要になったので、水曜日にまとめて「うりゃっ」と調整をせねばと。
ですが、完成はしたものの、木曜日は朝から「お母さんサッカー教室」があるので数時間後には出発しないとならず、あとは豊田にメールで「頼む!」と。
そして、急いでご飯をかけこみ、シャワー、今日の仕度、ちょっと横になってから出発!  
・・・という感じだったので、お母さん教室の後に「お昼寝」・・・働いている方、すみません・・・。
そして・・・目を閉じていると豊田の声が聞こえてきて・・・電話でもしているのかな? と思ったけれど、目をあけてビックリ!  
送迎途中の親御さんから、今日の開催についてご質問を頂いているところで・・・
昨日のように焦りまくりでササッと車から出たものの、「お昼寝感」を出しまくりで・・・ああ、昨日に引き続き、すみません、失礼いたしました。
しかも、そばには私のジーパンが・・・これまた雑にある状態で・・・ですが、これには理由がありまする。
今のような生活サイクルなので、昔、電車で来ている頃は、帰りに熟睡してしまい・・・財布を電車に忘れたことがありまして・・・それから、財布を紐でジーパンに結んでいるのであります。
そして、財布を持ち歩くときは、財布だけ外せばいいのに、外すのがちょっと面倒で、ジーパンごと持ち歩くということをしているのであります・・・。ジーパンには、この他にも便利グッズのポメラがいつも入っていまして、だから、カバンのようなものなのです。ジーパンを「脱ぎ捨てている」ように見えても、カバンを「ちょこんと置いている」にすぎないのであります・・・言い方を変えるとこんなに印象も変わるんですよ・・・よ? 
ああ、今日も穴はなく、入ることもできず、ただ立ち尽くすのでありました・・・。
しかも・・・諸々あり・・・通信は明日から配ります・・・すみません。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

このコーチにして

昨日は・・・やってしまいました!  
コートにつき、着替えをカバンから出し・・・スクール開始までまだ時間があるぞということで、「通信の準備だ!」と気合いを入れ、すぐにパソコンをいじりはじめ・・・すると、離れたところから、誰かが声をかけてくれまして・・・そこで、ハッと自分の格好に気づき・・・ああ、そうだ、着替え直前の気を抜いた格好のままで事務作業を始めてしまっていたのだと・・・
しかも、まだコンタクトを入れていなかったので、声をかけてくれている相手を見ても・・・誰なのかまったくわかりませぬ。
「6年生?  卒業生?  それとも?? ?」・・・そこで、とりあえず誰にでも通用するように、
「おおっ、どうも、こんにちは!」と元気に言い、時間かせぎ。(→ちなみに「どうも」は小さな声で。相手が子供なら「どうも」はなかったことにしちゃって、大人なら、「あり」にしちゃう感じの大きさで。ずるいでしょ。)
そして、そばの豊田に「誰?  誰?」と確認したのでありました。(→すごくずるいでしょ。)
そのお方は、体験のお申し込みに来てくれた方で・・・
私は普段着も普段着、実は、ジャージをはいている上にジーパンをはいていて、髪の毛もボサボサ・・・ああ、穴があったら入りたい・・・でも穴があるわけはなく、せめてボサボサ頭を隠そうと帽子を探したくても、テーブルの上にずさんに置かれた着替えをお客様の前でさらにひっくり返す勇気はなく(何が出てくるかわからない・・・)、当たり障りのないカバンの中に手を入れ、こんな時のための「予備帽」を探しても、いつもは「なんでこんなにあるの?」というぐらい入っている帽子がまったく見つからず・・・ああ、とんだ失礼を・・・。
気合いが逆効果になってしまうパターンですね・・・。
ソラッ子にもよくあることですが・・・。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

遊び中の子供の目

「本気でやらないといけない」立場の人が、本当にそのことに対して本気かどうかということは、非常に重要ですね。
だって、見るべき対象(状況・現象)が色々な要素の組み合わせや色々な要素のつながりで動いている場合は、見るべき瞬間・場所を逃すと、本質とは全く逆の捉え方や本質とはかけ離れた捉え方をしてしまうから・・・・さらに、それだけでなく、捉え違いをしていても気がつかないし、本来すべき働きかけとは全く逆の働きかけをしていても気がつかないから。そして、それら全てを含めて、「よし、理想の方に向かっている」としてしまうから。
子供たちが公園でサッカーをして遊んでいる時、良いプレーをした時に「どうだ!  すごいだろう?」と友達の顔を見ることや、失敗した時に、「ごめん!」と友達の顔を見ることはあるでしょうが、周囲の人の顔を見ることはまずないですよね。
(ベンチに座っている大人を、勝手に「スカウトだ!」と勘違いして、良いプレーをする度に「どう?」と見ることもあるかと思いますが、ここで言っているのはそういうのとは違います。また、授業参観での、自分の発表や頑張りを「親が見てくれたかな?」というのとも、ここで言っていることは違います。これらのキョロキョロは本来あるべき子供のキョロキョロですもんね。)
だって、遊んでいるのは彼らだから、感じるべきことは彼らの遊んでいる空間の中にたくさんあって、外にまで気がいかなくていいんですもん。のめり込んじゃっていいんですもん。
でも、一つ一つのプレーの後に、周囲を気にすることが増えているように感じます。
これには、普段の環境もきっと影響していると私は思います。
ソラの子を見ていても、一つ一つのプレーの後に、周囲を見ることがクセになってしまっている様子、クセになりそうな様子を見ることがあります。
色んな子が来ていますから、一つ一つのプレーの出来を本人が感じるべき以上に気にしてしまっている子の背景を考えると、共通点も見えてきます。
その共通した背景は、きっと一地域だけの話ではないと思うので、広域に働きかけることができる立場と言うか、働きかけるべき立場の人(?)・団体(?)・部門(?)の本気度は、すごく重要だと思います。

もっと、自分の場、友達の場としてのサッカーを、たくさん経験させてあげたいと思います。
・・・なんて書きながら、おふざけだらけの「春空」をやっちゃいますが・・・あ、もちろん、本気でね! 

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola
 

|

春ですよ

卒業する子たちのことは、昨年暮れあたりからかなり強く意識してきましたが、それに加え、新年度からクラスが変わる子や新しい環境が苦手という子たちのことも考える時期に入ってきています。
以前、通信で、環境の違いを感じる子のことを書きましたが、子供たちの中には、4月から、ソラ以外でも環境が変わり、環境の変化に不安を強く持っている子もいるかもしれませんので・・・そういう子たちには、より安心して新年度のソラや他の場へ向かえるようにと・・・
ということで、昨年から始まった「春空」の季節がやってきます。
今回は、温めてきたぶっとび企画「使えないワザ大集合」がテーマになる予定です。
・・・おそらく、こんなテーマを取り上げるところは他にないでしょう・・・。
普段から、「他とは違う!」と言われてきましたが・・・今度の春空は、肯定的に「他とは違う!」と言ってきてくれた方にも怒られそうなテーマです・・・・。
もともとの「使えないワザ」企画には、ちゃんと、深~い意味があるのですが、今回は、春空の目的に合った形で取り入れるので、そういう深~い部分には触れず・・・・ですから、本当に、ふざけた内容になるかと・・・・あ、ふざけた内容と言っても、私たちは本気ですよ、本気で子供たちのことを考えていますからね。
・・・詳しくは次回の通信でご案内いたします!  
「使えないワザ」ですよ・・・・ウキウキワクワクでしょ? 

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

育てることに喜び・・・の補足です

2つ前のブログの補足をしておきます。
「育てることに喜びを強く感じる指導者」と書きましたが、「サッカーに詳しい指導者」と言っているわけではありません。
特に、部活などの場合は、サッカーを経験したことがない先生が顧問をすることもあるかと思いますが、それ自体はべつに気にすることではないと思っています。
「子供たちを育てたいという思い」の部分の方が、「サッカー経験」や「指導経験」の何倍も重要だと思っています。
そして、先生は「子供を育てたい」と思っていれば、部活の前にクラスの子のことで気になることもたくさんあるかと思うので、練習の指導に来る・来ないだけではわからないことも多いと思っています。部活の顧問の先生は、基本的に「先生」ですからね・・・たくさんのすべきことや、やらないといけないこと、やりたいことがある中で指導をする・しないということになるのでしょうから。
・・・なんて話を中学生の子たちにはしたことがありますが・・・。(→そういう先生は、もちろん、部活の子のことも気にしてくれるでしょう。)
以上、補足でした。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

帽子

帽子
・・・昨日の卒業生ですが・・・コートから出る時に、取りました、私の帽子を。
完全に油断をしていたので、あっさり取られました。
おー、約一年ぶりか・・・昔が懐かしいなぁとしみじみ・・・するわけもなく(こんなことでしみじみするか!)・・・。
それを見ていた5年生の子が不思議そうに、「みんな取るんだね。俺、まだ取ったことがない」と、驚きと「やっていいのかな?!」のドキドキの表情。
そして、その子は、数秒後に、「初帽子取り」を成功させ、嬉しそうに帽子をかぶったのでありました。
べつに取らなくてもいいんだよ。伝統でもなんでもないから。
この帽子のせいで練習が脱線することもありますが・・・これでなかなか役に立つ、貴重な帽子なのです。まあ、取られると、私の頭がボサボサでお見苦しいかと思いますが・・・・バイクに乗る人がヘルメットを取る時と同じ感じですか?  ただ、私の場合は、子供たちとの死闘を数度繰り返すので、中の髪の毛を整える間もなく、グシャッとかぶるので、本当にとんでもない状態になっています。あとで鏡で確認して「なんじゃこりゃ」の世界であることもよくあります・・・。子供はこの辺をわかってくれないのであります。グチャグチャ頭で私が追いかけていても喜ぶだけなのであります・・・・。いっそのこと、でかい帽子でつかまえてやろうか・・・。
そういえば、この帽子のせいもあるのだと思うのですが、昨日は1年生の子に、「ワタナベだ、ワタナベだ!」と言われました。
最初は、なんじゃらほいという感じだったのですが、ああ、そうか、あのカメラマンの・・・ということで、「えっ、あのカメラマンの?」と聞いてみると、その声が聞こえないくらいのテンポで「ワタナベだ、ワタナベだ、絶対にそうだ」と言ってくるので、ここはいっちょう、いつか冷たい反応をされてから封印していたモノマネでもしてやるかと思い・・・でも、勇気が出ず(意外に恥ずかしがり屋)・・・でも、まだ「ワタナベ、ワタナベ!」と嬉しそうに言っているので、よし、そこまで言うなら封印を解いてやってやろうと、ゆっくり口調で、はっきりとした発音で、腕の動き付きで、「だから、私の、どこが、ワタナベだと、いうのですか」と、マネをしながら話しかけたら、まだ途中なのにドリブルで遠くに行っちゃった・・・(子供はじっとしていない)・・・そして、ポツンと取り残された私に向かって、少し離れたところから、「だから、帽子をかぶっているところがだよ」と・・・さっきの会話に答えてくれました・・・。バカ者、聞こえていたなら答える前にモノマネだと気づいてくれ・・・・何を普通に質問に答えていやがる・・・・・かえって恥ずかしいじゃないか・・・・。
もうやだ、1年生・・・。もうやらない、ワタナベヨウイチ。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

卒業後

さて、さきほどの二人、中学では違うスポーツをしていると書きましたが、子供たちが、やりたいものを見つけて、そうするのは本当にいいと思うんです。
でも、中学でサッカーをやりたいのに、あまりに先を急ぎ過ぎている場に行ってしまうと、それが難しいこともあるようで、そういう場合のことも「良し」とは言いたくないので、私は私なりに、フォローの場を作っていきたいと思っています。
まだ中学生の年代は「育成年代」ですから、育てることに喜びを強く感じる指導者の元に行ければいいのですが、そうでない場合は、本当にフォローが必要だなと思います。
もちろん、途中から始めるのであれば、それに応じた努力が必要だということはわかるのですが、そういう熱意があっても難しい環境があるように私には思えます。
そういう場でも、卒業した子たちが頑張れるようにと、必要なことは教えているつもりですが、本当に、フォローの場が必要だと思うので、私たちももっと頑張らないと!  と思います。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

子供を教えるサッカーコーチ

・・・将来の夢に、そう書いた子がいるようで・・・嬉しいけれど・・・「サッカー選手」が先に来ないところが面白い。
高学年の子だから、私にもたくさん怒られたことがあるはずですが・・・「子供を教えるサッカーコーチ」を夢に書くとは、さすがソラッ子。タフ&冒険家だね。
確かに、面白いぞ、子供を教えるサッカーコーチは。お前らみたいな子たちに会えたならね!!!  
夢は・・・どんどん変化していいと思っています。
だから、この子の夢が、この後、サッカー選手に変化しても、他のものに変化しても、いいと思います。
成長する中で、これからまだまだたくさんのことを経験し、感じて行くのですから。
ただひたすら、毎日を楽しんでくれたならと思います。
こういう子供たちに毎日接することができるソラのコーチは、幸せだなって思います。
だから、ますます頑張らなきゃ。
あ、そういえば、今日、卒業生が二人、遊びに来ました。
二人と言っても兄弟なんですけどね。
弟クンは昨年まで月曜日コースにいたので、知っている子もいましたね。
以前、メールで「今度、後輩がどれぐらい成長したか見に行きます」と書いていましたが、そういえば、自分より学年が下の子を「後輩」と呼ぶこの子のあだ名は「○○○センパイ」でしたからね・・・スクールで、「先輩・後輩」か・・・面白い。
お兄ちゃんはお兄ちゃんで、全く違うタイプでしたが、すごく頑張っている子でしたね。
そんな二人が来たので・・・ちょっと練習に参加させました。
違和感ゼロ・・・恐るべし兄弟・・・。あまりにも自然に溶け込み過ぎで、笑ってしまいました。
「これからもたのしく、いつでも帰れるソラでいて下さい」と親御さんに言って頂きましたが・・・本当に、いつでもまた帰っておいで、です。
あ、この二人は中学校でサッカー以外のスポーツをやっています。
それでもいいと思います。彼らのここでの頑張りが消えるわけでもないし、可能性を持っている彼らが変わったわけでもない。
あたり前の顔で遊びに来い来い。
ソラッ子はいつまでもソラッ子なのです。
あああ、今の月曜日の6年生は、年下の子の力を引き出すことにかけては他の曜日の子たちよりはるかに長けていますが、この弟クンがいた時に、そういう雰囲気をいつも作っていましたからね。
今の6年生は、センパイたちに、そうやって、今の彼らの良さを教えてもらった部分もあると思います。
ソラッ子よ、つながれつながれ!  

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

キーパーをやりたい

ゴールを守るゴールキーパーはカッコイイです。他のポジションと違う特別な存在だから、カッコイイと思って、「キーパーをやりたり」はアリだと思います。
ですが、子供が「キーパーをやりたい」と言った時に、ただ「おう、頑張れよ!」って言えないんです。色んな試合環境を見てきたから、手放しで、「前向きだな、頑張れよ!」って言えないんです。
優しい子だと、キーパーがみんなに文句を言われるのを見て、「かわいそうだから、ボクがやってあげよう」って思うことすらあるんじゃないかなって、それぐらいまでは考えちゃいます。
普段の子供の様子を見ていると、他の子のことをすごく気遣う子がいるので、こういう子がもし「キーパーをやりたい」と言うことがあったら、そういう可能性も含めて様子を見なきゃと思います。
他にも、(まだ年代や経験的に合わない)激しいレギュラー争いが関係していることや、他のポジションで自信を失ったことが関係している可能性もあるかもしれないし。
本当は、こんなことを心配しなくていいはずなんですが、こんなことまで考えてしまう環境が、なくはないのです。
結果的に良さそうだからと、パッと捉えて過ごしては肝心なものを見失うこともありそうで。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

時間が流れているので・・・

2月10日に行われた「お父さん・お母さんのサッカー教室」は楽しく、無事に終了しました。
一般的な少年サッカーの現場で、必要以上に気にされ、それによって子供たちが逆に困ってしまっていることをテーマに取り上げ、説明をしました。
ご参加頂いた方の中には、申込受付締切後に連絡を下さった方がいましたが、皆さんへの通信ではご案内しましたが締切後も受け付けることにしていたので・・・大歓迎!  ということでご参加頂きました。初めての場でしたし、寒かったでしょうが・・・。「参加して良かった」と言って頂き、「ああ、やって良かったな」と思いました。
こうした方々、皆さんと、「子供のために」という目線で開けるものを、また企画したいと思っています。
子供たちを取り巻く環境も、あたり前ですがどんどん時間が流れていますからね・・・・子供たちや保護者の方、「子供を伸ばしたい」というコーチの方が不自然なことに振り回されることのないように、時間を止め・・・ることはできないので、走らねば。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

「ある程度の成績」なワケ

前ブログで「ある程度のいい成績」と書いたのは、子供が伸びる戦い方をしていると負けることもよくあるからです。場合によっては、コーチの方が、自分のチームの子供たちが簡単には勝てないように、プレーや戦い方に条件設定をすることもあるでしょうし。
例えば、「苦手な足だけでプレーしなきゃだめ」ということもあるでしょうし、サッカーを始めたばかりの子がずっと試合に出ることもあるでしょうから。

当然と言えば当然の環境だと思いますが、そういう環境はきっと少ないので、それぐらいのことを当たり前にできる環境がたくさんほしいなと思います。それで増える楽しさはたくさんあっても、失われる楽しさは(本来なら)ないと思いますから。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

自然に持ってくる

先日、保護者の方と試合会場でお会いしたので話していると、ほかの学年の話がポロッと出ました。ポロッとでた学年のチームは、試合や大会でもいい成績を取ることが多いようですが(私もその学年の子たちやコーチの方のことを知っています)、その子たちは試合会場で見かける時も、いつも伸び伸びしていて、コーチの方もいつも笑顔で朗らか×朗らかで、「余裕あるぅ」で、すごくいいんですよね、という話をしました。
普段の練習からそういう雰囲気で、試合でもそういう雰囲気で余裕があるようなので、みんなも上達するでしょうし、そういう余裕あるスタンスでずっと見てきていれば、自然にある程度、いい成績もついてくるでしょう。(→みんな上手になるのですから。)
こういう、「自然に持ち帰ってくる成績」は、優勝とかメダルとかのいい成績でも、いいことだと思いますよ。必要以上の捉え方を子供も大人もしないと思いますから。
ソラで見ていても、大会での好成績を得た後の練習でも普段通りで、本当に、子供の世界の中でその子たちは得ている・活動しているなって思います。
成績などに関係なく、子供たちが子供の大きさで色んなものを得ることができる、こういうチーム、コーチ、支える皆さんが増えるといいなと思っています。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

背景を考えなければならない変化

昨日のU-9クラスは忙しかったです・・・。
「ソラ・ソラ・ソラ」ならぬ、「コラ・コラ・コラ」。
順番に「コラ」「コラ!」「コラ!!」です。
注意の仕方や話し方は、これまでにも内容や相手の受け取り具合により考えてやってきていますが・・・もう何年も前は、「みんなの前で注意される」は避けて、「一人で、ちゃんと落ち着いて聞ける状態で、理解させて話す」ことで改善できることが多かったのですが、それでも同じことが繰り返されることが増えてきたなと感じます。
当然、みんなの前で注意されるほどのことだと知らなければならないことも、みんなの前で話をして共有しなければならないケースも、増えてきています。
そういう時は、多少、聞く方がきつくても、私は話しますし、注意しますし、怒ります。(→状況を見て落ち着いて話すこともありますが。)
子供なので、順番に、「あ、俺、やっちまったな」ということをしてしまうのは、別に悪いことだとは思いません。同じ子が、数度繰り返してしまうのも、まあ、わかります。

が、一回一回の捉え方は、ちゃんと気にします。その捉え方が、「子供」ということを差し引いても「受け取ってない」のであれば、注意をします。今までにどんな形で話し、どんな風に聞いてきたのか、行動がどう変化してきたのかを考えた上でですけど。
こういう働きかけを繰り返してきて感じるのは、「人よりも強いこと」や「人よりもできること」の価値を捉え違えてしまいそうになっていることがあるな・・・ということです。
大会優勝?  メダル獲得? 
チーム内で○○ができるからレギュラー? 
レギュラーで試合出ているから出ていないヤツよりすごい? 
そういう、チームでの成績や今の立場のことを間違って捉えていることがあるなと、子供同士の会話ややりとりをすぐそばで見ていると感じます。
だって、子供が、急に言うことが変わったりしますからね、すぐそばで見ていれば、嫌でも変化に気づきます。
「前までそんな言い方はしなかったのに」って、わかりますもん。
子供の世界の中でありそうな価値の捉え方ならいいんです。
成長過程で見せる言葉や行動ならいいんです。子供の世界とくっついているから。

子供の世界とくっついていれば、ちょっと違う捉え方をしていれば、「ふざけるなよ!」と言い返されることも、周囲の子の言動から、自分の行きすぎた部分に気づかせてもらうこともできるので。
でも、大会での成績やチーム内での自分の立場や状況(レギュラーかどうか、活躍しているかどうか、良いプレーをしたか、失点につながるプレーをしたか)を、私たち大人が、それこそ結果的な部分だけで子供たちに優劣がつくような形で教えていれば、できること、強いことの評価は、そういう環境によって固められ、子供の世界の中の捉え方とは離れていきます。
そういうことが起きているなと、感じます。

だから、繰り返し方が、子供ばかり見てきた私にとっては「非常に不自然」なのです。
子供だけの責任ではないところが、非常にやっかいです。
そういう部分を含め、子供たちの成長を見ているので、放っておけない部分は放っておかないのです。
チームに入っている子もいない子もいて、色んなチームの子や色んな遊び方をしている子がいて、その中でのやりとりを継続して見てきているので、だからこそできること、しなければいけないことは、やっていこうと思います。
ソラの子は、「コラ」と怒る子でも、かわいいですもん。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

子供ワールド

今日の「初ソラ君」。
後で親御さんに聞いたところ、本人や親御さんは、かなり心配や不安があったようですね。
ですが、そう、大丈夫なのです。
だって、子供だったからね!  
「初ソラ君」がいるような時は、楽しい雰囲気だけで練習をしてあげる方がいいのでしょうが・・・私はそれができない人でして・・・「悪いね」と思いながらも、怒るべきだと思ったら、怒っちゃうんですよね。これはなおそうと思ってもなおらない。
だって、ずっと見てきている子も多いので。彼らの成長にならないことを放っておくわけにはいかないんですよね。損とか得とかで成り立っている空間ではないのです。
今日も、そんな感じの場面がありまして。さすが、ソラッ子。空間を何もない、スッキリしたものなんかにはしないのです。
ですから・・・みんな楽しそうでも、集めてズバッとお説教タイムもあり・・・。
でも、そんな「初ソラ」を終えた後に、もう、「すぐやりたい」を連発だったそうで、親御さんも驚いていました。本当にそう思わないとそこまではならないそうで。
自分を出し、他の子と交わり、さらにビシッとされることもあり、それでも楽しい・・・さすがソラッ子の集まる場だと思いました。
本当に楽しかったみたいですが、まわりの子の雰囲気、言葉、行動が大きな役割を果たしたのでしょう。もちろん、本人の子供らしさ、頑張りも大きな役割を持っていたはずですが。
「子供」で来たなら楽しめる場。
子供ワールドのソラワールドで、十分育っていってくれ!  

あ・・・・・・・・・・通信のことも褒めて頂き、大感謝。よく読んで下さっていました。

そして、実際に見て、なるほどと思って頂けて、これまた大感謝。

これからも子供ワールドを守らないとね。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

おんぶ

月曜日の6年生の子は・・・いつもあたり前のように、歳の違う子と遊んでいるのだと思います。
以前、そんな話も聞きましたから。
だから、他の子の様子を見て何かをするということが自然にできるのでしょう。
さらに、子供の世界で遊んでいて、「大人のサッカー知識」や「試合に勝つためのチーム戦術」などを叩き込まれているわけではないので、自然に動けるのでしょう。
年下の子と一緒に遊べば、自分が頑張らなければならないこと、我慢しなければならないこともあるでしょう。
だから、自分自身も成長するのでしょう。
年下の子の表情を見る必要があって、さらに、一人で行う時よりも力を要する場面がたくさんある。
そんな大変そうなことを、遊びの中であたり前にやっているから、(子供の中では遊びの一種でいい)サッカーの中でも、あたり前のように、年下の子を思うことができ、年下の子のために技術を発揮できる。さらに、二人分頑張らなければならないこともたくさんあるから、自分自身がより成長をしていくのでしょう。
・・・なんて思いました。
自然に考えて、道を歩くだけでも、年下の子と一緒に歩けば、年下の子をおんぶして歩くこともあるでしょうから、より力はつきますよね。
同じ歳の子と競争して歩くのでも力はつくのでしょうが、年下の子と一緒に歩くのでも、それに劣らぬ力かそれ以上の力がつくことも納得ですね。
自分の損得だけでなく、まわりの子のことを考えられるのだから、それぐらいの成長ができるのも当然と言えば当然か・・・。
子供たちには、どうせなら、こういう「でかい」「深い」成長をしてほしいですね。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

勉強きらい!  

金曜日の6年生は、昨年の終わり頃、さらに一つ上に行くために、「こら」という時期を通過してきて、水曜日の6年生の子は、さらにその前の時期に、同じように通過してきて、その後もたまに浮き沈みがあるものの、基礎力をしっかりあげたので、すぐに持ち直すことができるようになったのです。
月曜日の6年生の子は、チームに入っていない子が多いからか、いつもとても自然な「子供」のサッカーをするので、こちらが何も言わなくても、ずっとずっと年下の子のことをとても強く考えてきて、「こら」がないまま、一つ上に上りました。
木曜日は・・・明日だからここには書かないでおこうっと。
そうなのだ、きっと成長の倍返しが待っている。待っておこうっと。
さて、話題を変えます。
「学校、おもしろかったか?」と聞くと、「つまらなかった!」という子がいます。
「なんで?」と聞くと「だって、勉強があるんだもん!」という子が、結構ね、ソラにはいます。
「勉強が好き!」という子もいいと思いますが、「勉強きらい!」という子もすごくいいと思います。だって、「勉強はヤダ!」って、昔はあたり前だったでしょう? 
だから、べつにね、悪いことではないと思うんですよ。
ちなみに、「国語が苦手!」と言っている子がいまして、すごく苦手意識を持っているみたいなのですが・・・この子は、ゲーム中に、自分の考えを友達に伝える時に、色んな言い方をするんです。いつも決まった形で言うのではなく、色んな言い方で、色んな言葉を使って。言葉や言い方は、状況にもよるし、相手にもよるのですが、とにかく、伝わるようにと。
怒ることも、謝ることもたくさん。
だから、「国語が苦手」はあまり気にしなくていいと思うんです。
その時に友達の言葉を理解できなくても、ゆっくりと考えれば理解もできる子です。
テストの点はどうか知りませんが、ちゃんと言葉を使え、正しく伝えようとできる子です。
だから、いずれ、「国語もできる」と思える日がくるでしょう。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

力を知れ

喜怒哀楽・・・昨日と今日は、「怒」と「哀」がいっぱいでした。
今日のU-12クラス。
昨日の6年生を今日の練習に呼びました。私はたまにこういうことをします。
昨日の様子を見る限り、来週の火曜日をこのまま迎えることは、ちょっとできなかったのです。
来週、もし昨日と同じようだったとしても、二週続けて6年生に同じ話はできない。
残りの期間を考えても、同じ内容で、二週続けて怒ることは、この時期にはしたくないのです。
かといって、二週続けて同じ様子を見せる6年生に対して、優しく話すことによって、力を出させる内容ではありません。
ですから、昨日来た6年生に声をかけ、今日の練習に来れるようなら来いと。
彼らのためだけでなく、他の子のためにも。また、もともと今日来ている子のためにもなることです。
昨日の話は理解しているはず。
それをちゃんと持ち帰ったのかどうか。
そして、今日・・・反省です。
昨日、持ち帰らせることができなかった。
わかるように話して、受け取れるように話して、昨日の自分たちをそのまま持ち帰らせるようにしたつもりだったのですが、ダメだったようです。
それがすごく悔しい。
特に、昨日、全員でのゲームを楽しめなかった5年生の表情を思い出すと、もう悔しくてたまらない。
今日来たことが無駄になるとは思いません。
ですが、このままでは、昨日のことはなかったことになってしまいます。
昨日の今日で、これなのか。
昨日の話を聞いていたのか。
悔しくて悔しくてたまりません。
技術だけの成長? 
そんなつまらないことをさせてきたつもりはありません。
もっと下まで降りて行ってあげて、そこからまた持ち上げてくる? 
そこまでしないとダメな6年生ではないはずです。
自分で上がってくる力があるだろうに。
もっと自分たちの力を知れ、力を出せ。
来週の倍返しを期待しています。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

通信

えー、私の場合は、「怒る」と「叱る」・「注意する」を区別して話す時と区別しないで話す時があります、はい。
通信などでは、そういう時に、「ここではこういう意味で使っています」と説明することもありますが、それは・・・たまに子供たちも読んでいるようなので・・・。親御さんによっては、ご家庭で「怒る」と「叱る」を区別して子供に説明していることもあるかと思いますので、伝えたいことに強く影響すると思う場合や必要性を感じる場合は説明します。
ええ、そうなんです、子供たちがたまに通信を読むんです。
この頃では、「親に渡すんだよ」と言ってケースを渡すのに、中の手紙をその場で出し、広げ、読み出す子もいます・・・。
たまに大事な内容のものもあるので・・・たまに?!  ・・・いつも大事な内容です。

そして、手紙をすぐに出しちゃう子たちに、「こらこら、しまえ」と言うと、子供たちは、「はい、はい」と面倒くさそうに(←ご家庭で見せる「はい、はい、わかりましたよ」の「はい、はい」ですよ、きっと)、“クシャッ”とケースの中にしまいます・・・しまう時に落とすことも・・・
各ご家庭にクシャッとした、うっすら汚れた通信が届くことがあると思いますが・・・それは、ヤツラの仕業であります。
通信は、豊田がとてもキレイに折り、気をつけて、丁寧に連絡ケースにしまっていますので・・・それを雑に出しやがり、落とし、しまいには、書いてあることを見て、「××だってよー、へへ」などと言う子もいますが・・・まったく!!!  「子供」で面白いヤツラなのであります。
そういう時間をたくさん過ごして、怒ったり、笑ったり、それがソラなのであります。
親御さんには、「普通ではない場」とか「他とは違う場」と言ってもらえることがありますが、私自身、ここにいて、心がいつも動きまくるので、疲れることもありますが、それを含めて、面白い場だと思います。客観的な言い方ですが、だって、彼らを中心に、みんなで作られる場なので、こういう言い方になるんです。
面白い場であります。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

それぞれの日の6年生

6年生は来月には卒業。技術の成長も心の成長も、もう仕上げに入っていきます。
残り少ない練習。でも、当然、体調やスケジュールなどで参加できないことも出てくるでしょう。
一回一回、さて、どうする? です。
昨日は6年生の子に怒りました。
以前に話したことをしようとしなかったから。もう前に、ちゃんと時間を取って話し、その後も話してきて、さらに昨日も一度ちゃんと話したことを、最後までやらなかったから。
その日にやらなければ、今度は次の週になってしまう。週に2回来ている子は他の曜日にすぐ来れるけれど、曜日が違えば、雰囲気や歩んできた時間が違います。
同じメンバーで練習できるのは来週。何度も、「また来週」を繰り返せるわけはなく、もうすぐ「来週」なんてなくなります。
さて、どうする? 6年生。
「年齢を考慮してもこれぐらいのことはわかるだろう」と思い、話す時に少しでも抽象的な表現を入れると、子供はその内容を理解できないこともあります。だから、具体的に話してきた部分がたくさんあります。
そして、今までにそれらをやってみせたこともあります。
今までのお前たちを見て、お前たちの心と体でできることしか言っていないぞ。もうわかっているはず。力を出すかどうかだぞ。
昨日言ったことが届くかどうか。

当たり前ですが、存在の掛け合わせで成長してきた彼らは、心の発達部分は周囲の友達との関わり合いが強く影響するので、曜日によってまったく違う雰囲気、成長を見せています。

でも、どの曜日の子も、基本の力は入っているはず。
さて、火曜日6年チーム、どうする? 

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

いっぱい

話を聞いてすぐに動かなきゃと思うことも、エネルギーをもらってすぐに動きたくなることも、ありますよね。
だけど、
胸がいっぱいになると、すぐには話せない、たくさんは話せない、
お腹がいっぱいになると、すぐには動けない、

そういうこともありますよね。
なので、今回はこれまで。
また!  

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

ソラ

「言うは易し行うは難し」。本当に「難し」。
ソラという場は、つくづく、大きく、深く、強く、しっかりと支えられているんだなと感じます。皆さんからの、「がんばって」と「ありがとう」。そして子供たち。本当に感謝です。
子供、皆さん、スカイランドの方、私たち、すべてそろって、ソラ。
それが、ソラ。だから、ソラ。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

告知!  お父さん・お母さんサッカー教室

今週金曜日のお父さん・お母さんのサッカー教室ですが、まだまだ参加者募集していますからねー!  
すでに「我、経験なし!」と胸を張る人が集まってきていますから、皆さん安心してきて下さい。
それから、今回は、子供たちにサッカーを教えることもある方が参加してくれます。こういう方が参加して下さるのはすごく嬉しいですね。
その先にいる子供たちにとってもいいことだと思います。
この方とは日頃からよくお話ししますが、子供のことを考えて悪戦苦闘している様子が伺えます。コーチの方も、子供を思えば思う人ほど、「どうしよう」と思う環境があるかと思いますが、こういう、「子供にとって」どんなことが大切なのかを考えて下さる方が現場にいれたなら、いいなと思います。

●2月10日(金)、夜8:10から9:50まで。
あまり動かないでいい、サッカー教室です。(→まったく動きたくない人はまったく動かなくてもOKですし。)
個人個人で運動の経験も体力も違うはずですから、そういった負担がない形で参加できるものにしたいと思っています。
興味のある方はご連絡下さいね。
■お問合せ・お申し込みTEL:042-534-3766

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

公園とボールの音

試合会場からの帰り、道を歩いていると、何年か前に行ったことがある公園のそばを通りました。
卒業した子が、自主トレの内容で質問してきたことがあったので、その子がよく練習するという公園を見に行ったことがありました。
その子の課題と含めて、ここではどんな練習ができるのかなと。また、安易に答えて、それをできない公園だったり、それをしようとしたら自分がケガをしそうだったり、他の人にケガをさせちゃったりしてもいけないので、質問をもらった時に、まずは公園を見に行ったんです。あー・・・懐かしい。
もしかしたら、今日、そこでその子が練習しているんじゃないの? 
なんて思って、ちょっと寄り道して行こうと。
公園の方に歩きだすと、ボーンとボールを蹴る音が。
うわっ、まさか本当に? 
また、ボーンという音。
こんな偶然ってあるの? と早歩きに。
公園全てはまだ見えませんが、今度は、上に飛んだボールが見えました。
「うぉーい!」という声を出そうと
・・・誰? 
知らぬ子だぞよ。
そりゃそうだ、もうその子は高校生だから、今はきっと練習中だよなと。
でも、そうやって、公園でボールを蹴って遊ぶ子がいたのはちょっと嬉しいことでした。
そういえば子供の頃、いつも公園でボールを蹴っていると、その音で家から友達が出てくることがよくありました。
「そうだと思った!」と言って、走ってくるんです。
他の人との音の違いを聞き分けて、ちゃんとくるらしいです。
「お前のはわかる」って。
中学生になっても、高校生になって別の高校になっても、そいつはサッカーを途中でやめてしまっても、この音には反応して、よく出てきたものでした。
その後も、大学、社会人と・・・たまにこの公園でボールを蹴るたびに、「そうだと思った!」と出てきました。
今は、年に一回行くか行かないかなので・・・行って蹴っていても出てきません。もう互いに40を超えてるしね。まあ・・・ボールの音にも勢いはないんでしょうけどね・・・。
またそのうち出てくるかななんて思って蹴っていることもあるのですが、出てきませんね。
私も、呼び鈴を鳴らして、いるかいないかを聞けばすむことですが、そんなことはせず、ただ、昔のようにボールを蹴っているだけです。
いなければいない、いて気づくなら気づく、気づかなければ気づかない、「もしかしたら」と思ってくれたら来い、そんな感じです。
昨日、公園で見かけた子、そこで練習をしていた卒業生、彼らにも彼らの蹴るボールの音がちゃんときっとあり、それを聞いていた友達がいたんだろうな。
・・・なんて、思いました。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

50cmの背景

昨日は千葉へ。ソラッ子の成長を確認しに行きました。初めて見た時に、この子がサッカーを好きなのもわかるし、頑張っているのもわかるんだけど、無意識に自分の成長を抑えるプレーをしているのを感じました。この子が悪いわけではないので、もちろん楽しいことは感じたまま、まずはその部分が変わるといいなと思っていました。
この1、2カ月で、その「ここが変わるといいな」というところがすごく良くなったので、さて、違う環境ではどうかな? と見に行きました。
ああ、よかった。
ドリブルのコースが50cm変わることで、全然かわることもあります。
試合結果に追い込まれると、安全第一のプレーになっていくことがあり、それがどんどん強くなると、消極的なプレーになっていきます。

前に行けるところを斜め横に、斜め横に行けるところを横に、横に行けるところを後ろに、という具合に。そうすると、少しずつ、少しずつ、もともとしたかったドリブルコースよりも離れていってしまうことがあります。
遊んでいる時を見ればわかるように、子供はもともとチャレンジが好きなので、そういう、遊ぶ時のような雰囲気であればいいのですが、なかなかそうはいかない環境も多いようなので、頑張っているけど、自分が伸びなくなるようなプレーを選択することがくせになってしまったり、それでチームとして良い結果を得ると、本人も周囲も錯覚をしていってしまったりということがあります。
それはもったいないので・・・・
なんて思って色々と見たり、言ったりしてきましたが、この子は自分の成長を感じるプレーをできるようになっているので、良かった良かったと。
遊びに失敗はつきもの。それを含めて「遊びたい」のが子供の良さ。
遊べ、遊べ、遊べ。跳ねろ、跳ねろ、跳ねろ。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

中3です

昨日、保護者の方から、中3の子のお家での様子を聞くことができました。
こちらからは、本当にこの3年で、とにかく驚くほどに伸びたんだという話をさせて頂きました。(→お世辞でなく、こんなに変わる、成長するんだと驚かされました。)
そうしたら、保護者の方から、その子がソラのことをどう思っていたのかを、教えてもらえたんです。
3年生の後半になっても、いつものようにずっとソラに来続けて・・・受験間近でも来ていて、嬉しい反面、心配。
だけど、顔を見れる方が安心、きっと大丈夫・・・でも、大丈夫だろうか・・・はてさて・・・と私は思っていたのですが、親御さんも同じですよね。
「今はピシッと割りきって勉強に集中」がいいとも思うし、「好きなことをする時間を持つことで、色々な気持ちを整理しながら勉強」もいいと思うし・・・どちらにも、いい部分・安心する部分と不安になる部分もあるだろうし・・・。
個人個人で合った形もあるのだろうし・・・。
そして、この子の場合は来続けていたのですが、それは、本人が「どうしてもソラだけは」ということだったらしく、それを親御さんが聞いて、とのことでした。
彼にとってそういう空間だったのかと思うと、嬉しいです。
そうして、友達、仲間との時間を過ごしてきた子が成長しないわけはないか・・・。
お家では、自分の成長で、実感している部分を話すことがよくあるようです。
親御さんは「言っていることが大きくて、もう、“本当にそんなに成長したの?”って思うのですが」と冗談っぽく言っていましたが・・・いやいや、実はさらにその上の成長をしているはずです。本人がいくら大きく言おうが、確実に本人が思っている以上に成長しています。
練習中の様子を見て、「あ、まだコイツ、自分のここがこんなに成長していることに気づいていないな、ウヒヒヒヒ」と思うこと、たくさんありますからね。
それを言った方がいいと思えば言いますが、まだ言わないでおこうと思い、言っていないことが、たくさんありますから。
他にも色んなことが聞けましたが、嬉しいですね、この子にとって、友達とここで過ごす時間がそういうものだったということが。
来月には卒業。
それまで、しっかりと相手をし・・・てもらいます、周りの子に。(→人任せ?!)

がんばれ、ソラッ子、頼むぞ、ソラッ子ー!  

もともと彼らが力を出して作る場、作ってきた場ですからね。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

土台作り

昨日「も」色々ありましたね。
だって、子供の場所だから、あたり前。
対決や競争のようなことをやると、子供たちはお互いに「ちょっとしたずる」や「ギリギリセーフ」のことをするもんで。(→時には「完全アウト」も「どうみてもダメ」もありますが。)

そして、自分がやる時は「ずるくない」でも、相手がやると「ずるい!」となるもんで。
それでお互いに楽しんでいる間はそのまま進むものの、我慢できない範囲になると、怒り、「もうヤダ」「お前とはやらない」「お前だってやったじゃんか!」となりますが、こういうことはあたり前のようにあっていいことだと私は思いますので、いつも色々あるのです。

そういう中で、自分たちでやっていい範囲や許してあげるべき範囲を見つけたり、自分と友達の考えの違いや我慢できる範囲の違いを見つけたりできると思うので。
みんな、大きくなれば、団体や仲間と何かをしていくことになりますが、もともと、みんな、色んな考え方があって、だからといって、自分だけを主張していったら団体としては考えは膨らまず、しかもまとまった力は出せず。

だけど、全く同じ考えだけでいつもきれいにまとまってしまったら、何か一つの困難で負けてしまうこともあるかもしれないし。
だから、色んな違い、自分のこと、友達のことを知っていってほしいなって思います。
みんなが同じ姿勢でピタッとしていて、考えの発表の仕方もピタッと決まっていて、それでは、ちょっとソラッ子には物足りない。
そういう、決まった形で伝えたり、受け取ったりという中で得る成長では、ソラッ子には物足りない。
もっと色んなものを受け取れるように、伝えられるように、
もっと色んな形で受け取れるように、伝えられるように。
いずれ、どうしてもこれを伝えたいということができるでしょう。
どうしてもこの人に伝えたいということができるでしょう。
どうしてもそれを受け取りたいということができるでしょう。
どうしてもその人から受け取りたいということができるでしょう。
その時のために、色んな違いがある中で、受け取る力、伝える力をつけていってほしいと思います。
今は土台を作る時。
土台は小さくまとまったものより、大きく、さらに発展する可能性を持っているものを持たせたいですもんね。
子供たちはこの先、その上に、たくさんのものを積んでいくんですから。

そして、いずれ・・・それぞれがしっかりと力を発揮していきますように。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

昔の学校

週5日コース・・・もうそれは完全な学校ですね。
でも、雰囲気としては、「昔の学校」のようなスクールかもしれませんね。子供たちの雰囲気も。
言葉、行動、友達との関わり具合、楽しい気持ち、嫌な気持ち、それらが昔の学校の中にあったものと似ている気がします。
だからかな、いて、気持ちいいんです。子供たちも、そうなんだろうな。
私たちスタッフがどうということではなく、子供たちはそうやって、この場を感じているように思います。
「毎日行きたい」ってよく言ってもらえます。嬉しいです。ここに来る子供たちがそういう場にしているんだろうな。
同じ場だけど、いつもと同じものと、その時だけのものとが詰まっているんだろうな。それが、一日ではなく、一週間、一カ月・・・と、続いているんだろうな。
よく色んな業界の話で「最前線」とかいう言葉を聞きますが、そういう意味からは、ここは真逆の「最後線」という感じでしょうか。
でも、今来ている子供たちが育つにはピッタリだ。
自分たちで、色んなことを作れる子たちですからね。
「本当に?」って思われそうですけど、毎日現場に立って、その空間を常に感じた上で言っているので、「机上の空論」ではありません。「子供現場中のソラ論」です。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

地球人です

今日もすごく□○×▽?? ? なスクールでした。
最初のウォームアップから最後のゲームまで、本当に、全てが大好きな空間です。
色んなことがあります。でも、全部が「本当」で、好きです。「本当」の空間なので、その分、ハチャメチャなこともありますけどね。
今までにどう見てきたのか、どうして今があるのか、思っていること、思ってきたことなど、さすがにここには書けない部分がありますが(結構、結構なもので・・・)・・・こういう、「子供」だらけの空間にしたかったんです。
子供が見せる「本当」の空間。素だらけの空間。最高です。
外からどう見えるかはわかりませんが・・・。
でも、こういう「子供」の空間を理解して下さる方がたくさんいて、すごく嬉しいです。
昨日は・・・豊田や私に対して、「宇宙人かもしれませんよ」と言って下さる方がいらっしゃいました。あ、これ、おほめ頂いた言葉です、念のため。
「今どき、いるの?」という意味で、「宇宙人」と言われました。
今まで、「エスパー」とか「酔っぱらっていますよね?」(=テンションや練習の雰囲気が普通のコーチに見えないこともあるらしく・・・。決して、本当にお酒を飲んでいるわけではありません。ちなみに、豊田も私もお酒を飲めません・・・・)とか、他にも色々と、普通なら言われないであろうありがたい言葉を頂きましたが・・・「宇宙人」は「初」です。
含まれた意味は、私たちにとって最上級とも言えるもの。ありがたく頂きます。
そんなスクールですが・・・この1月から週3日通うことにしたばかりの子が・・・・「週5日通いたい」と言っているらしく・・・・。コーチがコーチなら子も子です。うん、「子供」サイコー。
ああ面白い。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

U-15クラス・・・

スクールはU-6クラス、U-9クラス、U-12クラスが基本の構成です。
U-15クラスはありますが、基本的にソラの卒業生を対象としたクラスです。なぜなら、小学生の時に、さっきも書きましたが、グチャッとくっついたり、バシッとぶつかったり、サラッと距離を取ったり・・・そうやって、生の空間を一緒に過ごしてきているからです。
「見た目キレイ」の整った場ではなく、「心はどうよ」という付き合い方をしてきているからです。
小学6年生で卒業する時に、もちろん、次のステージを歩いていけるような力はつけさせたいと思っています。でも、その先は色々で、中学生ではまだ歩くことが難しい環境があることも確かです。
小学生の時に、ここで、さっき書いたような感じで付き合ってきた子が、中学生になり、困ったなら、付き合ってきた上で、支えが必要だと感じたなら、必要なことはしたいでしょう? 
小学生の時に、ここに来る理由は、子供だけでなく、親御さんの信頼もあります。そうやってきてくれていた子、親御さんの力になりたいと思うのは当然のこと。
その時には、ずっと見てきた子との関係で、色々なことを共に経験して、見て、付き合ってきた子たちとだからこそできること、すべきことがあるのです。
だから、基本的に、卒業生のみを対象にしています。もちろん、話を聞いて、今、中学生クラスにいる子にとっても、良いことだと判断したら、卒業生以外の子を受け入れることもありますが。
これは、選抜して上手な子を育てるなんてことをしたいわけではありません。また、中学生でも見てもらいたければ小学生の時から来ないとダメだよなんていう囲い込みをしたいのでもありません。
選抜した中から名選手が出た時に、「私が育てた」と言うなんてことをしたいわけではないし(私の友人には、そう言おうと思えば言えるのに言わない人がいます。普通にちょこんと紹介するだけで「私が」なんて言わない。この友人は、「私がこの名選手を育てた!」パターンの何倍もすごいしカッコイイです・・・というか比較したら友人に失礼だね・・・ごめんなさい)、中学生になれば普通はクラブの練習や部活の練習が多くなり、スクールには来にくくなるので、そこを見込んで小学生から来ようとは考えないのが自然です。
経営的に見たらとてもバカなやり方ですが、でも、小学生の時に、毎日、そういう時間を過ごしてきたから、必要なら、やるのです。必要がなくなればしないですけど。
この頃、環境について色々と話していますが、ずっと・・・考え続けていることでもあるのです。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。
■TEL : 042-534-3766
【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■子供のこと色々(通信より) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

お母さんのサッカー教室開催中!  

ボールを初めて蹴る人、体を動かしたい人、皆さんでサッカーを楽しんじゃいましょう。
スクール生保護者以外の方でもご参加できます。皆さん、お知り合いの方などもお誘い合わせの上、ご参加下さい。
   
◎内 容     サッカーを楽しみながら適度~に練習します。
★一般の方の参加も増えていますよ~!  
★初めての方も、「運動久しぶり」という方も、大歓迎です!   

◎開催日 ・・・日程についてはお気軽にお問合せ下さい。

靴は、凹凸のあるものが良いでしょう。

※飲み物、着替え等を各自でご用意下さい。

◎参加費  1回の参加につき ¥800(税抜)~

◎会 場   千葉北スカイランド

※スポーツ保険等には加入はいたしません。ケガが起きた場合、現場での応急処置はいたしますが、その後の処置は各自でお願いいたします。

★お知り合いの方のみで練習したいという場合もご相談下さい。6人以上のご参加でお申し込み頂けます。(理想としては8人くらいは参加される方がいた方がいいと思います。)
↑今は、この形での開催も多くなっています。また、「この場所に来てほしい」という場合などもご相談下さい。
*参加費 : お一人につき ¥800(税抜)~

□■□■□■□

=各種連絡先=
サッカースクール・ソラ TEL 042-534-3766
Adre_2

ソラ・ホームページ http://www.sonoyosade.com

ジュニアサッカースクール
練習会場:千葉北スカイランド(稲毛区長沼原町261)
四街道、佐倉、八千代、船橋など、市外からの参加も多数!
サッカー経験の長い子からサッカーを初めてする子まで、今、スクールの無料体験に来る子が増えていま~す♪

個人レッスン・プライベートレッスンについてはこちら
サッカープライベートレッスン・個人レッスンは、東京(23区、多摩、武蔵野等)、千葉(千葉市、船橋市等)、埼玉、神奈川等で行っています。好評なので、エリア拡大中です。
  個人レッスン・プライベートレッスン報告はこちらジュニア、ジュニアユース対象 (責任者 山口武史)
書籍「サッカー、上達の素」使えないワザには気をつけろ!
 詳細こちら (ブログのもの)
   ※PDF版の紹介はこちら→「soccerbook.pdf」をダウンロード
 面白いサッカー本ですよー。
 ふざけたワザの紹介からマジメなお話まで、内容は盛りだくさん。

お母さんのサッカー教室についてはこちら

子供のこと・サッカーのことなどはこちら
  子供のプレーや言動を理解しやすくなるかもしれません。

|

困った中学生時代

U-15クラスの練習後。
いつもは残って長々と話をしていく子が、「俺、今日は早く帰ろうっと!」と。
「今日の晩御飯、牛どんなんだけど。家の牛どん、マジ超うまいんだけど!」って。
さらに、「俺、朝も牛どんで、夜も牛どん。もう天国~」と。
すると、他の子が「俺んちのコロッケ、超うまいよ!」って。
家の中ではですね、きっとこんな風には言わないと思うんですよ。
親の前では、こんなこと、言えないお年頃なわけですよ。
でも、こうして、親に見えないところでは話していますからね。
月曜日のU-15クラスでも、「今日、家で・・・・」と色々あった子がいました。
話を聞いて、私なりに、親御さんの気持ちとその子の気持ちを感じ、「こうじゃない?」という話をしました。
心とは逆のことを言ってしまうお年頃なんですよね、困ったもんだ。頭ではダメだとわかっていても、そうなってしまうこともあるから、なおさら、子供も困ってしまうこともある・・・本当に、困ったもんだ。
体は大きくなって、生意気にもなって、「まったく」と思うこともあるでしょうが・・・ちゃんと心も育っています。愛情ごはん、ヨロシクです!  

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

さすが経験者

今日のU-12クラスでは、もっと行けるだろう? 力を出せるだろう? ということが多かったので、途中で話をしました。
70%とか80%のプレーは、見ていてキレイに見えても、やっていて楽しいと思えないはずでしょう? 
べつに試合結果最優先の試合ではないんだから。
もちろん、勝ちたいだろうけど、ボールを蹴りたくて、サッカーがしたくてプレーしているんでしょう? 
それなのに、70%くらいのキレイなプレーで満足しちゃ、ダメじゃんか。
大人っぽいことを覚えたり、まだ覚えなくていいことを形で覚えたりすると(教えられると)、こうなることがよくあります。
チームでの試合の後とかは、こういう感じ(プレーに勢いがなくなったり、プレーがパターン化したりする)になることがよくあります。
だから、また子供に戻す必要があるんです。
今日は、最初に話した後にも話し、さらにまだ、働きかける必要がありました。
まあ、怒ったような感じになるのかな。
2回目に話をした時(まあ怒った感じですか?)、「あとは自分たちでチームを作り、自由にやってみろ」と言い、中学生の子たちの方へ私は行きました。
こういう時はそばにいちゃダメなこともあるし、その中で彼らがどうするのか見る必要もあるのです。
中学生の子の方に行くと、その様子を見ていた中2の子が、
「怒ったの?」と。
私:「話したの」
中2の子:「怒ったんだ」
私:「は・な・し・た・の!」
中2の子:「怒ったんだね」
・・・だから話したんだってば・・・。まあ、「怒る」感じで言いましたけどね。
この中2の子め、さすが経験者だなぁ。
今から2年前、この子が6年生の時、最後の練習の前の週に、私はこの子の行為に対して、怒りました。
本人はもう忘れてしまったかもしれませんが、その時、この子は涙を目にためて話を聞いていました。私だって、同じ気持ちでした。
あれから二年か・・・早い。
そういうことを経て、この子との今があります。
U-15クラスは、無理に来なくてはならないクラスではありません。
部活やクラブの練習がある子は特に、無理に来なくてもいいのです。
が、この子はいつも、部活後に来てくれます。
ここを必要だと思ってきてくれています。
「注意する」とか「叱る」だと、なんかキレイ過ぎるので、「怒る」という表現を使いますが、よく怒り、素直な時間をしっかりと過ごしてきて、そして、今も、本来なら来なくてもいい状況の中、目の前にこの子がいることを、すごく嬉しいと思います。
あ・・・ところで、その後のU-12クラスのゲームですが・・・話す前の2倍、3倍のいいプレーをみんなしていましたよ。
だから、最後に言ってやりました。
自分たちにそういうことをできる力がもうあるのだということを。
私が言ったからではなく、自分たちにもうそれだけの力があることを知ってほしかったのです。
6年生はもうすぐ卒業だぞ。いい加減、覚えろよなって。
力があることを知って、さらに残りの2カ月で成長せよ!  

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

色んな面

昨日のU-12クラスでは、お休みをした子が何人かいました。

お休みをした子と仲のいい子が元気がありませんでした。
誰とでも仲良くできることもすごくいいことだし、特別に仲のよい友達を作れることもすごくいいこと。

誰かとすごく仲がよくなると、その子がいない時には元気がでなくなることもあります。
仲良しの子がいないと元気がなくなってしまうというのはちょっと残念ではありますが、その子となら気持ちをすごく許せるんだろうなって思います。
お休みした側の子も、そういえば、そんな時がありました。昔、たまにポツンとしてしまうこともありました。

その子は今はハジけていますが(持ちネタもあり)、こんなに元気になったのには、自分がお休みをした時に、こうして残念がってくれる友達がそばにいたことも、影響していると思います。

お互いに、そういう友達を持つことができて良かったねって思います。
そして、昨日の、その元気がなかった子の動きを少しずつ活発にしたのは、誰とでもプレーをしようとする、誰とでもサッカーを楽しんじゃう6年生でした。
どういうことにも両面があって、色んな面を持つ子供たちが集まって、みんなで色んな栄養をつけていってほしいなって思います。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

2月10日お父さんお母さんサッカー教室開催決定!  

以前ご案内した2月10日の「サッカー経験のないお父さん・お母さん」のためのサッカー教室は、現時点でのお申し込み状況により開催決定です!  
子供たちのサッカーの中で、すごく気にされていることやできないで困っていることの中には、「気にしないでいいものが結構あるぞ」ということを理解してもらえるように、少しだけ軽く練習したり、説明したりしていきます。
参加される皆さんの「上達を実感」というより、そのような「気にし過ぎないでいいことを知って頂く」という趣旨で行います。
会員の方は、今日からお配りする通信のおまけをご覧頂ければ、開催の背景を少しおわかり頂けるかと・・・。ですから、「運動が苦手」とか、「知らない人とだと緊張するな」とか、そういうことに関わりなく、ご都合のよい方は、「ぜひ」ですよ。
今、子供がチームに入っている方はもちろんですが、サッカーをしている子は、将来的に「チームに入りたい」となるかもしれませんので、今は子供がチームに入っていないという方も「ぜひ」です。
もちろん、「サッカーをしたことがないけどコーチをする時があって困る」というお父さんも「ぜひ」。
今回は「知って頂く」が趣旨ですから、「知識や経験がないと参加しにくい講習会はちょっと遠慮したい…」という方はこの教室をお見逃しなく。

もちろん、やりたくない練習はやらないでOKです!  
お気軽にどうぞどうぞ。
=参加されない方へのお願い=
私の場合、不慣れなものの研修に参加した時に、まわりに見学をする人がいるとやりにくく感じることがありました。
今回ご参加される方の中にはそのような方はいないかもしれませんが、私自身の経験も生かしたいので、参加されない方の見学は申し訳ありませんがご遠慮下さい。(→参加される方のお付き添いで来られる方はご見学頂いて構いません。)
できる限り、リラックスした中で知って頂く、感じて頂くようにしたいので、ご理解、ご協力頂きますよう、お願いいたします。
****************
●2月10日(金)PM8:10~9:50
●参加費 ¥1200(税込)
●持ち物・・・飲み物、動きやすい服装・靴(スパイクはダメ)、着替え等
※トレーニングウェアでなくても構いません!  
※ケガなどをした場合、現場での応急処置は行いますがその後の処置は各自でお願いいたします。
■お問合せ・お申し込みTEL:042-534-3766
※取り上げてほしい内容などありましたら、お申し込みの際にぜひおっしゃって下さい。できる限り反映させて頂きます。

|

ソラBOY

スクール中にお腹が痛くなりました・・・・。
だって・・・とにかく面白いんですもん!  
今日も、NEWソラBOY誕生です。
「行ってもいいでしょうか・・・・」と親御さんは心配されていましたが、もう・・・すっごくソラっぽい子です。
いきなり素のまま全開で来ました。
その子、3秒に一回、笑っていましたね。私も、3秒に一回、笑わせられました・・・。
「火星人、火星人」と言いながらドリブルしたり、飛び跳ねたり、もう、すごかったですね。それでいて、ちゃんと友達の動きを見ているし、友達がイヤな思いをしないように考えているし、目的意識も持っているんですよ。
全部がごちゃまぜで、この子のプレーなんです。
完全なソラボーイ。
もちろん、いきなり自分を出せない子だっていいんですよ。少しずつ、自分を出せるようになる経験も必要ですから。
今日のクラスにも、そういう子がたくさんいます。
色んな子がいて、本当に面白かったです。
*先週した約束をちゃんと守った子の成長も見れました。

=サッカースクール ソラ=

千葉市で開校中。四街道市、佐倉市などからも子供が通っています。

■TEL : 042-534-3766

【練習会場:スカイランド】千葉市稲毛区長沼原町261番地

■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com

■子供のこと色々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

■ブログ「ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »