« 夏空スタート!   | トップページ | 夏空でーす!   »

こうしてコーチに・・・5

話の続きの前に・・・コーチを目指した時には「大人に教えられるコーチになるために、まずは子供から」と思った私ですが、その時の私はまだ若く(15年以上前ですから・・・)わからなかったのですが、子供に教えるコーチはとても重要な役割があります。(→特に海外などでは、育成年代のコーチがとても重要に考えられています。)
さて、では話を少し戻して、事務用品会社を辞めた後ーすぐに「コーチ」のアルバイト探しをしましたが・・・
自分の計画としては、とにかくまずは勉強をしなくてはならないので、いきなりどこかの会社の社員になるのではなく、いくつかの団体でかけもちでアルバイトをし、自分の目で色々見ながら、最終的に自分で納得のいく団体にたどりつければと思っていました。
しかし、当時はスクールを運営している会社もまだ少なく、募集もたまにあるくらい。
バイトの情報誌を見てもなかなか募集はなく、やっとあった募集に応募しても面接で落ちたり・・・。
あ、私、一カ所から二度も落とされたことがあるんですよ。すごいでしょ。
そこには、まず、面接試験を受けに行って、その際に質問を色々として帰ってきました。そこでは、きちんと質問をすればするほど相手先の指導に対する姿勢が見えてきて、ちょっと合わないだろうなと思ったのですが、それでも、選んでいる立場ではないし、一緒に働けば何か得るものもあるだろうと思っていました。
そして、試験後に届いた封筒・・・はい、不採用。
「仕方ない、また他を探さねば」と思っていたら、数日後、またそこから封筒が届きました。
「今さら来て欲しいなんて言われても、行かないよ」と思って封筒を開けると、またもや現れた「不採用」の文字。
しかも、前回のものと全く同じもので、「あなたは不採用となりました」と。
「今さら来てと言われても」と思っていた自分が恥ずかしい・・・。
それにしても、一回の試験で二回も落とすとは・・・。
よほど私が気に入らなかったのか・・・。
事務的なミスだと思いますが、そんなところにはこちらから願い下げ。
まあ、ここに限ったことではなく、ここまではいかなくても、話を聞きに行った段階で、「えっ?!」と思うことは他にも色々ありました。
会社を辞めてから、自分でコーチングの本を読みあさり、独学ですがその時点で色々と学んではいたので、それと照らし合わせると、話を聞いていても違和感を感じることがよくあったのです。
・・・こんな感じで、なかなか働けるところが見つからず、最終的にバイト情報誌で見つかったのは一つだけ。
そこは事務所が家から近かったものの、勤務地は遠く、交通費は一部のみの支給だったので(勉強なのでそれは仕方ありません)、一回の練習のために二時間くらいかけて行き、交通費を引くとほとんどバイト代が残らない状態でした。
ただ、勉強もできるし、担当の人も良い人だったし、何よりも「コーチになれた」ということが嬉しかったですね。
でも、勉強場所がその一カ所では足りないので、今度は「歩いて見つけよう」とスポーツ店まわり。
「コーチ募集」の貼り紙を探し回りました。
そして、原宿のサッカーショップにあった1枚の貼り紙が、私のその後の人生を大きく左右することになったのです・・・と書くと、何かドラマっぽくてカッコいいので書いてみました。
貼り紙にあった団体の人と会い、話をして、すぐにバイトをできることになりました。
気持ちを見てくれた、とても良い人たちの集まりでした。
そして、そこに何度か行った後のミーティング時 - 何かどこかで聞いたような名前が頻繁に会話に出てきます。
「○○が・・・」「××が・・・」「△△が・・・」と。
最初は、「ん?  どこかで聞いたような」くらいだったのですが、聞いているうちに、「ん?  んん?  んんん?!!!」となったのです。
○○さんと××さんと△△さん・・・そうだ、まだ事務用品会社に勤めていた時に、サッカー雑誌を見て、「こんなところでコーチができたらなあ」と思って切り抜きをしていた、そのページに載っていたコーチの人たちじゃん?!  
その連載コーナーの初回に、私が子供の頃に最も憧れた選手が載っていて、その人の技を紹介すると同時に、その人からの推薦の言葉も載っていたので、「うおはっ!」っと、切り抜いていたのです。そして、事務用品会社に勤めながら、そのページだけはずっと切り抜きをしていたのです。
以前に「こういう団体のコーチになりたい」と書き、そこに載っていた人の経歴を見て、「俺じゃ無理じゃん!」と驚いた、その団体の人の名が、今、目の前の人たちの会話にジャンジャン出ているのです。
?!?!?!  という感じでしょう? 
「えー、うそぉ、本当にぃ?  本当かなぁ?  関係あるのかなぁ」なんてドキドキして聞いていると(乙女か!)、どうやら、私をそこに入れてくれた人が、その人たちと関係があるようなのです。
そして、その人が私に、その人たちの関係している他のスクールでもバイトをしてみないかと声をかけてくれたのです。
うぉー、願ったり叶ったり!!!  
もちろんYES!  (言った言葉はもちろん「はい、よろしくお願いいたします」です。)
そして、私は、その団体のスクールのいくつかでバイトをできるようになり、当初の計画だった「色々なスクール」でバイトもでき、貴重な経験をすることができるようになったのです。
もう、偶然以外の何物でもないのですが。
コーチとして自分を売れるようなものを特に何も持たず、そういう団体につながりも一切なかった私にとっては、そこに行けたことは奇跡のようでした。
そして、一年間のバイトをした後、その目標としていた団体に正式採用。
「ここに行きたい」と思っていたところなので、すごく嬉しかったです。
そこに入ってからもたくさんの面白い経験ができましたが、そのあたりのことはまた今度お話しします。

=サッカースクール ソラ=
【練習会場:スカイランド】
千葉県千葉市稲毛区長沼原町261番地
■TEL : 042-534-3766
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■深めの通信 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

« 夏空スタート!   | トップページ | 夏空でーす!   »

私はこうしてコーチに・・・」カテゴリの記事