« 竹やぶとトンボとキツツキと猫 | トップページ | 夏空後半スタート!   »

こうしてコーチに・・・20

さて、もう、元の形での開校は絶対にできないし、閉校ということに関係なく私もいずれは千葉でのスクールは信頼できる団体内スタッフに任せ、所属団体内で他の業務につく必要があったので、閉校となったならそのままにするのが、自然な流れだったのですが・・・。
すぐに事情を皆さんに説明し、混乱のないように終わる感じで・・・でしたが、保護者の方から、「子供がこんなことを言っていた」ということを聞き、私は次の瞬間にはもう、再度開校することしか考えませんでした。子供の力ってすごいですね。
ですが、一度閉校となったものを再度開校させるのはたやすいことではなく、短期間で自分の所属団体の責任者も納得させることができなくてはならないし、新しい場所を見つけるのも容易ではなかったので・・・。
すでにそのスクールをやっている頃から、団体内での他の業務もあったので、そちらでも現場に立ち、他の業務をした上での作業となりました。
他の現場や業務の質が下がっていたら、とてもじゃないですが、スクール開校の検討なんてしてもらえるわけないので、その時の現場や業務は、(もともと現場では気合いが入るタイプですが)それまで以上に、かなり気合いを入れてやりました。
だって、団体代表は、顔を合わせ、私が何かを言おうとするたびに、「絶対に無理。話は聞かないよ」と言っていましたから。何度も食い下がり、そして、ようやく「じゃあ、話だけは聞く。でも、やらないよ」と。
それでも、見てもらえば大丈夫。
バシッと作り上げた資料があるのです。
この時に役に立ったのが、事務用品商社時代の経験。
嫌なことでもしっかりやっておくべきですね。もっとわかり易い資料を出せ、もっとわかり易く説明しろと、自分より社会経験豊富な人たちに毎日のように鍛えられていたので。嫌なことや向いていないと思うことでも、まずは耐えてやってみるべきですね。そうすれば、何かが見つかるかもしれないし、例え見つからなくても、次に進むための力はつきます。良かった良かった。
・・・そして、資料を提示し、説明。
とは言っても、生半可なものや甘い気持ちは一切通用しない相手です。(→団体代表者なのだから、それが当然ですが。)それに、私よりおそらく頑固!  
さて、話の結果・・・何と、開校に向けて動いていいとの答えをもらえました。
代表者曰く、「魂のこもった資料」です、えっへん。「やった、山を動かした!」という感じでした。
動いていいと言われても、実際にその後、行動を起こし、結果につなげなくてはならなかったのですが、山を動かす方がよほど大変だったので・・・。
そしてそして・・・ここスカイランドで無事に開校。
スカイランドの方には本当に感謝しています。
まだこの時点では、他の団体に所属している形でしたが、やはり、自分で行うことがあらゆる点から良いという結論になり・・・ソラが生まれました。数年前からは豊田が正スタッフとして加わり、信頼できる仲間を新たに得ました。
そして、今年でソラは7年目です。

=サッカースクール ソラ=
【練習会場:スカイランド】
千葉県千葉市稲毛区長沼原町261番地
■TEL : 042-534-3766
■ソラ・HP→ http://www.sonoyosade.com
■深めの通信 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake
■ブログ*ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。) http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola

|

« 竹やぶとトンボとキツツキと猫 | トップページ | 夏空後半スタート!   »

私はこうしてコーチに・・・」カテゴリの記事