« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

中学生クラス

昨日の様子を見ていると、この子たちが公園で毎日こんな感じでサッカーをできたら、すごく上達するんだろうな、と思いました。

普段は学校も違うし、同じ公園で遊ぶことなどできないと思いますが、やっぱり自由に動き回っているサッカーは上達の質が違うでしょうね。

「自由に」と言っても「楽にやる」ということではなく、全力でやるということなので、キツイことも自分でどんどんやってしまいます。

メダル・賞状なんてかかっていない、ただ「好きな気持ち」だけがかかっているから、密度が濃い。大好きなサッカーを楽しみたいから生まれる質。

なかなか良かったですね。

|

笑う笑う笑う

一昨日からソラに来ることになった子が、ゲーム中に・・・

笑う笑う笑う!  

とにかく笑う。

一生懸命やっているけど、笑う笑う笑う。

目が線になってしまうくらいに、笑ってます。

楽しそうで良かった良かった。

一方、私はよく怒りますけどね~。

昨日も怒ったし。

ここのところ、話をまっすぐ聞ける子がちょっと減ってきているように感じます。

いつもごまかしちゃうとか、何かをしながら何となく聞いているとか。

それじゃわからないこともたくさんあるし、成長できるのに成長できないこともあるので、注意をしています。

注意を繰り返せば改善されるので、まだまだこういうことにはこだわっていきます!  

|

ソラT

先週、雨が強かった日に車庫に猫がいたのですが、車を入れようとすると「ニャー!」(ここは俺の場所だぞー)と。もちろん家の車庫です。雨も強いし、追い出すのはやめてあげたんですけど。そして、昨日、気付くとこれ↓

Nikukyu

どうやら最後はすべったようで、ギュイーン(フニャー)という跡がついていました。

汚しおってからに・・・。

と、ソラTと関係ないようですが・・・

そうそう、ソラTが今年は何番なのか、子供たちがこの前、話していました。

7番、12番あたりが予想されていましたが、さて、何番でしょう? 

ちなみに、背番号の形の参考にするために昔のパンフレットを出しました。

うーん、やっぱりイイ番号だ・・・。

お楽しみに。

|

泣くか泣かぬか

昨日のU-9クラスでのゲームは、泣くか泣かぬかの境界線を行ったり来たりの子が2人。

ゲームスタート時の「相手ボールからスタート」でズーンと崩れ、その“ズーン”の状態と“ボール来たら頑張る・・・でも、いきなりやってもうまくいくわけはないから、また、ズーン・・・”状態の子。

途中で泣きそうな顔を見せ、こちらに言い寄りに来そうな雰囲気。でも、今回は「自分が悪いのだ」と思うので、ちょっと放っておきます。「いきなりがんばる」をくり返しても、「ずっとがんばる」を繰り返している子の中にすんなり溶け込めるわけはないのです。

ちょっとずつがんばる回数や時間を増やさないとね~。

まぁ、こんなことは言わなくてもわかることもあるので、放っておいたいのですが、2分くらいしたら、がんばり屋さんに戻り、走る・笑う・決める!  

これでいいのです。

すると、今度は相手チームの子の中に、負けるのが悔しくて、ゲーム中なのに泣きそうな顔。

私はその子の相手チームでしたが、私もシュート決めちゃいましたからね。大人げない? いいんです。一緒に遊んでいるのですから。私はズーンの子と同じチームで、ズーンの子が自分で復活したのだから、応援する時はしないとね。

さて、悔しそうで泣きそうな子。

でも、この子も一ヶ月くらい前に「泣きません」という手紙をくれた子ですから。だから、大丈夫!  ・・・というか、約束を守れよな!  という感じで、ちょびっとだけ応援。

そして、泣かず!  というか、がんばったらいいプレーが増えて、ウハウハしてやがるぞ。

おー、よく頑張ったものだ。

昔はこういうことが公園で毎日ありましたもんね。

がんばれよー、子供たち。

|

動き

月曜日、体験に来た子がいます。

初めはちょっと緊張気味。よくあるよくある。でも、すぐに氷は溶けてしまう。

そして、ニコニコに。

ゲームでの動き - 最初は動きが少なく、攻めだけだったり、守りだけだったり、つい止まってしまっていたり・・・これもよくあるよくある。でも、ボールを追いたい本能で、すぐに動きだす。

そして、ニコニコに。

よく頑張っていましたね~。

他の子も、もちろん、頑張っていました。

初めて来た子の頑張りと、もともといる子の頑張り。

初めて来ても力を出せる子と、初めて来た子が力を出せるソラっ子の雰囲気。

ぜーんぶ好きです。

|

遊びが一番!  

木曜日、最初の練習で動きがイマイチの3年生。

んー(怒)、乗っとらんな!  

と思いつつ(もちろん注意をしてやりました!)、次の練習へ。

そして、次の練習では、大ハッスル!  

チーム対抗の練習。練習といっても、遊びのような感じですけど。

知らない友達と同じチームにしたのですが、ハイテンションでやりきりました。

普段は、知らない子と同じチームでは盛り上がりきれないこともあるのですが、この時は年下の子を引っ張り、頑張っていましたね。

休憩前に、「あんなにすごいんだから、最初から頑張れよ」と言うと、「遊びは燃えるのだ!」とのことで。

ふむ、納得。

やっぱり遊びが一番ですね。

サッカーも、大好きな遊びの一つですもんね。

その後のU-12クラスでも、最初の練習で、みんな超ノリまくりでした。

やっぱり遊びの要素が強いんですけどね。

もちろん、超~色んなこと考えて作っているメニューなので、サッカーの上達にも必ず役立ちますが、それ以外にも栄養満点なのです。

やっぱり遊びは最強ですね。心と体、頭と体を使いまくってましたもん、子供たち。

見ていても、もう、面白くて面白くて。

途中でアドバイスしようと思っていたことも、子供が自然にやっていて、こちらの想像ともぴったりのノリ具合。あー、面白かった。

どんな練習かは、説明しにくいのでしませんが、これぞソラ空間って感じの練習でーす。

4月はコミュニケーションを取る練習が多いので、友達との関係もどんどんスムーズになっていますね、みんな。

新クラスを楽しめよ~!  

|

回復力

傷一つないキレイな石と、傷のいっぱいある石。手入れされていれば、傷のいっぱいある石の方が私は好きです。愛着がわくのも、ただ使っていないキレイなものより、傷のいっぱいついている方。

さて、昨日の水曜日「ゲームコース」。

第一週目に唯一「超怒られた」コース。第2週目の昨日は、合格点。

子供の、こういう回復力が好きです。

またきっとすぐに「こら、てめーら!」と言われるでしょうけど。

でも、また回復するのでしょう。

へこんでは膨らみ、きずついては消し、少しずつ少しずつ前に進む。

キレイに進まなくても、強く進む。

そういう力は本当にすごいもの。そして、必要なもの。そしてそして、魅力的なもの。

回復力のあふれる場、そんな場に、子供たちが勝手にしています。

子供の時に大切なものがあふれる場になりますように。

|

子供たちの話

新年度が始まり、約10日たちました。

新しいクラスにはもうみんな慣れたかな? 

3月まで年長だった子、3年生だった子が上のクラスに上がり、頑張っています。

6年生だった子が、中学生クラスに何人か来て、頑張っています。

もともとそのクラスにいた1・2年生だった子、4・5年生だった子も頑張っています。

雰囲気としては、かなり「いい」と思っています。これからの一年間、とても楽しみです。

練習のこととはちょっと話がそれますが、子供たち同士の話も、なかなか面白いです。

それぞれの学校であったことを話したり、 「お前、好きな子いる?」なんて話をしたり!  

こういうことまでここで話せるなんて、もう、私的には超理想の空間です。

彼らにふさわしい仲間に囲まれ、子供たちは色んな栄養を得ているのでしょうね。

悩み、怒り、悲しみ、笑い、大きく育て、子供たち!  

|

一週間

昨日の練習で、新年度の一週目の練習が全曜日で終了。

新しいクラスでの緊張や興奮、春休み中のフワフワ感、学校の新学期でのドキドキ・・・色んな気持ちが集まる中での練習はとても慎重になります。でも、安心させたいし、楽しませたいし、期待させたいし。そんな中での一週間でした。

水曜日に噴火した以外は、かなり理想的な一週間になりました。

また、水曜日は噴火したものの、卒業生が立ち寄ってくれ、色んな話をできたので、すごく嬉しかったです。

もう、半分大人になった卒業生。U-15クラスを作るきっかけとなった卒業生。

あの頃は今より怒っていたかなぁ、どっちだろ。

大きくなって、立ち寄りたい時にフラッと寄れる、そんな場になればいいなと思います。

そのためにも、今の一日をまっすぐぶつかっていかないと、と思います。

イノシシイノシシー!  

|

新年度スタート

4/1、新年度がスタートしました。

新しいクラスになるので、新4年生の子はきっとドキドキしたでしょう。

また、昨日からソラに加わった子もたくさんいるので、その子たちも、もともといる子たちも、ちょっと緊張していたことでしょう。

そんな中、笑い、マジメに取り組み、失敗し、挑戦し、

走り回って、でも、ケガはなく、初日を終えられて嬉しく思います。

これから新年度、また一年、頑張っていきましょう。

|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »