« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

冬空終了

昨日で冬空が終了しました。
今、放心状態です。
もうすぐトヨタコーチと合流するので、若者からエネルギーを吸い取り、回復する予定です。
そうしたら、修了証、書きますね。
昨日渡せず、すみませんでした。
冬空中、子供たち、頑張っていましたよ!  
もちろん、午後の振り替え練習の子供たちも、同じく元気。
この3日間の元気対決は、4勝4敗10引き分けって感じかな。
ちなみに冬空が始まってから毎朝、右足ももの裏がつりそうになりました。回避できたの3、4回。ギリギリで食い止めに成功したの1回。負けてしまったの2回…。明け方に叫ぶ四十男…。
そんなこんなで、全て出しきり、終了したのでありました。
今年の冬空は、2日めにコーチング的にも追い込まれた部分があったので、それを破ることで、自分としてもまた少し成長できた気がします。
もちろん、子供たちは絶対に力をつけて帰っています。
楽しい冬空、皆さんありがとうございました。

|

寒いですね

今日は、まさかの早朝渋滞にハマり、ちょっと焦りました。
皆さんにはsolaの超充実タイム(略してso超充タイ)にハマッて頂きたい!  
と、こんなダジャレしか浮かばぬほど頭が凍ってます…。でも大丈夫。
冬空スタートまでにはシャキッとします、トヨタコーチが。
子供たちにとって充実した時間になるよう、頑張ります!!

|

各曜日

先週の金曜日コースも、火曜日コースも、子供たちは、なかなかいい感じで今年最後の練習をしていました。

「なかなかいい」っていうのは、いつものようにちょいっと怒られて、場合によってはフガーッと怒られて、という感じなんですけど。

病気・ケガに気をつけて、1月からまた元気に来てもらいましょう。

今日は水曜日コースの今年の練習の最終日。

なかなか良いプレーをみんな見せているので、今日も楽しみです。

私も、冬空のメニューが決まったので、一段落。(→→まだ全て書き終ってはいないのですが。)

昨夜は年賀状の絵柄を・・・。

これまでは、付属のソフト「ペイント」で描いていましたが、毎年、終わった後に、「お絵かきソフトがほしいな」と思っていたので、今回は・・・思いきり「手書き」です。(→→←時代の流れに逆行してみました。)

手書きのものをプリンターで印刷することにしたのですが・・・ふざけたものになっております。

年賀状作業は、とりあえず絵柄だけで終了です。

またメニューに戻ります。(→→書き終えないとね。)

こんな感じでバタバタしたまま今年最後の練習&冬空に突入予定です。

冬空の最終日は、前日の練習がU-15クラスまでめいっぱいあるので、修了証を書くことができないかもしれません・・・。その場合は年明けにお渡しさせて頂きますので、待っていて下さいね!  

皆さんもきっと忙しい時期だと思いますが、お互い頑張りましょうね!!  

あ、今年はトラでしたよね。

トラ君、一年おつかれさまでした。

|

冬空メニュー

週末で全クラスできればと思っていたのですが、完成せず、1クラス分残っていたのですが、その1クラス分、先ほどできました!  
あとは整理してきちんと書き写すだけ。たぶん、明日には書き終わると思うので、ホッと一息。
その後は残った事務処理を急いでせねば!  
うー・・・。
それにしても、道路が混んでますね。渋滞がすごいです。でも、中途半端に動いたり止まったりするよりは、色々と考えたりメモを取ったりできるので、渋滞の方が助かりますね。
今日は渋滞中に、「振り込め詐欺に注意」というメールが来まして、「オレオレ詐欺」がパッと浮かび、普段から人と話すときも自分のことを他の名で呼んでいれば、多少は防げるかななんて思ったりして。(→→親とかにも、「俺だよ、○○だよ」と本名を言うのではなく、「俺だよ、モジャだよ」と言うとかね。)
「なかなかいいんじゃない? この考え」と思ったら、左斜め前に「オーレ!  オーレ!」と書いてあるダンス教室(?)の看板を発見し、一人でタイミングの良さに受けてしまいました。(→→←神保町付近です)
ということで、くだらないことばかり書いてすみません。あ、あああ、くだらないついでに、昨日思ったことを。
色々と便利グッズやら新しいものがでていますが、とにかく便利さを求める時代ですね・・・。自分が動かないで色々とできるようにしたり・・・。もちろん、そういうものが必要な場では、思う存分、その利点を発揮してほしいです。医療的な分野とか福祉の分野とかでは、そういうものの開発はすごく必要ですもんね。
でも、そうでない部分は、使う側も考えましょうね。使うバランス、頼るバランスを。
だって、使わないものとか使わない部分って、退化しちゃうでしょう? 
頭を使って便利グッズが考えられているかもしれないけれど、それが、頭を使わない機会を増やすこともあるじゃないですか。
使えるもの、体、頭、心はどんどん使いましょ!  
ということで、メニューの仕上げに入ります!  

|

怒り顔

今日、というかもう昨日かな? …は、金曜日コースの最終日でした。
低学年も高学年もなかなか楽しく終了。みんな、よく頑張りました。
そして、冬空メニューは1クラス分が仕上がり、とりあえず一息。
休憩…ついもう一クラスのことも考え始めてしまいますが、次の段階は中途半端に途中で区切れないので、考えるのは朝に回そう…と思ってたら、ふと中学生クラスのことが気になり、三年生が受験後に復帰したら(忙しいだろうから復帰するかわかりませんが)、どんな内容にしようかと…一応、頭の中ではイメージができました。
そんなことを考えてたら、他の中学生クラスの子の顔も浮かび…あることに気づきました。
ははは、ほとんどの子の怒り顔を思い出せるぞ。ほとんどの子が、小学生の頃に俺に対してマジな怒り顔を見せたことがあるわ。
それとか、毎回、練習後に憎まれ口を叩いて帰るとか。
そんな表情がすぐに思い出せる。
これは、ちょっと、誇りだね。
さて、三年生よ、受験がんばれ。来月から来る子たちよ、また成長しやがれ!  

|

昨日・・・

昨日は自分に重いゲンコツを。よし、今日からまたやるぞ!  

というようなことがあった昨夜の夢は、前半はワケがわからない内容で、途中からは

上の方から下の様子を見ていて、子供が車にぶつかった(ゆっくり走る車の横のドアに、軽く当たったみたい)のを目撃。子供が泣いているところに、そのお家のおじいちゃんが出てくる。そして子供が泣いているそばに、虫がいるのを発見。きっとその虫にかまれたのだろうと、おじいいちゃんが勘違い。「違うんだよ、ぶつかったんだ」とすごい上からだから言うことができず、「本当は違うんだ~」と思っている夢。

その後の夢は、定食屋さんで、580円だったはずのカキフライ定食が、なぜかお勘定の時に960円になっていて、「えっ?  どうしよう。俺の間違いかな?  それとも店員さんの間違いかな?  聞いてみようかな?」と思ってるのだけど、店員さんは、「960円」と言った後に、「あ、そうそう、お土産あげる」と言ってお土産を探しはじめ、なんか聞きにくくなり、「でも、結構、金額違うしな。聞こうかな、どうしようかな」と迷う夢。

ここ数日であったことを表しているような、いないような・・・・。

まぁ、こんな日々を夢の中でも現実の中でも過ごしております・・・。

さえないようですが・・・昨日は嬉しいことも。

U-9のスクール中、肩を組んでる子がいました。チームも学校も違う子たち。

初めて会った時は、お互いにかたく、また「知らないヤツには負けないぞ」みたいな部分も少しあったのですが、時間がたち、互いを知る機会が増え、いつの間にやら、肩を組む中。

肩を組んで、フラフラとコート内を歩いていました。

肩を組むのっていいですよね。お互いに相手を気遣う部分もあるし。

U-6もU-12もみんな良いプレーがたくさん。

すごく良かったです。けど、最初に書いたように、後で自分にゲンコツをしたくなるような自分の出来だったので、子供たちは良かったですけど、その楽しさを私も喜んではダメなので・・・。

再出発です!  

|

昨日は・・・

U-15クラス・水曜日コースに1人加わり、2人になりました。

水曜日コースを待望していた2人。

これからも大いに頑張ってくれたまえ。

1月からは、さらにあと1人加わる予定です。

月曜日では来れなかった子が、「水曜日なら行ける!」ということで、来てくれるようです。

頑張れ―!  (自分へエール)

さて、ではまた、冬空のネタ作りにこもります。

|

冬空モード

さて、スクールの最終週のメニューも考え終わり、いよいよ冬空メニューに着手です!  
テーマとか流れは子供たちの様子を見てすでに考えてあるので、あとはそれを具体的なメニューに。
冬空まであと10日を切り、参加申し込みも一段落したようなので、これからグオーッッと考えます。考え終わらないと他のことにも手をつけられない。つけられるんですけど、メニューを考え終わらないと間に合うか心配で落ち着かないのです。ということで。
冬空までにもっと力をつけないと!  

|

失敗

昨日、やってしまいました。
ちょっと練習メニューのことを考えていて、そうしたら、ふと天気が気になり、予報はやっていないかとラジオをつけ…やっていないな、天気はどうなるのかなと思っていたらいつの間にかまたメニューに頭は飛んでいて…電話がなり、ハッとしてラジオを消し、電話に出ました。ら…ラジオからパーソナリティーの声が…。どうやら、無意識のうちに一回ラジオを消してたようで。だから、消そうとしたら、ついちゃったんですね。
慌ててラジオを消しましたが、間違いなく、電話の相手にも聞こえたでしょう…大失敗。
電話後は、またメニューに頭が…そして天気が気になる…の繰り返しでした。
基本的にメニューを考える時は無音状態です。
メニューを作るつもりはなく、音楽を聴いている時なんかは、「この曲は聴きたい」と思っても、その曲を聴いている途中で、いつの間にかメニューのことを考えていることが多いので、そういう時は無音の環境じゃないですけど。
ただ、こういう時でも、頭の中は無音状態になっているので、気づいたら聴きたかった曲が終わってるなんてことがよくあり、聴きはぐったからもう一回同じ曲を聴こうとしてかけて、またその曲中にメニューのことを考えはじめてる、なんてことの繰り返しをすることも結構あります。
こんな感じなので、音が流れてるかどうかをわからなくなることがありまして、さっきみたいな失敗をたまに…。
すみませんね、皆さん…お許しを…。

|

空間

ということで・・・12月後半からは、数人来れなくなるので、U-15クラスの月曜日コースは、ちょっと違う空間になりますね。

今までに作ってきた空間 -

彼らに対してものすごく怒ったこともあったし、その空間全体に対して怒ったこともありました。

成長力を甘く見ている空間は大嫌いなのです・・・というか腹が立ってしまうのです。

道筋があって、計画があって、「今この雰囲気」ならいいのですが、成長力を甘くみて、そこに向かわない、その場しのぎの「今この雰囲気」は子供だろうがコーチだろうが我慢できないのです。

なので、昨年の冬頃は、そこにいる者すべてを含めて、空間に対して、「なんだこれは!」みたいに怒っていましたね。

空間が壊れる?  補修してよくなる空間なら壊さない方がいいでしょうが、もともとが間違っている空間なら壊してしまえ - そんな感じです。

彼らにはわからないこともたくさんあったと思いますが、でも、柱のない、間違っている空間は、壊しました。

反省したような表情を見せる時もあったし、逆に「なんだよ(怒)」風に彼らが帰ることもあったし、彼らは本当に、「中学生」でしたね。

そんな彼らが今作っている空間は、彼らが頑張っているとよくわかる空間になっています。特に、心理的な成長を感じます。ダラッと見えて、実はかなり、頑張っていると思います。「中学生の心理」ということを考えれば。

そんな空間で得たものを大事に、これからも成長していってほしいと思います。

|

いよいよ・・・

中3の子は受験ですね・・・子供も、受験生を持つ親御さんも、大変な時期になりますね。

とにかく、皆さん、応援しています!  

U-15クラスの子も、そろそろ練習に来れなくなります。ちょっとさびしくなりますが・・・というか、よくこの時期まで来てくれたな、感謝、感謝。

いつも練習が終わると、ドッと脱力し、ソファに倒れてましたが・・・勉強やら心理的な疲れやらで大変なんだろうなと思います。

緊張するだろうし、焦るだろうし、心配もあるだろうし・・・。

が、15歳あたりでこういう頑張りを経験しておくことは大切だと思います。

大人になっても、頑張らないといけないことはたくさんあるので(というか、そういうことばかりですもんね)、年代に応じた、こういう壁はいいと思います。きっと強くなると思いますから。

体調に気をつけて、しっかり頑張れい!  

|

形を変えて

土曜日、低学年の子供たちの試合を見ていて、伸びていることを確認し、一安心。もちろん、「こうすればもっと伸びるな」ということも頭に入れてきましたよ~。

色んなことを思いながら帰り、夜にはK-1を見ました。

すごい!   

実は数年前に、きっと、もう決勝には来れないだろうなと思った選手がいるのですが・・・その選手が弱いというのではなく、すんごく強い選手がどんどん出てくるじゃないですか。それに年齢ってすごく影響するでしょう?  だから、もう無理かなって思って。そうしたら、その選手が今年、決勝まで来ました!  (私は格闘系は素人なので、予想とかが見当違いなんですね、失礼しました!)

決勝では敗れてしまいましたが、強すぎ&スゴすぎ!  

カッコよすぎですね!  

「ウォーッ!   やる気出たー!」というところで、練習メニューの作成に入ろうと・・・しましたが、この日に考える予定だったのはU-6クラスのメニューなので、ウキャキャ系。

さすがにK-1を見た後の戦闘モードとU-6の子をイメージするウキャキャモードではギャップがあるので、考えるのはやめました。

そして、日曜日は、行ってきました!   準決勝!  

すごかったですよー!   ワザ、テンポ、突っ込み・・・あ、ええ、そうですよ、「M-1」の準決勝ですけど、何か? 

いやぁ、すごかった。

決勝進出者の名前を司会の人が呼んだ時なんて、「きっとすごい気持ちで練習してきたんだろうな」って思っただけで、涙が出てきそうになりました。それに、選ばれなかった人もすごい気持ちで取り組んできたんだろうなって。そこにいる芸人さんたちにしかわからない、そういうこと・・・考えるだけで、やる気がまたさらにUP!  

モードも「K-1」+「M-1」でちょうど良い感じにミックスされました。

またパワーアップしてきましたからね~!  

あとは、この気持ちを形を変えて、コーチングに落としこむだけです!  

とりあえず、K-1で見たローキックを練習メニューに取り入れて、M-1で見たボケもメニューに取り入れて・・・・おぉ、全然形が変わっていない。

とにかく・・・私も頑張ります!  

|

流れ星

昨日のU-9クラスは落ち着きが全体的になく、これ以上は「×」という行動が多かったので、厳重注意。

危険につながりそうなこと、大けがにつながりそうな雰囲気は「×」、厳重注意なのです。

このあたりは、子供自身ではわからないこともあるので、怒らないとわからないことがあります。

注意された子は・・・ついでに、ゲーム後に、得点をあげ喜んでいる子に対して、「勝ってもどうせ何ももらえないのに」と言いました。たぶん本心じゃないと思います。いつも、ボール遊びを楽しそうにしていますから。メダルなどなくても、悔しがったり、喜んだりしていた子ですから。注意されていたことで、何となくそういうことを言ってしまったのかもしれませんし、本当は負けたのが悔しくて言ったのかもしれません。

ですが、普段、メダルを意識した戦いや、メダルや賞状をもらえないと楽しさを感じられないような、大会への参加の仕方をしているんだろうな、なんて思ってしまいました。

それはこの子に責任があるわけでないので、そっと話すだけにしましたが。

メダルや賞状、賞品ばかりを動機づけに使うと、本当の楽しさがわからなくなる可能性があるので、要注意ですよね。

・・・というクラスの後には、コートにたくさんの流れ星が!!!  

U-12クラスでは、昨日、オーバーラップという動きをテーマに練習しました。

ボールを持っている味方よりも後ろにいる人が、かけ上がって攻撃参加する動きなんですけど、ゲームでこの動きがすごくたくさん出て、見ていたら、本当に、流れ星みたい。

流れ星がサーッ、ザーッ、ダーッって感じで。すごい量でした。

迫力あり、楽しさあり、なかなか良かったです。

彼らは★スターですね。

|

兄弟

昨日のU-15クラスは一人。もともと、すでにU-15クラスに来れる子は月曜日コースに来ているので、水曜日コースは一人来れるか来れないかわからないという状態でスタートすることにしました。

なので、1人で全然OKです!  

あとは本人が頑張るかどうか、私たちが適したコーチングをできるかどうかだけです。

いやぁ、昨日の子、頑張りましたね。

その子、豊田、私の3人しかグランドにいないとはとても思えないくらい、盛り上がりました。めちゃくちゃ面白かったです。

しかも、ちゃんと練習で「疲れさせて」帰らせました。

よく、コーチングとかスクールとかでも、「腹八分目くらいがちょうどいい」(まだやりたいと思うぐらいで終りにする方がいい)と言う人がいますが、私は、満腹にした方がいいと思います。もちろん、食い過ぎで直後にダウンはよくないですけど、満足行くまでやった方がいいと思います。

すごく楽しかったと思えば、「一日の練習やりきった」と思っても、楽しいから「まだやりたい」にちゃんとなりますもん。ちょっと動けるようになった時点でもう一回自主トレしちゃうとか。

楽しさをしれば我慢できなくなるものです。

だから、最大にすべきことはこの「楽しさ」を実感させることなのです。

腹八分目目標のコーチングとかスクールって、私にはちょっと合わないです。

来るのが大変な中、来ようとしてくれている、すごく来たいと思ってくれている、昨日の子にもね。

来週も、盛り上がるよ~。

そういえば、U-15クラスの前にU-12クラスがあるのですが、そこでの弟の様子を見て、「家ではあんなに元気じゃない」と言っていました。

そうそう、子供はこういうことありますもんね。「家で静かで困っちゃう」子が、外ですごく元気だったり、家でやりたい放題、うるさいくらいの子が、外ではちゃんと礼儀正しかったり、なんてことがよくあります。

面白いですよね。どちらも本当の姿だと思いますが、それぞれのいる場、環境で多くのことを吸収しながら育つんでしょうね。

だから、尚更、彼らのいる場は、ささいな場でも、一時の場でも、大切にしたいですよね。

ソラには、結構、時間的に来るのが大変だけど来てくれている子がたくさんいます。

だから、彼らの空間は、絶対に大切にしたいと思います。

年末のバタバタした時期ですが、もっと足をバタバタさせて、頭から煙を出して、それをうちわでパタパタあおいで、終わったらおいしいものをパクパク食べて、朝起きたら目をパチパチして・・・しつこいですね・・・

楽しく、しっかりした空間を作れるよう、頑張ります!  

|

プチ情報

先週の帰り、健康診断前日のために早く夕食をすませなければならなかったのですが、ペチャクチャ話し、なかなか帰らぬ小僧が一人。

「こら、早く帰らんかい!」と言っても、ペチャクチャ。

「あ、そうだ!」とか言って、なかなか話しやまない。

「俺は早く飯を食わないとイカンのだ。わかったか!」と言うと、「え?  じゃあ、どこかで食べて帰るの?」と言うので、「そうだな」と答えると、「○○の皿うどんが超うまいよ!」と、これまた話が始まり・・・。でも、近くに○○がないんですよね。ちゃんとそう言ってあるのに、昨日会った時には、「食べた?」って聞かれました。そんなにすぐに食べに行けるかい!  

まぁ、今度ね、今度、見つけたら食べてみるよ。

で、その子が「これ見て」と親御さんの携帯にある写真を見せてくれまして・・・

すごい!   サッカーチームのエンブレム?  ケーキ? 

なんか、色々やってくれるケーキ屋さんみたいです。

お店の方に許可を取っていないので、ここで紹介はしないでおきますが・・・知りたい方はペチャクチャしゃべる子に聞いてみて下さい。

ソラには、ペチャクチャしゃべる子がたくさんいますから、ハズレる可能性大ですが。

そして、はずれてもすぐには次へ行けなくなりますが。

「ペチャクチャ」・・・否定的に使われることの方が多いかな? 

でも、なんかかわいいですよね、この表現。

以上、プチ情報でした。

|

うれしいこと

昨日、他にも嬉しいことがあったんですよ。

スケジュール的な理由や私たちの力不足から、残念ながらソラをやめてしまう子もいます。

それは仕方ないことでもあるのですが(もちろん、力不足の場合は申し訳なく、力を上げなくてはと思っています)、こういう、やめた子の様子を教えてくれる子がいるのが嬉しいです。

昨日は、「○○最近、調子が悪いみたいだよ」とか「××は元気にしてるよ」なんて、2人の子の様子を教えてくれる子がいました。○○君は、ちょっとだけ体調を崩しているようなので、心配はいらないようです。

他にも、練習帰りに、「ねえ、△△って、いつまで休みなの?」と、休会中の子のことを気にする子もいました。

こういうのが、すごく嬉しいです。

一人じゃないって、みんな、わかるでしょう?  だから。

元気な時や楽しい時はみんな気にならないかもしれないけど、つらい時や悲しい時は孤独になることもありますもんね。

でも、そんな時でも、一人じゃないって、きっとわかる子になるんじゃないかなと思います。

こういう子がたくさん来てくれていて、すごく嬉しいです。

|

戦場カメラマン

火曜日の帰り道、また嬉しい連絡を頂きました!  

入ったばかりの子が「今日ね、戦場カメラマン渡部さんがソラにいたよ!」って言ってくれたそうです!  ・・・って違う、違う、これが嬉しいのではありません。あ、渡部さんに似ているのが嫌なのではありませんよ。あんな立派な方に似ていると言われたら・・・渡部さんに失礼です。

でも、私の方が年上!   年だけ勝ってます!   (人間的な部分で言えば、100対0で負けています。)

それにしても、他の子供たち数人からも言われたしな。ちょっと話し方を練習してみようかな・・・じゃなくてじゃなくて、新しく入った子、楽しくサッカーができたみたいです。保護者の方からお礼の連絡を頂き、先日に引き続き、とても嬉しい帰り道になりました。

お礼を言って頂けるのはありがたいのですが、子供たちより、私たちの方が、すごく楽しませてもらってますよ~

|

黄金の道

今日は黄金の道を通って来ましたよ〜。すごいですね、イチョウの葉。
舞う舞う!!  
気持ちよかったです。
ところで、昨日、嬉しい連絡をいただきました。
まだ入って間もない子ですが、毎回すごく練習を楽しみにしてくれているみたいです。
「毎日ソラに行きたい!!」とか、「一年生から行ってればよかった!!」なんて言ってくれてるみたいで、もうヒデキです。(→→あ、感激ってことで・・・・昭和世代ですから・・・。)
他にも「毎日行きたい」と言ってくれている子が結構いるようで、すごく嬉しいです。でも、たくさん遊んだ方がいいので、ソラには週に1、2回がちょうどいいと思いますけどね。
こういう子たちの思いを裏切らないように、今日見た黄金の葉のように、清く正しく美しく(←ほとんど無理なことばかり)、今日も頑張ります!  
清くないし、正しくないし、美しくないですけどね〜・・・あ!  今日見た葉の色は、黄色。
集まって金色に見えたけど・・・まさか、黄色の連続? 
イエローカードの警告、警告、警告・・・なんてことじゃあるまいな。
黄金だ、黄金だ。そういうことにしようっと。

|

通信+子供

タイトルに深い意味はありません。

今日、通信を作りました。もうすぐお配りしま~す。

おまけもありますので・・・またご迷惑をおかけいたします・・・。

そのおまけでは、ちょこっと「夢」みたいな事柄を取りあげているのですが、その文章を入力したのは結構前で、それに加筆を今日した感じで・・・。

「近頃、子供たちが夢を持てなくなったという話をテレビなどで聞くことが多かっただけに、嬉しかったです」なんて文も書いているのですが・・・おまけの内容を確認した後、久しぶりにちょっとボールを蹴りに公園に行きました。

もうちょっと早い時間に行こうと思っていたのですが、通信の入力や修正、確認をしていたら、タイミングがどんどんずれ、もうすぐ暗くなってしまう時間になってしまいました。

途中でやめられないんですよね、性格的に。

なので、せっかくの球蹴り時間がちょっとに。

で、公園に着き、「暗くなる前に蹴らないと」とちょこっと蹴っていたら、帰ろうとしていた子供たちが再びサッカーを始めました。「みんな、ぜんぜん楽しくないのにやってる感じ」のサッカーでしたが、その場所を取るわけにはいかないので、場所をちょこっと移動。

すると、そっちには、2人のサッカー小僧が。

集団の方のサッカーには入らず、こっちで2人で練習していたようです。そう、あっちのサッカーは、なんとなく面白くないんだよね。なるほど、私と同じ感覚です。

2人の邪魔をしないように、ちょこっと練習を。

すると、一人の子が、「おじさん、サッカーうまいんだ。おい、○○、おじさんにフェイント教えてもらえば?」なんて言い出しまして。

言われた○○君は、「俺はいいよ」と。すると言いだした子が、「じゃあ、俺が教えてもらおうっと」と、勝手に話を進め、なんて強引なヤツだろか、なんて思っていたら、さっそく「おじさん、フェイント教えてよ」と。

こいつ、「おじさん」と何のためらいもなく言いやがる。ま、おじさんだけどね。

そして、「ええ?  フェイント?  だって、こういうのはできるでしょ?」とボールをまたいだら、その子は「あ、じゃあ、これでもいい?」とボールをまたぎ、「そうそう。それもいいよね」なんて言いながら、いつの間にか教えるハメに。

といっても、「そうそう」と「いいね」ぐらいなので、教えてはいないですけどね。

で、隙を見て、リフティングをしたら、「おじさん、リフティング教えて」になり、「もう暗いから、ほとんどボールを見えないよ。ドリブルの方がいいんじゃない?」と言うと、「俺、見える。ねえ、ほら、これでいい?」「おじさん、見て!」と。

○○君もいつの間にか「おじさん、見て!」と。

で、結局、ずっと見ることになり、ずっと「おじさん」と呼ばれ続け・・・。

それにしても、よく呼びかけるヤツらだ。こんなに「おじさん」を連発されるなら名前を教えてやろうかな。

まぁ、面白かったですよ。おかげで全然ボールを蹴れませんでしたが。

そう、面白かったと言えば、「どこから来たの?  何丁目?」と聞かれ、答えたら、「俺は○-○-○」と住所を答えたりして。なつかしい、この感じ。

それから、「おじさん、うまいね。日本代表になりたい?」って聞いてきたこと。

「おじさん」だと言いながら、「日本代表になりたい?」とは、どういうことだ? 

そうか、おじさんになっても、当然、夢を持っていると思っているんだな、この子は。

なんか、感心。当たり前のように、そう思っているこの子に。

ま、今の私の夢はソラにこそあるんですけどね。

でも、長く話すのもなんなので、「ああ、なりたいよ」と答え(実際、なりたいし)、「なりたい?」って聞き返したら、「うん、なりたい!」って。

そうだ、そうなのだ。これが子供だ。

真っ暗な公園で、でも、ボールを見失わず、追いかけて。真っ暗な中でも夢を見失わず、夢しか見えず。

いいじゃないか、サッカー小僧!  

がんばれよ!  ・・・なんて、ちょっと嬉しくなって帰ってきたのでした。

ま、この2人のサッカー少年の帰る時の様子は、「俺、バタ足を2秒で3回できる」「俺は、余裕でやっても4回できる」「俺は、○秒なら○回できる」・・・これを延々くり返す、「やっぱ小3」でしたけどぉ。

帰る時間が遅くなるといけないので、「わかったから気をつけて帰れー!」で終了になったのでした。

ああ、面白かった。

|

ぞくぞく

昨日、冬空のお申し込みがドドッときました。

ということで、3・4年生クラスの空きはあと4名です。ご検討中の方は、お早めにお願いします。

昨日、5・6年生の子たちから、「冬空の申し込みっていつから?」なんて聞かれたので、ちょっと心配になってます!  (スクールの子の申し込みは結構前に始まってるでしょ。)

そして、「締め切りはいつまで?」としきりに聞くので、これまた心配になってます。(→→締め切り日前でも定員に達したら受付は終了なので。)

年末の忙しい時期なので、予定がなかなかわからないこともあるかと・・・なので、そのような場合は、無理をしない方がいいと思いますが、もしご参加が決まっているなら、早めに連絡をして頂いた方がよろしいかと・・・・。

ということで、ぞくぞく申し込みが来ていますが、初めてソラに来てくれる子も多く、これまた楽しみでゾクゾク・・・・いやいやワクワクしています。

今いる子の中にも、こういう特別スクールに参加して、「面白い」ということでソラにずっと来てくれることになった子が多くいるので、安心して来てくれたらと思います。

ぞくぞくわくわくです。

|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »