« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

ヒーロー

ヒーロー
スクール時、ある子が、「今日、お祭り来る?」と聞いてきたので、時間と場所を聞いたのですが、ちょっと練習後には間に合わなさそうだったので、「ちょっと行けないかな」と言うと、違う場所でもやってるとのこと。そっちには行けそうなので、豊田とちょっと行ってみました。
で、発見!  
お父さん!  
クジ担当だったのかな? 
子供たちの相手をしっかりされてました。かっちょいいな〜と思います。そこで、渋い大人の男の背中をパシャリ。この後ろ姿の渋さはまだ子供たちにはわからないだろうな。子供たちを育ててる、守ってる大人たちの背中。しっかり見て育てよ、子供たち。
他にも、パトロールの方、出店担当の方、交通整理…、ここには書ききれない役割があり、そういった方たち皆さんのおかげで出来上がる子供たちのための催し。
携わっている方はみんなヒーロー&ヒロインですね。
皆さん、お疲れ様でした。
あ、扇子を持ってる方もいて、夏っぽくて良かったです。夏の夜の扇子はいいですね、趣があって。
扇子の写真も撮れば良かったな〜。

|

課題図書

皆さんとお話しする中で、たまに本をオススメしたりします。(押し付けたりはしませんのでご安心を。)
今、ある本を読んで下さっている方がいるのですが、「夏休みの課題図書にします」と…ありがとうございまーす。サッカーの本なので、読むのがちょっと大変かもしれませんが、読んで下さり、大感謝です。
技術的なことが書いてあるわけではなく、育成年代のサッカーに携わる上で知っていた方がよいと思える内容が書かれています。
課題図書にはちょうどいいですね。
○年ぶり(シーッ!  )の課題図書、皆さんもチャレンジしてみては? 

|

流れ星

昨日、流れ星を見ました。どうせ願い事を言ってる時間なんてないと思って、「あ〜、流れ星見た〜」と言ってたら、結構時間ありました…。1、2秒あったように感じましたが。
あ〜、願い事言えば良かった!  
そんなことがあったせいか、昨夜は注文するお弁当がないという夢を見ました。
さて、ここでクイズ。なかったお弁当は何? 
…はい、正解者ゼロのクイズが終わったところで(何故ならみんな興味なく無回答だから)、考えました。
何故、流れ星を見ると願い事が叶うと言われるようになったのか。
流れ星は空がきれいだとよく見えますよね。
田舎に帰った時は空気がすんでるからか、たくさん流れ星が見えますよね。
きっと、「“空がきれいな世界になりますように”ってみんなが思うように」っていうことなんでしょうね。
一つ一つの小さな、バラバラな願いを集めて、大きな願いを叶える…すごいなぁ。(コーチングにも生かせる考えですね。…って言うか、すでに生かしてますけどぉ←イヤな感じの人間でしょ…)
きれいな空になりますように。
ソラは…私がいる分、濁ってますから〜。(豊田と子供たちが浄化中。)
願いがあって来る、そんなソラにできるように頑張ろうっと。

|

お天気

東京の方は雨ですが・・・千葉の方はどうでしょう? 

今日から夏空ですが・・・初日から微妙な天気ですみません・・・。

でも、暑いよりいいですね。

何とか練習ができますように!  

夏空、お楽しみに!  

|

来る~!  

ああ、あああ、あああー・・・夏空が、来る~!!!  

もう明後日ですよ、明後日!  

こないだの土日は1クラスの練習メニューを考えるだけで終わってしまいました・・・。

これだけ考えて行うメニューの単純さにきっと驚くでしょうね・・・。

「結局お米が一番でしょ」っていう感じでしょうか・・・。

いやぁ、単純ですけどね、一カ月モノの中の一回なわけで、最後の最後までを考えた上でないと、一回目のメニューも考えられないわけで・・・これが私の頭ではなかなか・・・なわけで・・・。

でも、一週目のメニューは全クラス分できましたからね。

でもって、来ました「夏空参加者」・・・まだですよ~。今日、一足早く、「おっちょこちょいですみません」とお一人来て下さいました。夏空の風をお届け下さり、ありがとうございました。これで心の準備も整いました~。整ったついでに「ナゾかけ」を・・・する余裕まではないので~す。

さあ来い、夏空!  

|

ゲームの戦い方

昨日、4年生の子がいきなり聞いてきました。

「コーチだったらゲームでどう戦う?」って。

漠然としすぎてるから「ゲーム?  どう戦う?  どんなこと?」と聞くと、「1対1の対決だよ」と。

サッカーの1対1かと思ったら・・・・戦闘もの(?)っていうんですか、対決するゲームでの戦い方でした。

「えー、じゃあ、相手がかかってきた時にぶつ」と言うと、「俺はね、俺はね、影にまず隠れてね(卑怯だな・・・)、そして、後ろから(やっぱり卑怯だな)、カンチョー(子供だな)」・・・・。

まだまだ子供でしょう。

この子や他の子が練習後もしばらくコート横にいたので、「黒ひげ危機一髪」を出してあげたんですが、5分で飽きてました。生意気なっ!  もっと黒ひげを堪能しろよ~。

子供ってあきるの早いですね~。

でも、練習には飽きないで取り組んでいますからね。

まあ、こんな子がたくさんいるのですが・・・・上手になっているので、いいでしょ。

|

夏小僧

U-12クラスの子の中に、スポーツ刈り、ランニングシャツ、クツ下なし(か、くるぶしまでしかない短いクツ下)の子がいました。

いかにも夏の少年、夏小僧。麦わら帽子をかぶせたい感じです。

今日はこの子が大活躍。前回の練習時はすごく怒られましたけどね~。

いいなぁ、夏小僧。

サッカーは好きな格好でいいのです。もちろん危ないのは×ですけど。

好きな格好で、好きなだけボールを追いかける子、いいですね。

皆さんの中にも実家に帰る方がいるかと思いますが、子供が自然をいっぱい感じて来れるといいですね。

大人になってからわかりますけど、すごい財産になりますよね、自然を感じるのって。

夏小僧ども、自然をめいっぱい感じておいで~。

|

燃えてます!  

せまってきた夏空。メニューを考えたり、来る子のことを考えたりしていると、背中から肩にかけたあたりが熱くなってきます。燃えてますよ~。

昨日は5・6年生クラスの1週目のメニューを作る・・・・はずが、材料だしと整理だけでメニュー作りまでは届かず・・・・というわけで、今日、作ります。

時間をかければいいってもんじゃないんですけどね。

でも、せっかくの夏休みに来てくれる人がいるので、しっかり考えないと顔を合わせられないですからね。

頑張りますよ~。

|

ハマラク

昨日、やっと・・・・夏空のテーマ・流れを全クラス分考え終わりました。

そして、やっと3・4年生クラスの1回目の練習メニューが作れました。

あと5・6年クラス、1・2年クラスの分を来週までに作らねば・・・。

U-6クラスは豊田がしっかり考えていますので、ご安心を。

それにしても・・・なんでしょうか、この暑さ。

午前中の短期集中コースと午後の一ヶ月コースの両方ある日が続くときのことを考えると・・・・今からコワイ。頑張れ、俺。そして、もっと頑張れ、豊田。(→→私の分も)

手は抜かないので、最初から加減などせず行きます。なので・・・途中でひからびちゃったらごめんなさい。

ところで今日は午前中はお母さん向けのサッカー教室があり、お昼には豊田と2人でぐったり。

午後までに回復せねばということで、お昼を食べながら涼みました。

・・・こんな暑い日の休憩中・・・何かをしたくなりますね。

ということで、2人共通のサッカー仲間に「元気?」とメールを。

すると、「ハマライテマス!」と返信が。

「ハマラク」とは・・・コイツも相当忙しいらしい。

言葉が面白いので「頑張って、ハマライテくれ。俺はハマラケないけど。でも働くよ~」と返信。

すると・・・もうその後は返信来ず。

友人をなくしてしまった・・・・。

ということで、友人をなくしてまで手に入れた「ハマラク」という言葉をちょっと押して行こうかと思っています。

なんか、良い響きですよね。ちょっと幸せな感じしません? 

皆さん、ハマライテますかぁ? 

あ、皆さんも使っていいですよ。

信頼をなくすかもしれませんけど・・・・。

信頼をなくしたら・・・すまんでござる。

この「すまんでござる」は、昔々、私が事務用品商社に勤めていた頃に、同期の子が得意先で謝る時に「すみませんでした」と言うつもりが「すまんでござる」と言ってしまったという(お前は忍者か!)、伝説の言葉です。これもなかなか愛嬌ある言葉でしょう。

これも使っていいですよ~。

ああ・・・なんか全然意味のないことばかり書いていますね・・・・。

メニュー作成後でもう脳にエネルギーが行かないらしいです。

すまんでござる。

|

誤解です・・・

私がやったんじゃないですよっ・・・・って、べつにそういう誤解ではなくて・・・・

ソラに入った子がチームでも好調なようで、どうやら「ソラに入ってから・・・」と言ってくれているようで・・・。なので、お問い合わせを頂く時も、外から見ていてもその子の急成長がわかるような感じでお話を伺うことがあるのですが・・・・

誤解で~す。

「ソラに来たから上手になった」ということはありませ~ん。

確かにどんどん上手になっていますが、もともとあった力が、ちょっとずつチームで出ているだけだと思いま~す。

もちろん、私たちは子供を伸ばすために努力しますが・・・・私たちの努力で与えられることなんて、たかがしれているので~す。だからこそ頑張らねばなのですが。

子供が伸びているように見えるのは、子供が自分の力で伸びたからです。

くれぐれも誤解しないで下さいね。これ、マジで!  

|

こんな日が来ました

ちょっと前に書いた高3の子から、「色々と話がしたくなったから、近々ごはんでも連れて行ってくれませんか」と。

でも、今はごはんに行く時間がないぞ~。

お前は学生だ~。部活ある~。俺も、千葉からだとお前ん家まで、間に合わな~い。

が・・・時間は作ることにします。

にしても・・・あと何年かして、私が立派な大人になったら(まだなっていないので・・・)、その頃には子供たちも立派になっているだろうから、「一緒にメシを」なんて日が来るのかな~って思ってたら、もう来たぞ~。

ま、今回はメシを食いに行くのではなく、時間を作って練習を観に行きたいと思います。

私、170cm。教え子、181cm・・・・。ま、いいでしょ。背伸びして、頭なでてこようっと。

|

3カ月のモヤモヤ

今日は色々連絡の来る日で、さっきの連絡の直後にはソラっこOBから。

どうやらモヤモヤと中途半端にしてしまった時期があるようで、「3カ月時間には3カ月の努力が必要なのでしょうか」と聞かれました。

優しい私は・・・・

「取り返すには3カ月では足りない」と正直に教えてあげました。

でも、この子はきっと大丈夫。こう答えたって、ちゃんと取り返す努力をしていくと思います。

だって、モヤモヤした時期を過ごしたことに自分で気づいているし。

サッカーがやっぱり好きなんでしょ。

だったらやるに決まってるじゃんって感じですよね。

好きならば、とことんやりたまえ!  

|

お久しぶりです!  

と連絡が来て・・・誰かと思ったら10年前に教えていた子。

年賀状でのやりとりは続いているのですが、そうか、もう10年か・・・。

早っ & こわっ(歳もとるわいな) & プリッ(ノリです)!!!  

今、高校3年生。この子の通う高校初の「全国高校サッカー選手権」出場を目指し、最後の年を頑張っているようです。

おう、目指せ目指せ!  

「決して強豪ではないですが」って、そんなこと、関係ないぞ。目指せ!  燃えろ!  

やっぱり高校生はこうでないとね。燃えろ、燃えろ、熱く行け!  

と、この高校のコーチをしているのも、昔の教え子のようで・・・。

この子が4年の時の6年生。はっはっは、なんか面白いでしょう。

2人とも頑張ってくれい!  

子供らに負けないように、頑張らないと。

この子たちとの出会いがあって、今があるのだから。

頑張らないとね。

|

グランドにあること

昨日は2会場に行ってきました。

また・・・色んなことを感じました。色んな思いを持ちました。

ぜんぶ、スクールに生かします。

見ないとわからない。見れば感じる。

本当に・・・グランドには色んなことがありますね。

|

名前を間違え

今日は、ゲームの時に名前を間違えまくりました。といっても兄弟の子の名前です。よくあるでしょう?   兄を弟の名前で呼んじゃうとか、その逆とか。

だって、ソラには兄弟で来ている子、とても多いんですもん。

もうすごい数ですよ。何組いるかな? って数えるの大変なくらい。

今日は名前間違えて怒られちゃいました・・・・ごめんよ。

そういえば、昨日も間違えました。弟を卒業した兄の名前で呼んでしまって、「ちがうよ」って言われちゃいました・・・。

だって、本当に多くて。2クラスにまたがっている子はもちろん、3クラスにまたがる子も・・・・。

そりゃ、たまには間違えますよね~。

夏にはさらに兄弟参加が増える・・・間違えないようにしなくちゃ・・・。

|

おまけを読む子

読んでる子がいるみたいです、通信のおまけ・・・よくもあんな長い、読みにくい文を読むものだ・・・・その分、学校の宿題をした方が・・・・ま、いいか。

今回の通信には、子供たちが怒られたことを書いていますが、これが実はかなり前のもので・・・子供たちが忘れたころに載せようとしていて、今になったのですが・・・すぐにわかったみたいです。「あ、これ俺たちのことだ」って。さすがだねぇ、ヤツラ。

怒られながら、しっかり成長しています。

・・・本当に届くんだなって思います。届き方も届く量も、子供の大きさでしょうが。

話変わりまして・・・驚きました。

今日、U-12クラスのゲームを見ていて、私は一人でブツブツ「おぉ、すげー」とか言ってたんですけど、特に「おぉ、すげー」と言った回数の多かった子が、なんと、「前より上手じゃなくなってるかも」と思っているらしく・・・子供はこういうこともあるんですね。

めちゃくちゃ上手になっているのに。

気をつけてみなければ。

もし気になる発言を子供がしたら、いつでも遠慮なくご連絡下さいね~。

|

夏休みの思い出

ぜんぜんソラとは関係ないんですけど、思い出したので・・・

小さい頃、夏休みに田舎に帰ると、必ずおばちゃんの行く配達について行ってました。

母の実家はパックやら紙袋やらをお店にお届けする仕事をしていて、その配達に連れて行ってもらうのです。おばちゃんに「行くかい?」と聞かれると100%の確率で「行く」と答えてました。

だって、行った先々で色んな人に会うの、楽しかったんですもん。といっても大人と話すのは苦手でしたから、ほとんどおばちゃんの後ろにそっと立っていただけなんですけどね。

行く途中の道の景色を見るのも、楽しかったですし。すごく楽しかったから、もしかしたら配達関係の仕事についてもおかしくなかったですね。

人に何かを届けるのっていいですよね。すごい。行った先々で人とふれあって、行った先々で喜ばれて。今ではそんなに余裕ないかなぁ・・・ちょっと残念。

これから忙しい季節かもしれませんが、お届け関係のお仕事の方、頑張って下さいね!  

素晴らしいです!  

|

夏空

夏空の練習イメージをそろそろ固めて行きます。

子供たちは毎年少しずつ違う特徴を見せるので、テーマも毎年違います。

今年のテーマは、さてさてさて・・・参加してのお楽しみで。

あと半月でスタートか・・・・楽しみだけど、練習を考えねば考えねば。

もちろん、スクールの一学期の締めくくりもケガなく、ちゃんと終えられるように頑張ります!  

一ヶ月後は夏空の中休み中。

さて、どんな感じで休んでいるかな? 

一ヶ月後の自分にも楽しみです。

毎年、夏空中に一回は茨城に帰ります。子供の頃、毎年、夏休みになると遊びに行ったおばあちゃん家。

田んぼ、空、坂道 - 散歩をしながら、ほっとしたり、熱くなったり・・・子供の頃の楽しい夏を思い出します。

そして、エネルギーを注入して夏空後半戦に挑みます。

皆さんは子供の頃、夏休みをどう過ごしましたか? 

きっと楽しい思い出あるんでしょうね。今でも笑いたくなることや心が温かくなること、あるんじゃないですか。

ソラの子供たちにも楽しい夏休みを過ごしてほしいですね。

|

その時その時で必要な栄養さえあれば

小さなころから年齢以上の強さがあって、そのままずっと強くなっていく子もいれば、子供の頃には年相応にちょくちょく泣いちゃう普通の子で、でも、その時に必要な栄養はちゃんと吸収して、結果的にすごく強くなっていく子もいます。

子供たちのサッカーを見ていると、年齢以上のものを要求されているように感じることや、年に合わない大人のサッカーをしているのを見ることもあります。そういう場で力を出せなかったり、そういう場になじむことができないと、ちょっと心配になるかもしれませんが、なじめないことも(そういう場では)自然なことかと思います。

その時に合ったものを得られれば、育っていきます。過剰に摂取したり、まだいらないものをただ早くとったところで、それがその後の成長にそのままプラスに作用するかと言えば、決してそうとは言えません。食事で考えればわかりやすいですよね。

その時に必要な質・量の栄養を。

今、低学年の涙ボーイズ!   子供の日々を過ごすことができれば、まだまだ強くなれるぞ~!  

「年代にあったプレー」で、子供たちがサッカーを続けられますように。

「普通の子」の将来には、とても可能性が詰まってますから。

|

おやおや? 

月曜日のU-15クラスの練習時。

見たことあるようでないような、ないようであるような車が1台。

誰だろう?  う~ん? ・・・でも、みんな練習に参加しているしなぁ・・・・と思ったら、卒業生だったようで。

テスト期間中で部活がなかったので、見学に来てくれたようです。

元気そうで良かったです。

が、なんと中学校に入ってすぐに足を痛めたそうで・・・しかも、なんと私が昨年末に痛めた左足ふくらはぎ。同じ肉離れ。あぁ、お前もかぁ、かわいそうになぁ。

でも、もう治ったようで、ちょっと前に初練習できたそうです。

またサッカーに対しての夢も持っているので・・・中学時代にどれだけ伸びるのか、た~んまり教えてあげました。

小学生の時とはまた違うところが伸び始める時期。新しい部分が開拓されていくぞ。

努力次第で、どんどんどんどんどんどん・・・・自分の知らないくらいまでね。

これからも頑張ってほしいです。

・・・・その日、その子が見学に来たことに気付いた同学年の子が、「ねぇ、(ソラに)来るの?」と期待を込めてそっと聞いてきました。(→→この聞き方、気になり方もなかなかかわいかったです。)

残念ながら、部活などとの兼ね合いで時間が合わず、練習には来れませんが、互いの距離感、これまでのつながりを感じることができて、ちょっと嬉しい一コマでした。

|

2週連続

昨日のU-12クラスも・・・子供たちが注意されました・・・というか私が注意したと言った方がいいのかな? 

昨日注意されたのは数人ですけどね・・・半数以上は楽しみながら、しかも頑張っていましたね。遊んでいる感じでも、間違いなく頑張っていました。

が、そうでないグループが・・・。

ふざけすぎで、誰も上手にならない雰囲気の練習。ワザとヘンなパスを出す。もうグデングデンどころではなく。

何度か自分たちで立て直すチャンスをあげましたが、ことごとく「適当さ」と増す行為をし、ケガが出るのも時間の問題だということで、「喝!」

さて、次回はどうなるかな? 

|

8年

Ao_2 今朝、なつかしいシャツを発見。

←みにくいですけど、

鮮やかな青のシャツです。

2002年日韓ワールドカップで

日本対トルコ戦を観に行った時に、

このシャツを着て応援しました。

やっぱりジャパンブルーですよね!  

懐かしいなぁ。

ちなみにシャツの前は当然・・・

Blue_2_2 ←こんなです。

まぁ、カラー的には

白と青ですから、

問題なし!  

あれから8年。

・・・で、今日、なんと、ある会場で8年ぶりぐらいで旧友に再会。

これも懐かしい!  

名刺があるか聞かれましたが、試合を観に行っている時などはまったくのプライベートなので、名刺などは持っていません。

まぁ、また会えると思いますから。

試合を観に行き、今日も色んなもの感じ、色んなものを持ち帰ってきましたよ。

またこれからのコーチングに活かしますからね。

見る前に跳べ - 二度目に跳んだのが8年前。

その時の自分に負けないようにしないとね。

ちなみに今は三度目のジャンプ中。

|

トム・ソーヤ?? 

トム・ソーヤ?? 
木に登る私、カッチョいいでしょ。なんてウソ。これはお母さんサッカーに来ている人の旦那さん。
…ある会場で、子供たちのボールが木に引っかかったらしく、何とか落とそうとしていました。子供たちは困っていましたが、私は内心「いいぞいいぞ、楽しいじゃないか。どうやって落とすかな?」と見ていました。そうしたら、知っている子にボールを渡され、「当てて」と言われ、「ゲッ」…何だか落としにくそう。でも落としたら株が上がるぞ、ということでやりました!  
引っかかったボールに狙いを定め、上にボールをエイヤッ!  
すると2メートル上の枝に即当たり、投げたボールはすぐ落下。しかも知らぬ子の頭にポカッと落下。慌ててそばに母がいないか確認。いなかった。(セーフ!  )
でも目撃者多数。(アウト…)
もちろん目的のボールはまだ木に引っかかったまま。
なので、また投げようとしてたら、木が揺れていて、「ん?」って見たら、さっきまであちらに座っていたお父さんが木に!   なんという早ワザ。カッチョいい。
そして、いとも簡単にボールを落とし…これまたカッチョいい。
私のしたことといえば、木に痛い思いをさせ、見知らぬ子に痛い思いをさせ…カッチョわるぅ…ま、いいか、他の人じゃこんなオチはつけれないだろうし。
にしてもこのお父さん、トム・ソーヤみたいでカッチョいいでしょ。

|

発見!  

発見!  
ある会場で、発見しました!  
いるとは思っていなかったのですが、いたいた!  
この子は今日は試合はなく、だけどいて、しかも裸足!  
近くの海で遊んできたらしいです。
「カニ、たくさんつかまえたよ!」だって。
かわいいでしょ。
たくさん遊びな!  
でも危険な場所はダメだぞよ。

|

報告報告!  

昨日のU-9クラスの練習後。

昨日やたらとパワーアップしていたある子が「あのね、今、5時からいつもサッカーの練習してるんだ!」と嬉しそうに、力強く、3回くらい言って教えてくれました。

ほほ~、なるほど。

なんで上手になっているのか、これで謎が解けたぞい。

やっぱり頑張る子はうまくなる。

そういうシンプルさがいいですね。

と、U-12クラスの練習後。

ある子が、「この前のおまけ、○○のこと書いたでしょ」って言ってきました。

そうだよ、当たり~。でも、何回か前にはお前のことを書いたんだよ~ん。

あれも自分だとわかったかな? 

「おまけ」は読むの面倒だろうに(自分で書いていながらそう思います。ご迷惑をおかけしています)、高学年なんかでは結構読んでる子がいるので驚きます。

練習中は私は「ブスッ」っとしていることもありますが、練習後にこうして子供たちがしてくれる話は、いつ聞いても本当に楽しいです。

これからも色んな話、待っていようっと。

|

電車の中で

今日は電車で移動でした。

で、思い出したのが忘れ物をしたこと。中学生の頃、試合の帰りに電車の中にカバンを忘れてしまいました。

「あー、どうしよう!」と焦りながら駅員さんのところへ。

すると、どの辺りの車両に乗ったか、いつの電車か聞かれましたが・・・・わからないぞ・・・・と、困っていたら、友達の一人が、乗った車両に書いてあった記号(?)やら文字やらをしっかり覚えていて、すぐに荷物は発見。

ふだんふざけすぎている友達でしたが、この時はかなり頼りになりましたねぇ。

チームって、こういう色んな子がいるから面白いんですよね。

今の子たちも、色んな仲間、色んなチームメイトがいるのかな? 

損か得かや勝敗だけでくっついているのはつまらないですよね。きっと、そんなことはないでしょうけど。

子供の時に色んな仲間で色んな経験してほしいですね。

|

2週連続

2週連続で水曜日コースは注意されてます。

子供たちはたくさんのことを学ばないといけないですね。

まだ知らないことが多すぎる・・・サッカー以外のことですけど。

友達の気持ちはわかっても、まったく立場の違う人の気持ちはわからない。

なってみないとわからない、なることはできない、だから、悪気なく言ってしまう。

でも、知らなければいけないのです。

昨年の6年生も、一昨年の6年生も、同じようなことがありました。

その時は、やっぱり、そこまで相手の身になって考えたことはなかった、想像できなかったと言ってました。

昨日注意をされた子は、とても優しくて、友達の気持ちをわかってあげられて、頼りにもなる子。本当に、強くて優しいから頼りになる子。

でも、まだ子供だから知らないことがあるだけなのです。

子供がまだ知らない、気付かないのは当たり前だから、だから大人が教えなくてはならないこともあるんですね。

いいヤツラだから、大好きです。

今日もいいプレーしてました。

きっと、すごくうまくなる。だから尚更、ただうまいだけのヤツになんかなってほしくないですね。

一昨年、同じような話をしたヤツは今は中2。

うまいだけではない、底では人の気持ちをしっかりわかる、大きなヤツになっています。

生意気ですけどね。

みんな、育て。大きく、育て。たくさんのことを見れる人に。

|

素直

U-6クラスの子。

夏空に申し込みをしている子が・・・・「夏休みは来たくない」とハッキリ言ってくれました。

おおー残酷~。こらこらこら。そういうことをコーチの目の前で言うでない!  

しかも笑顔で言うでない!   お前、そんなにハッキリものを言う子だったっけか? 

う~ん、しっかり自己主張できるようになったのを喜ぶべきか・・・・。

そして、それをそばで聞いた3年生の子が「俺も夏休みは来たくない」・・・・こらこらこら、お前まで何を言う?!  

子供ってコワイよ~。素直ってコワイよ~。

ま、夏休みはみんな遊びたいしね。「来たくない」も仕方ないか。

なんかイメージ悪くなりそうなことを書いちゃってますが、でも、大丈夫!  

すごく楽しみにしてくれている子もいるんですよ~。本当に。

ムリに親に頼んで来る子もいるんですよ~、本当に。

こんな夏空・・・どうなるのかな? 

今から楽しみです。

|

なぞかけ

なぞかけブームですね~。

昨日の子は「テストの点数とかけまして、コーチの帽子と解きます。その心は・・・たくさん取りたいでしょう」なんて感じのことを言って、ケラケラ笑っていました。

そんな昨日のU-12クラスは、しっかり注意し、どんより解散。

だって、各自ができることをやっていない部分もあったし、適当な部分もあったから。

なぞかけもいいが、しっかり練習しろい!  

ということで今日の練習は私にとってもリベンジ。

きっとできると思って作ったメニュー。さあ、メニューに問題があるのかないのか。

今日も同じ練習をやってみました。技術的には昨日の子も今日の子も差はありません。

流れも冗談も、ほぼ昨日と同じ感じで進め、テーマの練習までもっていきました。

そして・・・・今日(火曜日)はできました。実は木曜日も金曜日もできました。

こら、月曜チーム、頑張らんかい!  

でもきっと・・・来週もなぞかけでスタートするんだろうな、月曜チーム・・・・。

ああ、心配。

|

がんばってます、中3

昨日のU-15。

なんだかんだで、本当に中3の子が頑張っています。

中3にもなると、働きかけが非常に難しくなります。普段はバラバラの子たちで周囲の子と会うこともないだろうし、私たちスタッフと会うのも、ここだけの時間で、ここだけの関わりなので。

でも、曲げてはいけないものは曲げられないですし、持っていけるところまでは持って行ってあげなくてはなりません。

なので、放っておくことも、働きかけることも、結構やりますが・・・・よく頑張っています、本当に俺。あ、違う違う、本当に、中3。

パッと見にはわかりにくいですけど、すごくわかるんですよ。言葉の端々、プレーの瞬間的な動き、一瞬の表情から。

まぁ、文句言いながらやっていることもありますが、なんだかんだで、わかっているし、挑戦している。

中3の夏ももうすぐ終わり。

残念ながら受験というものがやってきます。

その間、大好きなサッカーをする時間が少し減るのは確かです。

それまでの、もう少しの時間だけ、ここで成長してほしいと思います。

ああー・・・夏ですね~。

|

ド、ド、ドイツ

じめじめしていますね。私は先週に引き続き事務事務しています・・・。

やばすぎるぐらい、事務作業がたまっております。ああ・・・うう・・・・。

が、昨日は結構、やっつけましたよ~。

ところでドイツ、強いですね・・・。好きな国だからいいんですけど、強っ。

今回は日本をバーンと応援していたので、日本が負けた後は、もうどこが優勝してもいいかなぁって思って見てますが。

昨日は11番が活躍しましたね!  (みんな大活躍でしたけどね。)

でも、まぁ、やっぱり今年は11番ってことで。ソラT大当たり!  

11番つながりで、これからドイツを応援します。

あ、夏空の申し込みは明日からでーす!  

こちらからご案内の行っている方は、メールで連絡を頂けるとありがたいです。

電話ですと、話し中に申し込みの電話が来ることも多いので、ちょっと焦りながらお話ししてしまうこともありまして。

あ、もちろん、「メール苦手」な人は電話でも大歓迎ですからね。

連絡、お待ちしていま~す!  

|

ご招待

昨日、U-6クラスの子が「今度さぁ、お家に遊びにおいでよ」と言ってくれました。

あはは、とても楽しそう。でも遊びに行けないので、「遊びに行ったら楽しくなって帰れなくなっちゃうでしょ。そうしたらここ(ソラ)に来れなくなっちゃうから行けないの」と言ったら、「じゃあ、5時までにすれば平気だよ」って。

あぁ、いつまでこんなにかわいくいてくれるんだろう。

今の6年生も、中学生も、こんな頃があったのに・・・。あいつら、生意気になりやがって。この前なんて、普段あんまり会話をしない2人が仲よさそうに話してたから、嬉しく耳をすませば「コーチってさ、いつもウソつくよな。いつもウソつくよな」を楽しそうに連発してました。テメー、俺の悪口を仲良しになる材料に使うとは・・・・。確かにその時は、軽~く、冗談でウソついたけどね。100%ウソってわかるウソで冗談なんだからいいじゃん。

あ、朝から乱れてもいけないので、話をU-6の子に戻そうっと。

その子、練習後、帰る時には、(次回練習の)「今度の火曜日に来るからねー!」と何回も何回も言ってくれました。

はーい、待ってるよ~。

|

聴く力、見る力

一般的な話でー
最近の子は話を聞けなくなったーとよく聞きますが、私もこの仕事をなんだかんだで10年以上色んな地域でやってきたので、子供たちの変化は少しですが感じます。でも、だからこそ我が子に人の話をよく聞けるようになって欲しいという親御さんも増えているかとも思います。
大学なんかでも学生に授業に興味を持たせる工夫をする先生方がいらっしゃるようですが…もう自分の意思で動けるのだから、授業の工夫に関係なく、自分で吸収しようとできるだろうに、なんて思ってしまいます。
聴く力、見る力を放棄するなよ、と思います。
私もスクールで工夫はしますが、聴く力、見る力を放棄したら、間違いなくソラの練習ではうまくならないようになってます。当たり前ですが。
必要以上に工夫はしません。力の成長を止めるような、工夫はしません。
にしても、今の子供の遊びもかわりましたからね。人の顔見て話をする時間がへり、友達と遊ぶ時でさえ、ゲーム機を見ながら、相手を見ないで話をするのがありふれた風景。これでは、人の顔を見て話を聞くことがどんなことか、わからなくなっても仕方ないか。
子供たち同士で、もっと遊べよ、顔見ろよ。

|

水曜日メンバー

注意されすぎだ!!!  

楽しむの中に、ちょっとのおふざけが入るのはいいが、ふざけすぎはダメ。だって、やってるヤツラもつまらないだろうから。それとダラダラもダメ。楽しむのとダラダラするのでは違う。

ダラダラも、ふざけすぎも許さない。成長のニオイがしないものは許さない。

・・・でも、やっぱりあいつは責任感強いな。

本当は他に責任を感じなきゃいけないヤツラがいたのに!!!  

まあ、面白いヤツラです。

ヤツラのする草サッカーはなかなかです。

昨日は完全に大人のいないサッカー。(→→←「大人のいないサッカー」について、通信のおまけ用に文章打ち終わったものあります。お楽しみ・・・にはしていないでしょうが・・・。)

なかなかなかなか!  

子供だらけのスーパー草サッカー。昔はあんなのが毎日だったのに。

昨日のサッカーを忘れるなよ~!  

|

忘れちゃいけないのは

PKを外す名選手はたくさんいます。また、PKだけでなく、ワールドカップなどのビッグイベントでは、GKやDFの失敗も、とても強く印象付けられます。おそらく、選手はずっと言われ続けるのでしょう、よく、引退後や高齢になってから、(過去に失敗をした)名選手だった人が、当時の失敗について、(サポーターは)「失敗したことは忘れない」というようなことを口にすることがあります。中には、引退後も何年も、たった一つの失敗を言われ続けた人もいるようです。
日本のサポーターは、そんなサポーターになってほしくありません。今回のPK失敗を責める人は、日本にはいないでしょうが、でも(責めないだけでなく)、PKや他の失敗をした選手が、それまでにどれだけの場面で救ってくれたか、勇気をくれたか、ちゃんと覚えておきましょうね。

だって、あの場に立てるのはほんの一握りの選手。素晴らしい選手が、後で当時のことを振り返った時に、「サポーターは失敗は忘れない」なんて思うの、すごく残念ですし、たくさんのものをくれた選手に申し訳ないじゃないですか。
それぞれの国に、サポーターの文化もありますね。色々あっていいのかもしれませんが、私は、サッカーのプレースタイルだけでなく、サポーターのスタイルも、日本らしさがあっていいのかと思います。
過程・経過をとても大切にする国民性。それを反映するサポータースタイルにも、つながるのではないかと思います。
ワールドカップ、日本代表がくれたもの、過去の名選手がくれたものを大切にしたいですね。

|

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »