« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

団結力

日本の大活躍を支えた「団結力」。

特に、「試合に出ていないメンバーが支えた」という言葉をよく聞きますが・・・私も本当にすごいと思います!  

が・・・・本当に自分でもひねくれていると思うのですが、ただそれを喜ぶではなく、心配になってしまう。

試合に出たかったみんな、サッカーが超超超~好きな人たちが集まって、それでも出れなかった選手がいて、そういう人が支えたことで生まれた団結力。

子供のサッカーで、安易に、試合に出れないメンバーに他の選手を支えることを必要以上に奨励しないようにしてほしい。まだまだ、自分の気持ちを大切にしろい!  

同じように練習してるのに、ただ一時の勝敗にこだわるために、当然のように試合に出る子と出ない子がいます。

日本代表の団結力は、「試合に出たかった」「サッカーが超超超~好きな人たち」ですからね、基本は。試合に出れた人も出れなかった人も、そういう人が集まっているのです。試合に出れない悔しさもものすごくわかっている。そういう人が支えてくれたら、出る人だって、そりゃとんでもない力を出そうとします。

まずは、試合に出たいと思う気持ち、サッカーを超超好きという気持ちを育てたり、大切にしてほしい。

まだとても強くそう思えるほどまでは気持ちが行っていない子でも、他の子のように試合に出ることができればそういう気持ちがどんどん強くなりそうな子がたくさんいると思います。だけど、試合に全然出してもらえなかったり。それではせっかく育ちそうな気持ちも少しずつ弱っていってしまいます。

それから、すでに超好きという気持ちなのに、技術面なのかなんのかわからないけど同じく試合に全然出してもらえない子をみます。

また、それらとは逆に、そこまで超好きではなさそうな子でも、「今、うまいから」という理由でずっと試合に出ている子も。それが、その子の超サッカーを好きという気持ちを育てられるのでしょうか。さほど好きでなくても、頑張っている子よりも評価されたり、試合で良い思いできたり。

こういう、「なんだこれ?」という状況を見ることも、正直ありますから。

まだ補欠なんてなくてもいい年代だと思うのですが、「補欠」とはっきり決められたり。

そんな形で補欠に収まっている子に、今回の代表の選手たちの一致団結とかを安易に求めないで頂きたい。

まだもっと楽しい思いをすべきなのに、それを安易に抑えて、ただチームへの団結力などを子供たちに求めないで頂きたい。

ソラに来ている子たちの中にも、バカにしたような口調で「どうせ補欠でしょ」という言葉を使う子がいます。

一人一人はイイ奴らですが、普段、チームで補欠をどのようにとらえているのか、チームでの補欠がどのような存在なのか、チームとしてどのように試合に出るメンバーと出ないメンバーをとらえているのか、非常によくわかる言葉です。

自分の可能性も友達の可能性もフルに感じる、そんなチームであってほしい。

みんなが試合に出たいと思えるような環境で、だから試合に出れないととても残念で、だから試合に出た子が試合に出ていない子の気持ちをちゃんとわかる。少なくとも、そういうふうにはしてほしい。

試合に出ているヤツらがすごくて、出ていないのは評価の低い「補欠」-そんな風な誤った感覚を持たないようにしてほしい。

そして、そんな誤った感覚の中で「補欠」とされている子に対して、今回の代表のような支えを安易に要求しないことを願います。

今、まだ試合に出れない子がいるなら、まだまだ自分だっていけるということをしっかりとわかってほしい。必要以上に自分の評価を低いまま固めないでほしい。

そう思います。

サッカーが大好きな人たちが集まって、みんなが試合に出たいのだということをよく理解している集団の中で、それでも試合に出る・出ないがあって、そんな中で生まれた日本の今回の団結力。

子供たちに、そういう団結力の大切さは伝えていってほしい。

でも、安易に子供たちに、形だけであてはめないでほしい。

なんて、思ったりしました。

|

やっと息が吸えます。

悔しい選手はたくさんいるでしょう。

でも、やっぱり日本代表は強いですね。かっこ良すぎです。

皆さん、覚えておきましょうね。これからの日本代表を応援する時も。

選手でないとわからないこと、監督でないとわからないこと、その中にいないとわからないことがあって。外からではわからないことがたくさんあるということ。

代表の選手も代表の監督も代表のスタッフも、とんでもないレベルでとんでもない質で、たくさんのことを考えているということを。

ずっと、ただただ応援。

ただ、パラグアイ、強かったですね。勝ってもおかしくない試合でしたけど、PKになる前に負けてもおかしくない試合でもありました。

本当に、最後までどうなるのかわからない。これがサッカー、スポーツですよね。

結果がわかっていないと動けない、将来が約束されていないと動けない、結果がわかっていること、結果が約束されていることを探す傾向の強くなってきた現代っこ(もしくは大人かな?)に、大きなものを見せてくれましたよね。

かっこ良かったでしょう、日本代表。強かったでしょう、日本代表。

熱かったでしょう、日本代表。

これを成功と言わずに何と言おう。

見せてくれたものを大事にしましょう、大人の皆さん。

感じたことを大切にしろよ、子供たち!  

でも、まだまだ日本代表は強くなるぞ!  

|

速報!  

ううおおー!  PKです!!!  

プクプクではなくPKですよ!  

ああー、ダメです。終わるまで待てない。とりあえず更新!  

がんばれニッポン!  

|

お互い様です

月曜日のU-15クラス後。

いつものように下らぬ話をしていると(下らぬ話と書いてはいますが、他の学校・他の学年の中学生が練習後にちょっと距離を縮めようとしているので、結構な意味のある時間なのであります)、中2の子が私に「コーチ、しつこいよね」と。まっ、失礼な!  

まぁ、同じことを何度も言ったり、これでもかというくらいに下らぬ冗談を押したり、いい加減ここで止めとけという冗談をずっと続けるので、言われても仕方ないですけどぉ。

ですが、コイツもこんな突っ込みを私に入れ続けて9年目だぞ。お前も結構、しつこいじゃんか。

お互い様だ、お互い様。

しつこく行こうぜ!  

|

夏空問合せ状況・・・

昨年の夏空は、申し込み受付開始後、すぐに定員に達してしまったクラスが結構あったので、今回は、2学年ごとのクラス構成にして、しかも枠数をかなり増やしました。

ですから、まずすぐに定員に達することも、時間がたっても定員に達することも、ないだろうと思ってはいるのですが、夏の間だけでも週に2回来たいという人や、昨年参加できなかったので今回はぜひ、という人もいるので、もしかしたら、定員に達するクラスも出るかもしれません。

万が一、申し込みをお受けできなかったら、すみません。後で謝るのって、結構心理的にキツイので、一応、ここで触れておきました。

なので、後はどうなるかは「?」ということで。

ですが、まず平気であろう枠数は確保しましたので・・・。

ですがですが・・・結構問合せは来ていまして・・・。

「どうしても」という人は、受付開始後、早めにご連絡下さいね。

あ、でも、何日たってもまだ空いているということも当然あり得ますからね。

急いで損したとか言わないで下さいね~。

さてさて、今年の夏空はどうなるのかな? 

|

ストライカー

朝、スッキリしなかった月曜日 - の、

締めくくりは・・・「コーチ、俺、誰だかわかる?」という卒業生からのメール。

あはは、すぐにわかったぞ。(→→わからない時も結構あるから、ちゃんと名乗ってね。)

サッカー、頑張っているみたいです。

スクールに来ている頃、チームではキーパーをやっていたようですが、本人は攻めもやりたかったらしいです。

ちなみに、スクールで見ていて、私が上手だなと思ったのはシュート。

攻撃の意欲とプレーがちょうどよくかみ合っていて、いいタイミングで切り込み、いいタイミングでシュートを打っていました。チームではキーパーの子ですけどね。

こういう子、結構いると思いますよ~。

今年の6年生も、シュートセンスがもっともいい子は、チームではキーパーをしていましたから。今はキーパーから脱出できたようですけど、かなりの間、キーパーだったみたいです。本当に良い感覚でシュート打つんですけどね。

この6年生の子と、メールをくれた卒業生の子を、私はよくマッチアップさせました。はっはっは、だって2人とも似てるし、互いの良さもわかるだろうから。

卒業したのはちょっと前ですが、なんかもう結構前のような気もします。

元気そうで何より何より。

「やっぱそらやっててよかった」という最後の文に、大感謝。

さすがストライカー。決めるね。

|

なんかスッキリせず

私はドイツが好きなので、昨日もドイツを応援していましたが(と言っても、一番はやっぱり日本代表なので、今までほどは応援していないですけど)・・・あのイングランドのゴールが認められなかった時点からは、ドイツが負けてもいいかなと思っちゃいました。

審判も一生懸命。選手も両チーム一生懸命。でもこうなることもあるんですね。その後のイングランド代表の戦い方を見てもかっこいいし(不満ブーブーで崩れることなんてない、なんてカッコいいんだろう)、ドイツも頑張ってるし、審判も頑張ってるし。

でも、なんか見ていて心が疲れて、途中で見ることを断念。こうなったら、ドイツが優勝して、その後ですぐにイングランドとやって決着をつけるのがいいのかなぁ。

あ、でもそれじゃ日本も負けることになっちゃうな。それは嫌だな。

あ~、なんかスッキリしない朝です。

でも、イングランド代表の監督、それでもドイツの動きがいいということもコメントできるんだから、さすが。

ダイジェスト版とかでまとめられると、イングランドが3点目、4点目を取られた場面はなんて言われるかわからないですけど(力尽きたとか疲れたとか言われるのかな)、イングランドはそんなことなく、かっこ良かったと私は思いますよ。だから最後の15分はもう見れなかったんですもん。かっこ良すぎて。

ワールドカップにはカッチョイイ人たちがいっぱいですね。

イングランドもまた好きになりました。

|

強かったですね~

デンマーク、強かったですね。(→→←あ、こっちです。だって日本が強いのは知ってますもん。)

オランダ戦は勝てたかもしれないし、デンマーク戦は負けてたかもしれない。

両方、同じチームの試合。同じ代表の試合。どうなるのかは、本当にわからないものなのです。

昨日だって、開始直後の猛攻を受けている間に1点取られていたらどうなっていたか、わからないですもんね。

岡田監督が強い人で良かったですね。

準備をしている段階で、まわりに何言われてもぶれない強さ。さっすが~。

(ワールドカップ前に色々言われていましたけどね。)頭の中はとんでもない次元で、とんでもない情報量を処理して、とんでもない考えを何度も繰り返しているのでしょうから、外から見てわかることなんて本当にないように思いますもん。

かっこいいな~、岡田監督、スタッフ、代表。

でも、デンマークもいいな~。

|

寝ます

デンマーク戦、勝ちますように。

ということで、私はいったん寝ます。

はっはっは、今配布中の通信「おまけ」に無法地帯と書いたU-6クラスが今日もあり(今日もすんごくすんごく面白かったです!)、それにコーチングを4日した木曜日の夜、もうないぞ、寝ないでグランドに立つエネルギーも余裕もないぞ。明日だってスクールはあるのだ。

寝不足の体と頭では、ソラっこをちゃんと見ることはできないのだ。

私はソラのコーチ。だから寝ま~す。たぶん豊田も寝ま~す。

予定では3時に起きる予定ですが・・・・起きれるかな。

そういえば、来週体験に来る子が結構いますが、スクールの子の知り合いで、なんと「評判の良さ」もあって体験に来るようだし(←私が言ったんじゃないですよ。保護者の方が言ってたんですよ。ほほ~、評判、良いんですね。良かった~)、裏切れないぞ。

もちろん、今いる子だって、裏切れないぞ。

一回一回のスクールを大切にしないで、「あそこのスクールいいですよ」なんて言われたら、来る人の顔なんて見れないぞ。

だから、気合い入れて、寝るぞ~!  

それに、日本代表強いしカッコいいし~。

ではでは、良い夢&現実を見させて頂きます。

|

敬語

水曜日、ゲームコース。よくしゃべる子ばかり・・・。

練習の説明をよく聞かず、私に注意されることがしばしばの子供たち。

そんな子供たちがずっと私の話を聞いている時がある。

私がくだらないことを言っている時・・・。

お前ら、もっと説明を聞けよ・・・。

ちなみに今日は、「敬語を使って話してもいいぞ」という展開になりました。なんでこういう展開になったのか、いきなり読んでもわからないですよね。まぁ、色々とありまして。

でもって、その流れで、色々言いだしまして。私の髪の毛をモジャゲやらモジャやら、ついでになんかヒーローっぽく言ってたな、「モジャ何とか」・・・何て言ってたっけな・・・忘れてしまった。まぁ、覚えていなくてはならないことではないから、いいや。

こんな時はすごくイキイキしているヤツラです。

結局、ちゃんと敬語を使わなかったな、アイツら・・・。

あ、私のことはこんな風に言いますけど、友達には優しいヤツラですから、ご安心を。

そうだそうだ、最近、水曜日コースに加わった子。

この子は水曜日には同じチームの子が一人もいないんですけど、いつも楽しそうに来ています。

今日は、ゲームの休憩中にその子の隣に座ったんですけどね、そばでまた私のことをぺちゃくちゃ話しているヤツラがいて(好き勝手に言ってやがる・・・)、その子もその会話を聞こえているようだったので、「アイツらに“そんなことを言うな”と言ってくれ!」と頼むと、ちょっと困った顔で・・・・「でも、聞いてると結構おもしろいから・・・」って、オマエもか!  

ま・・・・・ま・・・・・・いいですかね。

元気のない子に声をかけて盛り上げようとしたり、溶け込めない子のことを気にかけたり、そういうことを自然にするヤツラだから、大目に見てあげます。

注意もたくさんしてますけど、大きな目、長い目、モジャモジャの髪の毛で見れば、あ、モジャモジャの髪の毛は不要か・・・大きな目、長い目で見れば、今の楽しい雰囲気はきっと成長につながるはずです。

外から見ていると「ちゃんとやってるのか?」と思うかもしれませんが、中から見ていると、「テメーら、ちゃんとやらんかい!」って・・・あ、外も中も同じか・・・。いえいえ、あれでちゃんとやってますから、ご安心を。

|

言い忘れ

先ほど、まずは「伝えたい気持ち」と書きましたが・・・伝えたいと思う相手を持てるかも、とても大きな要素ですね。

私にとって、皆さんはとてもありがたく、とても大切な存在で、だから、つい、伝えたいと思ってしまうのです。

すみません・・・でも、伝えたいと思う相手に出会えることはとても幸せなことですね。

皆さんに、大感謝!   

(グランドでは、子供たちに大噴射!  ですけど・・・。)

|

恐縮です!  

昨日、通信の「おまけ」を読んで下さった方からご感想を頂きました。

あのおまけを、こんなにすぐに読んで下さるとは・・・感謝感謝です。

しかも、「反省しました」と書かれてしまっては・・・恐縮です。そんな感じでお読みにならないで下さい。私が好き勝手に書いている内容ですので・・・。しかも、偉そうに書いていて・・・ちょっと反感を買うような内容かもしれず・・・すみません。

にしても不思議。

学生の頃は原稿用紙何枚以上とか聞くと「え~っ」だったのに、今ではこうして皆さんにご迷惑をかけるような長めのものをちょくちょく書いています。(→→この前、自分で書いた文章のチェックをするだけで時間がメチャクチャかかり、なんでこんなにかかるのかと文字数を見たら、おぉ、結構書いているではないか、とビックリしたのです。)

昔は「意味のない接続詞作戦」で文字数をかせぎましたが、今はあれでも実は短くしようと努力した上での文字数でして・・・。

が、「伝えたいな」ということで書くと、文字数はあまり気にならないのです。あ、読んで下さる方のことを考えず、すみません。通信では「相手の気持ちを」なんて書いているくせに・・・ははは、お許しを。

まぁ・・・うまくまとめる技量がないだけなのですが・・・、すみません。

国語の作文。まずは、文字数よりも「伝えたい」気持ちが先なんですね。伝えたいから長くなったり、短くしたり、表現方法を工夫しようと思うんですね。

まずは、伝えたい―そう、自分で色々経験することが大切なんですね。

子供たちよ、色々、経験するんだぞい!  

ちなみに今日祝!  

今日は、子供の頃、一緒に色んな経験をしたヤックンの誕生日です。

ヤックン・・・といっても、もう40だね。しかも、たぶんもう10年以上会っていない。

元気にしているかな? 

|

休憩中に

昨日のU-9クラス。

休憩中にボールの取り合いが始まり、気付けばみんなでサッカーをしていました。

いいですね~。

昨日初めて会った子もいたと思うのですが、そうそう、あれでいいのです。

遊べ遊べ。きっかけはいくつもあるぞ。

目があったら、もう、それがきっかけだ。

ボールがあったら、もう、それがきっかけだ。

すごく動きが良くて、止めるのがもったいなかったなぁ。

学年も関係なし、学校も関係なし、サッカー経験も関係なし。

味方は誰だ?? ?? 

あんな感じで、普段もたくさん遊べるといいな、子供たち。

これからも、草サッカーを楽しんでね~。

|

夏空開催します

さて・・・まだここには夏空の案内を載せる予定ではなかったのですが・・・お問い合わせがここのところ多いので、さっき載せました。

昨年は定員に達するのが早いコースもあり、希望のコースに来れない子が多かったので、今回はコース数を増やしました。

かなり昨年よりは余裕があると思いますが・・・。

ご都合のよい方はぜひご参加を~。

|

サマースクール「夏空2010」開催案内

開催期間  7/29~8/31(8/12~17はお休み)  
クラス・コース設
【U-6クラス(年中・年長)】 募集人数 各コース12名
①火曜日コース 開催時間 PM3:35~4:25  
②木曜日コース 開催時間 PM4:15~5:05
※コース(曜日)を1つ、または、2つ選択
●1コース参加費 税込\3,990(税抜\3,800)
●2コース参加費 税込\5,880(税抜\5,600)

【1・2年生クラス】 募集人数 各コース18名
①月曜日コース 開催時間 PM4:20~5:20  
②火曜日コース 開催時間 PM4:35~5:35  
③金曜日コース 開催時間 PM4:20~5:20  
※コース(曜日)を1つ、または、2つ選択
●1コース参加費 税込\5,880(税抜\5,600)
●2コース参加費 税込\8,820(税抜\8,400)

【3・4年生クラス】 募集人数 各コース18名
①火曜日コース 開催時間 PM5:45~6:55  
②水曜日コース 開催時間 PM4:10~5:20  
③木曜日コース 開催時間 PM5:15~6:25  
※コース(曜日)を1つ、または、2つ選択
●1コース参加費 税込\6,300(税抜\6,000)
●2コース参加費 税込\9,240(税抜\8,800)

【5・6年生クラス】 募集人数 各コース18名
①月曜日コース 開催時間 PM5:35~6:55  
②水曜日コース 開催時間 PM5:35~6:55  
③木曜日コース 開催時間 PM6:35~7:55
④金曜日コース 開催時間 PM5:35~6:55 
※コース(曜日)を1つ、または、2つ選択
●1コース参加費 税込\6,930(税抜\6,600)
●2コース参加費 税込\9,870(税抜\9,400)

持ち物 飲み物、スネ当て(小学生)、着替え等 (スパイク以外のシューズ,金具等のついていない服でご参加下さい。)

≪お問合せ・お申し込み先≫
【tel】 042-534-3766
※お申し込みの受付は7/5(月)AM10時からとなります。

|

サマースクール

最終段階に入っていた夏空案内&おまけが、昨日出来上がり!  

おぉー、できたできた。

ワールドカップも日本代表戦以外はほとんど見ていませんが・・・。

ふーっ。

で、さっそく昨日、夏空のお問い合わせを頂きました。今日から案内をお配りしますからね~!  

長い「おまけ」も・・・いっしょに配りますがぁ・・・・読みたくない人は読まないで下さい。

私、自分で原稿チェックするだけで「うぇっ」っとなりましたから・・・。

夏空の案内は、ここにも載せる予定ですが、載せるとしても、もう少し後になります。すみません。

そして、夏空の練習テーマは・・・・

白紙に戻しました~!  

色々考える部分が増えたので、また考え直そうっと。

あ、白紙とはいっても、前に考えたのも、もちろん、頭に入れた上で白紙に戻しますよ。

何度も書いては消し、描いては消し・・・紙には線の跡はつきますが、そうして作る一枚も、なかなかでしょ? 

夏休みっぽくていいでしょう? 

|

日本代表

あぁ、残念でしたね。悔しい、悔しい、悔しい。でも日本、やっぱりなかなかやりますよね!  
(実は試合前から昨日も勝つと思ってました。ハズレましたが…ちっ)
そうさ日本は強いのさ、カッコいいのさ。
選手も監督も、みんな、ずっとすごいのさ。前からね。
しかも、追い込まれてからが、またさらに、カッコいいのさ、強いのさ。
ここでさらに不屈で行くため…よし、ソラTを南アフリカに送ろう。そして、みんなに着て試合をやってもらおう。好きな色にしてあげるぞ。
あっ…でも今からじゃプリントが間に合わないか、残念。(そっち? )
…ということで(? )、夏空の案内を作成中です。近所中にご案内しますので。←携帯から入れたら、「近日中」と入れるつもりが「近所中(きんじょじゅう)」になってしまった。近所中に配っても「なんですか?」になってしまう。危ない危ない。
あ、今回の通信はおまけがとんでもなく長いです…。しかも読んだら反感を買いそうな…。お手柔らかにお願いしますね〜。

|

サッカーネタ

豊田コーチがテレビで見たらしいのですが、ナガトモ選手のスピードはすごいらしいですね。

めずらしく豊田コーチが興奮気味に話してくれました。

本当に、すごく速いみたいですよ。他の選手も、カッコいいですね~、日本代表選手!  

日本人の俊敏性のすごさは昔から言われていますが、やっぱりすごいじゃん、日本の選手!  

それと、ナガトモ選手だけでないですが、やっぱり、人間的な魅力がすごいですよね。

きっと、一人一人、本人にそういう魅力があったり、支えた人の素晴らしさあるんだろうなぁ。

テレビとかでそういうのたくさんやってほしいなぁ。

日本の代表選手は、人間的にも誇れますよね。あ、他の国がどうかとかは知りませんが。他の国もそうかもしれませんけどね。(→→他の国も好きですよ)

日本って、あ、これは私の印象ですけどね、選手選考などでも、人間的な部分をとても大事にするじゃないですか。これっていいですよね。

だから、「この選手すごい!」って思って見ていて、(たとえプレーがうまくいかないことがあったとしても)人間的な部分では、きっと裏切られることがない。

特に、子供たちが見るような大会などでは。

これは、本当にすごいことだと思いますよ。(→→プレーが思うようにできないことなんて、スポーツなら絶対にあることですから、そんなことがあっても裏切られたと思うのは違いますよね。)

素晴らしき日本代表。

今夜、頑張って!!!  

|

凸凹浮き沈み山谷

あ~、今日は色々ありすぎた・・・。

まず、午前中のお母さんサッカー教室には初参加の方が2人も!  

お疲れ様でした。楽しかったそうで、良かったです。ありがとうございました。

で、午後のU-9クラスでは、2・3年生のゲームを見ていて、「フンガー(怒)」。

怒ると疲れる・・・くそー。子供はべつに悪くないんですけどね、でも、もっとチャレンジできるだろうよと、思っちゃうのです。

U-12でも「フンガー(怒)」・・・お前ら、豊田コーチの話をもっと聞けよと。

でも、一つ良いことが。

昨日、自分で「本来の自分とは違うプレー」をしてしまった子。

今日、ちょっとその子のことを褒めたら、「でも、俺、昨日、やっちゃったじゃん」と。

そう、この子は自分で自分のやったことをわかっている。そして、反省している。

他の場面でも、他の子が、「すげー反省してたよ」って教えてくれました。

そう、コイツはサッカーが大好きなヤツ。だから、本来の自分と違うプレーをしてしまったり、まだ自分には必要のないプレー、本当はやってもおもしろくないことをやってしまった時には、それを楽しいなんて思わないはずなんです。

サッカーが好きなヤツ、本気でやってきて上手になってきたヤツには、ずるいだけのプレーなんて面白くもなんともない。自分で挑戦して、自分の力がグッと成長した瞬間の楽しさ、嬉しさに勝るものはないんです。

コイツはそれがわかっていて、すぐに本来の自分に戻ってきた。

すごく嬉しいです。

|

記憶

火曜日、卒業生がチラッと顔を出しました。元気そうでした・・・

が・・・まず覚えているであろう、そばにいた6年生に、「こいつのこと、覚えてるか?」と聞くと、

「もちろん!」- おぉ、すげー、さすが卒業生。

ちゃんと記憶に残っているではないか、と感心するのもつかの間、

「だって、ボールをぶつけられたもん!   忘れないよ!」

・・・おぉ、卒業生、そんな覚えられ方をしおって・・・・。

なので、ここで助け舟。

6年生に、「おい、(思い出で)なんか良いこと、ないのかよ」と聞くと、

「・・・(無言)」・・・えーっ、いいとこないの?? ? 

口がいつも動いているコイツが黙るとは・・・

おい、こら、卒業生・・・・・

ま、良いところもあるんですけどね、たとえば・・・・(無言)

あはは、冗談ですよ~。良いところ、どの子もありましたから。

でも、みんな、記憶のされ方には注意が必要だぞ。

スクールの時間を大切にね。

|

ドリブルのコース

ここのところ、このブログを見てくれている人が少しずつ増えているので、ちょっとサッカーのことも入れておきます。

前の日本の試合、みんな良いプレーをしてましたね。

たくさん目についたプレーがありますが、その中で一つご紹介。

正しい見方の良いプレーはテレビなどでちゃんと解説してくれてますから、そちらをご覧ください。

ここでは、私の個人的な視点から個人的な意見で書きますので、お許しを。

松井選手のドリブルのコース、すごいですね。

さりげないですけど、ゴールの方に向かうあの角度、かっちょいい!  (特に2つの場面でわかりやすかったです。)

止めた後に、真横でなく、あそこにクイッとね。かっちょ良かったなぁ。あれができるといいなぁ。

今度マネしてみようっと。

・・・・字で書いてもわからないですよね。すみません。

でも、個人的にいいなと思ったところですから、あまり気にせずに。

|

マイムマイム

皆さん、マイムマイムの季節ですよ~!  

子供たちがストレッチ中に、学校でのマイムマイムやオクラホマミキサーの練習のことを楽しそうに話してました。

「嫌だよな~」と言っている顔は、頬に笑みがにじみ出ています。

パス練習の時も、ニコニコしながら、マイムマイムでの話をしている子がいました。

話のネタはやっぱり誰と誰が手をつなぐの類で~す。

あー、楽しそう、話に入りたい入りたい・・・・と思いながらもコーチですから、

入りました。あー、面白い。心は小6、体は・・・。

にしても、コイツとコイツ、こんなに話す仲だったっけか。

ナイス、マイムマイム!  

ということで、明日からスクールでもマイムマイムを取り入れます。

ウソです!  

だって、ソラでやっても、みんなドキドキしないしね。

そのかわりに、「まーいい、ムッ!  まーいい、ムッ!」を取り入れます。

えぇ、頑張らなくても「まぁ、いいか」という顔していたら、「ムッ」として怒ります。

皆さ~ん、マイムマイムの思い出ありますかぁ? (思い出せますか?  遠い昔?? ?  失礼、失礼。 まぁ、いいじゃないですか・・・あ、今、ムッとしましたね。そう、これが「まーいい、ムッ、まーいい、ムッで~す。)

|

日本代表

たまにしかないサッカーネタ? 

日本勝ちましたね。

国外開催でのワールドカップ、初勝利ですか。(→→日韓ワールドカップではちゃんと勝ってますよ~。)

となると、ちょくちょく過去の日本代表と今の日本代表で比べたり、今の日本代表の方がすごいのかとか、色々やってますが・・・今の日本代表も過去の日本代表も、ぜ~んぶすごいと思いますが。

その時点その時点で、すごい代表になっているはずです。

選手や監督の苦悩もつながりも背景も、何にもわからないですが、「すごかった」ということだけはわかります。

選手は代表選手だけでなく、当時プレーしていた全ての人が、代表選手に関わっているはずです。それぞれの選手の思いとかつながりとか、私たちは報道される部分しか知りえません。それでも、その断片的な情報から、「えっ、そういうつながりや背景があったのか」「そんな経験があったのか、そんな思いがあったのか」なんて驚かされます。報道されることなんて、本当に一握り。それ以外にも、とんでもなくすごいこと、強い思い、私たちには想像できないことがたくさんあるだろうということは容易に想像できます。

そうやって、今までに携わっていた人たちがいたからこそ、今があるのです。

これまでの人が壁を削って削って削ってくれたから、今があるのです。

だから、今の代表も過去の代表も、スタッフも、みんな、すごいのです。

|

僕の代わりに

昨日のU-9クラス。

約束を破って、「守る」と約束をしても破ってしまい、「絶対守る」を何度も破った子に、「この練習しちゃダメ」と言い、させず。

「今度は絶対守る!」も、何度も何度も繰り返したら、ダメ。だって、いつも同じ約束で、それはみんなのケガを守るための約束で、(守ることを)我慢できる約束ですから。

それに、全員を集め、「約束を守らなかったり、説明を聞いていなかったりすると、ケガをしてしまうことだったあるのだから、約束を破る子には練習をさせることはできないよ」と言い、「友達が練習できなくなって、サッカーの人数が減ったら嫌でしょ。だったら、友達にも注意しなよ」と言ったすぐ後のことですから。(→→友達に注意することはできなくても、自分で守ることはしなくてはいけません。)

ということで、2人は見学に。

すると、1人の子が、私に「僕が休むから、あの2人を代わりにここに入れて(練習させてあげて)」と。

「それはできないよ」と言い、でも、「何でそう思うの?」と聞くと、

「僕も(そういうことが)1回、あったから」と。

その子の言う「1回」が、

①その日にルールを1回破ったことの「1回」なのか、

②以前にルールを何度も破ったことの「1回」なのか、

③以前に自分も同じように練習に参加できないことがあったことの「1回」なのか、

おそらく②か③だとその時は感じたのですが、(①~③まで、すべて可能性あり・・・)

ちょっと感心しました。

でも、だからと言って、2人をすぐには戻さず。

それにしても、その子はよく私に「僕の代わりに」と言いましたね。

これまでの自分の経験から、その時の気持ちをちゃんと心にしまって、強さと優しさを身につけてきているのでしょう。

感心感心。

|

ソラT長袖版&大人版半袖T

お待たせしました!  

ご注文頂いたソラTができあがりました。

ご注文頂いた方には、今日から配りますよ~!  

どこかで着れそうでしたら、ぜひぜひ着て下さい!  

着た時には、素の良さで、バシッと行って下さい!  

自信満々で行きましょう。

sonoyosade - バシッと行きましょう!  

|

0.1%の可能性

0.1%? ・・・・あ、ワールドカップのことじゃないです。

昨日の勝つ確率だったら60%くらいありましたもんね。

では、0.1%というのは・・・・6年生の子が私に電話を忘れないでする確率でした。

昨日は天気が悪かったので、「家を出る時に雨がひどかったらコーチに電話をするように」と子供に言った方から、子供から私へ電話がかかってくる確率が0.1%でしょう・・・と。さすが、お子さんのことをよくおわかりになっている。ちなみに私も同意見。(→→失礼)

さて、その0.1%の可能性でしたが、ちゃんと電話がかかってきました。

おぉ~、さすがソラっ子。確率0.1%のことを成し遂げるとは、やるじゃ~ん。(→→その前に、そんな予想をされないように、しっかりしよう。)

でもって、その子、ちゃんと練習に来ました。

そして、たくさんのことをやってくれました。

一つ目、グリコのポーズで練習・・・パスの練習の時、ずっと両手を上げて、「コーチ、これ、なんだかわかる?」-「わからない」というと、「グリコのポーズ!」・・・  ・・・

次に、一緒に練習していた相手に怒りを表す際(←怒りといっても冗談ですが)、「○○ナーマンに変身だ!」と一声かけたら、本当に変身しようとしてくれ・・・・雨の中、上に着ていたシャツを脱ぎ、袖なしに・・・なっただけ。「いかん、それはただの寒そうな○○ナーマンだ」というと、服を着てくれました。(→→ちなみに○○ナーマンは、その子の名前をもじってつけたヒーロー名。)意外に素直な○○ナーマン。無理はしないぞ、○○ナーマン。

続いて、「センパイ」として、練習を盛り上げてくれました。

ゲーム中も周囲の子から「センパイ!」と・・・。

面白いです。それぞれの曜日で面白さはあるのですが、月曜日はなんかこのカラーでずっと来ていて、なかなか他の曜日とは違う面白さがありますね。

来週はどんな感じになるのか、楽しみです。

|

遠いがね

Togane 昨日はちょっと子供たちの参加する大会を見てきました。

スクールでの様子を見ていて、まとまって数人、ちょっと気になる部分があったので。

・・・にしても、遠いがね~。

でも、面白かったですけどね。

田んぼも好きだし。

・・・が、砂ぼこりがすごかったです。

自分が粘土でできているのかと思うような体になりました。

運営は大変だったでしょうが、皆さん、お疲れ様でした。

楽しかったのですが、砂と日差しと格闘しながらの観戦で、ちょっと疲れたのか、家に戻ると数年ぶりの「階段ゴケ」。

3、4段、ドデデンとお尻と足裏でコケました。

きっと他の方も同じように階段でコケたと思いますが、皆さん、お体の具合は? 

ちなみに私は大丈夫で~す。

ところで、昨日の大会に限らず、大会を見ていて思うこと。

(ソラの方には関係のない話かもしれませんが)応援の仕方に工夫をしてみてはいかがでしょうね。

子供の表情を見ながら、応援して下さい。

自分の子、友達、そして、相手チームの子。

特に、相手チームのゴールキーパーの顔。

これらを見ながら応援すると、たぶんいいかなと思います。

|

夏祭り

なんか、お祭りの太鼓の練習をしている子、結構いますね。

みんな、一生懸命練習しているのかなぁ。

練習中はよくおふざけしてる子たちなんだけどなぁ。でもってよく私に注意されている子たちなんだけどなぁ。

想像してみる・・・うん、きっとほっぺたを赤くしながら一生懸命やってますね。

やる時はやる(もちろん、やらない時はやらない・・・そして、やる時でもたまにやらない・・・)子たちですから!  

頑張れよ、ソラっ子、タイコーズ!  

今度そっと見に行っちゃおうかな。

夏はすごく暑いのに、ついでにベタベタしていやなのに、なぜか楽しい思い出がいっぱいありますね。だから、暑いのもベトベトも嫌ですけど、皆さんも夏の夜とか、夏の晴れた空とか、好きじゃないですか? 

子供たちに楽しい思い出がつまるような夏になるといいですね。

|

おまけ

昨日、U-6クラスの方に、「おまけ」でU-6クラスのことも書いて下さいと言われましたので、昨日、書きましたよ~。パソコンの中に今、入っていま~す。いつだすかわからないですけど。

読んでくださっている方もいるんですね、おまけ。ありがとうございます。

U-6クラスは、人数も少なく、クラスの開催数・時間などの面でも、色々と保護者の方とお話をできる時間もあるので、あまり書いていなかったというのもあるんです。

高学年の子は、時間的に送り迎えが難しい方も多く、子供たちの様子をわからない方が多いと思うので、伝えた方がいいかなということと、

子供たちの起こすことに含まれていることが複雑なこともあるので、それをお伝えすることは、今の低学年、幼稚園の子を持つ親御さんにも、少しは役に立つかな、ということで、

取り上げることが多かったんですけどね、今度か次くらいの通信には、U-6クラスのもの、載せます。(→→そろそろ載せようと思っていたことは思っていたので。)

皆さんもご要望などありましたら、遠慮なく言って下さいね。(→→ご要望にお応えできないことも多々多々々々々タタタターという感じですが・・・・。)

|

開幕ですね

今日からワールドカップですね。

強豪国の攻略法・・・の前に、ソラっ子の攻略法だ・・・・。

ワールドカップどころではない。

・・・

・・・

グループリーグ突破の前に、ソラっ子突破だ。

・・・

日本のベスト4入りと、ソラっ子突破。どっちが易しいかなぁ。

|

偶然!  

昨日、あるものが切れていたので、私と豊田の分を用意することに。

といっても、ほとんど使わないものなので、量はいらず・・・手ごろにスパッと用意できぬかと・・・いくつかお店をまわりましたが、手ごろにできるところがなく・・・が、豊田が発見!  

相談すると、スパッとかっちょいいものを用意してくれました。

用意されたものを見て、「かっちょいいよな、かっちょいいよな、いいお店、見つけたよな」と言っていると、豊田から、プチ情報が。

やり取りをしている時に「ソラってサッカースクールのソラだったんですね」「実は・・・」なんて感じで、なんと、そのお店、ソラとちょっと接点があったりして。

へ~、そうなんだ~、という感じです。

色んなところでソラつながりがありますね。

こういう偶然、面白いですね~。

|

テニスボーイ

ある日のスカイランド。テニス少年発見!  

Tennis_3 うん、がんばれ、がんばれ、ソラっ子。

そう、ソラっ子。

あはは、テニスも面白いもんね。

どんどんやってちょうだいな。

そういえば、サッカー選手やテニス選手でも、「子供の頃はサッカーとテニスをやっていた」なんて人も結構いますよね。

(プチプチ情報)

高校の頃、私もテニス見るのが好きでした。

レンドルとかベッカーとかエドベリ(エドバーグですか?)とか、ナブラチロワとかキング夫人とか、グラフとか、あの頃でしょうか。

レンドルなんて、なんじゃありゃってくらいかっこ良かったじゃないですか。

「もう無理」ってところから、サーブをバシッ、ズシッって決めて、なんだろう、あの精神力は!  

かっこよすぎでしたよね。(→→まさか来年のソラTはテニス系?? ?)

そんな感じで、高3の選択授業では私はテニスを選択し(他は柔道とかね・・・)、ちょっとお勉強しようと本を買って自分で勉強しました。

でも、まったく身に付かず~。

・・・が、ががが、その本の中で頭に残っていることが一つ。

テニスのコーチング法の一つが載っていたんですよ。その知識が、実は今、ちょっとだけ役に立っていま~す。

どんなことでも、基本のつまっていることとか芯をとらえているものは、色んなことに応用できるんですよね~。

さてさて、このテニスボーイは何を学ぶ? 

ま、学ぶなんて考えなくても、こういう時間が「楽しい」「面白い」って思えたら、それが最高ですけどね。

|

ガオーッ

昨日のU-9クラス。登場時にすでに泣いている子が・・・・。

練習開始時には泣きやんでいて、その後も、凸凹凹凸という感じで。

が、凹んでも昨日はすぐに復活していましたね。

復活する段取りは、まず立ち止り、下を向き、空気を吸い・・・上を向きながら、

「ガオーッ!」でした。完全にマンガの世界だ・・・。

さすが2年生。このぐらいでちょうどいいですね。

|

ギリギリセーフ

昨日、U-12クラスの練習後に、5年生の子が「あっ!  あっ!  卒業生だよ!」と教えてくれました。

おう!  本当だ本当だ!   (弟がまだU-12クラスに在籍中の)今、中1の子が練習後にちょろっと顔を出してくれました。

嬉しいですね~。しかも、卒業生に気づいた5年生の子は一人だけではなく、他の子もたくさん気付いたし、嬉しいですね~。だって、彼らが4年生の頃の6年生ですからね。接点が本当は薄いはずなので、ちゃんと気付いて、しかも嬉しそうだったし。

「よく気づいたね?」と聞くと、「だって、○○とかも、みんな面白かったもん」って。

そう、みんな学年に関わらず、かなりグシャングシャンに楽しんでいましたから。

気付いた5年生の子たちにも、気付かせた卒業生(他の子たちも)にも拍手!  

ついでに、5年生の子に言われました。

「あっ、コーチ、(卒業生に)背が抜かれてる!」・・・なに?!  

ちょっと横に立つ・・・

おぅ、ギリギリセーフ。

抜かれていないですよ~。

だって、昔から抜かれていましたから~。(→→そうだそうだ、そうだった。もうあいつが6年生の終り頃には実は抜かれてたのだ。)

ギリギリセーフ!  

そんな昨日は、夜中にスウェットをはき、ウエストのひもを結ぼうと引っ張ったら、「プチッ」と見事に切れました・・・。

えー、なんか不吉・・・・このスウェット・・・・

まだ15年くらいしか履いてないのにぃ・・・

うん、寿命寿命。そりゃヒモぐらい切れるわさ。不吉じゃないぞ。(→→でも他の部分はまだまだ行けるぞ。)

ギリギリセーフ、ギリギリセーフ。

ついでに昨日は・・・

一昨日に豊田と私に降りかかった「えーっ!?」ということが何とかなり、こちらもギリギリセーフ。

きわどい毎日を送っています。

こんな時は・・・11番着て。窮地をしのがねば。

|

見つめる父より

月曜日のU-12クラス。

ゲームのグループ分けはいつもと違う分け方で。

私の担当したグループは、今日はゲラゲラで行かせてもらいました。

練習後、そばでずっと見ていたあるお父さんが(あの視線はあのお父さんのものだったのか・・・)、「楽しそうでいいね」と言ってくれました。「楽しくないと続けられないよね」と。

おう、おう、うぉーう!   すごい!   そうです、そうですよね!!!  

このお方、おわかりになっている。

そうです、なんでもそうですが、段階があるのです。適した大きさがあるのです。

まだ、楽しそうでいいのです。

ずっと見ていたお父さんにそう言ってもらえて、すごく嬉しかったです。

しかも、しみじみとおっしゃっていました。きっと、この方は、試合などを見に行って、子供たちの置かれている状況をよくご理解されているのでしょう。

子供のサッカーは、楽しみであふれていていいのです!  

|

何もありません・・・

U-12クラスは定員の関係で、ご都合によるお休みのお振り替えなどを、その都度お受けすることができなくなりました。

皆さんには申し訳ないと思っていますが、人数が増えてもお振り替えをどんどん受け入れるようなことは、ちょっとできないのが現状です。

コーチングにおいては、見えない糸(意図)を、グランドの下に張り巡らせています。

よくテレビとかで、悪者を近付けないように赤外線センサーを張り巡らせてる場面とかあるじゃないですか、そこにあることがわかっている味方でも、うっかりすると触っちゃうような。

イメージ的にはあんな感じです。身内でも、うっかりすると壊しちゃうような糸(意図)を、見えないところに張り巡らせているのです。

そういう糸は、一週間前から張ったり、さらにはもっと前から張ったり、張ること自体、チャンスがあまりなかったり・・・そうして張ったものを直前に修正してなんとかバランスを取ったりしています。

ですが、来る子に変化が多すぎると、時間内に(次のスクールまでに)これらの糸(意図)の修正をしきれなくなるのです。

これまでは、各曜日の人数や来ている子の様子などから、修正が間に合っていましたが、今の在籍状況・各曜日に来ている子の様子では、お振り替えをお受けすると、どうにもこの修正が間に合わないのです。(→→子供たちに問題があるのではありませんからね!)

間に合わせようとすれば間に合わすこともできますが、それではもともとたどり着けるはずだったところにたどり着くのはちょっと難しくなったり、糸を減らす必要があったり・・・そんなことはできません。

お振り替えをお受けできない理由の一つには、こんなこともあるのです。すみません。

(こんな糸=意図があるので、練習が普通に進んでいても、私が顔を真っ赤にしていたり、険しい顔をしていることがあるのです。見た目のスムーズさなんかより大切なものがあるのです。)

それから、お知り合いの方にソラを勧めて下さる方もいるようで(ありがとうございます)、あまりに勧めると、(勧められた側の人から)勧めることで何か利点があるかもしれないと誤解されそうですが、ソラには、他のスクールや他の業界がやっているような、そういう利点はまったくありません。

ですから、勧める方は、ただ勧めてくれているだけですので、勧められた方はご安心ください。

ついでに、ご入会のキャンペーンなどもありません。急いで入会すると得するようなことも、他スクールから乗り換えると得するようなことも、何にもありません。一般的な商品を取り扱う業界や子供たちに意図することから考えてそういうことをしても問題ないようなところなら、そういうことがあってもいいと思います。

ですが、ソラでは先ほどのように、子供たちの関係の下に糸を張ることもあり、ここに来る、来ないは、子供たちのこれからにつながっていくかもしれないことですから、そういうキャンペーン的なものでお決め頂くより、中だけを見て決めて頂く方がいいと思っています。

あ、もちろん宣伝もしますよ!   会社ですから。ここでもしておきますが。

「ソラはいいですよ~!」

いつもそのままの大きさで勝負なのです。

|

練習メニュー

金曜日のU-12クラスの練習で、「俺、スパイやりたい」と言う子が数名。

この発言だけ聞くと「えっ?」となるでしょうが、「スパイ」とは練習メニューの中の話でして。

先週は2グループに分け、対抗形式のメニューをちょっとしました。(→→曜日により、やらない日もありましたが。)

それぞれ相手のグループに「スパイ」を送り込み、スパイは相手グループの練習が続かないようにするのですが、これが面白かったようで。

先週よりもっと前からも「スパイ」ネタはやっていますが、ここのところ多いのは、24の影響でしょう・・・な~んて、そんなことないですから。(→→なんてことないですから・・・。)

そういえば、先々週は、ある子が友達を指差して、「この人、ジャック(=24の主人公)だよ」なんて言ってくれました。

「えっ、あなたがジャック?  握手して下さい。・・・何、偽物!?  貴様、だましたな!」な~んて、軽く24ごっこを楽しませてもらいました。(→→スクール中に何をやっているんだか。)

面白そうなことは、なんでもかんでもメニューに落としま~す。

|

高1!  

今日のU-12クラス中、コートの横に一人、若い兄ぃが。「おや、フットサルのお客さんが早めに来たのかな?」と・・・・と? と? と?!  

あら~、卒業生じゃないか!  

卒業してから顔を見せるの初めてだぞ。おいこら、もうまる3年たっているじゃないか!  

もう高1?!?!   

小学校の頃にはいてたジャージで(えらいぞ、物持ちよし!)、昔のまんま!  

嬉しくて、また、彼の話もきちんとした内容なので、しばらく話しこんでしまいました。(→→豊田コーチがその間はちゃんと練習みています。)

色々考えたりすることもあるようで。私なりに、インチキくさいアドバイスをしておきました。でも、最後は自分で考えて決めるように言いました。それが高校生だ!  

考えること、悩むことは決して悪いことではありません。大いに悩め!  

あ、そうそう、嬉しかったことが。

「あ、ここが変わった!」「シャツの色が増えてる!」「頭につけてるの何?」なんて言いながら、「日々進歩してるんだね」と。

でも、「なんか、あんまり離れてた気がしない」って言ってくれました。

嬉しいな、嬉しいな。

そう、離れてないぞ、ボーイ!  

いつでも遊びに来てほしいものです。話せない時もありますが・・・。

卒業時に渡すアルバムの中で、「いつでも来い。当たり前のように出迎える」なんて言っておきながら、さすがに今日は当たり前の顔はできませんでしたね。驚いた~。そう言えば、当たり前のように背は私よりももう高かった。

成長って早いですね~。

そう言えば、この子、当時のソラTをまだ持っているそうです!  

良い子でしょう? 

でも「引っ越しの時にしまってからは、どこにあるのか、わからないけどね」って・・・ソラっぽいでしょう。

またいつでも来いよ~!  

|

ゆびきり

先週の練習で、ゆびきりをして約束をしたのに、約束を破った幼稚園の子。その日は、残り10分弱くらいのところでコートの外に出てしまいました。

もちろん、コート外にいても遠目で行動は確認していますが、声はかけず。

そして、その日、その子はコートの中には戻らず。

練習後、その子に対して、私は、「約束したのに。約束やぶるとつまらないだろ」と言いました。

だって、ゆびきりですもん。たまにしか私、しません。

そして、今日来たその子。前の約束を確認して、さらに一つ、追加で約束を。追加分のゆびきりも。

がんばりましたよ、この子。約束、二つとも守ろうとしました。

途中、きついかな? というところで声をかけ、頑張れるか確認したら、こっちを向き、小指をクイッと立て、ゆびきりを催促。

近寄り、“再ゆびきり”。

最後まで、よく頑張りました。前に守れなかった約束と、今日追加した約束の両方とも、ちゃんと守れました。

ゆびきり・・・指と指をつないで、2人で指を見て、約束を口ずさんで。

なかなかいいもんです。「メールで約束」なんかより、やっぱりいいですよね。

子供たち、友達との「絶対」の約束は、まずは「ゆびきり」ぞよ。

|

おふざけ

昨日のU-9クラス。

3年生には注意を。

ちょっとのおふざけは、私の中ではOKです。ですが、ふざけすぎて、雰囲気や秩序が壊れる方向に行くようなものはダメ。また、ケガが起きそうなこともダメ。それと、「動きが減る」のもダメ。

昨日は、秩序は保たれていましたが、「動きが少なくなる」ことが多かったのでダメ!  

昨日の3年生の子は、攻撃なら攻撃、守りなら守り、その時はたくさん動くけど、いつもボールを追いかけちゃうようなことが(特に3年生になってから)減ってきていました。

昔はいつもボールを追いかけまくっていた子。そうしないと我慢できなかった子。

そういう子でもポジションや役割を機械的に与えられたりすると、効率よく動くようになることがあります。

効率よく動くことは良いようですが、実はまだまだそんなに効率よく動く必要はないのです。まだまだ無駄な動きから彼らは多くのものを吸収する時期、吸収できる時期なのです。

チームで色んなことを教わってしまっていると思いますが、ここはチームではないので、ポジションなど考えず、動き回るように言いました。

コーチと対決で最後はゲームをしましたが、そうそう、すごく動いていました。

もともとこういう動きをする子でしたから。

終わった後、「なんかスッキリした」と言っていた子がいます。

そう、サッカーってこういうもの。やりたい動きを抑制されていたら、楽しみきれないもの。(→→もちろん、年代や段階によっては、個人のやりたいことを抑制するもとも必要です。)

チームなどでは、やりたい動きを抑制されることがあるのかもしれませんが、まだまだ、探究心のままに、ボールへの欲求のままに、たくさん動ける方がいい。

終わった後に、やりきった感のあるサッカーを、おもいきりやってほしいですね。

「なんかスッキリした」-昨日はこれが全てですね。よく感じたね、さすがだね。

|

海外志向ゼロ

もっと見なければダメ。もっと見なければダメ、もっと心を見なければダメなんだ。

難しい、難しい、難しい。

よく指導者用の海外研修とか、指導者用の海外ツアーとかありますけど、私は全く興味ありません。理由は、目の前にいる子を見るために必要なものは、海外に行って手に入るものではないからです。目の前にいる子だけが私の指導対象。私は心が小さいので、彼らが関係する場所のサッカー環境には関心を深く持っていますが、もっと大きな、彼らが関わらないようなところまでは興味はないのです。だから、海外での研修とか、まったく興味がないのです。勉強熱心でなくてすみません。

でも、日本にいても、いや、千葉の千葉市の稲毛区にいても、まだまだここでやれること、できていないことがたくさんあるのです。

心をもっと見れないと、目の前の子どもたちは伸ばせない。

まだまだそれができない。

まだまだ・・・なのです。

|

なんかちょうだい

よく中学生クラスの子が言います。「なんかちょうだい」。

でもって、昨日はテニスボールをどうぞ、ということで。

他にも「マーカーちょうだい」「この本、ちょうだい」「飲み物ちょうだい」・・・まったく。

ソラには高校生のクラスはないので、中学生クラスの子は、もうこのクラスを卒業したら本当に卒業。また、中学生クラスに来れるのはスケジュール的にも、定員的にも数名(月曜日のみの開催)なので、「特別」ということで、なんかをあげられることもあります・・・・が、あげたものをちゃんと有益に使っているのだろうか?? ?  

大人の一歩手前、でもまだ子供、なんとも難しい年代。

現場で働きかけをして、「今、困っているな」「今、頑張っているな」「今、葛藤しているな」ということはわかります。が、彼らを100%で掛け合わせるのは、年代特有の難しさがあり、なかなか・・・難しい。

小学生の時は同じ学校だった子も中学生になり学校がわかれ、たまにしか会えなかったり、小学生の時には1学年、2学年上でも普通に話していたものが、それぞれ通う学校で「先輩」というものを知ったり・・・さすがに小学生のころみたいにみんながすぐにくっつくということがない。

彼らのことを手に取るようにわかるということはなく、でも、現場には「これだ」と思って立たなければ役目を果たせないので、「これだ」にたどりつくまでに一週間はかかります。しかも、それでも現場では結構苦しむことがあります。

あせってはいけないのであせりはしませんが・・・でも、中3の子がいるうちに彼らが行けるところまでは行かせたいので、気持ちはやっぱりあせります・・・自分の頭に知恵を・・・なんか、ちょうだい!!!  

|

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »