« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

年中さんの吸収力

私の帽子を取って逃げ、「取ってみな、モジャモジャじじい」と言っている子・・・年中さんです・・・。入って2回目、3回目くらいの練習では、上手にできない時に思い切り凹んでいた子なのですが、もう、すっかり元気です。「モジャモジャじじい」かぁ、当たってる当たってる、ハハハ。

取った帽子をそっとグランドに置き、私をおびきよせて・・・私が取りにいったところを見計らって帽子をサッと取り、また遠くにダーッと走り、「こっちだよ~」です。その子と一緒に逃げる、これまた2週間ほど前まではなかなかコートに入ることもできなかった子。

もう、2人とも、元気元気。やっぱり子供って面白いですよね~。

|

じいちゃん

ちょっと前に書いた子、前まで遅れて来ていた子ですが、今日も早く来てくれました。

よかった。これで、きっともう大丈夫。

この子が今日、帰る時に、車に乗った○○君に、「○○、じゃーね!」と言い、そのあとに、「○○のじいちゃん、じゃーね!」って。

すごーい!  って、思わず声を出しちゃいました。

おじいちゃんに、「じいちゃん、じゃーね」って・・・・嬉しい。

○○君のおじいちゃんは、よくこの子に声をかけてくれてたんです。「おう、○○君!」って。

そして、今日は、この子から「じいちゃん」に。

こういうつながり、すごく嬉しくありませんか? 

いつもこの子に声をかけてくれた“じいちゃん”に、感謝!  

ソラっ子&ソラ爺様・・・素晴らしきつながり、どうもです!  

|

ふざけ・怒り・笑い・泣きの子供たち

もうすぐ6年生は卒業。

今年の6年生の卒業。ということは、もう何年も前に違う地域で見ていた子供たちも卒業かぁ。

あの子たち(当時2年生)も、面白い子ばかりだった。

ケンカが“大勢 対 1人”になりそうだと、「○○のケンカに口出すな!」とか言っちゃう2年生。先週自分が学んだことを、いっちょ前に言ってやがる。へへへ、子供の口で、笑っちゃかわいそうだけど、笑っちゃう、だって、かわいいでしょう。

他にも、いつも怒って、悔しくて泣いて、かと思うと笑って・・・子供度100%の子。

強いし、興味津津BOYだし、思い切りもいいのだけど・・・キーパーはドキドキしながらやって、あの緊張した顔・・・ふだんの強がりBOY面ばかり見ているから、かわいくて。

その子らも、6年生になって、卒業。年賀状を見る限り、元気そうです。今は、色んなチームにバラバラになっている子もいるみたいですが、また中学、高校で、楽しい仲間を作っていってほしいですね。

がんばれ~。

*たまに・・・「たまに」・・・ブログも見てくれているみたいです。私はまだ皆さんにもらったユニフォーム着てますからね~。胸にソラロゴ入れてますけど。さよならの時にもらったので、イコール、ソラスタートの時だったので。もらってすぐに入れちゃいました。(→→これで二つが一つに。勝手な解釈。) ボロボロになるまで着ますよ~!  

|

脱・遅刻!  

先週、いつも遅れ気味に来る子が、早めにきた。

「学校の授業が終わるのが遅くて遅刻」などということではなく、遅れてしまう子。

でも、この子がようやく早めに来るようになった。2回続けて、早くきてくれた。

こういうことも、とても嬉しいことの一つです。

来ている時間にこちらで何をできるか、どうやって次につなげるか、どういうことを伝えられるか、そして、子供が感じるか、行動に移せるか。

行動には理由があるので、行動の変化にも理由があるので。

友達は、いっぱいいるぞ。友達は作れるぞ。

脱・遅刻グセ、色んな意味で、おめでとう!  

|

てめーら、ふざけてんのかぁ!  

って、大人には言われてもおかしくない5年生のゲームでしたよ~。でも、私的には、サイコ~に面白かったです。

ふざけてるようで、ふざけてはいないです。が、子供たちも大人に「ふざけてるだろ」と言われたら、神妙な顔で「はい」って言っちゃうかなぁ、というぐらい、ふざけている「ような」感じでした。が、サイコー!  

何度、腹を叩いたことか。(→→面白くて~)

何度、首を傾けたことか。(→→なんでできるの~って不思議で)

こんな感じとは逆に、一生懸命やっているように見えても「てめーら、ふざけてんのかぁ?」と言いたくなるようなゲームもありますが。

子供って本当に面白いです。表面上じゃわからない。

中で、頬の色、笑い声のトーン、空気・・・ぜ~んぶから見ないと、感じないと、わからない。

なんだ、アイツら、サイコーだ!  

結構すごいプレーをワーワー笑いながらやったり、めちゃくちゃぶつかったり、超熱中遊びモード。遊びの最高型でしたね!  

しかも、伸びシロ・・・めちゃくちゃあるんですけどぉ!  どぉ!  どぉ!  

あぁ・・・・本当に面白かった。

|

来てます、中学生

U-15クラス。計画を見直し、只今3カ月計画実行中。

ついて来れるか? 子供たち・・・・ついてきてるぞ、子供たち・・・・。

「やるじゃんか」って感じです。ぱっと見、成長しているのか、ちゃんと練習しているのか、わからないと思います。でも、これこれこれ、これなんです、今、もっとも大切なのは。数か月後の成長のためにね!  

頑張っている、意識している、努力していると感じます。努力がわかりにくいことに挑戦させているんですけどね、すごく感じます。

嬉しい、嬉しい、嬉しいです。

でも、焦るな、俺。冷静に冷静に。確実に3か月後の成長につなげなくては。

そういえば、(話変わりますけど)今日も卒業生が顔を出してくれました。

この子も成長してますねぇ。

一言二言しか会話できないこともあるんですけど。(→→今日はほとんど会話できず・・・。)

でも、しぐさ、表情、行動から、成長していることはよくわかるんです。

この子たち、小学生の頃は、ヒヨコちゃん?  泣き虫ちゃん、怒りん坊、照れ屋さん・・・いろいろだったですけど、よくもまぁ、こんなに生意気、いやいや、いっちょ前になって。

嬉しい一日でした。

|

早川君と池田さん

ソラには関係のない人で。早川君は、私が小学校の時、初めて一緒にサッカーをした時に、(初めて目が合った瞬間に)いきなり「カニカニカニモンブラン」と言ってきた子・・・。

「?? ?」といきなりカルチャーショック・・・いやいや、そんなカルチャーはない。めちゃくちゃ面白くて、何日間かは「カニカニカニモンブラン」を使わせてもらいました。

この子は、センタリングからのシュート練習でも、腹シュートを見せてくれたり・・・あ、走りこんだらお腹にあたって、「うぇ~」と言いながら崩れたんですけどね・・・・でも、大丈夫で。キーパーをやっていた子なので、中途半端な高さに来たボールを蹴るのが難しかったらしく、そのまま成り行きにまかせ、お腹で・・・・。とにかく面白い人でした。

池田さんは、中学校の時には野球部(一つ年上)。高校に行ったら同じ高校で、陸上部の主将になっていました。顔は知っていたんですけど、名前は知らず。でも、私がサッカー部だったことを覚えていてくれて、中学校の時は違う部活だったのに(高校でも違う部活ですが)「何かあったら言えよ」なんて言ってくれる、かっちょいい人だったのでした。

早川君と池田さんに会えてよかったと思います。思い出したのは今日で2、3回目ですけど・・・。

大好きなことを思い切りやれる時間があったこと、よかったなって思います。

ぜーんぶ、財産、財産。ほんの一瞬の出来事も、すれ違いの出会いも。

|

ちょっとおまけから

ソラ的な日々(「ソラ」のコーチです。スクールであったことや子供のこと、書いています。)を見て、「あれ、これ書いたような・・・」と思ったことがまだ書いていなくて・・・あ、そうだ、おまけ用に入力したんだった。

先週の金曜日には、他にもたくさん、子供たちの「ケガして、治って、元気いっぱい」みたいなことがあったんです。

誤解から仲がよくなれなかった2人が、誤解とわかり仲がよくなりました。

この2人はそれだけではなく・・・あ、やっぱりここには書ききれないので、また通信の「おまけ」で。

でも、他にもあったんです。

ちょっと勇気を出せず、今までなかなかパスをもらえなかった子が、この日はパスをしっかりもらい続けました。

1月の1回目、2回目の練習は、この子はがんばっていました。とても。

でも、たぶん、この子には、ちょっとキツイ雰囲気だったんですよね。でもでも、この2回は、これでいく必要、この中での達成感を感じる必要があったんです。

だから、あと少し、頑張れ。その先には・・・って思ってたんです。

そして、3回目の金曜日。

やったね、楽しかったでしょう。よくここまで来たぞ。

これから、もっと成長していくぞ。もちろん、お前の良さを残したまま。

どんどん膨らんで行くぞ。

もっともっと楽しくなるぞ。

頑張ったね。

|

休憩中

3年生の子が2人・・・休憩中に笑わせっこ。笑わせっこからスタートしたのか、偶然面白いことがあったのか、私にはわかりませんが、もう、2回目の休憩の時には2人で大盛り上がり状態だったので、きっと1回目の休憩の時に何かがあったのでしょう。

笑って飲み物を飲めないほど、大盛り上がり。

2人で「ヒヒーッ」「ブヒャー」っと、もう楽しそう楽しそう。

これまで、ここまで仲は良くなかったと思うのですが、いいですね、やっぱり子供たちは。ちょっとしたきっかけで、バシッとかみ合う。

こういうことがたくさん起きる場になるといいなと思います。

ところで、この2人のうちの一人は、昨年末にも、違う子と2人でいる時に、やっぱりそれまではそんなに仲は良くなかったと思うような子と、2人でずっとゲラゲラ遊んでいました。

子供の才能・・・友達作り。いいですね。

やっぱり、自分を出せるって、いいですね。

|

選択肢

選択肢がなさすぎるのも困りますが、今って、あらゆる場面でありすぎって感じもしますね。
別に難しい話をしようというのではなく(できないし…)、子供たちのことで。(ソラの子ということではなく、一般的な話として。)
一つ一つをもう少し探っていけたら、というタイミングで違うものが用意されたり、溢れていたりして。
もう少し、一つ一つを大切にする時間、一つ一つを心に止める時間があったらな、と思うことがあります。
溢れすぎてなければ、きっと考えちゃうことも、溢れすぎてて気づかずに行ってしまうとか。
小さい時、本当に子供の時を大切にできたらな、と思います。
子供の心と体で感じることを感じて、そして大人になっていくんだよ。

|

食いつき

「にょろ」と入力して変換したら「~」が出ました。へえ、面白い。で、「にょろにょろ」と入力し変換したら「~~」になりました。惜しい、縦だったらよかったのに。

昨日、U-6時は、練習では使いませんが、ニョロニョロを置いておきました。

子供たちのはじめの食いつきはイマイチ・・・でしたがさすが!   途中からは大人気。

これ、倒れても倒れても起き上がるビニールの人形です。

子供たち、全身を使ってボカーンと打って、起き上がったら、またボカーン。完全に遊びだから、残酷ではありませんからね。完全に遊び。だから、逆にいいのです。

にしても、あの全身の使いよう、本当にすごいです。ステップも目の動きも、手と足、体全体の動き・・・なんて分析はとても馬鹿らしいくらい、子供の動きで超GOODでした。

この遊び、おもちゃ、他にも色々といい部分があるんですよね~。

さてさて、U-12クラスは、ボードを使って、ちょっと説明・・・この時には食いつき度70%。まぁまぁか。

・・・でも、練習後の食いつきは100%。時間が押したので練習中に見せるのをカットしたものを練習終了時にちょこっと見せてあげたら、子供たちは食いつきまくり。

何に食いついたかは秘密。にしても、大人気、志村○○!   さすがだ・・・・。さすがだ、けんさん。

今日はどうしようかな? 

|

学校という場

一昨日、ちょっと立ち寄った中学生。注意しなくてもいいことには注意しません。が、知らなくてはいけないことを、違う形で覚えようとしていたら、注意をします。口答えもしてきますが、言います。そして、ちょっと反省したようで、でもそこは中学生、「フンッ」という感じで帰って行った中学生。

今度はいつくる?  その前に・・・また来る気になるかな? 

と思っていたら、昨日も来ました。

学校は、ケンカとか誤解とか、色々あっても毎日会えますよね。会いたくなくても会わなくてはいけないこともあるでしょう。

小さい時には特に誤解からのケンカや、双方ともに正当なのになぜかケンカが起きることもあるでしょう。

おたがいに心に何かつまったまま、次の日をむかえることもあるでしょう。でも、学校のように席が決まっていて、次の日も必ず関わらなくてはならないのって、いいことですよね。

隣のクラスの授業の進み具合を気にするより、隣の子の表情を気にできる、そっちの方が大切だと思いますね。とくに年齢の小さなうちは。

|

副キャプテン羽

ダメだ、ちょっと仮眠を・・・。ということで目を閉じるも・・・今日のU-12クラスの練習では、ボードを使います。ボードを持ち出す自分が出てきます。子供たちが見ています。・・・という具合で結局は練習のことを考える時間になるのですが(いいことです)・・・イメージ中の自分が、なぜかボードに翼くん風の絵を描き出します。昔はよく描いた翼君。でも今は描けないと思うので、ちょっと違うキャラクター顔に。(→→予定ではこんな絵を描く予定はないのですが、イメージ中の子供たちとのやりとり上、こうなりまして。実際の練習ではボードは違う使い方をします。)

子供たちが「何それ?」と言い、「副キャプテン羽」と答える私。キャプテンというほどではなく、翼というほどではなく・・・。翼くんはオーバーヘッドキックが得意なので、この子は「オーバーなキック」か「オーバーなヘッド」が得意なことにしましょう。食いつく子に説明。ウケるにはどうしたらいいかな? ・・・色々なデモンストレーションを考える、考える・・・・・なんてことを考えながらなので、仮眠をとれるはずもなく、練習のイメージ作りも実質的には進まず・・・・でも、いつか、こういうことが役に立つんです、ソラでは。

いつか副キャプテン羽くんが活躍する日も来るでしょう。

*羽くんという名前の子がいたら、それはいい名前だと思います。もちろん、他の子の名前もいい名前です。

|

あなどれない

佐藤コーチが昨日、私をワナにはめようとしたんですよ、ひどいでしょう!   昨日、スクールに着くと、テーブルに置いてある缶コーヒー。「めずらしい、佐藤コーチが飲むのかな?」(いいなぁ〜、飲みたいな〜)と思って眺めていると、「自動販売機で当たったんで、これ、どうぞ」って。優し〜い。
そして「ヤッター!」とジャンプしかけた左足のふくらはぎから「待てっ」の指令。危ない、危ない、うっかりジャンプするとこだった。(→→ただいま肉離れ中)
はは〜ん、佐藤め、俺のケガを長引かせるためにコーヒー作戦を・・・危うく引っかかるところだったぜ。・・・ってことで、作戦にも引っかかることなく、おいしくコーヒーを頂きました。
佐藤コーチ、ありがとうね〜。また当ててね〜。また作戦やってね〜。

|

天下落とし

字があっているかわかりませんが、テンカオトシって遊び、ありましたよね。ああいうの、今の子はやらないのかな? 

腕をクロスしてボールを取る取り方をちょこっと見せたら3年生の子が食いつき食いつき、「投げて投げて!」

5分くらい、ずっと投げてました。とりあえず、取り方をみんなマスターしたいらしく。

ボールを2球投げて、2人で並んで見事に取ると、結構、面白い光景。

ルールも教えてあげたらよかったな。今度教えてあげようっと。

小さいうちは手でボールを扱う遊びでもたくさんしておいた方がいいですからね。

|

可能性が見えてきました

U-15クラス。みんな、色んな表情で解散。

やっとここまで来ました。子供たちだけで色々やり、ほとんど働きかけをしなかった昨日。

そのゲーム後に、ムスッとして帰る子、ちょっと怒り調で帰る子。

そう、これぐらいにはなる日がないといけない。

これまでは、この関係を私が子供たちとの間に作らなくてはならないほど、中途半端だった。

でも、昨日は子供同士の間で作れていた。これでいい。

いつも遠慮して、様子見ばかりで、中途半端な自分、中途半端な相手、その中で中途半端な信頼なんかを固めていってはいけない。

これまでずっと付き合ってきた奴らだろう。まだまだ付き合っていける奴らだろう。

学校が離れても、まだまだ関係を強めていける。だから、気持ちをぶつけあう日がないといけない。

やっと、スタート地点だね。

|

もう一つ、乗り物ネタで。

今日、スクールに向かう途中で、ドア全部、後ろもバーンと開け、開くところを全部開けている車を見ました。

掃除中かな?  でも、すごくカッコイイ。

そういえば昔、ミニカーのドア、開くところ全部あけて、よく眺めていました。かっこ良く見えるんですもん。(→→私には。)

人に例えれば、オープンマインドってところでしょうか。なるほど、かっこいい。

でも、閉めるところは閉めないとね。

中途半端に開いている状態は「心のスキ」という感じかな? 

ということで、明日からオープンマインドで行きます。

|

紙ヒコウキ

みなさん、何種類折れます?  紙ヒコウキ。

私は・・・基本形の3種類くらいですかね。スルメとかは・・・もう忘れちゃいました。

この基本形、たぶん、みなさんもご存じのヤツです。

1つめは、距離が出るやつ。狙ったところにまっすぐにピューッと飛んでいくヤツです。でも、滞空時間は短いんですよね。

2つめは、クルクルまわったり、落ちそうで落ちず、ヒラヒラ飛ぶヤツ。滞空時間の長いヤツです。でも、どこに飛ぶのやら・・・。

3つめは、この二つのちょうど中間みたいな感じでしょうか。距離もある程度出るし、滞空時間もそこそこ長くて、どちらかに飛びぬけているわけではないですけど、バランスがいいんですよね。

面白いですよね、みんな、それぞれ。

この3つの紙ヒコウキみたいなプレースタイルの選手がそろったら、サッカーも面白いでしょうね。

子供たちが公園で見せるサッカーは、そんな感じですよね。みんな、それぞれ。でも、本当に立体的で面白い。

ソラの紙ヒコウキロゴを見て、なんとなく、思い出し、考えちゃいました。

|

グイグイ

3年生の子、おふざけ大将だった子が、今、グイグイ来ています。

おふざけはまだ残っていますが、ちゃんと成長してきています。(→→おふざけについては、人に迷惑をかけることや危ないことは注意していますが、ほどよく「あり」の部分はそのままにしています。)

昨日はもう・・・「へーっ!」「えーっ!」「おほっ(←驚きと嬉しさで)」って感じでした。

昨年途中から、精神面・技術面での「一歩上」を目指し、今、グイグイッとその成果が。

やっぱり子供ってすごいですね~。

5・6年生も、面白かったです。

5年生の子は、ある子のスライディングがかっこ良かったらしく、みんなで「今の(やつの)リプレイ」と言って、ズザー(スライディング)。もう、ことあるごとに「リプレイ」「リプレイ」と言って盛り上がっていました。(→→雰囲気が崩れすぎて、危ない状況になれば、もちろん注意します。)もちろん、やっている本人は、サッカーを楽しんじゃってますよ。本気に、ちゃんと。でも、まだまだ伸びしろ、ありますね~。

あ、かっこいいスライディングした子は、チームに入っていない子でしたが、入っている子もいない子も、あんな感じでボールを追いかけてばかりいたら、うまくなるし、楽しいし・・・いい感じでした。

行きますね、これからも。

|

継続・・・

今年の年賀状、ある6年生の子からのものに「中学に行ってもソラを続けるけど、残り3カ月、小学校の時は全力で・・・・」と。おぉ、嬉しい!  でも、中学に行けば忙しくなるから、中学クラスのことは進学後に考えてくれればいいのです。

継続するのは、「ソラに通うこと」ではなく、「お前らしくボールを追いかけること」でいいのです。

もともと中学生クラスはフォローの場として捉えていますから、その時に必要なら、来い!  という感じです。本当に、すごくすごく嬉しいんですけどね。

そして、私たちが継続するのは、彼らを見守ること。

昨年、残り3カ月しかない時期にソラに来てくれた子がいます。ここ数カ月、メールをくれるようになりました。内容は、サッカーのこと。

こうしてつながっていれば、いいんです。

|

ワールドカップイヤー

今年は、そうなんですね、ワールドカップイヤーでした。サッカー番組とか、スポーツニュースのサッカーコーナーで、「今年はワールドカップですね」と聞くと、「あ、そうだった」と思い出します。たぶん、佐藤コーチもそんな感じではないかなと思います。

サッカーコーチなのに、そんな大事なこと忘れる? ・・・その答えはグランドにあります。・・・恐るべしソラキッズ。

話かわって、今年は2010年です!  

よく見るとsolaと2010って、似てません? 

文字の形を言葉で表現すれば、

solaは、クニュクニュ(s)、クルッ(o)、ズー(l)、サックルッ(a)でしょ。

2010は、クニュクニュ(2)、クルッ(0)、ズー(1)、クルッ(0)でしょ。

似てる!  (このやり方だと、たいがいのものが似ていることに・・・)

ということで、今年はsolaの年とさせて頂きます!  

今年はソラ・イヤーですよ!  

ワールドカップは4年に一度。ソラ・イヤーは今年だけかもしれないですよ!  (表現次第・・・)

貴重なソラ・イヤー、皆さんで楽しんで行きましょう。

|

新コーチ? 

今日、来ました。生意気盛りの卒業生、現在中学2年生。

あけましておめでとう・・・という感じはこれっぽっちもなく、私のケガ中の足を見て、「ダセー」と。(→→ムカッ) 良かった、小学生時代に「クォーラーannoy」っていっぱい怒っておいて。(→→プラスマイナス・ゼロということで許してやろう。)

礼儀のない奴のように見えますが、私以外には、おそらく礼儀正しくできる奴だと思いますので、ご安心ください。

今日も、いつものようにU-6クラスの手伝いをやってくれましたしね。頼んでもいないのに。

結構、いい感じの手伝いなんですよね、コーチ目線で見ると。

コイツ、面白いですよ。

もしかしたら、コーチ、保父さん、先生なんかに向いているんじゃないかと、ちょっとだけ思ったりしました。

つい、私もコーチングに関連することをちょろっと言っちゃいましたが、いやいや、まだ中2だったんだ。まだコーチとして育てる必要はなし。思う存分、中2時代を楽しんでもらわねば。

本当に、生意気な生意気な、そして生意気な奴でありますが、こういう子がいるの、すごく嬉しいです。

|

親戚のおじちゃん

今日、グランドには親戚のおじちゃんがいました。

U-12クラスのゲーム時、休憩中の子たちに、「よっしゃ。じゃあ、腕相撲でもするか!」って。おい、こら、6年生・・・・お前、完全に親戚のおじちゃんじゃないか・・・・・。

休憩中に腕相撲を誘う最上級生・・・恐るべしソラっ子・・・・そして、それに対し2人組で立ち向かう4年生&6年生ペア(お前らに誇りはないのかぁ!)

さらに、様子を見ていると、腕相撲はその時が初めてではないことが判明。(→→いつのまにやってたの?)

・・・面白すぎる奴らです。

|

スタート

昨日から新学期が始まりました。初日から飛ばしてます、子供たち!  
面白いヤツラがたくさんいます。
昨日、私は訳ありで片足だけ「スリッパみたいな履き物」(まず、サッカーはできない)を履いていたのですが、その「履き物」を見た3年生は「クツ変えた?!」と、まるでニューモデルのサッカーシューズでも見たかのように食いついて来ました。へぇ、そう見えるんだね…。
5年生のサッカー大好きっ子は、休憩中に「これできる?」と友達に話しかけ、「違うよ、こう!」などと得意げに言っているのですが、サッカーのワザではなく、“口を閉じ、ンパッと開いた時にンパッと鳴るか”を披露していたようで…。
どうやら“ポッ”て感じだとだめで“ンパッ”だといいらしい。が、ほとんど変わんねえぞ!  
面白いです…他にも色々ありましたけど。
今年もソラッ子はソラッ子ですね。

|

2009年

年が明けて5日たち、明日からはソラも新学期。

いよいよ、2010年だ。ここ数日考えたのは、今年のこと、来年のこと、そして、昨年のこと。

今年も頑張ろう、

来年も、今ではわからないくらいの成長をしたソラになれるよう、頑張ろう、

昨年は、悲しいこともあったな・・・色々、考えますよね。

過ぎた日のことを考えるのは、別に後戻りするわけではなく、原点に立ち返るため。グッと、足に力を入れるため。そういう、立ち戻れる日があるのは、嬉しいことだ。悲しいことがあったとしても、嬉しいことだ。

だから、今年も頑張る、来年も、その次も。

さて、話題を変えて・・・テレビを見てまして(テレビっ子・・・子じゃないか・・・)・・・・

夢って、色んな夢があるんですね、やっぱり。でもって、やっぱり、夢に向かって努力している人って、魅力あるんですね、不思議ですね。内から出るものなのかな、なんか、すごいですよね、魅力。

夢の力のすごさを再認識しちゃいました。

まとまりなくすみません・・・・さて、明日からまた頑張ります!  

|

携帯電話

ソラ宛てに、年賀状が色んな人から届きました。みなさん、ありがとうございました。

ソラ宛てのものとはべつに、子供たちからきた年賀状・・・子供とは言えないかな、もう大学生だもんな・・・の中に、「また大学でサッカーを始めました」というものがありました。

すごく嬉しいですね。もちろん、他のことを始めるのも、他のことを続けるのも嬉しいです。そういう年賀状も、この子からはずっともらっていたので。

本当に嬉しいなぁ、こういうつながりは。

それと、皆さんもそうでしょうが、古い付き合いの友達(友人というより、友達ですね)からの年賀状。

このつながりもすごく嬉しいですよね。なくしたくない。

そして、今日、ちょっと外に出て思ったこと。若い子たち、みんな片手に携帯を持っていて、ヒマな時には携帯のゲーム? ・・・これは若い子たちに限らないか・・・でも、「携帯をなくすこと」と「友達をなくすこと」、若い子たちはどっちを恐れるのだろう・・・なんて思っちゃいました。本来、とても比べられるものではないですけどね・・・・。「存在」は、とても、「機能」なんかとは比べられないものなんですけどね。

今年も、子供たちが自分と友達の存在を感じられるようなスクールにしたいと思います。

|

2010年もよろしくお願いします

年が明けましたね。みなさんは、どんな風に年越しをされましたか? 

私は、なんとも冴えない年越しとなりました。

この借りはスクールで!  

思う存分、楽しませていただきます。

話は変わり・・・年末にすごくすごく思ったこと・・・

「約束を正確に守ろうとした人が嫌な思いをするようなのって、そりゃ、優しさでもなんでもないぞ~」と・・・

ソラは今年も、中途半端な優しさはナシで行きますよ~。

|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »