« 6年生のお願い | トップページ | 変化 »

冬空

開催スケジュールの方もまだつめなくてはなりませんが、内容の方も考えはじめ、んー、んー、んー・・・という日々です。

んー、んー・・・トイレ?  いやいや・・・でも、実際にトイレで考え始めることもありまして、んー・・・と、考えていると、昨日はふとあるボタンが目に入りまして、「おしりと水」の絵(記号?)なのですが、見ようによっては、鼻と口に見えまして、どうやったらこういう顔ができるかな? とちょっとチャレンジしてみたりして・・・そして、ふと、「イカン、イカン、考えることは他にあるのだ」と我に返ったりしまして・・・。

ちょっと前は、やっぱりまったく別のことを考えちゃいまして。

ほら、日本語は文末の「です」とか「やります」とかいう動詞で文章を締めくくるじゃないですか。そういう組み立てですよね。

英語とかは、「私は」の後にすぐ動詞がきますよね。

サッカーって、その国の文化が表れるっていうじゃないですか。やっぱり、これも関係あるよね、結構、日本語って悪くないよね、良いこともあるよね、だから、サッカーもそんなに悪くないんじゃないの? とか、(細かいことはここでは書きません)、そんなことを結構前から考えていたんですけど(世界に見習え調の世間と逆行しているかな?)、そんなこととは別に、「そうか」と。

外国のお笑いってちょっと日本とは違いますよね。忘れたころに、(笑いどころが)またもう一回登場みたいなのとか、後で登場みたいなの、多くないですか。

日本のお笑いって(専門家ではないので語る気はまったくありませんよ、ただ思うだけですからね)、何か言ってすぐ、突っ込みが入るの多いじゃないですか。

「普通と違う」から、それが面白いんですよね。

外国は、言葉の表現では、すぐに動詞来たりするから、それとは違って「後からくる」のが面白くて、日本は、言葉では最後に動詞来たりするから、それと違って「すぐにくる」のが面白いのかな~なんて、ちょっと思いました。間違っているかもしれないですけどね、私はそう思っちゃいました。・・・コーチングには関係ないようですけど、こういうところに、結構活かせることがあったりするんですよね。

冬空に向けて、まだまだ色んなこと、考えていきま~す。

|

« 6年生のお願い | トップページ | 変化 »

今日のsola」カテゴリの記事