« 加藤先生 | トップページ | 一人だけの責任と連帯責任 »

2年生と6年生

小学2年生と6年生のゲームを、それぞれ昨日見たのですが・・・雰囲気似すぎなんですけどぉ~。

小学2年生の子が大人びているのではなく・・・。アニメのヒーローになりきりながらドリブルしたり。

そして、それに負けないような雰囲気を持つ6年生・・・。ちょっと心配。いやいや、でも、彼らはきっとこれでいいのでしょう。

なかなかのテクニックをそれなりに発揮しているし、結構難しいことに、それなりにチャレンジしています。「それなり」って書くと、手を抜いているようですが、決して手は抜いていないでしょうね。昨日は一緒にはプレーしませんでしたが、一緒に混ざってやるとよくわかります。

昨日来ている6年生の何人かは他の曜日にも来ていますが、その、他の曜日の時にはボールの奪い合いなどで足をちょっとやそっと蹴られても、まったく動じることなくプレーできます。熱すぎる相手の、ガッツリ来るプレーや接触に対しても、カッとなってプレーを乱すことなどなく、余裕で対応しています。中途半端な技術や気持ちでは、あんな風に対応はできないですから、やっぱりたいしたものですね。

ちなみに、昨日のU-12クラスのウォーミングアップの時には、ある子の「ウリャー」という動きを見て、そのすごさに腰を抜かしそうになりました。腰を抜かすって、ちょっと違うかもしれませんが、見て、本当に驚いて、本当に面白くて、体が驚きと笑いを一瞬で出そうとしたのか、腰がグキッとなりまして。

本当に面白い奴らです。

そんな彼らと似ている雰囲気を持つ2年生がどう育っていくのかも楽しみです。

|

« 加藤先生 | トップページ | 一人だけの責任と連帯責任 »

今日のsola」カテゴリの記事